【ACL2019展望】広島は難敵揃いのグループに、本田圭佑の凱旋にも注目〜グループF〜2019.03.04 22:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3月5日(火)、2019シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕する。日本からは、Jリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、そしてプレーオフを勝ち上がった、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズの4チームが出場する。

東地区のグループFに入ったのは、2018シーズンのJリーグで2位、プレーオフを勝ち抜いたサンフレッチェ広島だ。

今回は、広島が入ったグループFの各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループF

大邱FC(韓国)
広州恒大(中国)
メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
サンフレッチェ広島(日本)

★POでの苦戦を跳ね返し、アジアタイトル獲得へ!
サンフレッチェ広島(日本/5回目)

【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2018 2位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト16(2014)
2018シーズンは序盤首位を独走。2017年の残留争いから一転、生まれ変わったチームは周囲を驚かせた。しかし、後半戦に入り失速。最終節でもなんとか粘り、2位でシーズンを終えた。

ACLに出場するのは、2016シーズン以来3年ぶり。最後にリーグ制覇を成し遂げて以来の出場となる。しかし、ケガ人を含めたチーム事情の関係で、プレーオフのチェンライ・ユナイテッドFC戦は大苦戦に。若手主体で臨むと120分間を通してゴールレス。PK戦で勝ち上がることに成功した。

ACLを考慮し補強に動いたものの、DFエミル・サロモンソン以外は稼動できていない状況。ACLという舞台でしっかりと復帰できるのかが、今大会の行方を左右することになるだろう。

【注目選手】
Getty Images
FWパトリック(ブラジル)
1987年10月26日(31歳)
注目は昨シーズンのチーム得点王でもあるパトリックだ。ガンバ大阪からの期限付き移籍で加入した昨季は33試合で20ゴールを記録。持ち前の得点力を最大限に発揮できたシーズンだった。

今シーズンからは背番号10を背負い、気持ちも新たにピッチへと立つ。FWドウグラス・ヴィエイラ、FWべサルト・ベリーシャ、DFエミル・サロモンソン、そしてMFハイネルと外国人枠の争いもある状況。エースとしての活躍を見せ、初のアジア制覇を掴み取る原動力になれるかに注目だ。

★中国の巨人が3度目のアジア制覇を目指す
広州恒大(中国/7回目)

【出場資格】
中国スーパーリーグ2018 2位
【前回出場】
2018年
【前回大会】
ラウンド16敗退
【最高成績】
優勝(2013、2015)
言わずと知れた中国の強豪クラブ。“爆買い”で注目を集めていこうは、着実に国内外で結果を残し、アジアでも有数のクラブに成長した。

指揮を執るのは、イタリア代表としてもワールドカップ優勝を経験し、バロンドールも受賞したことのあるファビオ・カンナバーロ監督だ。2017年から指揮を執るとリーグ7連覇を達成。しかし、2018シーズンはその連覇がストップしてしまった。

今シーズンは、バルセロナからパウリーニョを買い戻すと、ベンフィカからブラジル代表MFタリスカを獲得。さらに韓国代表DFパク・ジス、エバートンからも元U-21イングランド代表DFティアス・ブラウニングを獲得と余念がない。3度目のアジア制覇に向けて、中国の巨人が動き出す。

【注目選手】
Getty Images
MFタリスカ(ブラジル)
1994年2月1日(25歳)
パウリーニョにも注目だが、今回はブラジル代表MFタリスカをピックアップ。ベンフィカで頭角を現したタリスカは、強烈なシュートと正確なキックを持つレフティ。プレースキックも精度が高く、190cmの長身をも武器とする。

ベシクタシュへのレンタル期間を経て2018年7月に広州恒大へレンタル移籍。するとその才能に広州恒大は買取オプションを行使した。タリスカとパウリーニョの中盤の構成力は高く、 アジアの覇権奪還に向けた広州恒大躍進の原動力となりそうだ。

★新興勢力として結果を残せるか
大邱FC(韓国/初出場)

【出場資格】
韓国FAカップ2018 優勝
【前回出場】
-
【前回大会】
-
【最高成績】
-
2002年に韓国初の「市民サッカークラブ」として誕生。長らくKリーグに所属していたが、2012年に降格。2016年にはKリーグチャレンジで2位となるも、安山ムグンファFC(現在の牙山ムグンファFC)が規定により昇格できず、繰上げでKリーグクラシック(現在のKリーグ1)へ復帰した。

2018シーズンは7位でリーグ戦を終えるも、韓国FAカップで優勝。クラブ初タイトル獲得となった。

チームには、クラブ初となる日本人選手としてMF西翼が在籍。西は、Jリーグを経験せず、専修大学卒業後、ポーランドやスロバキアのクラブでプレーしていた。また、韓国代表GKチョ・ヒョヌも所属している。

【注目選手】
Getty Images
GKチョ・ヒョヌ(韓国)
1991年9月25日(27歳)
新興勢力ではある大邱FCの注目選手は、韓国代表GKチョ・ヒョヌだ。世代別の韓国代表を経験してきたチョ・ヒョヌは、2017年ごろからA代表に定着。第3GKの立ち位置が長らく続いたものの、ロシア・ワールドカップ直前でポジションを奪い、グループステージ3試合でゴールを守った。

その後は再び控えに回り、アジアカップでは出場機会がなかったものの、チームとして初のACLを戦う上では欠かせない存在。ロシアで見せたパフォーマンスで、最後尾からチームを支える。

★本田圭佑が初のACLでチームを牽引できるか
メルボルン・ビクトリー(オーストラリア/7回目)

【出場資格】
Aリーグ2018グランドファイナル 優勝
【前回出場】
2018年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
ベスト16(2016)
2018シーズンのAリーグを制したメルボルン・ビクトリー。これまでのACLではグループステージ敗退となったが、今シーズンは大きな補強を見せた。

元日本代表MF本田圭佑をパチューカから獲得すると、トゥールーズからスウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンも獲得。経験のある選手を獲得し、アジアタイトルを目指す。

今シーズンのAリーグでは、ここまで3位につけており、まずまずの結果を残している。ケガで離脱していた本田も復帰し、ACLへの準備は万端だ。

【注目選手】
Getty Images
MF本田圭佑(日本)
1986年6月13日(32歳)
今シーズンからメルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑をピックアップ。名古屋グランパス時代はACLとは縁がなく、出場となれば、自身初の挑戦となる。

CSKAモスクワ時代にはUEFAチャンピオンズリーグにも出場経験があり、2つの大陸でチャンピオンズリーグを経験することに。広島との対戦では日本凱旋も期待され、メルボルンにとってもアジア制覇へのキーマンとなるだろう。

★広島は難敵揃いのグループで厳しい戦いに

昨シーズンのJリーグ2位・サンフレッチェ広島が入ったグループFは、ACLを制したこともある広州恒大、本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリー、そして韓国の大邱FCが同居する。

グループFの勝ち抜け争いは、ACLでの経験値、そして戦力値を考えると、広州恒大が頭1つ抜け出ている状況だろう。バルセロナから買い戻したMFパウリーニョ、ベンフィカから購入したMFタリスカと2人のセレソンが中盤を構成。ファビオ・カンナバーロ監督が率いるチームは守備も固く、グループで1番の力があると言えるだろう。

対抗馬となるのは、広島、そしてメルボルン・ビクトリーだろう。広島は3年ぶりのACL出場となり、前回出場時から選手も入れ替わっている。それでも、MF青山敏弘やDF水本裕貴など経験豊富な選手も多く、FWパトリックはガンバ大阪時代にも出場。そのほか、FWべサルト・ベリーシャは、メルボルン・ビクトリー時代にACLを経験している。2018シーズンの後半戦の失速で、勝負弱さを露呈ている部分が気になるが、城福浩監督がどこまでチームを再構築したか。若手選手も多く所属するだけに、結果を残しながら成長を促したい。

一方のメルボルン・ビクトリーは、何と言っても本田圭佑に注目が集まる。CSKAモスクワ時代にUEFAチャンピオンズリーグを経験している本田だが、ACLの出場は今回が初めて。広島との対戦では日本代表以外での初の凱旋となり、大きな注目が集まる。チームにもすっかり馴染み、違いを見せている本田がどこまで牽引できるか。また、アジアタイトルを目指し、スウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンも獲得しているだけに、攻撃面で力を発揮できるかがカギとなる。

初めてACLの舞台に立つ大邱FCに関しては未知数だ。Kリーグ1でも7位と結果を出せなかったものの、FAカップを制して出場権を獲得。日本人MF西翼がどんなプレーを見せるかにも注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

蔚山現代がネガオのゴールでオスカル&フッキ不発の上海上港に勝利!《ACL2019》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループHの第2節、蔚山現代(韓国)vs上海上港(中国)が行われ、1-0で蔚山現代が勝利した。 初戦でシドニーFCと引き分けた蔚山現代と、川崎フロンターレに勝利した上海上港の一戦。蔚山現代はMFキム・ボギョンやMFディスケルド、FWブルトハイスが先発出場。上海上港は、MFオスカル、FWフッキが先発した。 試合は27分、蔚山現代は最終ラインでのパスミスからピンチ。反応し、パスをカットしたオスカルがボックス手前から強烈なミドルシュート。枠を捉えたシュートだったが、GKオ・スンフンがセーブする。 上海上港が優勢なまま試合は進むも、どちらもゴールを奪えず。ゴールレスのまま試合は後半に突入する。 蔚山現代は62分、ハーフウェイライン付近のブルトハイスが前線へロングパス。これに反応したネガオがボックス内に侵入するも、相手DFに対応されシュートは打てない。 それでも66分、蔚山現代は右CKを得ると、キム・ボギョンのクロスをニアサイドでネガオがヘッド。これが決まり、蔚山現代が先制する。 さらに68分、ボックス手前中央でパスを受けたディスケルドがミドルシュート。しかし、これはGKヤン・チュンリンがセーブする。69分にもミドルシュートのこぼれ球にネガオが詰めるも、相手DFが先にクリア。追加点は奪えない。 防戦が続いた上海上港は87分、ボックス手前でパスを受けたオスカルがミドルシュート。コースを突いたシュートだったが、ここもGKオ・スンフンが好セーブを見せて得点とはならない。 結局そのまま試合は終了。蔚山現代は初勝利を記録、上海上港は連勝とはならなかった。 蔚山現代 1-0 上海上港 【蔚山現代】 ネガオ(後21) 2019.03.14 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ペドロ・ジュニオールがアシスト! ブリーラムが全北現代を下す《ACL2019》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループGの第2節、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)vs全北現代モータース(韓国)が行われ、1-0でブリーラムが勝利した。 初戦で浦和レッズに3-0と大敗したブリーラムが、北京国安に3-1と完勝した全北現代をホームに迎えた一戦。ブリーラムはFWペドロ・ジュニオールが先発出場。全北現代はDFキム・ミンヒョクやMFリカルド・ロペス、FWイ・ドングクらが先発した。 試合は16分、全北現代はリカルド・ロペスが遠目からミドルシュート。しかし、これはGKがセーブする。 ブリーラムは24分、ボックス左でFKを得ると、ヌチュヌムが直接シュート。しかし、これはGKがセーブする。 さらに27分、ボックス手前中央からジャディードがミドルシュート。しかし、これはゴール左にわずかに外れる。 ゴールレスで迎えた後半、最初に決定機を作ったのはブリーラム。自陣ゴール前の守備からカウンターを発動すると、パスを受けたペドロ・ジュニオールがドリブルで運びスルーパス。これをサラチャートがしっかりと決め、ブリーラムが先制する。 先制したブリーラムは59分、右CKからのクロスをニアサイドでペドロ・ジュニオールがヘッド。しかし、これはGK正面に飛ぶ。 追いつきたい全北現代は69分、リカルド・ロペスが強烈なシュート。しかし、これはクロスバーを叩きゴールとはならない。 その後も全北現代が攻め込む時間が続くも、決定力を欠きゴールを奪えず。1-0でブリーラムが逃げ切り、勝利を収めた。 ブリーラム・ユナイテッド 1-0 全北現代モータース 【ブリーラム】 サラチャート(後5) 2019.03.14 00:37 Thu
twitterfacebook
thumb

大劣勢もGK西川が奮闘の浦和、北京国安に敵地で価値あるドロー《ACL2019》

浦和レッズは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループG第2節で北京国安(中国)をホームに迎え、0-0で引き分けた。 初戦のブリーラム(タイ)戦を3-0と勝利し白星スタートとした浦和は、4日前に行われ1-0で辛勝した松本山雅戦のスタメンから2選手を変更。森脇と柴戸に代えてマウリシオとエヴェルトンを起用した。 レナト・アウグスト、バカンブ、ビエラといった外国籍選手を起用してきた、初戦の全北現代(韓国)戦を1-3と落とした北京国安に対し、浦和が仕掛ける入りとなる中、10分にチャン・シーチョーのミドルシュートでGK西川を強襲される。 ここから徐々に押し込まれる展開を強いられると、18分に大ピンチ。槙野との競り合いを制してボックス左に侵入したバカンブがGK西川をかわして角度の厳しい位置からシュート。だが、枠の右に外れて助かった。 続く19分にもビエラのコントロールシュートでゴールを脅かされた浦和は防戦一方の状況を強いられる。そして、29分にはボックス内でクロスボールが槙野の手に当たるも、主審はノーファウルと判定し救われた。 ハーフタイムにかけても防戦一方の浦和は42分にチャン・ユーニンに決定的なヘディングシュートを許すも枠の上に外れて助かり、何とかゴールレスで前半を終えた。 前半にシュートを1本しか打てなかった浦和は迎えた後半、開始5分にビエラのミドルシュートでGK西川を強襲されると、54分にもレナト・アウグストに直接FKでオンターゲットを記録された。 その後もチャン・ユーニンにGK西川を強襲された浦和が劣勢を強いられる中、63分に長澤に代えて柴戸を投入し、何とか北京国安の攻勢を凌いでいく。 自陣に引いて耐える浦和は終盤、柏木に代えて阿部を投入し、勝ち点1奪取を目指す。82分にはユ・ターパオに決定的なヘディングシュートを許すも枠の上に外れて助かると、最終盤の追加タイム1分にはビエラのシュートが左ポストに直撃。直後にはバカンブにネットを揺らされたがオフサイドで助かり、0-0でタイムアップ。 シュート1本に終わる大劣勢を強いられながらも、守護神の西川が奮闘した浦和が敵地で価値ある勝ち点1を獲得した。次節、浦和は4月9日に全北現代とホームで対戦する。 2019.03.13 23:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】連勝スタートを目指す浦和、リーグで好調北京国安にアウェイで挑む《北京国安vs浦和レッズ》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第2節が開催。浦和レッズは、アウェイで北京国安(中国)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#dd000c;font-size:1.1em;">◆連勝スタートなるか</span> 2017シーズンのアジア王者である浦和は、3連覇に向けて好スタートを切った。ホームでのブリーラム・ユナイテッド戦では、前半こそブリーラムにあわやというシーンを作られるも0-0で折り返す。 すると迎えた後半、50分にCKから槙野智章がゴール。浦和にとってのシーズン初ゴールを記録すると、若武者・橋岡大樹が躍動する。 攻め立てていた浦和は75分、長澤和輝のミドルシュートが防がれるも、こぼれ球を橋岡が蹴り込み2点差に。さらに88分には汰木康也がドリブルで相手をかわすと、クロスに飛び込んだ橋岡が決めてリードは3点とし、勝利を収めた。 この勢いに乗り、9日に行われた松本山雅FCとのリーグ戦も1-0で勝利。結果が出だしている状況だけに、ACLでも連勝を収めてリードを広げておきたいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#06ce27;font-size:1.1em;">◆前節はアウェイで完敗</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_18_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対する北京国安は、アウェイで全北現代モータース(韓国)と対戦。しかし、こちらはベテランFWイ・ドングクにしてやられる。 14分に先制を許すと、41分にチャン・シーチョーのゴールで同点に。それでも48分、イ・ドングクにACL通算37ゴール目を決められると、71分にはイ・ドングクのアシストからキム・シンウクに決められ、3-1で敗れた。 試合展開としては攻め込む時間があったものの、決定力の差で負けた北京国安。それでも、中国スーパーリーグでは開幕から2連勝を飾っている。 前節の重慶帆足戦では、ジョナタン・ビエラやセドリック・バカンブらが4ゴールを記録し快勝。全北現代戦の敗戦は払拭できているはずだ。 <span style="font-weight:700;color:#dd000c;font-size:1.1em;">◆浦和レッズ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:西川周作 DF:岩波拓也、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、長澤和輝、エヴェルトン、柏木陽介、宇賀神友弥 FW:アンドリュー・ナバウト、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ 勝利を収めた松本戦から若干のメンバー変更。マウリシオが最終ラインで復帰すると予想。状態次第では、森脇良太が出場するだろう。また、エヴェルトンも先発に復帰すると見る。アンカーのポジションになるが、厳しい状態であれば、柴戸海、または阿部勇樹となるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#dd000c;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> MF柏木陽介(31) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_18_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 浦和の注目選手はMF柏木陽介だ。今シーズンはチームの得点が生まれず、攻撃面でも違いを出せていない浦和。柏木もまだまだ本調子とはいえない状況だ。 それでも、その左足から繰り出されるパスはチャンスメイクには欠かせない。アウェイの地でも勝ち点3を獲得して帰るためにも、そして浦和がチームとして調子を上げていくためにも、柏木の活躍は欠かせない。ブリーラム戦同様、セットプレーからのアシストにも期待だ。 2019.03.13 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】負の連鎖を止めたいJ王者・川崎F、ACL未勝利を止められるか《川崎フロンターレvsシドニーFC》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第2節が開催。川崎フロンターレは、ホームにシドニーFC(オーストラリア)を迎える。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆未勝利敗退の悪夢を払拭へ</span> 2018シーズンは未勝利でグループステージ敗退となった川崎Fは、初戦の上海上港戦を1-0で落とした。アウェイゲームながら、得意のパスワークで試合を支配する時間を作った川崎Fだったが、攻撃面もうまくいかずにこう着状態に。 多くのチャンスを作らせない展開で、引き分けかと思われたが、88分にPKを与えてしまい、1-0で敗戦となった。 リーグ戦では、3試合連続ドロー。前節の横浜F・マリノス戦も終了間際に被弾し追いつかれるなど、良い流れに乗れていない。しっかりとここで勝利を収め、悪夢を払拭したいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆初戦は韓国の雄とドロー</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対戦するシドニーFCは、初戦で蔚山現代と対戦。序盤からペースを握っていったものの、ル・フォンドレやグーチャンネジャドがチャンスを生かせない展開となる。 試合を通してシドニーが攻め込む状況だったものの、相手GKの好守もありゴールレスドロー。勝ち点を分け合う形に終わった。 今シーズンのAリーグでは、ここまで好調を維持して2位をキープ。蔚山現代戦以来、1週間試合がなかったため、コンディションは万全の状態で川崎F戦に臨むことが出来る。今季リーグ戦で14ゴールを挙げているル・フォンドレを中心とした攻撃陣が川崎Fを相手に牙を向くかに注目だ。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:家長昭博、田中碧、守田英正、長谷川竜也 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達 激戦となった神奈川ダービーから中2日で臨む試合。過密日程が組まれている中で、メンバー交代が起こりそうだ。負傷中の馬渡和彰に代わっては、マギーニョが先発と予想。また、中盤も田中碧が先発すると予想する。また、前線は2トップに変更し、横浜FMはベンチスタートだった小林悠が先発。エンジンがかかってきたレアンドロ・ダミアンとコンビを組むと予想する。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> FWレアンドロ・ダミアン(29) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 川崎Fの注目選手はFWレアンドロ・ダミアンだ。チーム加入後、ゼロックス・スーパーカップではゴールを記録したものの、その後のリーグ戦では不発。横浜FM戦で2ゴールを記録し、ついにJ1でも得点を記録した。 上海上港戦はベンチスタートとなり、失点後の数分間だけの出場に終わっており、実質この試合がデビュー戦となるだろう。アジアでの戦いを見据えた補強の1人であり、その期待を結果で返せるか。久々のACLでの勝利に貢献できるかに注目だ。 2019.03.13 13:20 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース