デルビー惨敗にCL敗退のローマ、ディ・フランチェスコ監督を解任! 後任はクラブOBラニエリ氏が濃厚に2019.03.08 02:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは7日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(49)の解任を発表した。

なお、現時点で後任人事のアナウンスは行われていないが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数地元メディアは、過去に選手と指導者として在籍したクラブOBで先日にフルアムを解任されたクラウディオ・ラニエリ氏(67)が今シーズン終了までの暫定指揮官として8年ぶりの復帰を果たす見込みだと伝えている。

昨夏、ルチアーノ・スパレッティ前監督の後任としてサッスオーロからローマの新指揮官としてやってきたディ・フランチェスコ監督。就任1年目となった昨季は最大のノルマであるチャンピオンズリーグ(CL)出場権をセリエA3位で確保。

さらに、CLの舞台ではアトレティコ・マドリー、チェルシーと同居した“死のグループ”を首位通過させ、準々決勝の舞台ではバルセロナ相手に1stレグの1-4の敗戦からホームでの2ndレグで3-0で勝ち切る“オリンピコの奇跡”と称された大逆転劇でCL名称変更後ではクラブ史上初となるベスト4進出に導き、昨年6月には2020年までの契約延長を勝ち取っていた。

しかし、今季は守護神アリソン、MFラジャ・ナインゴラン、MFケビン・ストロートマンといった生粋のリーダーの放出、MFニコロ・ザニオーロ、FWユスティン・クライファートら若手への世代交代を図る過渡期の中で序盤から低迷。CLグループステージ突破や昨年12月末からの連勝などで一時盛り返しを見せたが、コッパ・イタリアでのフィオレンティーナ相手の1-7の惨敗、直近のセリエAでのラツィオ戦での0-3の完敗、ポルトとのCLラウンド16第2戦での逆転負けと印象の悪い敗戦が重なったこともあり、無念のシーズン途中での退任となった。

ローマのジェームズ・パロッタオーナーはクラブ公式サイトを通じて、1年半に渡るディ・フランチェスコ監督の献身、功績に感謝を示している。
「私個人を含めローマに関わるすべての関係者を代表して、エウゼビオがこれまで示してきた献身と仕事に感謝を示したい」

「クラブに戻ってきて以来、エウゼビオは常にプロフェッショナルとして振る舞い、自分のニーズよりもクラブのニーズを優先してくれた。そして、ローマに関わるすべての人間が彼の今後の成功を祈っている」

現役時代に中盤の汗かき役としてローマの2000-01シーズンのスクデット獲得に貢献したディ・フランチェスコ監督は、現役引退後にローマでチームマネージャーを務めた。その後、ランチャーノ、ペスカーラ、レッチェの指揮官を歴任し、2012年から指揮を執ったサッスオーロでは就任1年目にセリエA昇格に導くと、2015-16シーズンはクラブ史上最高位の6位で終え、歴史的なヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献するなど、その手腕を発揮。これが認められ、2017年から古巣で指揮を執っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、ザニオーロとの新契約で合意か! 6倍の昇給に

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)が、クラブとの新契約に合意したようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。 シーズン序盤にトップ下と右ウイングのポジションでレギュラーを掴むと、ここまで公式戦28試合に出場し5ゴール2アシストの数字を残している。さらに、ローマでの活躍が評価されてイタリア代表に招集されると、23日のユーロ2020予選グループJ第1節のフィンランド代表戦では試合終盤の途中出場でフル代表デビューも飾っている。 その超逸材に関してはレアル・マドリーやユベントス、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドと国内外のビッグクラブが獲得に関心を示しているが、以前からローマ残留を希望する発言をしていた19歳はクラブとの新契約にサインすることを決めたようだ。 伝えられるところでは、現行契約で年俸30万ユーロ(約3700万円)を受け取っているザニオーロは、2023年6月までとなる新契約で6倍以上の年俸200万ユーロ(約2億4800万円)のサラリーを受け取ることになるようだ。 2019.03.24 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴディン退団濃厚のアトレティコ、マノラスに熱視線か

アトレティコ・マドリーが、ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』の情報をもとに『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 長年センターバックを務めてきたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)の契約が今シーズン限りとなっているアトレティコ。ウルグアイ代表DFは同クラブ退団で既に合意しているとも伝えられており、インテル移籍が近づいているようだ。 そして、アトレティコは後釜確保に動いており、マノラスに熱視線を送っているという。また、同選手の推定契約解除金は3600万ユーロ(約45億4000万円)であり、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスからの関心も伝えられている。 2014年にオリンピアコスからローマへ加入したマノラス。189cmという恵まれた体躯と鋭い読み、抜群の瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨し続け、今シーズンの公式戦29試合に出場している。 2019.03.23 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フロレンツィがイタリア代表を離脱… 31日の“デルビー・デル・ソーレ”も欠場が濃厚《ユーロ2020予選》

イタリアサッカー連盟(FIGC)は22日、ローマMFアレッサンドロ・フロレンツィが同国代表から離脱したことを発表した。 FIGCの発表によれば、フロレンツィは21日に行われたトレーニング中に左足ふくらはぎを負傷。22日の朝に代表チームを離れ、所属先のローマで治療に取り掛かっているという。 また、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、フロレンツィの復帰には数週間を要し、31日に行われるセリエA第29節ナポリとの“デルビー・デル・ソーレ”は欠場することが濃厚だという。 イタリアは23日にユーロ2020予選初戦のフィンランド代表戦を戦い、26日に第2戦のリヒテンシュタイン代表戦を戦う。 2019.03.23 02:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがナチョ獲得に動く? ミリトン加入でチャンス到来

ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。『フットボール・イタリア』がスペイン『アス』の情報をもとに伝えている。 昨夏に引き続き、ローマの照準はスペイン代表DFに絞られているようだ。モンチSD(スポーツ・ディレクター)が退団したことで補強方針に多少の変化が予想されるローマだが、ナチョへの関心は変わらず今夏にも獲得に動く可能性が高いという。 ユースからマドリーで過ごすナチョだが、今季は公式戦24試合の出場と、やや物足りない成績となっている。加えて、マドリーが新たにブラジル代表DFエデル・ミリトンを獲得したことで、来季はさらに出場機会を減らす恐れがあることも、ナチョが移籍に動く理由であるとメディアは指摘している。 ナチョの契約は2020年まで。30歳手前にして新たなステップに挑戦することに何ら不思議はない。 2019.03.22 16:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、フランクフルトやリーズも注視するPSVの若手MFロンバイクに興味

ローマが、PSVのU-19オランダ代表MFジャスティン・ロンバイク(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ロンバイクは、PSVのU-21チームに所属しており、中盤の攻撃的なポジションを主戦場としている。PSVのユースで育ち、U-16から世代別のオランダ代表に招集。U-19オランダ代表としては、2017年のユーロにも出場していた。 ローマは、スポーツディレクターを務めていたモンチ氏が退任し、新たにリッキー・マッサーラ氏が就任。ロンバイクはマッサーラ氏の目に留まったようだ。 ロンバイクとPSVの契約は2019年6月に切れるため、フリートランスファーで獲得できる掘り出し物。しかし、PSVも新契約の締結に動いているともされる。 また、ローマ以外にもフランクフルトとリーズ・ユナイテッドが興味を示しているとされ、PSVを含めた獲得競争に出ることになるようだ。 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース