ハイメ・マタが5試合連続ゴールのヘタフェ、ウエスカを逆転で下し4位堅守!《リーガエスパニョーラ》2019.03.10 06:39 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柴崎岳が所属するヘタフェはリーガエスパニョーラ第27節でウエスカと対戦し、2-1で勝利した。柴崎はベンチ外だった。4位のヘタフェ(勝ち点42)と、最下位ウエスカ(勝ち点22)の一戦。リーグ戦ここ5試合で3勝2分けのヘタフェ。3連勝を目指す今節は4試合連続ゴール中のマタやアンヘル、マクシモビッチが先発に起用された。

堅守速攻のヘタフェと、ラ・リーガワースト2位という乏しい攻撃力のウエスカの試合は互いになかなかチャンスが作れないまま進んでいく。

そんな中でも、ヘタフェは20分に左サイドバックからの縦パス一本でボックスに侵入したマタが左の深い位置からシュートに繋げる。しかし、このシュートはサイドネットを叩く。27分のCKでは、アントゥネスのクロスをカブレラが頭で合わせたが、この試合で初めて枠に飛んだシュートはGKサンタマリアがセーブした。

普段は相手にポゼッションを譲ることの多いヘタフェだが、30分の時点で支配率は6割超え。慣れない試合展開で相手に先制点を許す。35分、最終ラインからのパスでチミ・アビラに左サイドを突破されると、ゴール前に走り込んだギャレゴにドンピシャクロスが繋がり失点。ディフェンスラインの一瞬の隙を突かれた。

リードされた状態で後半に向かうヘタフェはアンヘルを下げてモリーナを投入。するとこの交代が功を奏す。50分、ボックス手前でパスカットしたマクシモビッチからモリーナにボールが渡ると、ボックス左のマタに展開。マタはそこから右足ダイレクトシュートをニアに突き刺し、後半立ち上がりに試合は振出しに戻った。

マタの5試合連続ゴールで同点としたヘタフェは59分に左サイドバックのアントゥネスがボックスの外から強烈なミドルシュートを見舞う。64分にはマクシモビッチがゴールに迫るなど、徐々に攻撃のギアを上げていく。

そして77分、ついにヘタフェが逆転する。ヘタフェは、CKの流れからボックス左に侵入したジェネがハビ・ガランに倒されPKを獲得。これをマタが決めて逆転に成功した。マタはここ5試合で7得点目となった。

ヘタフェGKチチゾラが相手との接触で倒れ込み、一時的に試合がストップしていた影響もあり、長めに取られた6分のアディショナルタイムもしのぎ切ったヘタフェはこれでリーグ3連勝。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位をキープした。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルなど英複数クラブがジェネ獲得を検討か

プレミアリーグの複数クラブが、ヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(27)を注視しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏にベルギーのシント=トロイデンからヘタフェに加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器に、世界屈指のアタッカー陣との一対一にことごとく勝利。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力を欠く無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応し、リーガエスパニョーラ第28節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)圏内4位に位置するヘタフェの、堅守構築の中心を担っている。 当然、ジェネの能力は高く評価されており、欧州の数々のクラブからの注目を浴びている。しかし、同選手の契約解除金3500万ユーロ(約44億円)がネックになっており、リーガではバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーだけがそれだけの資金力を有しているが、それらのクラブは獲得を考えていない。 しかし、プレミアリーグであればジェネの契約解除金を支払うことが可能だ。『マルカ』によれば、アーセナルを初めエバートン、レスター・シティが同選手の今夏獲得を考えており、ヘタフェにとっては中心選手の引き抜きに怯える憂鬱なプレシーズンとなるかもしれない。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳、新たな競争を歓迎「新加入組の競争心は非常にプラス」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がメディア陣による取材に応対。森保一監督のもとで、中盤での舵取りを担っている司令塔はチームへの競争を歓迎している。 ──アジアカップからメンバーが変わっての雰囲気は 「初招集の選手もいますし、久しぶりの代表招集の選手もいますし、アジアカップを経験したメンバーに比べると、緊張感は多少はあるかなって感じです」 ──新戦力の機能のさせ方についての役割は 「新加入組の競争心というか、そういったものは非常に大きなプラスをもたらしてくれると思います。もちろんチームありきでコンセプトを理解しながら、自分のプレーを出さなければいけないっていうのもありますけども、今はまだメンバーも固定されていないですし、競争的なチームである必要があるので悪くないことかなって思います。ただそういったなかでもともといる選手が、バランスをチーム内外で見る必要があると思いますし、個人的にはそういったところを見られればなって思います」 ──アジアカップから変化するチームで柴崎が変化させようとしていることは 「アジアカップで得たプラスな部分もありますし、もちろんネガティブな部分もあります。それはピッチ内外共にあると思うんで、やっぱり生かさないといけないと思いますし、そういった立場でもありますし、チームをもっと引き締めて緊張感をもつことは大事かなと思います。」 「監督は結構選手に任せることが多いので、そこに選手が甘えるのではなくて、選手たち自信で、練習の雰囲気もそうですし、日本代表の責任と誇りを持ちながらやっていくことは大事かなと思います」 ──アジアカップから感じたチームのテーマ 「チームとしては、さらに試合中の修正力を高めていかないといけないと思いますし、それは今までが上手く行き過ぎていた部分ももちろんあると思います」 「アジアカップで露呈した様々な相手への対応力というのはこれからどんどんあげていかなきゃいけないと思いますし、個人的にもチームの舵取り役として方向性を導くことは大事かなと思うんで、そういう所を担っていきたい部分ではあります」 2019.03.21 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアvsヘタフェの堅守対決はゴールレス! バレンシアは翌日のクラブ創設100周年を勝利で迎えられず…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第28節、バレンシアvsヘタフェが17日にメスタージャで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ外となった。 7位のバレンシア(勝ち点39)と4位のヘタフェ(勝ち点45)による、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うライバル同士の直接対決。 共に今回の代表ウィークにスペイン代表に選出されたFWロドリゴ・モレノとFWハイメ・マタという絶好調のストライカーたちに注目が集まった一戦は、翌日にクラブ創設100周年目を迎えるホームチームが勢いをもって入るも、序盤からヘタフェペースで進んでいく。 相手にボールの主導権を渡して狙いを持った守備からカウンターを繰り出していくヘタフェだが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、25分にはアントゥネスのCKをカブレラが頭で合わせ枠内に飛ばす。だが、これは相手GKの好守に遭う。 一方、相手の堅固な守備ブロックを前にこちらも攻め手を見いだせないバレンシアはセットプレーに活路を見出していく。前半終了間際の43分にはパレホの左CKをファーでフリーのロドリゴが頭で合わすが、惜しくも右ポストを叩いた。 ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続いていく。53分にはカウンターから右サイド深くに侵攻したフェラン・トーレスがゴール前に低いクロスを入れる。これをGKがパンチングではじき出すも、こぼれ球に反応したゴンサロ・ゲデスがエリア外からのミドルシュートで突き刺した。だが、クロスが入った段階でガメイロにオフサイドがあったとのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定でゴールは認められず。 その後も主導権を握って前半以上の攻勢を続けるバレンシアはパレホが意表を突いた鋭いクロスでチャンスを演出するなど、相手の堅守攻略へ工夫を凝らした仕掛けを続けるが、最後の所で連係ミスや相手の好守に遭う。 翌日のクラブ創設100周年のメモリアルデーを勝利で飾りたいホームサポーターから再三に渡るプレッシャーの声が飛ぶ中、最後まで決死の攻撃を見せたバレンシアだったが、割り切って守る相手の守備を最後までこじ開けることができず。注目のトップ4争い直接対決は痛み分けのゴールレスドローに終わった。 2019.03.18 04:36 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎ベンチ外のヘタフェが敵地でベティス撃破! 連勝でCL圏内の4位キープ!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第26節のベティスvsヘタフェが3日に行われ、アウェイのヘタフェが2-1で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ外となった。 前節、セビージャを抜いて4位に浮上したヘタフェ(勝ち点39)は、7位のベティス(勝ち点36)との上位対決に挑んだ。 リアリスティックな堅守速攻を貫くヘタフェと、美しいポゼッションスタイルを追求するベティスという、両極端なスタイルを持つチーム同士の一戦は入りこそホームのベティスが主導権を握ったものの、先にゴールをこじ開けたのはヘタフェ。 20分、右CKの場面でショートコーナーからポルティージョがゴールライン際を内に向かって運んで浮き球クロスを入れると、ファーサイドで競り勝ったカブレラがピッチに叩きつけるヘディングシュートでゴール右隅に流し込んだ。 セットプレーから幸先良く先制に成功したヘタフェはリスクを冒して前に出るホームチームの攻撃を冷静に受け止めながら鋭いカウンターで追加点に迫っていく。古巣対戦のホルヘ・モリーナ、ポルティージョと幾つか決定機を作り出すと、前半終了間際の44分には左サイドでのスローインの流れからモリーナのスルーパスでオフサイドトラップをかい潜ったハイメ・マタが冷静にGKとの一対一を制した。 前半終了を告げるホイッスルと同時にホームサポーターからの大きなブーイングに晒されたベティスは、ハーフタイム明けにセルヒオ・レオン、バラガンに代えてヘセ・ロドリゲスとホアキンを同時投入。だが、立ち上がりはヘタフェのカウンターに晒されて劣勢の状況を強いられた。 それでも、60分にはマンディの横パスからボックス内でフリーとなったロ・セルソに絶好機。だが、このシュートはGKソリアの好守に遭う。その後、67分にはロレンを下げてテージョを3枚目のカードとして投入すると、75分にようやく1点を返す。バイタルエリア中央で見事なドリブル突破を見せたウィリアム・カルバーリョがボックス右でフリーのホアキンに繋ぐと、37歳のベテランが豪快な右足シュートを突き刺した。 レジェンドの鮮烈なゴールでスタジアムのボルテージが一気に上がった中、84分にはカナレスの浮き球スルーパスに抜け出したヘセが冷静にゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。その後もホームサポーターの後押しを背に猛攻を仕掛けたベティスだったが、堅守ヘタフェを相手に2点目を奪うまでには至らず。この結果、難敵ベティスを敵地で下したヘタフェが連勝を飾り、チャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位キープに成功した。 2019.03.04 02:14 Mon
twitterfacebook
thumb

快進撃を見せるヘタフェ、ついにCL出場圏まで到達…柴崎岳はベンチ外続く

日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェが快進撃を見せている。<br><br>ヘタフェは23日のリーガエスパニョーラ第25節、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのラージョ・バジェカーノ戦にFWハイメ・マタ、FWホルヘ・モリーナのゴールによって2-1で勝利。同日にセビージャがバルセロナに敗れ、同チームを勝ち点2差で上回りチャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位に浮上した。<br><br>スペイン首都の新興住宅街に拠を構え、残留を最大の目標とするヘタフェにとっては、まさに快挙だ。リーガ1部第25節の段階で、4位に位置したことはこれまでなかった。その立役者はもちろん、ホセ・ボルダラス監督だ。チームに堅守速攻のスタイルを植え付けて、1部昇格ばかりか1部の上位を争う状況をつくり出した同指揮官は、「私たちは多くの人々を幸せにしている。いつだって、夢を見なくてはならない」と大きな満足感を表している。<br><br>快進撃を続けるヘタフェだが、柴崎の現状は気がかりだ。この冬の移籍市場でリーガ2部デポルティボにレンタルで加入する噂もあった日本代表MFは、アジアカップからチームに復帰した後、ベンチにも入れない状況が続いている。ボルダラス監督は柴崎について「チームの力になってくれる」と強調し続けるが、今後出場機会を与えることはあるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.24 21:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース