カンプ・ノウでコウチーニョにブーイング…ピケ「彼には大金がかかった」2019.03.10 13:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、同僚のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを擁護した。スペイン『マルカ』が伝えている。バルセロナは9日、リーガエスパニョーラ第27節でラージョ・バジェカーノを本拠地カンプ・ノウに迎え、3-1で勝利。レアル・マドリーからレンタルで加入しているラージョFWデ・トーマスに先制点を奪われたものの、ピケが同点弾を沈め、メッシのPKで逆転し、スアレスが突き離した。

13日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦に向けて弾みをつける勝利となったが、試合の中では先発していたMFコウチーニョにファンがブーイング。昨年1月に移籍金1億5500万ユーロ(現在のレートで約194億円)でリバプールから加入した同選手だが、今シーズンはここまで公式戦39試合8ゴール5アシストと圧倒的な成績を残すことは出来ていない。

試合後、コウチーニョの状態について問われたピケは、以下のように信頼を口にした。

「フィリペ(・コウチーニョ)は良いシーズンを過ごしているよ」

「明らかに彼には莫大な資金が投じられた。だから、そのパフォーマンスにはより多くの期待が寄せられるんだ」

「それはそうだ。僕らは、応援してくれるファンたちの反応を受け入れなくてはならない。だけど、内部から彼を支えないとだめだ」

「僕らはシーズンの終わりまでベストの彼を必要としているし、そうなると確信しているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ユムティティ、同胞のバルサ加入を歓迎「グリーズマンが来たら嬉しい」

バルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ユムティティが、同国代表であるアトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマン(28)のバルセロナ加入を歓迎している。スペイン『マルカ』がフランス『Telefoot』を引用して伝えている。 昨夏にグリーズマン獲得に迫るも、ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前に同選手の残留宣言と2023年夏までの契約延長によって失敗に終わったバルセロナ。しかし最近、同クラブが再びアトレティコのエースに関心を抱いており、今夏獲得に向けてオファーを提示する可能性もあることがフランスメディアによって伝えられた。 そんな中、バルセロナでプレーするユムティティは、同胞であるグリーズマンの加入が実現すれば「嬉しい」とコメント。しかし、ユムティティはグリーズマンがアトレティコで幸せだということも理解しているようだ。 「グリーズマンがバルセロナに来たら、僕は嬉しいね。彼の居場所はここにあるよ」 「ただ、私は彼がアトレティコ・マドリーで幸せだということは知っているし、そこでとても元気にやっているね。彼は自分自身のためにプレーするチームにいる」 2019.03.25 08:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ヨハン・クライフ逝去から3年 息子ジョルディや古巣が追悼メッセージ

オランダ代表やアヤックス、バルセロナで活躍したサッカー界のレジェンドであるヨハン・クライフ氏(享年68)の逝去からちょうど3年が経った24日、同氏の息子であるジョルディ・クライフ氏や古巣クラブが追悼のメッセージをSNS上に投稿した。 クライフ氏の実子で現在は中国の重慶斯威を率いるジョルディ・クライフ氏は、自身の公式ツイッターで偉大なる父の栄光を表したスライドショーと共に冥福を祈った。 「あなたが私たちの元から離れてから3年が経ちました。ただ、あなたの存在はいつでも私たちの心の中に残っています」 「あなたはプレーヤーとして、監督として、先見の明を持った人、そして他人を思いやれる人として多くの人たちにとって憧れの存在でした」 「同時に私にとってはいつでも偉大なる父親でありヒーローです。あなたが与えてくれた愛、残した価値観に感謝しています。ヨハン・クライフへ」 また、選手と監督として多くの遺産を残したバルセロナとアヤックスの両クラブもクラブ史上最高のレジェンドへの敬意を示している。 ◆バルセロナ 「ヨハン・クライフはいつでも私たちの心の中に。あなたが旅立って3年が経ちましたが、あなたの残した遺産はこれからも続いていきます」 ◆アヤックス 「3年前…私たちのインスピレーションは永遠に。ヨハン・クライフよ永遠に」 1947年4月25日にオランダのアムステルダムで誕生したクライフ氏は、16歳でアヤックスのトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼、創造性を兼ね備えたプレーですぐに頭角を現した同氏は、アヤックスの数々のタイトル獲得に貢献。その後、バルセロナでキャリア全盛期を過ごした同氏は、アメリカの北米サッカーリーグ(NASL)などでプレーした後、母国のフェイエノールトで現役を退いた。 また、オランダ代表ではリヌス・ミケルス監督の下、『トータルフットボール』の体現者として、1974年の西ドイツ・ワールドカップ準優勝に貢献。個人としては3度のバロンドール(現FIFAバロンドール)を獲得するなど、獲得可能な個人タイトルを総なめにした。 指導者としては、古巣のアヤックスやバルセロナ、カタルーニャ選抜を指揮し、バルセロナ時代には国内リーグ4連覇を達成した“ドリームチーム”を率い、選手時代も含めこんにちのバルセロナの礎を築いた。ここ数年は古巣アヤックスのテクニカル・アドバイザーを務めていた。 その後もサッカー界のご意見番として歯に衣着せぬ発言で多くの話題を振りまいたクライフ氏だったが、現役時代からの喫煙の影響で2015年10月に肺がんを患っていることを公表。そして、2016年3月24日に惜しまれながらこの世を去ることになった。 なお、オランダ代表は24日、アムステルダムにあるヨハン・クライフ・アレナでユーロ2020予選グループC第2節のドイツ代表戦を戦う。レジェンドの命日に勝利を捧げることはできるか。 2019.03.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシのクローンは作成可能 専門家が見解

遺伝子学の専門家が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)のクローン作製が可能だと語っている。スペイン『アス』が報じた。 今シーズンも、当然の様に公式戦37試合39ゴール21アシストという並外れた結果を残しているメッシ。言わずと知れた史上最高の選手の1人であり、その天才的なプレーは唯一無二のものだ。 しかし、ヨーロッパ・ゲノム・アーカイブの責任者であるアルカディ・ナバーロ氏は、その存在を唯一無二ではなくせる可能性を提示している。ラジオ『Cadena SER』で語った。 「現代の技術をもってすれば、私たちは(リオネル・)メッシのクローンを作ることが出来ます。彼に非常に似た何かを手に入れることが出来るでしょう」 「それは、双子の片方を20年か30年前に凍結させたようなものです」 「その人物(クローン)は、同じポテンシャルを備えることになります。ですが、彼(メッシ)のクオリティ―は、教育や環境といった他の要因にも、遺伝子と同様に基づいています」 「メッシは遺伝子に頼っているだけの人物ではなく、彼の人生の全ての経験、教育やラ・マシアでの生活、受けてきた治療を通して出来上がりました」 「遺伝子学は私たちに可能性を与えてくれるものであり、それを完成させるのが私たちの仕事です」 なお、メッシのクローンが作り出せるというのであれば、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドを複製することも可能だ。『アス』は「2人の比較を最初からやり直すことが出来る…。可哀想な子供たちだ! 」と締めている。 2019.03.24 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、アルゼンチン代表キャンプを離脱…

バルセロナに所属するFWリオネル・メッシが、アルゼンチン代表キャンプから離脱するようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 アルゼンチンサッカー協会(AFA)により、26日のモロッコ代表戦を欠場する見込みであることが22日に発表されていたメッシ。ロシア・ワールドカップ(W杯)以降初の招集となったベネズエラ代表戦では、フル出場したものの1-3で敗北した上、以前から抱えていた恥骨の痛みを悪化させることとなった。 なお、AFAは大事をとっての欠場と伝えていたが、『マルカ』はメッシがキャンプから離脱したとを報道。バルセロナに戻り、30日の第29節エスパニョール戦の出場可否が判断されることとなりそうだ。 2019.03.24 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル巡り場外“クラシコ”勃発か 代理人が明言!

レアル・マドリーとバルセロナが、インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2017年7月にサンプドリアからインテルに加入したシュクリニアル。188cmと恵まれた体格、読みや対人の強さを武器にすぐさま主力に定着。今シーズンも公式戦36試合に出場しインテルの守備を支えている。 多くのビッグクラブが関心を寄せる中で、代理人を務めるミザット・ハリス氏はスペイン2強からの関心があることを認めた。 「レアル・マドリーが彼を欲しがっている。バルセロナもそうだ。インテルを説得したクラブが今夏に獲得できるだろう」 だが、そう簡単にいかないこともハリス氏は指摘。その理由は、あの有名な代理人にあるようだ。 「(ズラタン・)イブラヒモビッチや(ポール・)ポグバの代理人であるミーノ・ライオラは、シュクリニアルを混乱させようとしている。だが、彼と契約しているのは私たちの会社だ」 「インテルはシュクリニアル獲得のためにサンプドリアに2800万ユーロ(現在のレートで約34億円)を支払った。その半年後、マンチェスター・シティが5500万ユーロ(約69億円)でのオファーを持ってやってきたよ。そして今、彼の価値は1億ユーロ(約125億円)となっている」 「どんな交渉も、少しでも利益を得ようとする卑しい代理人のせいで複雑になってしまうんだよ」 2019.03.23 19:38 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース