【J1開幕直前クラブガイド】昨季の教訓生かせるか、戦力アップで安定した戦いを!《サンフレッチェ広島》2019.02.15 18:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第16弾はサンフレッチェ広島を紹介。◆ノーマークだった昨季から徹底マークへ《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
今季は城福浩体制の真価が問われる2年目となる。昨季は20ゴールを記録したFWパトリックの覚醒に助けられた広島は、前半戦に貯めた勝ち点でラスト9試合未勝利という大砂漠を何とか乗り越え、上出来すぎる2位フィニッシュを果たした。

しかし、今季はそう甘くない。新たに背番号「10」に変更したパトリックが昨季後半戦同様に執拗なマークを受けることは確実で、さらにアジア・チャンピオンズリーグと並行して戦わなくてはならないため、城福監督には昨季以上の知恵が必要となる。目標は良くて2年連続のACL出場権獲得といったところだ。

去年と同じような戦いをしていれば残留争いに巻き込まれかねない。だがそこはクラブも重々承知。広島は移籍期間にパトリックの競争相手、もしくは相棒として東京ヴェルディからFWドウグラス・ヴィエイラを獲得。2017年はJ2リーグで18ゴール、2018年は13ゴールを挙げており、昨季はパトリックの一本槍だった攻撃陣に頼れる仲間が増えた印象だ。また、同じく東京Vからは昨季J2で全試合に出場したDF井林章を迎え入れ、DF千葉和彦の抜けた穴をカバーした。

その他では、DF馬渡和彰の川崎フロンターレへの移籍を受けて、スウェーデンからDFエミル・サロモンソンを呼び寄せた。前所属のIFKヨーテボリでは通算244試合に出場し27ゴール39アシストを記録しているが、海外初挑戦となる元スウェーデン代表の実力は未知数だ。また、およそ2年半の武者修行を終えて帰ってきたMF野津田岳人や、清水エスパルスから期限付きで復帰したMF清水航平にも即戦力として期待したい。

今年のストーブリーグでは、タイと鹿児島で2度のトレーニングキャンプを実施し、時間をかけて調整を行った。鹿児島キャンプではジュビロ磐田と45分×4本のトレーニングマッチを行い、合計スコア3-2で勝利。11日に行われたレノファ山口とのプレシーズンマッチも1-0で勝利するなど、「昨年よりも1週間早くコンディションが仕上がってきた」と城福監督が語るように、新シーズン開幕に向けて準備は整ってきているようだ。

Jリーグ開幕に先駆けて、広島は19日にACLプレーオフでチェンライ・ユナイテッド(タイ)とのホーム戦を戦う。昨シーズンよりも厳しい1年の始まりはもうそこに迫っている。「タイ、鹿児島とやるべきことをやってきた自負がある」と自信を覗かせてくれた監督を信頼し、どこまで突き進めるか…。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS
【IN】
DF荒木隼人(22)←関西大学/新加入
DF井林章(28)←東京ヴェルディ/完全移籍
DFエミル・サロモンソン(29)←IFKヨーテボリ(スウェーデン)/完全移籍
DF高橋壮也(22)←ファジアーノ岡山/復帰
MF清水航平(29)←清水エスパルス/期限付き移籍
MF野津田岳人(24)←ベガルタ仙台/復帰
MF東俊希(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格
MF松本大弥(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格
FW皆川佑介(27)←ロアッソ熊本/復帰
FWドウグラス・ヴィエイラ(31)←東京ヴェルディ/完全移籍
FWパトリック(31)←サルグエイロ(ブラジル)/完全移籍

【OUT】
GK増田卓也(29)→FC町田ゼルビア/期限付き移籍
DF馬渡和彰(27)→川崎フロンターレ/完全移籍
DF千葉和彦(33)→名古屋グランパス/完全移籍
DF宮原和也(22)→名古屋グランパス/完全移籍
DFイヨハ理ヘンリー(20)→FC岐阜/期限付き移籍延長
MF長沼洋一(21)→愛媛FC/期限付き移籍
MF川村拓夢(19)→愛媛FC/期限付き移籍
MF森崎和幸(37)→現役引退
MF茶島雄介(27)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍延長
MFフェリペ・シウバ(28)→セアラ(ブラジル)/完全移籍
FW工藤壮人(28)→レノファ山口FC/期限付き移籍
FWティーラシン(30)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き移籍満了

◆超WS編集部イチオシ選手
FWドウグラス・ヴィエイラ(31)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
昨季と同じように[4-4-2]を基本フォーメーションとするのなら、おそらくレギュラーは堅いであろうパトリックの横には新加入のドウグラス・ヴィエイラが並ぶ可能性が高い。東京V在籍3年間で通算113試合38得点のブラジル人助っ人には、退団したFWティーラシンやFW工藤壮人をカバーするだけでなく、パトリックすら飲み込んでしまうような活躍を見せてほしい。昨季は不甲斐なかったパトリックの“相棒枠”をかけて、新ブラジル人を中心に激しい競争が巻き起こることを期待したい。

◆注目の東京五輪世代!
MF森島司(21)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
広島の東京五輪世代で注目の選手は森保一監督お気に入りのMF森島司だ。2016年に広島に入団した森島は、高校生だった2015年にU-18日本代表に招集を受けて以降、各年代の代表に選ばれ続けてきた。本職はセントラルMFやアタッキングMFだが、代表ではFWも務めたこともあり、サイドもこなせるポリバレントな選手だ。昨季はルヴァンカップの出場がメインだったが、プロ4年目の今季、広島の中盤ではMF稲垣祥が右肩鎖関節亜脱臼で開幕には間に合わない。このチャンスを森島が生かすことが出来れば、2019年は飛躍の年にできるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMのDF和田拓也、広島からレンタル加入直後に第一子が誕生!

横浜F・マリノスは26日、DF和田拓也に第一子となる女児が24日に誕生したことを発表した。 和田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「元気な女の子を産んでくれた妻と、元気に生まれてきてくれた子供に感謝の気持ちでいっぱいです。父親になったので、より一層の覚悟と責任をもってサッカーに取り組みたいと思います」 神奈川県出身の和田は、今月22日にサンフレッチェ広島から横浜FMに期限付き移籍で加入したばかり。29日に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のサガン鳥栖戦で新天地デビューを飾る可能性がある。 2019.03.26 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

広島DF和田拓也が横浜FMに期限付き移籍「歴史と伝統あるクラブに加入することができ、とても楽しみ」

横浜F・マリノスは22日、サンフレッチェ広島に所属するDF和田拓也(28)の期限付き移籍加入が決定したことを発表。期間は2020年1月31日までとなる。なお、和田は2019シーズンの公式戦において広島との対戦に出場出来ない。 神奈川県出身の和田は、東京ヴェルディの下部組織で育ち、2009年にトップチームデビュー。その後、ベガルタ仙台を経て大宮アルディージャで活躍し、2018年に広島に完全移籍で加わった。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ33試合2ゴールを記録している。 和田は、両クラブ公式サイトを通じて以下の様にコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「はじまめして。サンフレッチェ広島から移籍してきました和田拓也です。歴史と伝統あるクラブに加入することができ、とても楽しみにしています。自分の経験を活かしてチームに貢献できるよう頑張りますので、これから応援よろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「この度、横浜F・マリノスに移籍することになりました。チームがリーグ戦とACLを戦う忙しい時期に移籍を認めてくださったことに感謝しています。1年間という短い間でしたが、最高のチームメートととても充実したシーズンを過ごすことができ、素晴らしい経験ができました。たくさんの応援ありがとうございました」 2019.03.22 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

佐々木翔、初の地元・神奈川での代表戦に感慨深げ「他の場所でやる時よりも…」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)がメディア陣による取材に応対。初の地元・神奈川県での代表マッチに「他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれない」と感慨深げに語った。 ──セットプレーでのヘディングでの強さについて 「得点を取れるチャンスは非常に大事ですし、僕の中でも試合の中で意識しているポイントでもあります。チャンスがあれば、ヘディングに自信を持っているので得点を取れればなと思っています」 ──ここまで足りないと思って取り組んできたことは 「全てにおいてそうですね。運動能力でもそうですし、判断だったり技術的なところを、ワンランク、ツーランク上げないと感じて、アジアカップから帰ってきました」 「そういった意識を損なわないように高みを目指してトレーニングをしている感じです」 ──自信は 「まだまだ始まったばかりでアレですけど、チームやってきたことを(代表に)活かさないといけないということはもちろんです。それを少しでも周りに良い影響を与えていければと思います」 「チームではそういったことを意識しています。ただ、ここではサバイバルだと思うので、チームメイトですけど負けないように常に意識してやっています」 ──この合宿で森保一監督が強調していることは 「この合宿で強調しているということは特にないですけど、今までやってきたことがベースの部分であると思います。メンバーがある程度変わっている部分もありますので、コミュニケーションを取りながらやっています」 「ただ、それで結果を逃すというのは別の話なので、そこは必ず取りに行くというところですね」 ──地元でやる初めての試合 「それに関しては非常に嬉しいですね。家族も神奈川に住んでいますし、こうやって観に来てもらえる試合は多くありません。チャンスがあればしっかりと良いプレーがしたいなと思います」 「小さい頃からここ(日産スタジアム)と三ツ沢(ニッパツ三ツ沢球技場)は、ずっと観に来ていたピッチです。リーグでもそうですけど、ここで試合をする時は、他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれないですね」 ──森保一体制になってからはずっと選出されている。今回新たな選手も多く入ってきているがアドバイスのようなものはあるか 「いや(笑) そんなにはないですね。選んでもらっていますけど、みんな本当に素晴らしい選手が集まってきていると思います。上からアドバイスできる立場ではありません。まずは自分が生き残れるように必死でやっていきたいです」 2019.03.20 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

左45度の柏ゾーン発動! 広島が柏弾でJ1ホーム通算200勝達成、松本はゴールが遠く連敗《J1》

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のサンフレッチェ広島vs松本山雅FCがエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利を収めた。なお、この勝利が広島のJ1ホーム通算200勝となった。 AFCチャンピオンズリーグでメルボルン・ビクトリーに勝利を収めた広島は、前節0-1で勝利したセレッソ大阪と同じ11人を先発させた。一方の松本は、YBCルヴァンカップでガンバ大阪に2-1で敗戦。前節敗れた浦和レッズ戦と同じ11人を先発させた。 序盤から互いに攻め合う展開に。アウェイの松本は、前田のスピードを生かしたプレーを選択し広島ゴールに迫る。一方の広島は、川辺、柴崎を中心にパスを繋いで崩し、サイドを使った攻撃を仕掛けていく。 広島は24分、右サイドから川辺がクロス。これにファーサイドで野津田がダイビングヘッド。しかし、GKの正面を突いてしまう。 42分に松本はカウンターからチャンス。ボールを持ち出した前田がセルジーニョへパス。裏を狙った前田への浮き球のパスが通るが、野上が対応しシュートを打たせない。 広島は44分、右サイドに抜けたドウグラス・ヴィエイラがボックス右からグラウンダーのクロス。これを走り込んだ柏がシュートするも、GKがセーブする。 ゴールレスで迎えた後半も、互いに攻め込んでいく。しかし、集中した守備の前に、どちらも決定機を作れないまま時間が経過していく。 それでも61分、ボックス手前でボールを受けた柏がカットインからシュート。これがゴール右に決まり、広島がついに近郊を破り、先制に成功する。 先制を許した松本は、攻勢に出るとセットプレーのチャンスを何度も得るが、ことごとく生かすことができない。広島は75分にドウグラス・ヴィエイラに代えてパトリックを投入しハイラインの裏を狙う攻撃に。松本はセルジーニョに代えて高崎を投入し、高さを生かした戦いを見せる。 リードしている広島はパトリックを使った攻撃を繰り広げ、守りに入らずにハードワーク。松本もなんとかゴールを目指して攻め込むが、最後までゴールが遠く試合終了。広島が1点を守り切り、今シーズンホーム初勝利。ホーム通算200勝を達成した。 2019.03.17 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

広島DF佐々木翔は貢献を誓う! 「持てる力をすべて出す」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。サンフレッチェ広島のDF佐々木翔は、昨年8月の初招集をきっかけにチャンスを掴んでいる。森保ジャパンではおなじみとなった同選手は、コロンビアやボリビアという強豪国にも持てる力を出し切ると意気込んだ。 ◆佐々木翔 「日本代表に選出されて嬉しく思います。強豪相手となりますが、自分の持てる力をすべて発揮して勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」 2019.03.14 15:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース