【ACL2019展望】常勝軍団・鹿島、Jリーグ勢初の連覇へ〜グループE〜2019.03.04 22:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3月5日(火)、2019シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕する。日本からは、Jリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、そしてプレーオフを勝ち上がった、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズの4チームが出場する。

東地区のグループEに入ったのは、2018シーズンのJリーグで3位となったものの、悲願のアジア王者に輝いた鹿島だ。クラブとして20冠目をACLのタイトルで埋めた鹿島。Jリーグ勢初のACL連覇へ挑戦する。

今回は、鹿島が入ったグループEの各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループE
慶南FC(韓国)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
鹿島アントラーズ(日本)
山東魯能(中国)
★Jリーグ勢史上初の連覇へ!
鹿島アントラーズ(日本/9回目)

【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2018 3位
【前回出場】
2018年
【前回大会】
優勝
【最高成績】
優勝(2018)
2018シーズンはJ1リーグでは苦戦が続き3位でフィニッシュ。一方で、ACLではクラブ史上初の優勝を達成。常勝軍団にまた1つ新たなタイトルが加わった。

しかし、ACLは優勝チームに出場権は与えられないため、プレーオフラウンドからの出場に。ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)との一発勝負を制し、見事に出場が決定。連覇への一歩を踏み出した。

今シーズンは主力選手が退団し、大きな補強も少なかった鹿島。FW伊藤翔(横浜F・マリノス)、MF白崎凌兵(清水エスパルス)が新戦力として加わり、伊藤はプレーオフでもゴール。ディフェンスラインの戦力と、開幕前の負傷者の多さが気になるところだが、成長を促しながらも、史上初の連覇を目指して戦う。

【注目選手】
Getty Images
MFセルジーニョ(ブラジル)
1995年3月15日(23歳)
2018シーズン途中に加入したセルジーニョは、初の参戦となったACLでその能力をまざまざと見せつけた。

決勝トーナメントから出場すると、5戦連発の大活躍。セルジーニョに牽引されたチームは、そのままの勢いでペルセポリス(イラン)を下し、悲願のアジアタイトルを獲得し、クラブ20冠を達成した。

左足から繰り出される強烈なシュートはもちろんのこと、絶妙な位置どり、そして周囲との連携も向上。プレーオフのニューカッスル・ジェッツ戦でも2ゴールの活躍を見せた。史上初のアジア連覇の原動力となることは間違いないだろう。

★5度目の正直!初の本大会出場で結果を残せるか
慶南FC(韓国/初出場)

【出場資格】
Kリーグ1 2018 2位
【前回出場】
-
【前回大会】
-
【最高成績】
-
2018シーズンのKリーグ1で2位となった慶南FCは、初のACL出場となる。2006年からKリーグに参加している慶南FCだったが、2014年にKリーグチャレンジ(現在のKリーグ2)に降格。すると2015年には審判買収が発覚し、翌シーズンの勝ち点没収と制裁金の処分が下された。

しかし、2017シーズンはKリーグチャレンジで優勝。2018シーズンからKリーグ1へ復帰すると、クラブ史上最高の2位を記録し、ACLの出場権を獲得した。

かつては、現在はサッカー解説者として活躍している元日本代表MF戸田和幸氏や、FC東京でもプレー経験があるFWカボレ、柏レイソルやヴィッセル神戸、浦和レッズでもプレーしたFWポポなども所属。現在は、浦和レッズユース出身で、アビスパ福岡でもプレーしたFW邦本宜裕が所属している。

【注目選手】
Getty Images
FWルク・カスタイニョス(オランダ)
1992年9月27日(26歳)
日本人FW邦本宜裕にも注目したいところだが、ここは“アンリ2世”とも呼ばれていたことがあるカスタイニョスをピックアップ。

オランダの名門・フェイエノールトのアカデミー出身で、16歳でトップチームデビューを果たすと、翌年にはレギュラーに定着。翌シーズンにインテルへと移籍した。

しかし、その後はクラブを転々。オランダ人によく見られる国外移籍で失敗する典型であるものの、その才能は多くのOBに評価されている。26歳で初のアジア挑戦。爆発的な得点力を秘めているカスタイニョスが花開く可能性はある。

★マレーシアの強豪クラブが初のACLに挑む!
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア/初出場)

【出場資格】
マレーシア・スーパーリーグ2018 優勝
【前回出場】
-
【前回大会】
予選2回戦敗退
【最高成績】
-
1972年に創設されたクラブは、東南アジア屈指の資金を持つクラブ。2014年からマレーシア・スーパーリーグを5連覇中の強豪クラブだ。ACLには過去4度予選から出場したものの、全て敗退。本大会に出場するのは今大会が初のこととなる。

2013年から2014年にかけては、元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールや元スペイン代表FWダニエル・グイサらも所属したことがあり、昨年まではマレーシア代表のキャプテンでもあったMFモハマド・サフィク・ラヒムも在籍していた。

マレーシア勢としては、アジアクラブ選手権時代の1967年にセランゴールが準優勝したのが最高成績。ACLに切り替わってからは結果を出せていないため、期待が懸かる。

【注目選手】
Getty Images
DFマウリシオ(ブラジル)
1988年9月20日(30歳)
未知数でもあるジョホール・ダルル・タクジムの注目選手は、ブラジル人DFマウリシオだ。

マウリシオはパルメイラスの下部組織出身で、グレミオやヴィトーリアなどブラジル国内でプレー。2013年に海を渡りスポルティング・リスボンに加入すると、レンタル移籍を経て2015年にラツィオへと完全移籍した。その後はスパルタク・モスクワ、レギア・ワルシャワへのレンタルを経験している。セリエAでは40試合に出場した。

チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの経験もあり、欧州での経験豊富なセンターバックがゴールを固める。

★“爆買い”の力は健在か!?
山東魯能(中国/9回目)

【出場資格】
中国スーパーリーグ2018 3位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト8(2005、2016)
2018シーズンの中国スーパーリーグを3位で終えた山東魯能は、プレーオフでベトナムのハノイFCを4-1で下し、9回目の本大会出場を決めた。

“爆買い”で注目を集めたクラブの1つでもある山東魯能は、かつてマノ・メネーゼス監督やフェリックス・マガト監督など名将が指揮。また、元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリや元セネガル代表FWパピス・シセなども所属していた。

現在は、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが在籍。さらに、今冬にはマンチェスター・ユナイテッドからベルギー代表MFマルアン・フェライニを獲得。アジア制覇に向けて補強に余念がない。

【注目選手】
Getty Images
MFマルアン・フェライニ(ベルギー)
1987年11月22日(31歳)
ベルギー代表としても活躍し、ロシア・ワールドカップのラウンド16では日本代表戦で勝利に貢献したフェライニ。

スタンダール・リエージュ、エバートン、そしてマンチェスター・ユナイテッドと欧州で活躍したフェライニは、この2月1日に山東魯能へと加入した。

高さはもちろんのこと、中盤での攻撃力も持ち合わせるフェライニがアジアでどの程度のパフォーマンスを見せるのか。欧州トップレベルの選手のプレーに注目だ。

★王者・鹿島と山東魯能が抜け出るか

前回大会王者として連覇に挑む鹿島アントラーズが入ったグループE。その対抗馬となるのは、中国の山東魯能だろう。

いわゆる“爆買い”を敢行してきたチームだが、今冬はマンチェスター・ユナイテッドからベルギー代表MFマルアン・フェライニを獲得した。

今シーズンもプレミアリーグやチャンピオンズリーグでも主力としてプレーしていたフェライニが電撃的に加入。現役ベルギー代表選手の能力の高さは、ロシア・ワールドカップでもまざまざと見せつけられ、記憶に新しいところだろう。

また、ブラジル・ワールドカップを経験している元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレも所属。近年エースとして活躍していた元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリはチームを去ったものの、チーム力が落ちたとは言えない。

対する鹿島は、優勝を果たしたチームからMF小笠原満男が現役引退。さらに、DF昌子源がトゥールーズに、DF西大伍がヴィッセル神戸に移籍し、経験豊富な選手が相次いで退団した。

前線は選手層が整っているものの、守備陣は柱が抜けた状態に。さらにケガ人も多く、リーグ戦との二足の草鞋を履くことは、鹿島といえども簡単なことではないはず。それでも頂点を目指してしっかりと結果を残していくだろう。

慶南FCとジョホール・ダルル・タクジムに関しては、未知数な部分が多い。慶南FCは初のACLとなり、戦力補強も積極的に行ったがアジアの舞台でどのようなゲームを見せるのか。また、ジョホールも5度目の挑戦で初めて予選を突破しただけに、本大会で結果を残せるかは不透明。鹿島と山東魯能がしっかり勝ち点を積む可能性が高い。
コメント
関連ニュース
thumb

蔚山現代がネガオのゴールでオスカル&フッキ不発の上海上港に勝利!《ACL2019》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループHの第2節、蔚山現代(韓国)vs上海上港(中国)が行われ、1-0で蔚山現代が勝利した。 初戦でシドニーFCと引き分けた蔚山現代と、川崎フロンターレに勝利した上海上港の一戦。蔚山現代はMFキム・ボギョンやMFディスケルド、FWブルトハイスが先発出場。上海上港は、MFオスカル、FWフッキが先発した。 試合は27分、蔚山現代は最終ラインでのパスミスからピンチ。反応し、パスをカットしたオスカルがボックス手前から強烈なミドルシュート。枠を捉えたシュートだったが、GKオ・スンフンがセーブする。 上海上港が優勢なまま試合は進むも、どちらもゴールを奪えず。ゴールレスのまま試合は後半に突入する。 蔚山現代は62分、ハーフウェイライン付近のブルトハイスが前線へロングパス。これに反応したネガオがボックス内に侵入するも、相手DFに対応されシュートは打てない。 それでも66分、蔚山現代は右CKを得ると、キム・ボギョンのクロスをニアサイドでネガオがヘッド。これが決まり、蔚山現代が先制する。 さらに68分、ボックス手前中央でパスを受けたディスケルドがミドルシュート。しかし、これはGKヤン・チュンリンがセーブする。69分にもミドルシュートのこぼれ球にネガオが詰めるも、相手DFが先にクリア。追加点は奪えない。 防戦が続いた上海上港は87分、ボックス手前でパスを受けたオスカルがミドルシュート。コースを突いたシュートだったが、ここもGKオ・スンフンが好セーブを見せて得点とはならない。 結局そのまま試合は終了。蔚山現代は初勝利を記録、上海上港は連勝とはならなかった。 蔚山現代 1-0 上海上港 【蔚山現代】 ネガオ(後21) 2019.03.14 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ペドロ・ジュニオールがアシスト! ブリーラムが全北現代を下す《ACL2019》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループGの第2節、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)vs全北現代モータース(韓国)が行われ、1-0でブリーラムが勝利した。 初戦で浦和レッズに3-0と大敗したブリーラムが、北京国安に3-1と完勝した全北現代をホームに迎えた一戦。ブリーラムはFWペドロ・ジュニオールが先発出場。全北現代はDFキム・ミンヒョクやMFリカルド・ロペス、FWイ・ドングクらが先発した。 試合は16分、全北現代はリカルド・ロペスが遠目からミドルシュート。しかし、これはGKがセーブする。 ブリーラムは24分、ボックス左でFKを得ると、ヌチュヌムが直接シュート。しかし、これはGKがセーブする。 さらに27分、ボックス手前中央からジャディードがミドルシュート。しかし、これはゴール左にわずかに外れる。 ゴールレスで迎えた後半、最初に決定機を作ったのはブリーラム。自陣ゴール前の守備からカウンターを発動すると、パスを受けたペドロ・ジュニオールがドリブルで運びスルーパス。これをサラチャートがしっかりと決め、ブリーラムが先制する。 先制したブリーラムは59分、右CKからのクロスをニアサイドでペドロ・ジュニオールがヘッド。しかし、これはGK正面に飛ぶ。 追いつきたい全北現代は69分、リカルド・ロペスが強烈なシュート。しかし、これはクロスバーを叩きゴールとはならない。 その後も全北現代が攻め込む時間が続くも、決定力を欠きゴールを奪えず。1-0でブリーラムが逃げ切り、勝利を収めた。 ブリーラム・ユナイテッド 1-0 全北現代モータース 【ブリーラム】 サラチャート(後5) 2019.03.14 00:37 Thu
twitterfacebook
thumb

大劣勢もGK西川が奮闘の浦和、北京国安に敵地で価値あるドロー《ACL2019》

浦和レッズは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループG第2節で北京国安(中国)をホームに迎え、0-0で引き分けた。 初戦のブリーラム(タイ)戦を3-0と勝利し白星スタートとした浦和は、4日前に行われ1-0で辛勝した松本山雅戦のスタメンから2選手を変更。森脇と柴戸に代えてマウリシオとエヴェルトンを起用した。 レナト・アウグスト、バカンブ、ビエラといった外国籍選手を起用してきた、初戦の全北現代(韓国)戦を1-3と落とした北京国安に対し、浦和が仕掛ける入りとなる中、10分にチャン・シーチョーのミドルシュートでGK西川を強襲される。 ここから徐々に押し込まれる展開を強いられると、18分に大ピンチ。槙野との競り合いを制してボックス左に侵入したバカンブがGK西川をかわして角度の厳しい位置からシュート。だが、枠の右に外れて助かった。 続く19分にもビエラのコントロールシュートでゴールを脅かされた浦和は防戦一方の状況を強いられる。そして、29分にはボックス内でクロスボールが槙野の手に当たるも、主審はノーファウルと判定し救われた。 ハーフタイムにかけても防戦一方の浦和は42分にチャン・ユーニンに決定的なヘディングシュートを許すも枠の上に外れて助かり、何とかゴールレスで前半を終えた。 前半にシュートを1本しか打てなかった浦和は迎えた後半、開始5分にビエラのミドルシュートでGK西川を強襲されると、54分にもレナト・アウグストに直接FKでオンターゲットを記録された。 その後もチャン・ユーニンにGK西川を強襲された浦和が劣勢を強いられる中、63分に長澤に代えて柴戸を投入し、何とか北京国安の攻勢を凌いでいく。 自陣に引いて耐える浦和は終盤、柏木に代えて阿部を投入し、勝ち点1奪取を目指す。82分にはユ・ターパオに決定的なヘディングシュートを許すも枠の上に外れて助かると、最終盤の追加タイム1分にはビエラのシュートが左ポストに直撃。直後にはバカンブにネットを揺らされたがオフサイドで助かり、0-0でタイムアップ。 シュート1本に終わる大劣勢を強いられながらも、守護神の西川が奮闘した浦和が敵地で価値ある勝ち点1を獲得した。次節、浦和は4月9日に全北現代とホームで対戦する。 2019.03.13 23:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】連勝スタートを目指す浦和、リーグで好調北京国安にアウェイで挑む《北京国安vs浦和レッズ》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第2節が開催。浦和レッズは、アウェイで北京国安(中国)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#dd000c;font-size:1.1em;">◆連勝スタートなるか</span> 2017シーズンのアジア王者である浦和は、3連覇に向けて好スタートを切った。ホームでのブリーラム・ユナイテッド戦では、前半こそブリーラムにあわやというシーンを作られるも0-0で折り返す。 すると迎えた後半、50分にCKから槙野智章がゴール。浦和にとってのシーズン初ゴールを記録すると、若武者・橋岡大樹が躍動する。 攻め立てていた浦和は75分、長澤和輝のミドルシュートが防がれるも、こぼれ球を橋岡が蹴り込み2点差に。さらに88分には汰木康也がドリブルで相手をかわすと、クロスに飛び込んだ橋岡が決めてリードは3点とし、勝利を収めた。 この勢いに乗り、9日に行われた松本山雅FCとのリーグ戦も1-0で勝利。結果が出だしている状況だけに、ACLでも連勝を収めてリードを広げておきたいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#06ce27;font-size:1.1em;">◆前節はアウェイで完敗</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_18_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対する北京国安は、アウェイで全北現代モータース(韓国)と対戦。しかし、こちらはベテランFWイ・ドングクにしてやられる。 14分に先制を許すと、41分にチャン・シーチョーのゴールで同点に。それでも48分、イ・ドングクにACL通算37ゴール目を決められると、71分にはイ・ドングクのアシストからキム・シンウクに決められ、3-1で敗れた。 試合展開としては攻め込む時間があったものの、決定力の差で負けた北京国安。それでも、中国スーパーリーグでは開幕から2連勝を飾っている。 前節の重慶帆足戦では、ジョナタン・ビエラやセドリック・バカンブらが4ゴールを記録し快勝。全北現代戦の敗戦は払拭できているはずだ。 <span style="font-weight:700;color:#dd000c;font-size:1.1em;">◆浦和レッズ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:西川周作 DF:岩波拓也、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、長澤和輝、エヴェルトン、柏木陽介、宇賀神友弥 FW:アンドリュー・ナバウト、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ 勝利を収めた松本戦から若干のメンバー変更。マウリシオが最終ラインで復帰すると予想。状態次第では、森脇良太が出場するだろう。また、エヴェルトンも先発に復帰すると見る。アンカーのポジションになるが、厳しい状態であれば、柴戸海、または阿部勇樹となるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#dd000c;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> MF柏木陽介(31) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_18_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 浦和の注目選手はMF柏木陽介だ。今シーズンはチームの得点が生まれず、攻撃面でも違いを出せていない浦和。柏木もまだまだ本調子とはいえない状況だ。 それでも、その左足から繰り出されるパスはチャンスメイクには欠かせない。アウェイの地でも勝ち点3を獲得して帰るためにも、そして浦和がチームとして調子を上げていくためにも、柏木の活躍は欠かせない。ブリーラム戦同様、セットプレーからのアシストにも期待だ。 2019.03.13 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】負の連鎖を止めたいJ王者・川崎F、ACL未勝利を止められるか《川崎フロンターレvsシドニーFC》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第2節が開催。川崎フロンターレは、ホームにシドニーFC(オーストラリア)を迎える。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆未勝利敗退の悪夢を払拭へ</span> 2018シーズンは未勝利でグループステージ敗退となった川崎Fは、初戦の上海上港戦を1-0で落とした。アウェイゲームながら、得意のパスワークで試合を支配する時間を作った川崎Fだったが、攻撃面もうまくいかずにこう着状態に。 多くのチャンスを作らせない展開で、引き分けかと思われたが、88分にPKを与えてしまい、1-0で敗戦となった。 リーグ戦では、3試合連続ドロー。前節の横浜F・マリノス戦も終了間際に被弾し追いつかれるなど、良い流れに乗れていない。しっかりとここで勝利を収め、悪夢を払拭したいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆初戦は韓国の雄とドロー</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対戦するシドニーFCは、初戦で蔚山現代と対戦。序盤からペースを握っていったものの、ル・フォンドレやグーチャンネジャドがチャンスを生かせない展開となる。 試合を通してシドニーが攻め込む状況だったものの、相手GKの好守もありゴールレスドロー。勝ち点を分け合う形に終わった。 今シーズンのAリーグでは、ここまで好調を維持して2位をキープ。蔚山現代戦以来、1週間試合がなかったため、コンディションは万全の状態で川崎F戦に臨むことが出来る。今季リーグ戦で14ゴールを挙げているル・フォンドレを中心とした攻撃陣が川崎Fを相手に牙を向くかに注目だ。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:家長昭博、田中碧、守田英正、長谷川竜也 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達 激戦となった神奈川ダービーから中2日で臨む試合。過密日程が組まれている中で、メンバー交代が起こりそうだ。負傷中の馬渡和彰に代わっては、マギーニョが先発と予想。また、中盤も田中碧が先発すると予想する。また、前線は2トップに変更し、横浜FMはベンチスタートだった小林悠が先発。エンジンがかかってきたレアンドロ・ダミアンとコンビを組むと予想する。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> FWレアンドロ・ダミアン(29) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 川崎Fの注目選手はFWレアンドロ・ダミアンだ。チーム加入後、ゼロックス・スーパーカップではゴールを記録したものの、その後のリーグ戦では不発。横浜FM戦で2ゴールを記録し、ついにJ1でも得点を記録した。 上海上港戦はベンチスタートとなり、失点後の数分間だけの出場に終わっており、実質この試合がデビュー戦となるだろう。アジアでの戦いを見据えた補強の1人であり、その期待を結果で返せるか。久々のACLでの勝利に貢献できるかに注目だ。 2019.03.13 13:20 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース