リカルド・ゴメス解任のボルドー、パウロ・ソウザ氏を招へい 昨年10月まで天津権健を指揮2019.03.09 10:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルドーは8日、ポルトガル人監督のパウロ・ソウザ氏(48)を招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月まで。

現役時代にポルトガル代表としても活躍したパウロ・ソウザ氏。引退後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナなどを指揮。2017年11月から天津権健(現・天津天海)の監督を務めていたが、昨年10月に成績不振から解任されていた。

ボルドーは2月26日に、昨年9月からクラブを率いたリカルド・ゴメス前監督(54)を成績不振のために解任。チームはここまでリーグ・アン第26節終了時点で勝ち点32の13位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

パウロ・ソウザ氏、ボルドーの新指揮官に就任へ

昨年、中国スーパーリーグの天津権健(現・天津天海)を解任されたパウロ・ソウザ氏(48)がボルドーの新指揮官に就任するようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ボルドーは2月26日に、昨年9月からクラブを率いたリカルド・ゴメス前監督(54)を成績不振のために解任。チームはここまでリーグ・アン第26節終了時点で勝ち点32の13位に位置している。 『レキップ』によると、パウロ・ソウザ氏は8日までにボルドーと2022年6月末までの3年半契約を結ぶ予定だという。なお、イタリア『Tuttomercatoweb』は同氏の年俸が250万ユーロ(約3憶2000万円)になると伝えている。 現役時代にポルトガル代表としても活躍したパウロ・ソウザ氏。引退後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナなどを指揮。2017年11月から約1年間天津権健(現・天津天海)の監督を務めていたが、昨年10月に成績不振から解任されていた。 2019.03.07 05:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルドーが今季2度目の監督解任

ボルドーは26日、リカルド・ゴメス監督(54)を両者合意の下で解任したことを発表した。 ボルドーは昨年8月、クラブの補強方針について批判した前任のグスタボ・ポジェ氏を解任し、翌月5日にリカルド・ゴメス監督を招へいした。同監督はキャリア2度目のボルドー監督就任となったが、なかなか成績は振るわず、今月24日に行われたリーグ・アン第26節のナント戦での敗戦を最後に解任となった。チームは勝ち点32の13位に位置している。後任に関しては、今後数日から数週間のうちに決まるようだ。 フランス『レキップ』は、後任候補にコーチのエリク・ブドゥエ氏や、元パリ・サンジェルマンのローラン・ブラン氏、元モナコのティエリ・アンリ氏のほか、先日にレスター・シティを解任されたクロード・ピュエル氏などの名前を挙げている。 2019.02.27 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFトレムリナスが33歳で現役引退

元フランス代表DFブノワ・トレムリナス(33)が15日、現役引退を発表した。 ボルドーでプロデビューを飾った左サイドバックのトレムリナスは、そのボルドーで2008-09シーズンにリーグ・アン優勝に貢献。その他、クープ・ドゥ・ラ・リーグ、クープ・ドゥ・フランスをボルドーでそれぞれ1度ずつ優勝していた。 ボルドー退団後はディナモ・キエフやサンテチェンヌ、セビージャでプレー。しかし、2016-17シーズン以降は度重なるヒザの負傷により試合に出場できない状況が続いていた。 また、フランス代表としては2010年8月にデビューし、5試合に出場していた。 2019.02.16 00:18 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰早々からマルセイユの勝利に貢献の酒井宏樹、アジア杯敗戦は癒えぬ傷も「将来的には良い記憶に」

マルセイユの酒井宏樹は、ボルドー戦後のインタビューで復帰早々からチームに貢献できたことを喜んだ。<br><br>アジアカップ2019に日本代表として出場した酒井は、昨年12月22日のアンジェ戦を最後にマルセイユから離脱。日本が1日の決勝まで進んだため、同選手は全公式戦6試合に欠場したが、4日にチームに合流する。そして、5日のボルドー戦から右サイドバックとして早速フル出場し、1-0の勝利に貢献した。<br><br>試合後、酒井はフランス『Le Phoceen』のインタビューに英語で応じ、勝利に貢献した復帰戦について振り返った。「マルセイユの試合はDAZNのアプリで毎試合見ていましたけれど、結果は良くなかったですね。でも、今日は勝ち点3を手にできたから満足しています。とても重要な勝利でした。僕たちはこれから少しずつ良くなっていくだけです」<br><br>また、決勝でカタール代表に敗れたアジアカップについての質問に対して「もちろん、とてもがっかりしています。試合後は本当に落ち込んでいました」と話した酒井は、続けて「でも、僕には今日のように試合があります。だからすぐに復帰して、チームに馴染まなければいけなかったです。あの敗戦はもちろん悪い記憶でしたけれど、将来的には良い記憶になっていると思います」とコメントを残した。<br><br>一方で、準決勝のイラン代表戦で負傷したことについても問われ「完治はしていないです。痛みも少しあるけれど、だいぶマシにはなっています」とまだ万全の状態ではないと明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.07 08:04 Thu
twitterfacebook
thumb

アジアカップから帰還した酒井宏フル出場のマルセイユ、10人のボルドーにシャットアウト勝利!《リーグ・アン》

マルセイユは5日、リーグ・アン第18節延期分でボルドーをホームに迎え、1-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 10位マルセイユ(勝ち点30)が12位ボルドー(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。無観客試合となった試合で、アジアカップから戻った酒井宏が4バックの右サイドバックで先発した試合は、マルセイユが能動的に試合を進める展開となる。 そんな中25分、オカンポスがカルに後方から悪質なスライディングタックルを受けると、カルは一発退場に。 数的優位となったマルセイユは31分、ショートコーナーの流れから右クロスに反応したファーサイドの酒井宏がヘッド。決定的だったが、GKの好守に阻まれた。 それでも42分、マルセイユが先制する。右CKをニアのジェルマンがヘッドで逸らすと、ファーサイドのカマラが頭で押し込んだ。 迎えた後半は10人のボルドー相手にマルセイユが余裕を持ってプレー。自陣に引きながら相手の攻撃をいなして時間を進めていった。 試合終了間際の追加タイムにはB・サールがゴールを決めたかに思われたが、オフサイドでVARの末に無効に。それでも、1-0で逃げ切ったマルセイユが連敗を止め、3試合ぶりの勝利を手にしている。 2019.02.06 04:55 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース