鳥栖の元日本代表MF谷口博之がJ1通算350試合出場達成! 55人目の達成者2019.03.02 17:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サガン鳥栖に所属する元日本代表MF谷口博之(33)が、J1通算350試合出場を達成した。55人目の達成者となる。谷口のJ1リーグデビュー戦は、川崎フロンターレ所属時の2005年4月9日に等々力陸上競技場で行われたJ1リーグ第4節の東京ヴェルディ戦。そして、今年3月2日にノエビアスタジアム神戸行われたJ1リーグ第2節のヴィッセル神戸戦に出場し、350試合出場を達成した。

◆年度別成績(左から年度、当時所属、J1出場数 J1得点数)
2005 川崎F J1 25 5
2006 川崎F J1 33 13
2007 川崎F J1 31 2
2008 川崎F J1 31 10
2009 川崎F J1 32 8
2010 川崎F J1 27 1
2011 横浜FM J1 33 2
2012 横浜FM J1 25 3
2013 柏 J1 8 0
2014 鳥栖 J1 28 2
2015 鳥栖 J1 33 4
2016 鳥栖 J1 33 2
2017 鳥栖 J1 10 0
2019 鳥栖 J1 1 0
コメント
関連ニュース
thumb

トーレス負傷交代、1人退場もホームデビューのクエンカAT弾で鳥栖が磐田を下し今季リーグ戦初ゴール&初勝利!《J1》

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利を収めた。 開幕から3試合で無得点、3連敗の最下位・鳥栖と、2分け1敗でこちらも勝利がない15位の磐田の対戦。ともに初勝利を目指した激しい戦いとなった。 ホームの鳥栖は2名変更。前節から高橋秀人、趙東建に替えて、福田晃斗、原川力が先発出場。高橋は出場停止により欠場となっている。 一方の磐田は4選手を変更。前節からムサエフ、小川大貴、ロドリゲス、大南拓磨に替えて、上原力也、高橋祥平、櫻内渚、田口泰士が先発。大南は出場停止、田口は今シーズン初出場となっている。 試合はホームの鳥栖が先にチャンスを迎える。2分、左サイドを原川が抜け出すとボックス内に侵入。中央の金崎に折り返すも、GKカミンスキーが先に触れてシュートは打てない。 4分には右サイドを仕掛けると、原川のパスをボックス内右から金崎がシュート。これは枠を外れるが、CKとなる。 9分、磐田は右サイドで得たFKからクロス。これはGK大久保がパンチングでクリアするも、ボックス外でアダイウトンがバイシクルシュート。しかし、これは枠を外れる。19分にもアダイウトン。左サイドからドリブルでカットインすると右足でシュート。しかし、シュートは大きく枠を外れてしまう。 鳥栖は21分にトーレスが魅せる。ロングボールを競り合うと、ボックス手間中央でフェイントから相手DFをかわしてシュート。ゴール左にシュートは飛ぶが、GKカミンスキーが横っ飛びでセーブする。 25分には鳥栖が決定機。パス回しで時間を使うと、ボックス手前左でパスを受けた原川がミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。 26分にも原川。相手陣内でボールを奪うと、右サイドを仕掛けた金崎がクロスを送ると、原川がボックス内でダイレクトボレー。しかし、これは右に外れる。 その後は互いに相手ゴールに攻め込むシーンも見られるが、決定的なシュートは打てず。守備が効いている鳥栖のペースで進んだ前半は、ゴールレスで終える。 後半は立ち上がりから互いに攻勢に出る展開に。しかし、鳥栖は51分にアクシデント。味方のパスを受けようと動き出したトーレスが右太もも裏に違和感を訴え交代を要求。豊田が代わって出場した。 その鳥栖は55分、ショートコーナーから原川が右サイドから侵入。グラウンダーのクロスを送るも、DFがクリア。56分には右CKからのクロスに高橋祐がヘディングで合わせるも、GKカミンスキーとの接触を取られファウルとなる。 すると61分、大久保に激しくチャージに行った高橋祐にイエローカードが提示。これがこの試合2枚目となり、前節に続き鳥栖は退場者を出すことになる。 1人少ない鳥栖は65分、松岡に代えてカルロ・ブルシッチを投入。ブルシッチはセンターバックの位置に入った。 磐田は79分に大久保に代えて中村俊輔を投入。鳥栖は81分に金崎に代えてイサック・クエンカを投入し、攻撃陣を入れ替える。 すると磐田は82分にチャンス。左サイドを上がったエレンがボックス内左からクロス。しかし、誰も触れず、磐田もゴールが遠い。 終盤でもゴールを目指す両チーム。磐田は91分、荒木がやや離れた位置から左足で強烈なミドルシュート。しかし、これは枠の上を越えていく。 すると92分、クエンカが試合を動かす。ハーフウェイライン付近でボールを受けたクエンカは、巧みな技を見せてパス。高橋義が左サイドで受けると、裏に抜ける原川へ浮き球のパスを出す。フリーの原川はボックス左から丁寧にクロスをあげると、猛然と走り込んだクエンカがヘッド。これがネットを揺らし、鳥栖が先制する。 残り時間がわずかの中、磐田も猛攻。しかし、最後まで守り切った鳥栖がクエンカのゴールで勝利を収めた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★クエンカの初ゴールが決勝弾! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=11q57jr8vmr9e14njl418xymww" async></script> </div> 2019.03.17 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

久保アシストからジャエル初弾のFC東京が連勝! 鳥栖はクエンカデビューも無得点3連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節のFC東京vsサガン鳥栖が10日に 味の素スタジアムで行われ、2-0でFC東京が勝利した。 前節の湘南ベルマーレ戦を3-2で制したリーグ無敗のFC東京が、リーグ無得点かつ未勝利、連敗中の鳥栖をホームに迎えた一戦。 ホーム開幕戦となるFC東京は、1-2で敗北したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB柏レイソル戦からスタメンを全員変更。最後尾にGK林、ディフェンスラインに室屋、チャン・ヒョンス、森重、小川、中盤に久保、橋本、高萩、東、前線に永井、ディエゴ・オリヴェイラを起用した。 公式戦初勝利を目指す鳥栖は、1-3で敗北したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB第1節ベガルタ仙台戦からスタメンを6名変更。GK高丘、谷口、カルロ・ブルシッチ、樋口、安在、島谷に代えて、GK大久保、三丸、高橋祐、藤田、フェルナンド・トーレス、金崎を起用した。また、注目のクエンカが初めてベンチ入りしている。 両GKにとっての古巣対戦となったこの試合、早々の2分にFC東京がいきなりファーストシュートを放つ。最終ラインの裏に出されたスルーパスに反応した永井がボックス内左に入り込み、右足でファーを狙う。しかし、これはGK大久保に阻まれた。 誕生日が3日違いの2人の17歳、FC東京MF久保と鳥栖MF松岡が激しいマッチアップを繰り広げる中、14分に鳥栖がチャンスを作り出す。フィードに反応したF・トーレスがボックス内左で飛び上がり、中央に折り返すと、趙東建が飛び込んで足先でボールに触れる。これは枠を捉えなかったが、FC東京をヒヤリとさせた。 徐々に鳥栖がチャンスを掴み始めると、16分にFC東京にアクシデントが発生。永井がピッチ上で膝に手を当てて動けなくなり、プレー続行不可能と判断される。早くも1枚目のカードを切らざるを得なくなり、古巣対戦となる田川が投入された。 FC東京が前線までボールを運べずにいると、32分にも鳥栖がチャンスを得る。右サイド深い位置からのロングスローをボックス右のトーレスが頭でフリックすると、中央の趙東建が反応。しかし、至近距離からのシュートはGK林がストップする。 それでも36分、高橋秀からGK大久保へのバックパスをD・オリヴェイラがインターセプトしたものの、タッチが長くなってシュートまで持ち込めず。FC東京はリズムを取り戻すことが出来ない。 ゴールレスで折り返した後半も、FC東京はなかなか鳥栖ゴールを脅かせず。52分には左サイドをオーバーラップした高萩がクロスを供給し、田川が左足のボレーシュートを放ったが、枠を捉えない。 しかし、徐々に攻勢を強めるFC東京は、56分に田川が、58分に久保がボックス左の角度の無い所から立て続けにシュートを放つ。しかし、いずれもGK大久保が立ちはだかり、鳥栖が無失点を維持する。 そして、鳥栖は60分に最初の交代カードを投入。金崎に代えてクエンカをJリーグデビューさせた。しかし、直後の61分に高橋秀がD・オリヴェイラと交錯したシーンで2枚目の警告を提示され、古巣戦で痛恨の退場を命じられる。 すかさず動くFC東京は、途中出場の田川に代えて65分に新加入FWジャエルを投入。前線の圧力を高めていく。対する鳥栖も続け様に趙東建に代えて福田を送り込み、守備のバランスを整える。 数的不利を抱えている鳥栖は、クエンカとF・トーレスのみを前に残すより守備的な戦いにシフト。FC東京がポゼッションを増加させていくが、決定的な場面を作らせない。 FC東京は最後のカードで高萩に代えて大森を投入。停滞気味の試合を動かしにかかる。 すると、試合終了間際にドラマが待っていた。88分、右サイドからのクロスをボックス内のD・オリヴェイラが頭で落とし、ジャエルが鳥栖DFを背負いつつもボレーシュートを放つ。これもブロックに遭ったが、小川が左足を振り抜くと、クリアしに飛び込んだDF三丸に当たりネットを揺らした。 さらに、試合終了間際の93分にカウンターから左サイドに抜け出した久保が、GK大久保を引き付けて中央への折り返しを選択。そして、完璧なタイミング、軌道で出されたボールをジャエルが押し込んで自身の初得点としたところで試合が終了した。 この結果、FC東京は無敗を維持して連勝を飾ることに成功。対する鳥栖は、開幕から無得点の3連敗という泥沼に足を踏み入れている。 2019.03.10 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖退団のMF加藤恒平、新天地はポーランドの古豪に

ポーランドリーグ3部に所属するヴィジェフ・ウッチは6日、昨シーズン限りでサガン鳥栖を退団したMF加藤恒平(29)を獲得したことを発表した。 クラブの発表によると、加藤は4日から2日間、テストを受けて契約に至った模様。契約期間は今シーズン限りまでで1年間の延長オプションが付随している。 加藤は、2012年に立命館大学からFC町田ゼルビアに入団。その後、海外挑戦を決断し、FKルダル・プリェヴリャ(モンテネグロ)、TSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ(ポーランド)を経て、2016年にPFCベロエ・スタラ・ザゴラ入りすると、2017年5月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が率いる日本代表に初招集された。2018年3月に鳥栖に入団し、昨シーズンは公式戦5試合に出場していた。しかし、シーズン終了後に契約満了となり退団していた。 ヴィジェフ・ウッチは過去に4度、1部リーグ優勝を成し遂げたことがある古豪。1980年代から1990年代まではチャンピオンズリーグ(CL)の常連でもあった。しかし、近年では財政破綻にも見舞われ、3部から再起を目指している。 2019.03.09 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡の“兄貴"岩下敬輔、鳥栖に電撃移籍 「様々な事情により…」

サガン鳥栖は5日、アビスパ福岡に所属するDF岩下敬輔(32)の期限付き移籍加入を正式発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、福岡との全公式戦に出場できない。背番号「8」を着用する。 鹿児島県出身の岩下は鹿児島実業高校、清水エスパルスを経て、2012年途中からガンバ大阪でプレー。そのG大阪で2014年に国内3冠(Jリーグ、Jリーグカップ、天皇杯)を経験後、2017年から生まれ故郷の九州を拠点とする福岡に活躍の場を移した。加入初年度は明治安田生命J2リーグ32試合3得点。昨年はJ2リーグ23試合1得点だった。移籍を受け、両クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「シーズンが始まってからの移籍になりますが、どんな形であれ鳥栖の力になれるよう、今までの経験を生かしてがんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「2年と2か月間本当にありがとうございました。皆さんとJ1に昇格すると約束をしたにもかかわらず力になれず、何もできないままチームを去ることになり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今回、様々な事情により、移籍することになりました。色んな思いはありますが、今自分がやるべきことは次のクラブでしっかり結果を残し、新天地で頑張ること、それが皆さんへの恩返しにつながると思って、さらに気を引き締め、新たな一歩をスタートさせたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします」 2019.03.05 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

躍動ビジャ、移籍後初弾でノエスタに歓喜! 神戸が鳥栖完全封鎖で今季初白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖が2日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で神戸が勝利した。 2月22日に行われた開幕節のセレッソ大阪戦を0-1で敗れた16位の神戸(勝ち点0)と、名古屋グランパスに0-4の大敗を喫した18位の鳥栖(勝ち点1)が激突した。連敗は避けたい神戸は、C大阪戦から先発メンバーを2人変更。渡部と三原に代えてダンクレーと古橋を起用した。一方の鳥栖は、名古屋戦から1人のみ変更。原川に代えて17歳の松岡を抜擢した。 ワールドクラスな助っ人選手たちが集結することで注目を集めた一戦は、ホームの神戸がいきなりチャンスを迎える。4分、ルーカス・ポドルスキがドリブルで仕掛けた古橋とボックス手前でスイッチ。そのままフィジカルを生かしてボックス左に突き進み、鋭いクロスを供給したが、あと一歩のところで古橋と合わない。 さらに11分、敵陣中央ややでボールを持った山口が相手DFの裏にロングパス。これに抜け出したダビド・ビジャがダイレクトで右足を合わせるも、シュートは僅かにゴール右外へと外れた。 立ち上がりが経過すると両者、シュートを打たせないやや膠着した時間帯が続く。それでも神戸は34分、ダンクレーの最前線への縦パスに反応したダビド・ビジャがボックス中央やや右から右足で強烈なシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われてしまう。 その後も41分にダビド・ビジャのパスを受けた古橋がミドルシュートでゴールを脅かすなど、鳥栖にほとんどチャンスを作らせずに神戸が押し込み続けたが、ゴールは決まらず。ゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、両者は攻勢を強めて積極的に敵陣へと迫ろうとするも、ペースは神戸。そうして迎えた54分、今オフを賑わせた神戸の新ストライカーが先制ゴールを記録する。54分、中盤でボールを持った山口がルックアップから相手守備陣の背後へ浮き球のロングパス。これは高橋祐治にヘディングでクリアされたが、目の前にいた谷口に当たってボールはゴール方向へ。これを見逃さなかったダビド・ビジャがボックス内に侵攻すると、GK大久保との一対一を迎え、右足でゴール左へと落ち着いて流しこんだ。 ダビド・ビジャの移籍後初ゴールで先制した神戸はこれで勢いに乗る。61分、カウンターからルーカス・ポドルスキがボックス手前に侵攻すると、ボックス左外に捌き、初瀬が再びボックス手前に。ここに走り込んだダビド・ビジャが軽快なタッチからボックス内に侵攻し、左足を振り抜いたが、これはゴール上へと外れた。 さらに67分、ルーカス・ポドルスキのパスを受けたダビド・ビジャがボックス左外からクロス。走り込んだアンドレス・イニエスタのシュートはうまくミートしなかったが、ファーサイドに走り込んでいた古橋がプッシュする。しかし、ここはGK大久保が立ちはだかった。 ここまで防戦一方の鳥栖は85分、高橋秀人に代えて趙東建を投入。しかし中盤でのパスが合わず、効果的な攻撃ができないまま試合終了。ダビド・ビジャのゴールで勝利した神戸が今シーズン初白星を飾った。一方の鳥栖は、連敗スタートとなった。 2019.03.02 16:59 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース