レジェンド・小笠原満男が経験を伝授…鹿島のアカデミー・アドバイザーに就任「すべてを注いでいきます」2019.03.08 10:13 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
鹿島アントラーズは8日、2018シーズン限りで現役を引退したMF小笠原満男(39)が、アカデミー・アドバイザーに就任することを発表した。小笠原が就任するアカデミー・アドバイザーとは、スクールからユースまで育成部門の全カテゴリーに対し、これまでのプロ経験を生かして実技や指導等のサポートを行うポジションとのこと。鹿島で培った経験を、将来の鹿島を支える選手たちに伝授する役割となる。

小笠原は、現役引退時の会見でも「チームのために貢献したい」と語っており、晴れて後進の育成に力を貸すこととなった。小笠原はクラブを通じてコメントしている。

「鹿島アントラーズがさらに強くなるため、現役を引退した自分に何ができるのか、クラブとも話し合いを重ね、育成部門にアドバイザーという形で携わることになりました」

「これまで、プロサッカー選手として約20年間の経験を、トップチームの選手たちには伝えてきたつもりで、これからは育成年代の選手たちに自分が培ったものを還元していこうと思います」

「アカデミー出身の選手が一人でも多くトップチームに昇格し、アントラーズの中心、日本の中心として活躍できるよう、自分の力のすべてを注いでいきます」

小笠原は、大船渡高校から1998年に鹿島へ入団。2006年にはセリエAのメッシーナへと移籍を経験するも、国内では鹿島一筋でプレーしてきた。
コメント
関連ニュース
thumb

伊藤翔が公式戦2試合連続2ゴール! 鹿島、札幌を3発で下し今季初のリーグ戦連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが17日に札幌ドームで行われ、3-1で鹿島が勝利した。 ここまで2勝1敗の4位・札幌(勝ち点6)と、1勝1分け1敗の8位・鹿島(勝ち点4)が激突した。前節、清水エスパルスとのホーム開幕戦を5-2で勝利し、連勝を飾った札幌は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り込んだ。また、日本代表初選出の鈴木は、最前線を務めた。 一方、前節の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利した鹿島は、ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節で山東魯能と2-2で引き分けて公式戦4試合無敗。札幌戦に向けては山東魯能戦から先発メンバーを6人変更した。チョン・スンヒョン、三竿、セルジーニョらに代えて内田、安部、土居らを起用した。また、日本代表初選出となった安西は、左サイドバックで先発した。 試合は6分、連勝中と勢いに乗るホームの札幌がいきなりゴールを脅かす。福森のクロスに鈴木が飛び込むが、ここは相手DFにクリアされる。こぼれ球を拾った菅がボックス右から左足でシュートを放つも、ここはGKクォン・スンテにキャッチされた。 このまま札幌ペースで試合が進むかと思われたが、12分にアウェイの鹿島が一瞬のスキから先制点を奪う。中盤でボールを持ったレオ・シルバが前線へスルーパス。これに伊藤が反応し、相手DFに先にボールを触られたが、体を張ってブロックしてそのままゴールへ持ち込む。最後は飛び出したGKク・ソンユンをあざ笑うループシュートで鹿島が先制に成功する。 このゴールで伊藤が勢いに乗る。23分、後方からハーフウェイライン付近左でロングパスを受けた安西がドリブルを開始する。対峙した相手を一人交わし、ボックス左手前まで持ち込むと、タイミングを見計らってボックス内へスルーパス。最後は巧みな抜け出しを見せた伊藤が左足トゥーキックでGKク・ソンユンの股を射抜いた。鹿島がリードを2-0に広げた。 2点を追う札幌も攻勢に転じる。42分、チャナティップのパスを受けた深井がボックス左外からクロス。ファーサイドの鈴木が折り返し、ゴール前のアンデルソン・ロペスがヒールシュートを放つも、これは惜しくも枠を捉えられず。45分にも菅からパスを受けた鈴木がボックス手前からミドルシュートを放つが、相手に当たってわずかにゴール左外へと外れた。 後半に入ると、札幌は代表初選出の鈴木をターゲットに反撃。しかし、鹿島のディフェンスを崩すことはできない。 すると鹿島が3点目を奪いにかかる。60分、ボックス左手前で安西がボールを拾い、ボックス内の永木がボックス左へパスを送る。これを受けたレオ・シルバがカットインから右足を振り抜いたが、シュートはわずかにゴール左外へ。さらに68分、ボックス右外でFKを獲得し、キッカー永木のクロスをファーサイドの犬飼が折り返す。最後は伊藤が飛び込むも枠を捉えることはできない。 それでも攻勢を続ける鹿島は76分、カウンターから味方のパスに右サイドを突破したレアンドロがフリーでボックス内に持ち込む。カバーに入った相手DFを冷静にかわすと、GKク・ソンユンとの一対一を制した。 一矢報いたい札幌は86分、福森の左CKをファーサイドの鈴木がヘディングシュート。これをゴール前に待ち構えていたアンデルソン・ロペスが逸らして1点を返した。しかし、反撃はここまで。 伊藤の公式戦2試合連続2ゴールとレアンドロの今シーズン初ゴールで勝利した鹿島がリーグ戦初の連勝を飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★伊藤翔のらしいチップキック! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wu0k6pvsxeci1v2bk30q4i4mu" async></script> </div> 2019.03.17 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

代表生き残りを誓う鹿島DF安西幸輝「次につなげられるよう、全力で頑張る」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 鹿島アントラーズのDF安西幸輝は、22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表に招集。常勝軍団のなかでもユーティリティープレイヤーとして存在感が増していく初招集の安西が、代表生き残りを誓った。 ◆安西幸輝 「日本代表に初めて選ばれ、とてもうれしく思います。正直、全く予想していなかったので、びっくりしています」 「選出されたからには鹿島アントラーズの代表として、攻守に渡ってアグレッシブに戦うという自分の持ち味を出せるよう、今回代表に入ったチャンスと次につなげられるよう、全力で頑張ります!」 2019.03.14 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島、伊藤が2ゴール先取も…ペッレ2発で追いつかれフェライニ擁する山東魯能と敵地でドロー《ACL2019》

鹿島アントラーズは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループE第2節で山東魯能(中国)とのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 連覇を狙う首位・鹿島(勝ち点3)は5日に行われた初戦でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)をホームに迎え、2-1で白星スタート。今節は、初戦の慶南FC(韓国)戦を2-2で引き分け、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレやマンチェスター・ユナイテッドから加入した元ベルギー代表MFマルアン・フェライニを擁する2位・山東魯能(勝ち点1)の本拠地に乗り込んだ。 9日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利し、リーグ戦初白星を手にした鹿島は、ACL連勝スタートに向けて湘南戦から先発メンバーを6人変更。GKクォン・スンテ、最終ラインに右から平戸、チョン・スンヒョン、犬飼、町田、ダブルボランチには三竿とレオ・シルバを配置した。右サイドに遠藤、左サイドに山口、ツートップにはセルジーニョと伊藤を並べた。 試合は立ち上がりからホームの後押しを受ける山東魯能の勢いにやや押し込まれる。鹿島のファーストシュートは8分、カウンターから永木のパスを受けたセルジーニョがボックス手前から左足を振り抜く。しかし、これはゴール右外へと外れた。 鹿島はその1分後にもレオ・シルバがミドルシュートを放つなど、徐々にペースを引き寄せる。すると10分、敵陣中央やや右でパスを受けた伊藤が相手にボールをカットされたが、セカンドボールを拾ったレオ・シルバが相手の股を抜く巧みなパスでボックス内へボールを送る。これに反応した伊藤が右足を振り抜き、冷静にゴール右へと突き刺した。 幸先良く先制点を奪った鹿島はさらに14分、右サイドでのパスワークからボックス右手前に持ち込んだ平戸がボックス内に絶妙なスルーパス。これにまたも伊藤が反応すると、飛び出したGKワン・ダーレイをあざ笑う右足チップキックで追加点を奪った。 リードを2点に広げた鹿島だが、一瞬の隙から1点を返される。19分、ワン・トンに右サイドを突破されてクロスを許すと、ファーサイド深い位置からウー・シンハンに頭で折り返される。これがブロックしようと試みた三竿の手に当たってしまい、PKを献上。ペッレにゴール左へと突き刺され、2-1と1点差に迫られてしまう。 再び突き放したい鹿島はその後、山東魯能のサイド攻撃に苦しめられる時間帯が続く。36分には相手に左サイドからGKとDFの間に鋭いクロスを入れられる。ファーサイドのジン・ジンダオに押し込まれそうになるが、ギリギリのところで町田がクリアし、難を逃れた。 しかし前半残り5分を切ったところでついに同点に追いつかれてしまう。41分、右サイドからのクロスをニアサイドの選手が逸らすと、ペッレに収められる。一度はチョン・スンヒョンがシュートブロックするも、近くにいた相手が粘り、こぼれたボールをペッレにゴールへ蹴り込まれた。 2点のリードを追いつかれた鹿島は後半に入っても山東魯能のサイド攻撃に苦戦する中、51分に遠藤が敵陣中央右からのカットインから伸びのある強烈なシュートを放つなど、状況を打破しようと図る。54分には右サイドを突破したセルジーニョのクロスを、中央のレオ・シルバがボックス左に落とし、最後は山口がシュート。しかし、ここはGKワン・ダーレイの正面に飛んでしまう。 鹿島は61分、山口に代えて10番の安部を投入。すると70分、パスを受けた安部がボックス左手前から右足でボックス中央に浮き球のパスを供給。シュートチャンスかに思えたが、走り込んだ遠藤はシュートを撃たずにボックス左へのパスを選択し、伊藤が走り込んでいたが、相手DFに阻まれた。 後半、敵陣への侵攻回数が増えるも、決定的なチャンスを作ることができない鹿島。攻めあぐねていると80分、山東魯能に敵陣中央右からのFKをリュウ・ヤンにニアサイドでヘディングシュートを放たれるも、ここはGKクォン・スンテが正面でキャッチし、助けられる。 鹿島は終盤、平戸に代えて土居を投入し、途中出場の安部、安西と共に攻勢を強める。すると89分、途中出場の土居がボックス右に走り込み、伊藤からパスを呼び込むと、ゴール前にクロス。フリーのレオ・シルバが左足で合わせたが、わずかにミートせず、決めきることができない。 結局、試合は2-2で終了。鹿島は2点差を追いつかれる悔しい結果となったが、敵地で勝ち点1をもぎ取った。 山東魯能 2-2 鹿島アントラーズ 【山東魯能】 ペッレ(前20、前41) 【鹿島】 伊藤翔(前10、前14) 2019.03.12 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】連勝なるか! ワールドクラスのペッレ&フェライニに鹿島守備陣が挑む!《山東魯能vs鹿島アントラーズ》

12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ第2節が開催。ディフェンディングチャンピオンの鹿島アントラーズはアウェイで山東魯能(中国)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆連勝で勢いに乗れるか</span> 王者として今大会に臨んでいる鹿島は、第1節ではホームでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦。ACLの本大会に初出場したジョホール・ダルル・タクジム戦では、連戦と相手との力量差を考え控え組を中心としたメンバーで臨んだ。 FC町田ゼルビアから復帰したMF平戸太貴を右サイドバックで、また新加入のMF名古新太郎をボランチで起用するなど大胆な采配を見せた大岩剛監督だったが、その起用がヒット。43分に左サイドでFKを得ると、平戸のクロスがそのままゴールへと吸い込まれ先制。さらに54分には、ACLで滅法強さを見せるMFセルジーニョが追加点を奪い、2-1で勝利をおさめた。 リーグ戦未勝利で臨んだ試合で勝利した鹿島は、9日に行われた湘南ベルマーレとのリーグ戦を1-0で制し、今シーズンリーグ戦初白星を記録。良い流れのまま、山東魯能戦に臨む。 <span style="font-weight:700;color:#2b5be2;font-size:1.1em;">◆ワールドクラスの破壊力</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190312_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対する山東魯能は、初戦で慶南FC(韓国)とアウェイで対戦。元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレとともに、マンチェスター・ユナイテッドから獲得した元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが先発出場。高さと強さ、上手さを兼ね備えた2人が同時にピッチに立つと、その力を見せつけた。 21分に右サイドからのクロスをペッレがヘディングで叩き込み先制。その後2-1と逆転を許すも、77分にはボックス内でパスを受けたペッレが、反転シュートを決めて同点に。粘り強さを見せ、山東魯能はアウェイで勝ち点1を獲得した。 警戒すべきは、中盤で試合をコントロールするフェライニと、強さと高さと上手さを兼ね備えたトップのペッレだろう。鹿島の最終ラインは一筋縄では抑えられないこの2人をどうケアするかが求められる。 また、直近の中国スーパーリーグではフェライニが欠場。しかし、ブラジル人MFロジェル・ゲデスの2ゴールの活躍で河南建業と2-2のドロー。鹿島戦でどのようなメンバー構成になるか未知数だが、攻撃陣の破壊力には警戒が必要だ。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190312_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:クォン・スンテ DF:平戸太貴、チョン・スンヒョン、町田浩樹、安西幸輝 MF:土居聖真、永木亮太、レオ・シルバ、安部裕葵 FW:セルジーニョ、伊藤翔 監督:大岩剛 連戦、そして長距離移動と過密日程に早くもやりくりが必要な状態の鹿島。アウェイから勝ち点を持ち帰るべく、選手の入れ替えは最小限と予想する。前節のジョホール・ダルル・タクジム戦と同様に右サイドバックには平戸が入ると予想。また、センターバックにはDFチョン・スンヒョンが先発すると予想する。 また、トップには湘南ベルマーレ戦でベンチスタートとなったMFセルジーニョとFW伊藤翔、右サイドにはジョホール・ダルル・タクジム戦でトップ下に入ったMF土居聖真が先発と予想。また、早々にピッチを去ったFW安部裕葵も左サイドで先発と予想する。 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> DF町田浩樹(21) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190312_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 鹿島の注目選手は、センターバックで出場が見込まれるDF町田浩樹だ。これまで大ケガとも戦ってきた町田だが、今シーズンはディフェンスラインの一角としての飛躍が求められるシーズン。長身に加え、左利きという特性は、花開けばA代表にも近づける逸材だ。 ここまでJ1で2試合、ACLで1試合に出場し、セットプレーではあわやゴールというシーンも作り出している町田。今節は元イタリア代表FWとの対峙が待っているだけに、世界レベルを体感できる絶好の機会だ。ペッレ、フェライニと驚異的な高さを誇る2枚看板を190cmの町田がどう抑えるのかにも注目だ。 2019.03.12 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

岡本退場に内田流血…安西決勝点の鹿島が10人の湘南下しリーグ初勝利! 《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節の鹿島アントラーズvs湘南ベルマーレが9日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 前節の川崎フロンターレ戦を1-1で引き分けてリーグ未勝利の鹿島が、前節FC東京に2-3で敗北して連勝を逃した湘南をホームに迎えた一戦。 鹿島は、2-1で勝利したミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループEジョホール・ダルル・タクジム戦からスタメンを6名変更。平戸、セルジーニョ、遠藤、名古、金森、山口に代えて、内田、レオ・シルバ、土居、レアンドロ、安部、伊藤を起用した。 対する湘南は、1-2で敗北したミッドウィークのルヴァンカップ・グループA第1節V・ファーレン長崎戦からフレイレ以外のスタメン全員を変更。最後尾にGK秋元、ディフェンスラインに山根、フレイレ、大野、中盤に岡本、菊池、齊藤、2シャドーに武富、山崎、最前線に野田を据えた。 静かな立ち上がりとなった一戦、お互いに攻めあぐねる展開の中、14分に湘南がチャンスを迎える。右サイドの山崎が中央に折り返し、細かい連係からボールはボックス手前中央の菊池の下へ。しかし、放たれたミドルシュートはGKクォン・スンテに阻まれ、試合を動かすことは出来ない。 対する鹿島は、安西と安部が縦関係を形成する左サイドや最前線の伊藤の動き出しを生かしつつ決定機を作ろうとするが、シュートまで繋がらない。守備の安定を図る湘南がややペースを掴みつつ、試合は進行していく。 それでも28分、鹿島が大きなチャンスを迎える。湘南陣内でのパスミスを見逃さなかったレオ・シルバがインターセプトして前線にスルーパスを送ると、ボックス左に伊藤が抜け出す。すると、一対一の場面を迎えたが、ゴール右隅を狙ったシュートはGK秋元のセーブに阻まれた。 攻勢を強める鹿島には37分にも決定機。ボックス右をオーバーラップした永木がレアンドロからパスを受け取り、再びレアンドロに折り返す。しかし、レアンドロがフリーの状態で放ったダイレクトシュートは大きく枠を越え、ネットを揺らすことは叶わない。 前半終了間際の45分、徐々に劣勢に追い込まれる湘南が更に不利な状況に。右サイドで安西のドリブルに対応したMF岡本がこの日2枚目の警告を提示され、退場。後半の45分間を丸々10人で戦うこととなった。 湘南は、ハーフタイム中にメンバー交代を行わず。シャドーに入っていた武富を中盤の右サイドに配置し直して後半に入る。後半開始から圧倒的にボール支配を高めている鹿島はパスを回しつつ崩しにかかるが、ボックス付近では人数をかける湘南が決死の守備。56分にはボックス右でボールを受けた伊藤がネットを揺らしたかに思われたが、オフサイドの判定となる。 それでも58分、湘南の防波堤が決壊する。鹿島がボックス手前中央で細かく繋ぎ右サイドのレオ・シルバが一振りで逆サイドにボールを送ると、ボックス左に入り込んでいたのは安西。ワントラップして湘南DFを交わし、右足でファーに沈めて先制点を奪取した。 ギアを上げていきたい湘南は、直後の59分に野田に代えて経験豊富な梅崎を投入。対する鹿島も安部に代えてセルジーニョを起用し、前線の圧力を緩めない。 数的不利を抱えている湘南がリスクを冒して前がかりになっている74分、再び鹿島が絶好機。ショートカウンターから抜け出した土居がボックス右でGK秋元との一対一に。しかし、この場面では素早く飛び出していたGK秋元に軍配が上がる。1点差を保っている湘南は、試合も終盤の83分にDFフレイレに代えてFW指宿を投入。守備の枚数を減らし、高さのあるストライカーを最前線に送り出して打開を図る。 対する鹿島は、山崎と競り合った内田が出血して81分に三竿との交代で退くアクシデントに見舞われつつも湘南の得点を許さず。結局、1-0のスコアで試合を終えた。 この結果、鹿島は今シーズンのリーグ初白星を飾ることに成功。対する湘南は連敗を喫することとなった。 2019.03.09 17:55 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース