インモービレ弾もラツィオ、逃げ切れずフィオレンティーナにドロー《セリエA》2019.03.11 06:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは10日、セリエA第27節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。前節ローマとのダービーを快勝してチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに留まった6位ラツィオ(勝ち点41)は、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトら現状のベストメンバーが並んだ。

10位フィオレンティーナ(勝ち点36)に対し、受けに回る入りとなったラツィオは、21分に決定機。ミリンコビッチ=サビッチのダイレクトパスを受けたボックス中央のインモービレがシュート。しかし、GKテラッチアーノにセーブされたボールは右ポストに直撃した。

それでも23分、ラツィオが先制する。コレアとのパス交換からボックス手前左のインモービレがゴール右にミドルシュートを流し込んだ。

その後もカウンターで揺さぶるラツィオは30分、ミリンコビッチ=サビッチのミドルシュートでGKを強襲。36分に足を負傷したキエーザがプレー続行不可能となってシメオネを投入したフィオレンティーナに対し、39分にコレアがGKを強襲するシュートを浴びせたラツィオが主導権を渡さない。

続く44分にもインモービレがGKを強襲するシュートを放ったラツィオが1点のリードで迎えた後半、引き続き守備ブロックを形成しながらカウンターを狙っていく。

しかし61分、後半から投入されていたミララスに右サイドを突破されると、ニアサイドのムリエルに合わせられ、ネットを揺らされた。

続く64分にもシメオネの左クロスからミララスが決定的なシュートを浴びせたフィオレンティーナは、72分にはドリブルでボックス内に侵入したシメオネが倒されるも、ノーファウルの判定となった。

ひやりとしたラツィオは、77分にもシメオネに際どいヘディングシュートを浴びると、終盤にかけてもチャンスを生み出せずに1-1のドロー。後半に失速して引き分け止まりとなったラツィオは、4位インテルとは5ポイント差に広がった。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、値崩れのミリンコビッチ=サビッチ獲得に関心か

レアル・マドリーがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『El Chiringuito TV』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督の再任によって今夏の大型補強が噂されるマドリー。一部ではパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンらビッグネームの名前がすでに挙がっている。 しかし、『El Chiringuito TV』が伝えるところによれば、マドリーは前述のビッグネームとは別にミリンコビッチ=サビッチの獲得にも関心を示しているようだ。 2015年夏にヘンクからラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは、昨シーズンにリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績で大ブレイクを果たしていた。だが、今季ここまではリーグ戦23試合で3ゴール2アシストと昨季のようなインパクトを残せず。 これによって昨夏に1億ユーロ(約125億円)と言われた評価額も半額の5000万ユーロ程度まで落ち込んでおり、マドリーが新たなオプションとして獲得する可能性が出てきているようだ。 2019.03.14 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロリス後継者にラツィオ守護神をリストアップか

トッテナムが、フランス代表GKウーゴ・ロリス(31)の後継者としてラツィオに所属するアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 2012年8月にリヨンからトッテナムに加入したロリスは、公式戦通算285試合に出場するなど、長きに渡ってチームの守護神として活躍。直近のアーセナル戦でも試合終了間際にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのPKをストップするなど好パフォーマンスを披露している。 しかし現在、32歳と年齢による衰えを考慮し始めなければならない時期に差し掛かっており、トッテナムは後継者探しを開始。その候補としてストラコシャをリストアップしているという。だが、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長とイグリ・ターレスポーツディレクター(SD)は若き守護神の放出に否定的であることから難しいオペレーションになると同メディアは見解を示している。 ラツィオ下部組織のストラコシャは、2012-13シ―ズンにトップチーム昇格を果たすと、抜群の反射神経を武器に2016-17シーズンの後半戦からスタメンに定着。今シーズンもここまで32試合に出場している。 2019.03.07 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

パリからSMSに127億円オファー?

パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の後釜確保に乗り出している模様だ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 その候補として名前が挙がったのはラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)だ。ラツィオとの契約は2023年6月まで。ユベントスやインテル、ミランのほか、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーの関心が取り沙汰され続ける大器だ。 そのミリンコビッチ=サビッチを巡ってはPSGも長らく注視。昨夏にも獲得に乗り出す可能性があったが、ラツィオが移籍金として破格の1億5000万ユーロ(約190億8000万円)を求めたため、実現に至らなかった背景があるという。 だが、PSGは今夏にも獲得に再挑戦の意向。ラツィオ会長を務めるクラウディオ・ロティート氏のミリンコビッチ=サビッチに対する評価低下を見込み、移籍金1億ユーロ(約127億2000万円)を準備しているとのことだ。 なお、ミリンコビッチ=サビッチは今シーズンのここまで公式戦30試合に出場して4得点2アシスト。複数有力クラブからの関心報道が過熱した昨シーズンは公式戦47試合14得点8アシストだった。 2019.03.04 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 3-0 ローマ《セリエA》

セリエA第26節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が2日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホーム扱いのラツィオが3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190303_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.5 ジェコの枠内シュートにフロレンツィの無回転ミドルを見事に阻止。ハイボールの処理も安定 DF 15 バストス 7.0 一度クリアミスがあったが、機動力と球際の強さを生かした好守を連発 33 アチェルビ 6.5 ジェコへのクサビに対して果敢なチャレンジを続けた。ラインコントロールも抜かりなし 26 ラドゥ 6.5 体格さのあるザニオーロに粘り強く対応。2列目からの飛び出しに対しても落ち着いてケアできていた MF 77 マルシッチ 6.0 攻撃面で推進力は出なかったが、コラロフとエル・シャーラウィに対してタイトな寄せ自由にさせず 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 ダメ押しの3点目をお膳立て。空中戦と球際の強さで存在感 6 ルーカス・レイバ 6.5 中盤の底で攻守に気を利かせて味方をサポート。セカンドボールへの反応も秀逸 10 L・アルベルト 6.0 縦パス、横パスを効果的に使い分けて攻撃の起点に。守備でもインテンシティを保った (→パローロ 5.5) ベテランらしい堅実な仕事ぶりで完封に貢献 19 ルリッチ 6.5 ラドゥやアルベルトとの好連係で攻守に奮闘。カピターノとして味方を鼓舞 FW 20 カイセド 6.5 インモービレのコンディション不良を受けて急遽先発となった中で貴重な先制点を奪取。コレアとの好連係で相手守備陣を苦しめた (→インモービレ 6.0) PKを決め切ってチーム2点目を奪取。前線からのプレスも怠らず 11 コレア 7.0 果敢な仕掛けで先制点をアシストしPKも奪取。推進力のある縦への仕掛けと狡猾な動き出しで中盤と最終ラインを揺さぶり続けた (→カタルディ 6.5) 見事なミドルシュートでダメ押しの3点目を記録 監督 S・インザーギ 7.0 日程面での不利を撥ね返す見事な戦いぶりで文字通りの圧勝 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190303_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 オルセン 5.0 3失点目に関してはどうにかできた感もあるが、2失点の責任はなし。ただ、飛び出しの判断に難があった DF 24 フロレンツィ 5.5 良くも悪くも勇猛果敢なプレーをみせ、ピンチとチャンスに顔を出した。無回転ミドルが決まっていれば… 20 ファシオ 4.5 1失点目はコレアに簡単に収めさせたのが一因。ずるずると下がるだけの対応が目立った中、コレアに走り負けてPKも献上… 5 ファン・ジェズス 5.0 1失点目ではファシオ同様に集中力を欠く。マイボール時は不安定も守備では時間を経るごとに盛り返した 11 コラロフ 4.5 守備では的確な絞りでクロスを撥ね返すなどまずまずも攻撃では迫力が出せず。やや厳しい判定も不用意に退場… MF 4 クリスタンテ 5.0 球際で戦う姿勢は見せていたが、判断ミスや技術的なミスが散見 16 デ・ロッシ 5.5 中盤の底で攻守に安定をもたらしたが、後半半ばにビハインドでの交代に (→パストーレ 5.0) 一度決定機に絡んだが、攻撃を活性化できず 7 ペッレグリーニ 5.0 豊富な運動量とキープ力を生かして攻撃を牽引も最後の精度を欠いた FW 22 ザニオーロ 5.5 ラドゥとルリッチの老獪なベテランの徹底マークに遭った中、幾度か鋭い突破でゴールに迫った。そ径部のケガか初のデルビーは無念の負傷交代に (→ペロッティ 5.0) パストーレ同様に不用意なロストなどコンディションが整わず 9 ジェコ 5.0 アチェルビのタイトな寄せに遭いながらも前線で一定の存在感を示したが、ゴールの匂いはほとんどなかった 92 エル・シャーラウィ 5.0 チームの機能性の問題もあるが、良い形で仕掛けるシーンをほとんど作れず (→シック -) 監督 ディ・フランチェスコ 4.5 マノラス不在が大きく響いて完敗…選手交代も効果的だったとは言えず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コレア(ラツィオ) バストスを中心とする守備陣の活躍も見事だったが、得点力不足解消において重要な役割を担ったコレアをMOMに選出。果敢なスプリントはローマ守備陣の大きな脅威だった。 ラツィオ 3-0 ローマ 【ラツィオ】 カイセド(前12) インモービレ(後28[PK]) カタルディ(後44) 2019.03.03 06:35 Sun
twitterfacebook
thumb

コレア躍動に堅守発揮のラツィオがローマを3発粉砕! 公式戦10戦ぶり複数得点で5戦ぶりの白星《セリエA》

セリエA第26節、ラツィオvsローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が2日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホーム扱いのラツィオが3-0で快勝した。 直近の公式戦4戦未勝利の6位ラツィオ(勝ち点38)と、公式戦4連勝中の5位ローマ(勝ち点44)による、今季2度目の首都決戦。 新年に入って得点力不足に苦しむラツィオは直近のコッパ・イタリア準決勝1stレグのミラン戦を0-0で終えて連敗を「3」でストップも、停滞感は否めない。そのミラン戦から中2日開催のローマ戦に向けては先発4人を変更。パトリック、ロムロ、パローロ、軽傷を抱えるエースFWインモービレに代えてラドゥ、マルシッチ、ルイス・アルベルト、カイセドを起用した。 一方、ローマは新年に入って自慢の攻撃力を武器に7勝1敗2分けの好成績を収めている。ただ、直近のセリエAではボローニャ、フロジノーネという格下相手に大苦戦の末に薄氷の連勝を飾っている。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)でポルトとのリターンマッチを控える中、前節フロジノーネ戦から先発5人を変更。コンディション不良のマノラスに代わってファン・ジェズスを起用したほか、フロレンツィ、ザニオーロら主力が復帰した。 立ち上がりからボールを保持するアウェイのローマに対して狙いどころを定めたプレスで応戦するラツィオは、アンカーのデ・ロッシの脇のスペースを2トップと2人のインサイドハーフが効果的に使いながら攻撃を展開する。 幾度か良い形でショートカウンターを仕掛けていくと、12分に先制点を奪う。左のハーフスペースでボールを引き出したコレアがそのままボックス付近まで運んで2センターバックの間を抜く絶妙なスルーパス。うまくDFファン・ジェズスの背後から飛び出したカイセドがボックス左でGKオルセンまでかわして無人のゴールへ流し込んだ。 立ち上がりから押し込まれる流れの中で先制点を許したローマはすぐさま反撃を試みるが、ハイプレスとミドルプレスを効果的に織り交ぜたラツィオの老獪な守備を前にビルドアップがままならず。焦りとイラ立ちからイージーミスも目立つ苦境に陥る。それでも、23分には右サイドで見事なボールキープを見せたザニオーロからボールを引き取ったジェコが、ペナルティアーク付近でうまくDFを外して右足のシュートを左隅に飛ばすが、これは相手GKストラコシャの好守に遭う。 この決定機をキッカケに徐々にリズムを掴んだローマは右サイドバックのフロレンツィの攻撃参加から幾度か良い形を作り出すが、高い集中力を保つ相手守備陣を脅かすまでには至らず。ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いたが、ラツィオペースのまま1-0で試合は折り返すことになった。 互いに選手交代なしで後半に臨んだものの、ゴールが欲しいローマは[4-3-3]からペッレグリーニをトップ下に上げた[4-2-3-1]の布陣に変更。このシステム変更でビルドアップを改善したローマは、前半機能しつつあった右サイドを起点に良い形の仕掛けを増やしていく。 さらに60分過ぎにはそ径部を痛めたザニオーロに代えてペロッティ、66分にはデ・ロッシを下げてパストーレを投入。選手の立ち位置を入れ替えながらゴールを目指す。67分にはボックス手前で前を向いたフロレンツィが右足を一閃。強烈な無回転シュートが枠を捉えるが、これはGKストラコシャが圧巻のワンハンドセーブではじき出す。さらに、このプレーで得た左CKの流れでジェコの折り返しをパストーレがボレーで合わすが、枠の右に外してしまう。 一方、後半に入って守勢が続くラツィオは殊勲のカイセドに代えて切り札インモービレを投入すると、73分には貴重な追加点が生まれる。背後のスペースに飛び出したコレアがDFファシオに走り勝ってボックス内に侵入すると、ファシオに後ろから倒されてPKを獲得。これをインモービレがきっちり左隅へ決めた。 この2点目で大きく勝利に近づいたラツィオはL・アルベルトに代えてパローロ、2ゴールに絡んだコレアに代えてパローロを続けてピッチに送り出して試合を締めに掛かる。焦ってミスが目立つローマを尻目に淡々と時間を進めていく中、89分にはカタルディの見事なミドルシュートまで決まってダメ押しの3点目を奪う。 その後、コラロフがデルビー名物の退場者となり数的不利まで背負ったローマは最後まで一矢報いることができぬまま試合はタイムアップ。公式戦10戦ぶりの複数得点を奪い、宿敵ローマを完膚なきまでに粉砕したラツィオが公式戦5試合ぶりの白星を手にした。一方、低調な内容でデルビー完敗のローマは6日のCLポルト戦に大きな不安を抱かせる敗戦となった。 2019.03.03 06:34 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース