FC東京の新10番を背負うMF東慶悟「梶さんの思いを引き継ぎたい」2019.02.14 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。FC東京からは新10番のMF東慶悟が出席。背番号に関しては「こだわりはなかった」としながらも、その重さを実感しているとコメント。引退した梶山陽平の意思を「引き継ぎたい」と語った。

◆MF東慶悟(FC東京)

──今年から背番号が「10」に変わりましたが心境は
「あまり背番号というものには昔はこだわっていませんでしが、改めてFC東京の10番は重いなと感じます。自分としても選手としてレベルアップしたいので、良い刺激になりたいと思います」

──ロンドン五輪以来の背番号「10」だと思いますが、「10」へのこだわりはなかったのか
「こだわりはなかったですね」

「ただ、今は改めて大事だなという感じをしています」

──FC東京の10番は梶山陽平というイメージがあると思うが
「ずっと梶さん(梶山陽平)がつけて来て、東京の下部組織から育った選手が色々な思いでつけていたと思うので、梶さんの思いは引き継ぎたいなと思います」

「僕の良いところも出したいです。梶さんはかなりケガをしていたので、FC東京の10番がプレーする姿はあまり見ることができなかったと思うので、10番が良いプレーしていると思える様に頑張りたいです」

──長谷川健太監督が率いて2年目となりますが、今シーズンのここまでの手応えはあるか
「新しい選手は特に若い選手が多いです。久保(建英)や田川(亨介)、韓国人のナ・サンホと攻撃力のある選手が加入してくれました。課題だった得点力という部分で、改善できるところはあるので、より生かしてあげたいと思います」

──東選手も攻撃の部分では期待されるものがあると思います
「僕ももちろん先頭に立って、引っ張っていきたいです。10番で、キャプテンで、背負うものは色々ありますが、常に先頭に立っていきたいと思います」

──個人的な目標はありますか
「数字はあまり目標としてないですが、チームとしてリーグ優勝をしたことがないですし、そこに向かってやっています。10番やキャプテンを任されているので、そこに向かってどんなときもリーダーとして先頭に立って引っ張っていきたいです」

──開幕戦から多摩川クラシコですが
「すごく注目されると思いますし、川崎さんは間違いなく強いです。僕たちはチャレンジャーなので、思い切ってプレーしたいです。アウェイで凄く難しい試合になると思いますが、チーム一丸となって戦っていきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

王者・川崎F、白星発進ならず…J史上初の多摩川クラシコでの開幕戦はドロー《J1》

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが、22日に遂にスタート。翌23日に等々力陸上競技場で行われた開幕節の川崎フロンターレvsFC東京は、0-0の引き分けに終わった。 昨シーズンにJ1連覇を成し遂げた王者・川崎Fと、6位で終えたFC東京の多摩川クラシコ。16日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPで浦和レッズに1-0で勝利した川崎Fは、浦和戦同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方のFC東京は、最後尾にGK林、最終ラインには右サイドから室屋、チャン・ヒョンス、森重、小川を並べた。ダブルボランチは高萩と橋本。右サイドに久保、左サイドには東を配置し、ツートップにはディエゴ・オリヴェイラと永井を起用した。 Jリーグ史上初の開幕戦での多摩川クラシコ。試合は立ち上がりから川崎Fが緻密なパスワークを用いてFC東京のスキを探る。すると6分、奈良からのパスを中盤で受けた守田が味方とのパス交換でボックス手前まで侵攻し、右足で強烈なシュート。しかし、これはGK林の正面に飛んでしまう。 対するFC東京も直後にカウンターを発動。久保がドリブルで持ち上がり、3対2の状況からボックス左へのラストパスを選択する。最後はディエゴ・オリヴェイラが右足で合わせるもうまくミートできず、GKチョン・ソンリョンに対応される。 その後も川崎Fがボールを保持し、ジワジワと押し込もうとするが、FC東京も負けじとカウンターから応戦。それでも互いに決定機は作らせない時間帯が続く。 川崎Fはその後、敵陣でボールを奪われた後のプレスで捕まえきれず、数的同数でカウンターを受ける回数が増加。それでも31分には守田のパスを受けた小林がボックス右からシュートを放つが、GK林の好守に阻まれる。 するとFC東京は40分、ボックス右手前でFKを獲得。これをキッカーの久保が左足で直接狙うと、ボールは右ポストに直撃し、惜しくも先制点とはならない。 ゴールレスのまま迎えた後半、川崎Fが立て続けにチャンスを迎える。53分、小林がボックス右に抜け出すと、中央のレアンドロ・ダミアンがシュート。これは相手DFに当たってしまいゴールとはならない。さらに54分にはFK東京の橋本のバックパスをゴール前に残っていた中村が反応し、シュートを放つが、GK林にブロックされる。 その後も川崎Fは、57分に中村のスルーパスに抜け出した小林が一対一を迎えるなど、小林に幾度となくゴールチャンスが訪れるが、GK林のファインセーブもあり、ゴールネットを揺らすことができない。 やや嫌な時間帯が続くFC東京は76分、久保が仕掛けたカウンターから最後は高萩からパスを受けた東がボックス左手前から右足シュート。インサイドカーブでうまく巻いたが、わずかにゴール右外へと外れた。 終盤、川崎Fはやや勢いが停滞。一方のFC東京はカウンターから相手DFの背後を狙い続けるが、シュートまで結びつけることができず。Jリーグ史上初の開幕戦での多摩川クラシコはゴールレスドローに終わった。 2019.02.23 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J史上初の多摩川クラシコでの開幕戦! ライバル破り好スタートを切れるか《川崎FvsFC東京》

22日に2019シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕。関西ダービーで幕を開けた翌23日、等々力陸上競技場では、川崎フロンターレvsFC東京の“多摩川クラシコ”が開催される。 開幕節での“多摩川クラシコ”はJリーグ史上初。今シーズンを占う一戦でのダービーマッチにチケットは完売だ。激戦になることは間違いない。 ◆昨季は1勝1敗の互角 昨シーズン、Jリーグ史上5クラブ目のJ1連覇を達成した川崎Fと、後半戦で失速するも、順位を前年の13位から6位に向上させたFC東京。両者の昨シーズンの対戦成績は、1勝1敗と互角だ。 初対戦は、等々力陸上競技場で行われた第13節。試合は14分にボックス右手前からのDF太田宏介のFKをMF橋本拳人が合わせてFC東京が先制する。さらに69分にも敵陣中央やや左からの太田のFKをゴール前のDF森重真人が押し込んで追加点。2つのセットプレーをモノにしたFC東京が勝利した。 一方、味の素スタジアムで行われた第33節。19分に川崎Fが中盤での巧みなプレスで相手のパスミスを誘発し、セカンドボールを回収したFW知念慶が豪快なミドルシュートをボックス手前から突き刺して先制。50分にはGKチョン・ソンリョンから始まった流れるようなパスワークでボックス右に侵攻。最後は知念のシュートのこぼれ球をMF長谷川竜也が詰めて、2-0で勝利した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">川崎FvsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆4冠への一歩を〜川崎フロンターレ〜 前人未踏の4冠を目標に掲げた川崎F。FWレアンドロ・ダミアンやMF山村和也ら実力者を獲得し、充実した戦力を揃えた王者は、16日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPで浦和レッズを1-0で下す好スタートを切った。新戦力が今後に期待を持てる活躍を残しただけでなく、これまで一発勝負に弱かった川崎Fにとってとても価値のある勝利を掴んだ。 チームの状況は上向き。だた、Jリーグ3連覇やAFCチャンピオンズリーグ初制覇を含む4冠への道のりは簡単なものではない。それだけに昨シーズンに失敗したスタートダッシュは避けたいところだ。ライバルチームを倒して勢いに乗れるか。昨シーズンはホームで0-2と敗戦。等々力の地でリベンジを果たし、4冠への一歩を踏み出したい。 ◆タイトル獲得へライバルを叩けるか〜FC東京〜 長谷川健太体制2年目を迎えるFC東京。守備力を向上し基盤を整えて迎える今シーズンは、FWディエゴ・オリヴェイラを完全移籍で確保した他、FW田川亨介やMFナ・サンホらアタッカー陣を獲得し、得点力向上を目指す。長谷川監督は「タイトルを必ず取りに行きたい」と優勝宣言。攻撃力を強化し、悲願に向けてチームを成熟させていけるか注目だ。 そこで迎える最初の相手は、川崎F。これまでライバルクラブとしてしのぎを削ってきたが、近年は川崎Fが連覇を達成するなど、先を行かれている。今シーズンはタイトル獲得を目標としているだけに、宿敵を敵地で倒し、好スタートを切りたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:守田英正、大島僚太 MF:小林悠、中村憲剛、家長昭博 FW:レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達<hr>川崎Fは、ゼロックス杯と同様の先発メンバーを起用。右サイドはDFマギーニョが公式戦2試合連続で先発する。昨シーズン、MVPに輝いたMF家長昭博は左サイド、1トップにはゼロックス杯で名刺代わりのゴールを決めたレアンドロ・ダミアンが務める。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:久保建英、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>FC東京は昨シーズンの同じ[4-4-2]を採用。左サイドバックには昨シーズンにセットプレーから2アシストを記録した太田ではなく、DF小川諒也を起用することを予想する。横浜F・マリノスへの期限付き移籍から復帰したMF久保建英が右サイドで先発か。 【注目選手】 ◆レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>4冠への好スタートに向けて、カギを握るのは新加入のレアンドロ・ダミアンだ。ロンドン・オリンピック得点王の元セレソンは、先日のゼロックス杯で早くもフィットへの兆しを見せた。前線からの守備でチームに貢献すると、攻撃の起点となり、1ゴールを記録。早くも王者のエースに名乗り出た。この活躍に相手からの警戒はさらに高まっただろう。その中でも、強さや高さを見せつけられるか注目だ。 ◆ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、悲願のタイトル獲得に向けてキーとなるのが、ディエゴ・オリヴェイラだ。昨シーズンはチームトップの13ゴールを記録。しかし、シーズンが進むにつれて周囲からのマークは強くなり、得点ペースが減速した。もちろん彼一人の責任ではないが、それに伴うチームの失速に悔しい思いをしただろう。今シーズン、クラブはタイトル獲得を目標に掲げる。そのためにも昨シーズンを上回るゴール数が必須だ。川崎Fとの多摩川クラシコで王者を叩くゴールを奪い、勢いに乗りたい。 ◆両者ともに開幕節には良いイメージが 4冠を目指す川崎Fと、悲願のJ1初制覇を目指すFC東京。上述通り、J史上初の多摩川クラシコでの開幕戦に両者のモチベーションはとても高いだろう。王者・川崎Fは開幕戦4連勝中。一方のFC東京は、アウェイで迎える開幕節は6戦無敗(4勝2分け)だ。両者ともに開幕節には良いイメージを抱いている。 そんな中で迎える多摩川クラシコでの開幕節。宿敵を倒して好スタートを切りたいだけに勝利を目指す好勝負が見られそうだ。激戦必至の多摩川クラシコは、23日の14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">開幕節での多摩川クラシコ<br />川崎FvsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.02.23 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、“法政のメッシ”を獲得! 来季加入内定

FC東京は22日、法政大学に在学するMF紺野和也(21)の来シーズン加入内定を発表した。 紺野は身長161㎝、体重58kgの左利きMF。“法政のメッシ”としても注目を集める逸材で、ボールを前に運ぶ推進力や、ゴール前での得点に絡むプレーが魅力だ。加入内定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来シーズンから東京に加入することになった紺野和也です。東京というビッグクラブでプロのキャリアをスタートできることにとても喜びを感じています。今まで自分を支えてくれた全ての人に感謝し、これから恩返しをしていきたいと思います。東京の勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.02.22 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、グレミオからFWジャエルを完全移籍で獲得「良いシーズンを送れるように」

FC東京は19日、グレミオに所属するブラジル人FWジャエル(30)を完全移籍で獲得したことを正式に契約を結んだことを発表した。 フルミネンセ下部組織出身のジャエウは、2007年に母国のクリーシュマでプロデビュー。その後、ブラジル複数クラブやカルマル(スウェーデン1部)、城南FC(韓国1部)、重慶当代(中国1部)などを渡り歩き、2017年にグレミオへ加入。加入初年度はケガに泣き公式戦14試合の出場に留まったが、昨シーズンは公式戦33試合で9ゴール4アシストを記録していた。 また、2017年のクラブワールドカップ(CWC)では、準決勝のパチューカ戦に先発出場。レアル・マドリーとの決勝戦では63分から途中出場していた。 FC東京への完全移籍が決定したジャエルは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「東京というクラブに来ることができて、とても嬉しいです。みなさんに感謝しています。全力を尽くしチームに貢献して、良いシーズンを送れるように頑張ります」 2019.02.19 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季FC東京退団のMFリッピ・ヴェローゾ、ウクライナへ

FC東京は19日、昨シーズン限りで退団したMFリッピ・ヴェローゾ(21)がウクライナのFCリヴィウへ完全移籍したことを発表した。 リッピ・ヴェローゾは2017年7月にパルメイラスからFC東京に加入。昨シーズンはYBCルヴァンカップに4試合出場し、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグで24試合4得点を記録したが、同シーズン終了後に契約満了となった。 2019.02.19 09:05 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース