テア・シュテーゲン、ロイスのバルサ適応の可能性に言及「当然やれる」2019.02.27 16:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、元同僚のマルコ・ロイスについて『DAZN(ダゾーン)』のインタビューで語っている。

テア・シュテーゲンは2014年、ボルシア・メンヒェングラードバッハからバルセロナへと加入。ボルシアMG時代にはロイスとプレーしていただけに、現在もドイツ代表でともに戦うスターには大きな信頼を置いているようだ。

バルサのスタイルに適応できるかどうか、という質問に対して「当然だよ。彼はバルサでプレーできる選手の一人だ」と話してこのように続ける。

「彼はチームが変わればもっとできる選手だと思う。ただ、彼は家族がドルトムントにいるし、とても幸せそうだ。それが彼にとって最も重要なことなんだろうね」

2023年までドルトムントとの契約を残すロイス。今後もさらなるビッグクラブ移籍の可能性は低いと言えるだろう。


提供:goal.com
コメント


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース