長谷部誠、ホッフェンハイム戦での行動を独連盟が調査か…独メディアが可能性指摘2019.03.05 08:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
DFB(ドイツサッカー連盟)は、フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠に対する調査を開始するかもしれない。4日付のドイツ誌『キッカー』が伝えている。

2日のブンデスリーガ第24節で、フランクフルトはホッフェンハイムに3-2で逆転勝利。この試合の80分、相手MFナディエム・アミリがピッチで治療を受けていたとき、長谷部の見せたアクションが騒動の発端となり、ホッフェンハイムのアレクサンダー・ローゼンSD(スポーツディレクター)は「我々のメディカルスタッフを侮辱したことを知っている」と苦言を呈すると、逆転勝利を相手ベンチの前で喜んでいたことも非難していた。

また、試合直後にはホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督と長谷部との間で口論が勃発。その内容について同監督は「彼だけに向けた話」とし、明かす必要はないと強調。記者会見では「私はキャプテンはきちんとした振る舞いを見せるべきだと思っている。彼は何度かそうしなかった」とも話していた。

これらに関して『キッカー』は「マコト・ハセベは普段とは違って試合後の日本メディアの取材は応じず、日曜日(3日)にも声明を出さなかった」と伝えたうえで、DFB管理委員会が「調査をする可能性がある」とも指摘。実際に調査が行われるのか、注目が集まっている。


提供:goal.com
コメント


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース