浦和・オリヴェイラ監督、“6冠”を口にしながらも「Jリーグ」を最大の目標に掲げる2019.02.14 21:06 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督が出席。多くの新戦力については「良い形でチームにフィットして来ている」と一定の手応えを感じているとコメント。目標に「6冠」を掲げながらも、「Jリーグ制覇」を最大の目標に掲げた。

◆オズワルド・オリヴェイラ監督(浦和レッズ)

──リーグ開幕の前にはゼロックス・スーパカップがありますが、チームの状態は
「今年は非常にインテンシティの高いシーズンになると思っているので、しっかり準備を進めている。それに適した準備を行おうと進めている」

──今シーズンはACLの戦いもあります
「ACLは特別な大会だ。とても質の高い相手と戦う、質の高い大会だと思う。Jリーグを戦いながら並行して、難しい試合を戦わなければいけないので、両方で戦える様にしなくてはいけない」

──新戦力も多くいますが、フィット具合やパフォーマンスの手応えはありますか
「今は順応している途中だが、良い形でチームにフィットして来ていると思う。昨シーズンからチェックしていた選手で、彼らを獲得した。彼らも成功しようという姿勢を見せてくれているので、獲得したことには満足している」

──昨シーズンはチームの調子を上げました。そこで見えた課題など、今シーズンはどう改善していきたいか
「サッカーというのは、常に進化し続けるものだと思う。相手がいるので、完璧と言える状態は存在しないと思う。それを常に求め続けなければいけない。そのためには選手のモチベーションが常に高くなければいけない。それらの要素を考えて進めていきたい」

──試合数が増える中で、4冠を目指すことになると思うが
「獲れるタイトルは6つだ。まずはゼロックス、そしてJリーグ、天皇杯、ルヴァンカップ、ACLだ。ACLで勝てば、クラブ・ワールドカップもある」

──それでは6冠を目指すということか
「もちろん、6つタイトルを獲るということは難しい。全ての大会で、1つ1つ獲りに行くつもりだ」

「その中でどれを目指すかと聞かれれば、最初はJリーグだ。だからと言って、天皇杯を連覇したくないのかと聞かれれば、そんなことはない。天皇杯も勝ちに行く」
コメント
関連ニュース
thumb

天皇杯決勝再現の仙台と浦和、開幕ゴールレス発進《J1》

明治安田生命J1リーグ開幕節が23日にユアテックスタジアム仙台で行われ、ベガルタ仙台vs浦和レッズは0-0のドローに終わった。 渡邉体制6年目の仙台は「トップ5」を目標に掲げ、浦和戦に向け、3バックの一角に永戸を起用。新戦力の兵藤や長沢もスタメン入りした。 ゼロックス杯に続く公式戦2戦目の浦和は新加入の山中が移籍後初先発。同じく新顔の杉本も引き続きスターティングメンバーに名を連ねた。 前年度の天皇杯決勝再現カードとなる試合は、一進一退の攻防戦に。浦和ボールの時間帯が続くが、仙台も崩されず、こう着した展開となる。 立ち上がりからボールの主導権を握りながら押し切れない浦和。ゴールレスで迎えた後半も攻勢に出るが、仕掛けがゴールに繋がらない。 すると、仙台は57分、左サイドの関口が切り返しからクロスを供給。ファーサイドの長沢が頭で合わせるが、GKの好守に遭ってしまう。 攻めあぐねる浦和はマルティノス、アンドリュー・ナバウトを立て続けに投入。梁勇基とジャーメイン良を途中起用した仙台の守備網攻略を目指す。 その後も押し形を作り続けた浦和だったが、最後まで仙台の守備を崩し切れず、試合終了。互いに勝ち点1を分け合う結果になった。 2019.02.23 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【2019 超WS編集部J1順位予想①】川崎追撃筆頭に浦和、台風の目にG大阪

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。 “蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け!<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190221_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>1位:浦和レッズ ゼロックスの川崎F戦で完成度の違いを露呈したが、今オフの積極かつ豪華な補強で、面子はJ1屈指に。実績申し分ない指揮官の手綱捌き次第で成功の1年が期待できる。 2位:川崎フロンターレ 対抗馬はJ1連覇王者。チーム力は申し分ない。今季目標は複数タイトル。前人未到のACLと国内の制覇に向け、指揮官のメリハリつけたチームマネジメントが鍵になりそう…。 3位:名古屋グランパス 躍進枠としてチョイス。戦術浸透に一定期間が必要な風間体制は今年3年目。今オフも補強が施されたチームとしての潜在能力は高く、課題の守備面をクリアできれば旋風の筆頭だ。 4位:ガンバ大阪 台風の目になりそう。補強に派手さはないが、ファン・ウィジョの残留が何より大きい。国内集中の今季を鑑みると、有望株の成長次第で大化けの予感さえ漂う。 5位:ヴィッセル神戸 今オフに新たにビジャが加わり、夢とロマン満載の1年。ただ、世界的ビッグスター三銃士は高齢であり、そこを上手く管理できれば上位進出に期待が持てる。 6位:北海道コンサドーレ札幌 三好流失の不安を感じさせない補強で昨季以上に戦力充実。精神的支柱としても際立った都倉の存在は何ものにも代え難いが、昨年に続き上位の顔になりそう。 7位:鹿島アントラーズ 昨季引退の小笠原が去って初のシーズン。昌子や西の穴埋め完了とは言い難い補強動向が気がかりで、ACLと並行の1年を考えると、タイトル争いの面で不安が募る。 8位:FC東京 長谷川体制2年目はアタッカー陣を積極補強。守備面は昨年に引き続き計算が立つ。あとは攻撃バリエーションをどう増やすか。そこ次第で上位進出が見えてくる。 9位:サガン鳥栖 クエンカの加入により、トーレスを擁する攻撃陣がより豪華に。課題は守備面だ。失点減少に貢献した権田流失の影響をどこまで抑えられるかが鍵になる。 10位:サンフレッチェ広島 後半戦の失速で2位に終わった城福政権初年度。今年は通年を通じた安定性が求められる。だが、今季はACLとリーグの二兎を追う1年。補強は一定の成果を上げたが…。 11位:清水エスパルス J1連覇の川崎Fからエウシーニョを獲得して機運高まる。ただ、昨季途中加入で11発のドウグラスが不整脈で復帰時期未定。昨季2位の得点力が危うくなれば、苦しい1年の恐れも。 12位:セレッソ大阪 クラブに初タイトルをもたらした尹晶煥体制に別れを告げての1年。相次ぐ主力流失にも苛まれ、厳冬を過ごした。ロティーナ・スタイルの浸透度合いが浮沈のキーに。 13位:横浜F・マリノス “鉄人”中澤引退の影響をどこまでカバーできるか。また、ウーゴ・ヴィエイラや伊藤、山中の流失も痛い。新戦力の順応もそうだが、真髄の攻撃的姿勢をどこまで貫けるか。 14位:湘南ベルマーレ 今オフの移籍市場で戦力拡充に成功したが、チョウ体制8年目の今季も手綱捌きが肝。その中で、ずば抜けた存在が出てくると、チームとして面白い存在になりそうだ。 15位:ジュビロ磐田 静かだった今オフの補強が不安材料。だが、昨年に相次いた故障離脱選手が戻り、躍進を遂げた一昨年の面子も揃った。1年を戦い抜ければ上位をかき乱してくれそう。 16位:大分トリニータ 6年ぶりのJ1参戦。注目は今オフにオナイウ阿道らJ2の実力者を加えた昨季76得点の攻撃的姿勢が通用するかどうか。守備重視ではないだけに、攻撃が機能不全に陥ると、苦しくなってくる。 17位:ベガルタ仙台 退団者と新加入を天秤にかけたとき、つり合わず、ギャンブル感が否めない。シーズンが進むに連れて、新たな力が出てくれば良いが、現時点で渡邉体制6年目は難しい戦いを強いられそう。 18位:松本山雅FC J2初制覇を成し遂げてのJ1復帰元年。オフに積極的な動きを見せたが、J1経験者が少なく、未知数な部分も拭えない。エレベータークラブ脱却に向け、反町監督の手腕が試される。 2019.02.22 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久々の右サイドでのプレーに浦和・宇賀神友弥「オプションとして考えてもらえるようなプレーを」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 浦和レッズのDF宇賀神友弥がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。敗れたことへの悔しさをにじませながらも、ここから向上させていくとかあった。 ◆MF宇賀神友弥(浦和レッズ) 「川崎Fは完成度が非常に高いですし、取りに行くと逆にスペースを上手く使われるので、難しいところです。チームとして前からハメて行くというプランを持っていれば、もっと上手くいったかなと」 「立ち上がりからスペースを消して、そこに出てきたボールに対して、取ってカウンターというのが狙いでした。1点リードされてから新しい選手が入ってきたりしたので、難しいところはあったと思います」 ──試合前のプラン通りにやれていたか 「リードされて慌てて1人1人バラバラになって、取りに行くのはやめようとしました。その中で、擦り合わせて行くことが大事です。もちろん今日の試合の勝敗も大事でしたが、しっかりと自分たちが課題を見つけて試合をしようと話していました」 「川崎はだいぶ特殊だとは思いますが、リードされた時にどういった形の試合運びをするかというのは、擦り合わせていければと思います」 ──山中選手が入ったことで右に回った部分は1つオプションだと思うが、久々にやった感触は 「久しぶりだったので、いきなりやると見える景色が違いますし、ボールの持ち方やヘディングの競るタイミングも難しいですが、回数をこなしていけば問題なくやれると思います。自分がオプションとして考えてもらえるようなプレーを見せていきたいと思います」 2019.02.16 22:14 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和・杉本健勇、攻撃面で良さが出せず「残念です」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 セレッソ大阪から浦和に移籍加入したFW杉本健勇がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。守備面では一定の手応えを掴みながらも、攻撃面ではまだまだ課題があると語った。 ◆FW杉本健勇(浦和レッズ) ──今日の試合を振り返って 「ボールを持たれる時間が長かったですが、それは想定内でした。耐えることができずに失点してしまいました。攻撃でもっと良い形が出せれば良かったですが、できなかったので、そこは残念です」 ──公式戦で興梠選手と2トップを組んだ感触は 「今日は少し難しかったです。守備に回る時間が長かったですし、そこから奪ってカウンターを狙っていました。ただ、そこで自分たちがバタついてしまいました」 ──守備のブロックは良い形でできていたと思うが、トライすることへの手応えは 「前半はスライドの部分だったりは、練習よりも良かったと思います。そんなにチャンスを作られていなかったです。耐えて一発取るのが理想的でした。スライドの部分は悪くなかったです」 ──攻撃面での課題は 「自分たちがもっとボールを握らないといけないですし、横パスだけじゃなく縦パスの所でもう少し合わせないといけないなと。そこはまた来週トライしたいです」 2019.02.16 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

負けを認めるも浦和・オリヴェイラ監督「必ず良い姿を見せられる」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、優勝した。 準優勝に終わった浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督がが試合後、会見に出席。チームとして上手くやれなかったと語りながらも、シーズン中はもっと向上すると自信をのぞかせた。 ◆オズワルド・オリヴェイラ監督(浦和レッズ) 「少し厳しい言葉かもしれないが、今日は良いゲームにすることができなかった。そして、逆にフロンターレは良いゲームをし、勝利に値した。我々の仕事のリスタートだが、今シーズンの中で、今日よりも必ず良い姿を見せられると思っている」 ──エヴェルトン、杉本健勇の評価、ポジティブな印象を与えた選手はいたか 「通常の試合であればハーフタイムでは交代はしないが、今日は5人交代できたので、新加入の2人を交代させた。彼らも公式戦をこなすにつれ、チームにフィットしていくと思う」 「彼らが悪かったから代えた訳ではない。アンドリュー(・ナバウト)を入れることとでスピードをスペースで活かすことにした。背後のスペースを使うことを支持した。また、中盤を安定させるために阿部を起用した」 ──良いゲームができなかった要因は 「JリーグNo.1のチームであるフロンターレを相手に良い試合ができなかった。去年は2勝したが、その試合を再現できなかった」 「そして、去年からの継続を考えると、武藤(雄樹)と青木(拓矢)の不在も響いた。彼らはチームの中で、はっきりとしたタスクがある。彼らがいない状況では違う形でプレーしなければいけない。フィットにはまだ時間がかかるかもしれない」 ──柏木陽介のところで川崎Fがボールを奪おうとしていたが、柏木へのサポートを含めて今日の内容は 「その通りです。我々が中村憲剛をマークしたように、彼らも柏木をマークした。それは新しいことではなく、どのチームとプレーしても、柏木は厳しくマークされる。我々はフロンターレと対戦するたびに、中村憲剛を厳しくマークする」 「ただ、我々がプレスをかける中で、彼らの方がそのプレスからうまく抜け出たと思う」 ──全体的に運動量が少なかった部分に関しては、どのような要因があったのか 「今日はスタート地点であり、この試合までに全てを整えるということは難しい状況だ。心配し過ぎるということはない」 「我々にもゲームプランがあったが、完全に実行することができなかった。相手はそれができたということだ」 「ただ、心配していない訳ではない。チームのことは常に気にかけ、良くしようとしている。でも、私は浦和の選手のことをよく知っているので、必ず今日よりも良い試合ができると確信している」 ──今日の試合の結果を受けて、印象が変わった部分はあるか 「フロンターレの印象は変わっていない。去年の方がまとまってプレーできていた。青木と武藤がチームを整えていた」 「今日の試合は新しい選手が入ったが、彼らも入ってすぐにできる訳ではない。車は部品を変えてもすぐに動くが、選手にはそれぞれ特徴があるので、フィットするには時間が必要となる。ただ、必ずこのチームはよくなるし、良いゲームを見せられる」 2019.02.16 21:15 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース