LAギャラクシー、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントスが退団!2019.03.03 02:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーは2日、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(29)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカといったクラブを渡り歩き、2013年夏にビジャレアルへ移籍。同クラブでの在籍2シーズンで主力として活躍し、2015年夏に元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやアイルランド代表FWロビー・キーンが在籍していたLAギャラクシーに加入していた。

LAギャラクシーでは公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。

そして、ドス・サントスは、4シーズンを過ごし実弟のジョナタンも在籍するLAギャラクシー退団を決断した。
コメント
関連ニュース
thumb

元オランダ代表DFファン・デル・ヴィールがトロントFCを退団

メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCは22日、元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィール(31)の退団を発表した。 ファン・デル・ヴィールは、2018年2月にカリアリからトロントFCへと加入。MLSでは27試合に出場し4アシストを記録していた。 トロントFCの発表によると、双方合意の下で契約解除に至ったとのこと。アリ・カーティスGM(ゼネラルマネジャー)は「我々はトロントFCに対して貢献してくれたグレゴリーに感謝し、彼と彼の家族の将来が最高のものになることを願っている」とコメントした。 ファン・デル・ヴィールは、アヤックスの下部組織出身で、2006年7月にトップチームへと昇格。その後は、パリ・サンジェルマン、フェネルバフチェ、カリアリでプレーしていた。 エールディビジでは129試合に出場し12ゴール15アシスト、リーグ・アンでは89試合に出場し4ゴール13アシストを記録。スュペル・リグでは11試合、セリエAでは5試合の出場にとどまっていた。また、チャンピオンズリーグでは39試合に出場し1ゴール9アシストを記録している。 また、オランダ代表としても46キャップを記録しており、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場し、日本代表戦でもフル出場を果たしていた。 2019.03.23 23:21 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニーが魅せる! MLSで初のハットトリックを達成!

MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、初のハットトリックを達成した。 DCユナイテッドは16日、MLS第3節でレアル・ソルトレイクと対戦。先発出場したルーニーが圧巻のゴールショーを見せた。まずは34分、DCユナイテッドはPKを獲得すると、キッカーを務めたルーニーが右サイドに落ち着いて決め先制する。 1-0で迎えた41分、前線からプレスをかけると、相手陣内でボールを奪ったレオナルド・ハラがスルーパス。これに反応したルーニーが、GKとの一対一を冷静に決め、2点目を記録する。 前半を2-0で折り返して迎えた65分にも、相手ボールをフニオール・モレノが奪うと、ルシアーノ・アコスタへパス。アコスタがドリブルで持ち上がると、パスを受けたモレノがボックス内左から折り返し、飛び込んだルーニーが合わせてハットトリックを達成した。 2018年にDCユナイテッドへと加入したルーニーは、1シーズン目は20試合に出場し12ゴール6アシストを記録。チームの攻撃の中心となっていたが、ハットトリックは記録していなかった。 DCユナイテッド 5-0 レアル・ソルトレイク 【DCユナイテッド】 ウェイン・ルーニー(前34)[PK] ウェイン・ルーニー(前41) ウェイン・ルーニー(後20) ルーカス・ロドリゲス(後31) ウリーゼス・セグラ(後35) 2019.03.17 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルの逸材MFゼラレムがMLSのカンザスシティへ完全移籍

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のカンザスシティは11日、アーセナルに所属するU-23アメリカ代表MFジェディオン・ゼラレム(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2019年12月31日までで2年間の延長オプションが付随している。 2013年にアーセナルのアカデミーに入団したゼラレムは、卓越したパスセンスを武器とするプレーメーカー。2013-14シーズンのFAカップのコベントリー戦でトップチームデビューを飾ると、2015-16シーズンは当時スコットランド2部に所属していたレンジャーズへ、2016-17シーズンはVVVフェンロへレンタル移籍。アーセナルへ復帰した2017年の夏以降は、リザーブチーム中心でのプレーが続いていた。 アメリカとドイツの二重国籍を持つゼラレムは、U-18までドイツ代表を選択していたが、2015年6月に行われた2015FIFA・U-20ワールドカップではアメリカ代表として5試合に出場していた。 2019.03.12 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“アジアのベイル”がMLSのバンクーバーへレンタル移籍 今季はアタランタへレンタルも半年で終了…

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスは11日、ウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン・カディム(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のバグダッドFCでプロキャリアをスタートさせたアドナンは、185cmという恵まれたサイズに加え、パワフルかつ高精度の左足を兼備した攻撃的な左サイドバック。2013年にトルコで開催されたFIFA・U-20ワールドカップで“アジアのベイル”と評されるなど、印象的な活躍を披露した同選手は、同大会終了後にトルコのチャイクル・リゼスポルに移籍すると、2015年の夏にウディネーゼへ完全移籍。 ウディネーゼでは、在籍3シーズンで公式戦70試合に出場し1ゴール4アシストをマーク。今季はアタランタへ1年間のレンタルで加入していたが、ここまで公式戦5試合の出場にとどまっていた。この状況を受けて、ウディネーゼとアタランタは半年を残してのレンタル終了で合意した。 弱冠18歳でイラクのフル代表デビューを飾ったアリ・アドナンは、公式戦46試合に出場。1月に行われたアジアカップ2019では、全試合に出場し同代表の決勝トーナメント進出に貢献した。 2019.03.12 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

伊東純也の同僚でキャプテンのヘンクMFポスエーロがトロントFCへ完全移籍

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCは4日、日本代表MF伊東純也が所属するヘンクからスペイン人MFアレハンドロ・ポスエーロ(27)の獲得を発表した。なお、ポスエーロはサラリーキャップ外の特別指定選手として迎えられる。 ポスエーロは、レアル・ベティスの下部組織出身で、2012年7月にトップチームへと昇格。2013年7月にはスウォンジーへ、2014年7月にはラージョへと完全移籍。1年でチームを転々とする中、2015年8月にヘンクへと完全移籍で加入した。 ヘンクでは、1年目から出場機会を得ると現在ではキャプテンとしてプレー。今シーズンは首位のチームを牽引し、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで27試合に出場し5ゴール10アシストを記録。ヨーロッパリーグでは8試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。通算では公式戦176試合に出場し25ゴール60アシストを記録している。 2019.03.05 10:13 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース