「まだ2つしかタイトルを獲ってない」川崎Fの鬼木達監督、ACL初制覇に意欲もリーグ戦の重要性を強調2019.02.14 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。川崎フロンターレの鬼木達監督がクラブブースで取材に応対。ACL初制覇に意欲を見せるも、「まだ2つしかタイトルを獲ってない」と語り、クラブを強くするためにはリーグ戦も獲り続けることが大事だと強調した。

◆鬼木達監督(川崎フロンターレ)
──沖縄キャンプを終えて
「選手が精力的にやってくれました。最初に悪い部分(水戸との練習試合で大敗)が出ましたし、そういう意味でいうとそれが引き締めることになりました。もちろんそこに向けて調整した試合ではないですし、コンディション等いろいろあるにせよ、やるべきことをやらないとこういうゲームになるという良い例でした」

「それを選手自身も感じることができたのは大きいです。そこからまた意識がまた高まってきたというのはあるかもしれないです」

──常にやりたいことが100%できるものではないが、沖縄ではどれぐらいの手応えを得たか
「そういうのはてっぺんがないじゃないですか。だから言えないですね。今までやってきたものは、最後のトレーニングマッチである程度出せるような形にはなっていました」

「僕が指揮を執ってきた1年目、2年目よりかはチームとして立ち返る場所というのはあるのかなという印象があります。ただ、まだまだ新戦力をフィットさせなくてはいけないという点で言うと、当然、もう少し時間がかかります。時間をかけて良い期間と、そうでない期間はあるので、そこは見極めないといけません」

──ACLもあるが、昨年と今年の意識の変化は
「そこはあります。ACLに関しては、まず自分自身が獲りたいという思いが強いです。プラス選手にもこの2年間で悔しい思いをさせてしまったなという気持ちがあります。そこは体も気持ちもしっかりと良い状態で迎えさせてあげたい」

「ただ、それと同時に現実として、まだ2つしかタイトルを獲ってないというのが僕の認識です。このクラブを強くしていくためには、リーグを獲り続けていかなくてはいけません。そこは、クラブも選手も勘違いせずにリーグというものを負けてはいけないと思っています」

「逆に3連覇は鹿島しかしたことがないので、そこはチャレンジしなくてはいけないと思っています」

──川崎Fは新戦力がなかなかフィットしない。それでも今年の新外国人選手は学ぶ意欲があると言っていたが、そこからの進捗はどうか
「外国人選手のところでいうと、フィットしようという意識が強いです。そこはプラスに働いています。ただ、実際のテンポの部分では、2年前と比べて自分たち(既存の選手)も上がってきています。そのため、どんどんどんどん入ってくことが大変になっています」

「ただ、それも踏まえて自分たちもトレーニングでコンビネーションが出る形や多くの人数で関われるようなゲーム形式を増やしながらやっています。1カ月でフィットするかと言ったら、それは厳しいかもしれないですけど、それを何度も言い訳にしてはいけないと思います。そこのさじ加減は自分たちが取り組まなくてはいけないところかなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

王者・川崎F、白星発進ならず…J史上初の多摩川クラシコでの開幕戦はドロー《J1》

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが、22日に遂にスタート。翌23日に等々力陸上競技場で行われた開幕節の川崎フロンターレvsFC東京は、0-0の引き分けに終わった。 昨シーズンにJ1連覇を成し遂げた王者・川崎Fと、6位で終えたFC東京の多摩川クラシコ。16日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPで浦和レッズに1-0で勝利した川崎Fは、浦和戦同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方のFC東京は、最後尾にGK林、最終ラインには右サイドから室屋、チャン・ヒョンス、森重、小川を並べた。ダブルボランチは高萩と橋本。右サイドに久保、左サイドには東を配置し、ツートップにはディエゴ・オリヴェイラと永井を起用した。 Jリーグ史上初の開幕戦での多摩川クラシコ。試合は立ち上がりから川崎Fが緻密なパスワークを用いてFC東京のスキを探る。すると6分、奈良からのパスを中盤で受けた守田が味方とのパス交換でボックス手前まで侵攻し、右足で強烈なシュート。しかし、これはGK林の正面に飛んでしまう。 対するFC東京も直後にカウンターを発動。久保がドリブルで持ち上がり、3対2の状況からボックス左へのラストパスを選択する。最後はディエゴ・オリヴェイラが右足で合わせるもうまくミートできず、GKチョン・ソンリョンに対応される。 その後も川崎Fがボールを保持し、ジワジワと押し込もうとするが、FC東京も負けじとカウンターから応戦。それでも互いに決定機は作らせない時間帯が続く。 川崎Fはその後、敵陣でボールを奪われた後のプレスで捕まえきれず、数的同数でカウンターを受ける回数が増加。それでも31分には守田のパスを受けた小林がボックス右からシュートを放つが、GK林の好守に阻まれる。 するとFC東京は40分、ボックス右手前でFKを獲得。これをキッカーの久保が左足で直接狙うと、ボールは右ポストに直撃し、惜しくも先制点とはならない。 ゴールレスのまま迎えた後半、川崎Fが立て続けにチャンスを迎える。53分、小林がボックス右に抜け出すと、中央のレアンドロ・ダミアンがシュート。これは相手DFに当たってしまいゴールとはならない。さらに54分にはFK東京の橋本のバックパスをゴール前に残っていた中村が反応し、シュートを放つが、GK林にブロックされる。 その後も川崎Fは、57分に中村のスルーパスに抜け出した小林が一対一を迎えるなど、小林に幾度となくゴールチャンスが訪れるが、GK林のファインセーブもあり、ゴールネットを揺らすことができない。 やや嫌な時間帯が続くFC東京は76分、久保が仕掛けたカウンターから最後は高萩からパスを受けた東がボックス左手前から右足シュート。インサイドカーブでうまく巻いたが、わずかにゴール右外へと外れた。 終盤、川崎Fはやや勢いが停滞。一方のFC東京はカウンターから相手DFの背後を狙い続けるが、シュートまで結びつけることができず。Jリーグ史上初の開幕戦での多摩川クラシコはゴールレスドローに終わった。 2019.02.23 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J史上初の多摩川クラシコでの開幕戦! ライバル破り好スタートを切れるか《川崎FvsFC東京》

22日に2019シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕。関西ダービーで幕を開けた翌23日、等々力陸上競技場では、川崎フロンターレvsFC東京の“多摩川クラシコ”が開催される。 開幕節での“多摩川クラシコ”はJリーグ史上初。今シーズンを占う一戦でのダービーマッチにチケットは完売だ。激戦になることは間違いない。 ◆昨季は1勝1敗の互角 昨シーズン、Jリーグ史上5クラブ目のJ1連覇を達成した川崎Fと、後半戦で失速するも、順位を前年の13位から6位に向上させたFC東京。両者の昨シーズンの対戦成績は、1勝1敗と互角だ。 初対戦は、等々力陸上競技場で行われた第13節。試合は14分にボックス右手前からのDF太田宏介のFKをMF橋本拳人が合わせてFC東京が先制する。さらに69分にも敵陣中央やや左からの太田のFKをゴール前のDF森重真人が押し込んで追加点。2つのセットプレーをモノにしたFC東京が勝利した。 一方、味の素スタジアムで行われた第33節。19分に川崎Fが中盤での巧みなプレスで相手のパスミスを誘発し、セカンドボールを回収したFW知念慶が豪快なミドルシュートをボックス手前から突き刺して先制。50分にはGKチョン・ソンリョンから始まった流れるようなパスワークでボックス右に侵攻。最後は知念のシュートのこぼれ球をMF長谷川竜也が詰めて、2-0で勝利した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">川崎FvsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆4冠への一歩を〜川崎フロンターレ〜 前人未踏の4冠を目標に掲げた川崎F。FWレアンドロ・ダミアンやMF山村和也ら実力者を獲得し、充実した戦力を揃えた王者は、16日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPで浦和レッズを1-0で下す好スタートを切った。新戦力が今後に期待を持てる活躍を残しただけでなく、これまで一発勝負に弱かった川崎Fにとってとても価値のある勝利を掴んだ。 チームの状況は上向き。だた、Jリーグ3連覇やAFCチャンピオンズリーグ初制覇を含む4冠への道のりは簡単なものではない。それだけに昨シーズンに失敗したスタートダッシュは避けたいところだ。ライバルチームを倒して勢いに乗れるか。昨シーズンはホームで0-2と敗戦。等々力の地でリベンジを果たし、4冠への一歩を踏み出したい。 ◆タイトル獲得へライバルを叩けるか〜FC東京〜 長谷川健太体制2年目を迎えるFC東京。守備力を向上し基盤を整えて迎える今シーズンは、FWディエゴ・オリヴェイラを完全移籍で確保した他、FW田川亨介やMFナ・サンホらアタッカー陣を獲得し、得点力向上を目指す。長谷川監督は「タイトルを必ず取りに行きたい」と優勝宣言。攻撃力を強化し、悲願に向けてチームを成熟させていけるか注目だ。 そこで迎える最初の相手は、川崎F。これまでライバルクラブとしてしのぎを削ってきたが、近年は川崎Fが連覇を達成するなど、先を行かれている。今シーズンはタイトル獲得を目標としているだけに、宿敵を敵地で倒し、好スタートを切りたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:守田英正、大島僚太 MF:小林悠、中村憲剛、家長昭博 FW:レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達<hr>川崎Fは、ゼロックス杯と同様の先発メンバーを起用。右サイドはDFマギーニョが公式戦2試合連続で先発する。昨シーズン、MVPに輝いたMF家長昭博は左サイド、1トップにはゼロックス杯で名刺代わりのゴールを決めたレアンドロ・ダミアンが務める。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:久保建英、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>FC東京は昨シーズンの同じ[4-4-2]を採用。左サイドバックには昨シーズンにセットプレーから2アシストを記録した太田ではなく、DF小川諒也を起用することを予想する。横浜F・マリノスへの期限付き移籍から復帰したMF久保建英が右サイドで先発か。 【注目選手】 ◆レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>4冠への好スタートに向けて、カギを握るのは新加入のレアンドロ・ダミアンだ。ロンドン・オリンピック得点王の元セレソンは、先日のゼロックス杯で早くもフィットへの兆しを見せた。前線からの守備でチームに貢献すると、攻撃の起点となり、1ゴールを記録。早くも王者のエースに名乗り出た。この活躍に相手からの警戒はさらに高まっただろう。その中でも、強さや高さを見せつけられるか注目だ。 ◆ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、悲願のタイトル獲得に向けてキーとなるのが、ディエゴ・オリヴェイラだ。昨シーズンはチームトップの13ゴールを記録。しかし、シーズンが進むにつれて周囲からのマークは強くなり、得点ペースが減速した。もちろん彼一人の責任ではないが、それに伴うチームの失速に悔しい思いをしただろう。今シーズン、クラブはタイトル獲得を目標に掲げる。そのためにも昨シーズンを上回るゴール数が必須だ。川崎Fとの多摩川クラシコで王者を叩くゴールを奪い、勢いに乗りたい。 ◆両者ともに開幕節には良いイメージが 4冠を目指す川崎Fと、悲願のJ1初制覇を目指すFC東京。上述通り、J史上初の多摩川クラシコでの開幕戦に両者のモチベーションはとても高いだろう。王者・川崎Fは開幕戦4連勝中。一方のFC東京は、アウェイで迎える開幕節は6戦無敗(4勝2分け)だ。両者ともに開幕節には良いイメージを抱いている。 そんな中で迎える多摩川クラシコでの開幕節。宿敵を倒して好スタートを切りたいだけに勝利を目指す好勝負が見られそうだ。激戦必至の多摩川クラシコは、23日の14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">開幕節での多摩川クラシコ<br />川崎FvsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.02.23 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【2019 超WS編集部J1順位予想③】川崎F、3年連続の歓喜で黄金期構築か 東海勢の健闘も予想

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け!<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190221_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>1位:川崎フロンターレ 最強の矛と盾を持つ川崎Fが充実補強。4冠を目指せるだけの戦力を揃えた上に、課題であった高さも解消か。天と地の使い分けができれば、等々力に3年連続の歓喜が。 2位:浦和レッズ 国内屈指の実力者たちを獲得し、選手層は川崎Fをも脅かすほどに。気になるのは完成度。アジア制覇も狙う中で、いかに序盤でポイントロスを避けられるかが重要。 3位:ガンバ大阪 昨季終盤に9連勝を達成したG大阪の大躍進を予想。韓国代表DFキム・ヨングォンの加入で守備が整備され、クルピ体制時の悪印象を払しょくする好スタートが切れれば、“西の雄”復活も見えてくる。 4位:ヴィッセル神戸 面子的にはACL出場も狙える陣容。新加入ビジャとイニエスタのホットラインが再開通するか否かがカギ。ただ、ポルディを加えた助っ人トリオの稼働率は気になるところ…。 5位:清水エスパルス 北川や金子ら若手の台頭で地力が付いてきた上に今オフ、エウシーニョらを的確補強。不整脈のドウグラスも復帰時期は未定だが、すでに再来日。爆発が期待できるだけのモノは持っている。 6位:名古屋グランパス 1年での大幅なメンバーの入れ替えや楢崎、玉田らベテラン勢不在の影響は気になるが、個で見れば優勝さえも手が届きそうな陣容に。昨季得点王のジョーは警戒強まる中でも平然といられるか。 7位:ジュビロ磐田 昨季はあわやJ2降格も補強は極めて少ない。しかしそれは昨季の長期離脱者の復帰を計算した上でのこと。昨今の新戦力と一定の経験を積んだ若手たちが融合すれば今季、台風の目にもなり得る… 8位:鹿島アントラーズ 小笠原、昌子、西と常勝軍団の顔たちがこぞって去った。変革期に加え、ACLも戦うとなれば苦しい1年となりそうだ。ただ、アジアを制し、世界を体感した選手たちの潜在能力は高い。 9位:北海道コンサドーレ札幌 得点数を増加させたい中、勝負所で決勝点を奪ってきた都倉の退団はかなり痛手。ただ、中野や岩崎、鈴木といった更なる成長が期待できる選手が加入したことで伸びしろは満載。 10位:セレッソ大阪 主力選手含め多くの選手が入れ替わったが、昨季に奮闘した守備陣は健在。残留争いに巻き込まれる大崩れはしないだろうが、ロティーナ新指揮官の手腕が問われることになりそうだ。 11位:FC東京 昨季は守備力が向上。昨季終盤に対応されたディエゴ・オリヴェイラ頼りの攻撃に工夫は必須。アタッカーは豊富なだけにいかに攻撃パターンを増やせるか 12位:湘南ベルマーレ ルヴァン杯を制し飛躍が期待される中で、戦力面での上積みには成功。ただ、ゴールゲッターとして計算できる選手がいない。この悩みが解消されれば、嫌な存在になる。 13位:サンフレッチェ広島 パトリックの負担軽減が最重要課題。昨季後半戦の大失速が頭に焼き付いている。加えてACLと並行したシーズン。真価が問われる1年に。 14位:サガン鳥栖 リーグ2位タイの堅守を支えたGK権田退団が大きな不安。クエンカ加入で攻撃陣はJ1屈指。ポゼッションスタイルへの転換が功を奏せば、面白い存在に。 15位:横浜F・マリノス 戦力の低下のみならず、中澤という精神的支柱が不在。ただ、攻撃陣は今季も見応えがありそう。現状、今季も浮き沈みが激しくなりそうだ。 16位:ベガルタ仙台 新加入選手はプレースタイル的に問題なし。ただ、攻守において渡邉スタイルの体現者たちを多く失ったのは明らか。新顔のフィットと戦術浸透が遅れれば、苦戦は避けられない。 17位:大分トリニータ J2の実力者を多く獲得。J1での経験値は見れば見劣りするのは仕方なし。J2トップの攻撃力を思い切りぶつけるか、現実的な戦いをするのか、片野坂知宏監督のマネジメントがカギを握る。 18位:松本山雅FC エドゥアルド、杉本や前田ら有望選手は在籍。ただ、厳しい試合の連続になることには変わりない。2度目のJ1挑戦。地を這ってでも残留したいだけに粘り強く勝ち点を積み重ねられるか。 2019.02.22 12:02 Fri
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせが決定! 前回王者の鹿島はフェライニ加入の山東魯能、J王者・川崎Fは蔚山現代が加わり死の組に…《ACL2019》

19日にAFCチャンピオンズリーグ2019・東地区プレーオフが各地で行われ、グループリーグの組み合わせが確定した。 日本勢では、昨年クラブ史上初のアジア王者に輝き、2018シーズンの明治安田生命J1リーグを3位で終えた鹿島アントラーズが、ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)に4-1で勝利し3年連続のグループステージ出場が決定。 なお、鹿島と同じグループEに所属しプレーオフからの参加となった山東魯能(中国)は、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレのゴールなどでハノイ(ベトナム)に4-1で勝利し、グループステージ進出を決めた。 また、2018シーズンの明治安田生命J1リーグを2位で終えたサンフレッチェ広島は、PK戦の末にチェンライ・ユナイテッド(タイ)を退け、5度目の本戦出場を決めた。 その他、J1リーグ王者の川崎フロンターレの所属するグループHの残り1枠には、2012年にACL王者に輝いた蔚山現代(韓国)が入った。グループリーグ組み合わせは以下の通り。 ◆ACL2019グループリーグ・東地区 【グループE】 慶南FC(韓国) ジョホール(マレーシア) 鹿島アントラーズ(日本) 山東魯能(中国) 【グループF】 広州恒大(中国) 大邸FC(韓国) メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) サンフレッチェ広島(日本) 【グループG】 浦和レッズ(日本) 北京国安(中国) 全北現代(韓国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 シドニーFC(オーストラリア) 川崎フロンターレ(日本) 上海上港(中国) 蔚山現代(韓国) 2019.02.19 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋のグランパスくんが史上初の連覇! Jリーグマスコット総選挙結果

Jリーグは16日、Jリーグマスコット総選挙2019の結果発表を行い、名古屋グランパスのグランパスくんが1位に輝き、史上初の連覇を飾った。 1月28日の中間発表ではグランパスくん(名古屋グランパス)が1位だったが、そのまま首位をキープして連覇を達成した。グランパスくんは自身のツイッター(@grampuskun_No1)で、投票してくれたファンの皆に感謝すると共に、2019シーズンも盛り上げていくことを誓った。 「みんなの力で史上初の2連覇を達成したがね!応援してくれたみんな、ほんとにほんとにありがとさんだわ!」 「たくさんの応援うれしかった!投票期間中に同じ目標に向かってみんなと一丸だって感じたんよ! この勢いで2019シーズン一緒に盛り上げていくがね!よろしくなも!!」 ▽なお、2位はヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)、3位はベガッ太(ベガルタ仙台)という結果となった。 ■Jリーグマスコット総選挙2019 1位:グランパスくん/名古屋グランパス 2位:ヴィヴィくん/V・ファーレン長崎 3位:ベガッ太/ベガルタ仙台 4位:ドーレくん/北海道コンサドーレ札幌 5位:サンチェ/サンフレッチェ広島 6位:ガンズくん/松本山雅FC 7位:ニータン/大分トリニータ 8位:ふろん太/川崎フロンターレ 9位:パルちゃん/清水エスパルス 10位:マリノスケ/横浜F・マリノス 11位:東京ドロンパ/FC東京 12位:ガンバボーイ/ガンバ大阪 13位:しかお/鹿島アントラーズ 14位:ヴァンくん/ヴァンフォーレ甲府 15位:レノ丸/レノファ山口FC 16位:ギッフィー/FC岐阜 17位:ゲンゾー/ツエーゲン金沢 18位:アルビくん/アルビレックス新潟 19位:ウィントス/サガン鳥栖 20位:モーヴィ/ヴィッセル神戸 21位:ジュビロくん/ジュビロ磐田 22位:レイくん/柏レイソル 23位:ユニティ/ジェフユナイテッド千葉 24位:アビーくん/アビスパ福岡 25位:ヴォルタくん/徳島ヴォルティス 26位:ロビー/セレッソ大阪 27位:フリ丸/横浜FC 28位:ディーオ/モンテディオ山形 29位:キヅール/いわてグルージャ盛岡 30位:ファジ丸/ファジアーノ岡山 31位:さぬぴー/カマタマーレ讃岐 32位:ライオー/AC長野パルセイロ 33位:ギラン/ギラヴァンツ北九州 34位:ゼルビー/FC町田ゼルビア 35位:キングベルI世/湘南ベルマーレ 36位:コトノちゃん/京都サンガF.C. 37位:ジンベーニョ/FC琉球 38位:ライカくん/カターレ富山 39位:トッキー/栃木SC 40位:湯友/ザスパクサツ群馬 41位:ロアッソくん/ロアッソ熊本 42位:ガイナマン/ガイナーレ鳥取 43位:アルディ/大宮アルディージャ 44位:ゆないくー/鹿児島ユナイテッドFC 45位:レディア/浦和レッズ 46位:ヴェルディ君/東京ヴェルディ 47位:ヴァン太/ヴァンラーレ八戸 48位:ホーリーくん/水戸ホーリーホック 49位:ガミティ/SC相模原 50位:伊予柑太/愛媛FC 51位:ブラウゴン/ブラウブリッツ秋田 52位:蹴っとばし小僧/藤枝MYFC 53位:Jリーグキング/Jリーグ 2019.02.16 22:21 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース