イングランド復帰のミケルが中国行きに警鐘「30歳以下で行くべきではない」2019.03.10 10:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のミドルズブラに所属するナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(31)が、中国への移籍についてある忠告した。『SPORTbible』がイギリス『テレグラフ』を引用して伝えている。2006年からチェルシーでプレーしたミケルは、在籍した約10年半で2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ優勝など数々のタイトル獲得に貢献した。その後、2017年1月に中国の天津泰達へ移籍。2年間で公式戦31試合に出場し3ゴール3アシストを記録し、昨年11月の中国リーグ終了後に契約満了を迎え、今年1月にイングランド復帰を果たした。

そんなミケルは、天津泰達での2年間を振り返ると、中国移籍を考えている選手たちに警鐘を鳴らした。特に「30歳以下で行くべきではない」と主張する。

「中国に行くことを考えている人にアドバイスをするなら、長い時間をかけてしっかりと考えてほしいということかな。私なら30歳以下の選手には絶対に行くべきとは言えないね」

「異文化を学ぶだけであったり、経験を得たいのであれば2年間いる価値はあるかもしれない。ただ、もし若いのであれば、お金に誘惑されてはいけない。そしてしっかりと行こうとしているクラブについて調べる必要がある」

母国メディアによると、ミケルは食べ物やライフスタイルでカルチャーショックを受けた模様。また、一部のクラブを除き、ピッチやスタジアムが悪く、医療設備も整っていなかったようだ。ただ自身は後悔していないと主張している。
コメント
関連ニュース
thumb

レスター、35歳主将モーガンと2020年まで契約延長!

レスター・シティは18日、元ジャマイカ代表DFウェズ・モーガン(35)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 屈強なセンターバックとして知られるモーガンは、2012年にノッティンガム・フォレストからレスターに移籍。これまでレスターで公式戦293試合に出場して13ゴール5アシストを記録。2015-16シーズンにはクラウディオ・ラニエリ監督の下、日本代表FW岡崎慎司らと共にプレミアリーグ優勝を果たす偉業を成し遂げていた。 全盛期に比べれば衰えを感じるものの、それでも今季の公式戦で23試合に出場する主将に対するブレンダン・ロジャーズ監督の信頼は厚く、今回の契約延長に至ったようだ。 2019.03.19 03:38 Tue
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ監督、過密日程の後半戦に向けて「選手全員が必要になる」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、シーズン後半に向けて「選手全員が必要になる」と口にした。<br><br>マンチェスター・Cはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でシャルケを下し、準々決勝に進出。さらにFAカップの準々決勝ではスウォンジー・シティに勝利し、準決勝進出を決めた。プレミアリーグにおいても、1試合消化が少ない状態で首位リバプールに2ポイント差の2位につけており、シーズン終盤は過密日程の中、厳しい戦いに臨むこととなった。<br><br>ペップはこの後半戦に向けて、全員の力が必要と強調した。<br><br>「いつも我々は厳しくトレーニングして、できる限り上手く何度もプレーすることを求めている。それが選手全員がプレーする唯一の方法なんだ。我々がここまで来れたのは、たった11、12、13人のおかげではなく、全員のおかげということを忘れてはならない」<br><br>「全員がチームに貢献してくれて、それが大きな力になった。4月の日程は、かなり厳しい。だから選手全員が必要になるんだ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、フルアムに辛勝も勝ち点3の重要性を強調「シティは多くのポイントを落とさない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、マンチェスター・シティを王座から降ろすために勝ち点を取り続けなくてはならないと主張した。<br><br>17日に行われたプレミアリーグ第31節でリバプールは敵地でフルアムと対戦。26分にサディオ・マネが先制点をマークするも、その後追加点を挙げられず74分に守備陣のミスから同点弾を許す。しかし、81分にマネが獲得したPKをジェームズ・ミルナーが確実に決めて、2-1で辛くも勝利を手にした。<br><br>この勝利で、試合のなかった首位マンチェスター・Cを交わし、リバプールが暫定ながら首位に浮上。ますます熾烈を極めるプレミアリーグの優勝争いについて、クロップ監督は試合後の会見でチームが勝ち点を取りこぼす余裕はもうないと強調した。<br><br>「明らかに、シティが多くのポイントを落とすようなことはない。だから、我々は勝たなければならない。これが我々のやるべきことだ。今日、この試合で勝てたことはとても重要だった。我々にできることは確実にタイトルレースを続けることだ。優勝争いに残りたいという気持ちを今日は見せることができた」<br><br>リバプールの次戦は31日のトッテナム戦。しかし、その間インターナショナルブレイクに入るため、多数の主力が各国代表としてプレーすることになる。そのため、強豪トッテナムとの大一番に向けてクロップ監督は選手たちのコンディションへの不安を口にした。<br><br>「今から最も重要なことは、全員が元気に帰って来ることだ。多くの選手たちが代表での時間を過ごすことになり、帰ってきてすぐにトッテナム戦への準備を始めなければならない。次の試合はとても良いフットボールをする相手との面白い一戦になるだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「就任以降最悪のパフォーマンス」初の公式戦2連敗にスールシャールが失望をあらわに

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、チームのパフォーマンスへの不満を呈した。<br><br>16日に行われたFAカップ準々決勝でマンチェスター・Uは敵地でウォルバーハンプトンと対戦。0-0で迎えた70分にウルブスに先制点を許すと、その僅か6分後にも追加点を喫して2点のビハインドを背負う。後半アディショナルタイムにマーカス・ラッシュフォードが1点を返すも時すでに遅く、試合はこのまま1-2で終了してマンチェスター・UのFAカップ敗退が決まった。<br><br>昨年12月に古巣マンチェスター・Uに復帰したスールシャール監督の下、10日のアーセナル戦まで17試合を戦って14勝2分け1敗と好成績を残してきたが、アーセナル戦でプレミアリーグ初黒星を喫すると、この試合にも敗れて就任以降初の公式戦2連敗。同指揮官はこの結果を受け、チームのパフォーマンスに失望したと語った。<br><br>「試合の入りがとてもゆっくりで、彼らの手の中でプレーしていた。ポゼッションも十分ではなく、スピードもなかった。だから失望そのものだ。前線に十分なクオリティと連係プレーがあったとは思えない。前半にボールをキープしていたが、何の助けにもならなかった。これは大きな後退だ」<br><br>「私がこの職について以降、最悪のパフォーマンスだった。先週の試合ではパフォーマンスに関しては満足していたが、今日の試合ではボールに対してクオリティも切迫さもなかった。ポゼッションすることに満足しすぎて、相手のゴールキーパーを脅威にさらすことができなかった。アーセナル戦ではプレーに相応しい結果を手にできなかったが、この試合では値すべき結果を手にした。なぜなら、我々はこの試合で勝利するに値しなかった」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

キャリックが語る、スールシャールとファーガソンの共通点「マンチェスター・ユナイテッドのDNAそのもの」

マンチェスター・ユナイテッドのOBで、現在はクラブのコーチを務める元イングランド代表MFマイケル・キャリックがオーレ・グンナー・スールシャール監督についてイギリス『ザ・タイムズ』で語った。<br><br>今季途中にジョゼ・モウリーニョ前監督に代わり指揮を執ったスールシャール監督。就任以降、快進撃を見せ、6日に行われたチャンピオンズリーグ1回戦でのパリ・サンジェルマン戦では、劣勢になりながらも3-1で勝利しクラブを準々決勝に導いた。<br><br>キャリックはスールシャール監督について、マンチェスター・Uの黄金期を築いた名将アレックス・ファーガソンと共通する部分があると語った。<br><br>「2人は同じ方針を持っている。オレのチーム会議はファーガソンと同じように大変な作業なんだ。彼の方針は、これまでクラブが持っていたマンチェスター・UのDNAそのものさ。たとえリスクがあろうと、エキサイティングでポジティブな勝利へのパフォーマンスをするためにそのリスクを冒すんだ」<br><br>「ユナイテッドのやり方というのは謙虚で、『常に自分たちが勝っている』という傲慢さはない。僕たちは相手よりもハードワークするだけだ。ユナイテッドが長年に渡りベストなチームであったのは、信じられないような仕事に対する熱意があったからなんだ」<br><br>またキャリックは劇的勝利に終わったPSG戦を「この感情に値段はつけられない」と振り返った。<br><br>「勝利の瞬間は信じられなかった。ドレッシングルームは揺れていたよ。選手たちはオレの歌をみんなで歌っていた。アレックス・ファーガソンとエリック・カントナがやってきたら、カントナの歌を歌いだしたよ」<br><br>「子供からお年寄りまで誰もが、道で私を見かけると『あの試合は素晴らしかった』と話しかけて来るんだ。数年、数ヶ月経って、振り返ってみても素晴らしいと思える特別な勝利だよ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 15:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース