大型補強の神戸・リージョ監督、ビジャや山口蛍ら新戦力は「良い適応ができている」2019.02.14 21:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。ヴィッセル神戸のフアン・マヌエル・リージョ監督が出席。元スペイン代表FWダビド・ビジャを含む新加入選手については「既存の選手たちとの融合は良い適応ができている」とコメントした。

◆フアン・マヌエル・リージョ監督(ヴィッセル神戸)
──アメリカ遠征を含め、今のチーム状態や、シーズンに向けた感触は

「基本的には満足している。ただ、藤谷(壮)がケガをして離脱しているので、その点を除いてということになる」

「私たちにとってはシーズンの頭にしっかりとケガ人がなく、全員が高いレベルでトレーニングすることが大事な価値だと思っている」

「チームで一緒にトレーニングをして連携を高めていくということが、チームの成果を上げていく上では一番良い方法だと思っている」

──元スペイン代表FWダビド・ビジャを含め、新しい選手のチームへのフィット具合は

「新しく加入した選手の人数もそこまで多くないので、今いる選手たちに、ダビ(ダビド・ビジャ)やリョウ(初瀬亮)、ホタル(山口蛍)、ダイゴ(西大伍)が加わった。伊藤元太と小林(友希)に関しては、ユース上がりや若い選手のため、ホームグロウンの選手のような捉え方ができる。そこは状況は違うが、既存の選手たちとの融合は良い適応ができていると思う」

──スペイン人の選手や監督がいるが、意識することはあるか

「偶然のことだと思っている。だから、その点に関して何かを感じるということや影響はない」
コメント
関連ニュース
thumb

試合巧者C大阪がロティーナ体制白星発進! 神戸はビジャJデビューを勝利で飾れず…《J1》

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが、22日に遂にスタート。ヤンマースタジアム長居で行われた開幕戦のセレッソ大阪vsヴィッセル神戸では、1-0でC大阪が勝利した。 2年間の尹晶煥体制に終止符を打ちロティーナ監督を招へいした昨シーズン7位のC大阪が、世界的ストライカーであるFWビジャを獲得した昨シーズン10位の神戸をホームに迎えた一戦。 C大阪は、最後尾にGKキム・ジンヒョン、ディフェンスラインに木本、マテイ・ヨニッチ、山下、中盤に舩木、奥埜、ソウザ、丸橋、2シャドーに水沼、清武、最前線に柿谷を置いた。対する神戸は、最後尾にGKキム・スンギュ、ディフェンスラインに西、渡部、大崎、初瀬、中盤に三原、山口、イニエスタ、三田、前線にポドルスキ、ビジャを起用。山口にとってはいきなりの古巣対戦となった。 試合は序盤から神戸が主導権を握りつつ進行。イニエスタが中盤から前線までフリーに動く中、3バックで挑んだC大阪は中々対応することが出来ず。カウンターから裏抜けを狙う柿谷が時折抜け出していくが、試合の均衡を崩すには至らない。 17分、ボールを保持しながらも崩し切れない神戸のビジャが左サイドから中央に切り込みやや遠い位置からミドルシュートを狙う。これはGKキム・ジンヒョンにキャッチされたものの、強烈なシュートがC大阪ゴールを脅かす。 2トップがワイドに開く形の[4-3-1-2]を実践している神戸は、その後も左サイドのビジャが幾度も個人技から突破を図りチャンスを作る。しかし、C大阪も前半半ばごろから順応し始め危険なゾーンに蓋をしていく。 37分、イニエスタとのワンツーでボックス左に抜け出した初瀬がクロスを供給。すると、GKキム・ジンヒョンの弾いたボールがボックス右フリーの西に渡る。しかし、さらに西が後方にパスを送った場面で待ち構えていたポドルスキと噛み合わず、シュートまで繋げることが出来ない。 前半はC大阪が終始耐える形で終了。試合は均衡を保ったまま折り返しを迎えた。 後半に入ると、C大阪はプレスの始点をやや前に移して反撃。53分には柿谷がボックス中央で粘り、ボールを渡された水沼の右足のシュートが枠を捉える。しかし、これはオフサイドの判定。C大阪がギアを上げて一進一退の攻防が続くものの、双方決め手を欠く時間が続く。 引き続きボールを保持しているものの前半以上にチャンスを減少させている神戸に対し、C大阪は先に交代を敢行。64分に水沼に代えて都倉を送り出し、前線の圧力を高めていく。さらに70分にも疲れの見える清武に代えてレアンドロ・デサバトを起用する。 すると71分、カウンターから柿谷が上手く持ち運び、右サイドをフリーで駆け上がる都倉にスルーパスを供給。しかし、都倉が左足で巻くようにしてファーを狙ったシュートは枠をわずかに左へ外れる。 神戸もここで交代カードを切り三原に代えて古橋を投入。古橋が最前線に入り、イニエスタが一つ後ろにポジションを移す。しかし、一度ギアを上げ始めたC大阪の攻撃を守勢に移すことが出来ない。 そして77分、C大阪に待望の瞬間が訪れる。右CKの場面でキッカーの丸橋がインスウィングのクロスを上げると、ゴール前でクリアを狙ったGKキム・スンギュに木本が競り勝つ。ボックス左で反応した山下が頭で押し込み、ついに均衡を破った。 C大阪は試合終盤に柿谷に代えて松田を投入して神戸の攻撃をシャットアウト。相手に決定的な場面を作らせないまま、1-0のスコアで試合を終えた。 この結果、C大阪はロティーナ監督体制初陣を白星で飾ることに成功。対する神戸はビジャ、イニエスタ、ポドルスキとワールドカップ制覇者3名を並べたが、開幕から躓くこととなった。 2019.02.22 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【2019 超WS編集部J1順位予想④】神戸の“VIP”がJ席巻の予感…監督の思考を再現できるかが浮沈のカギ

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。 “蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 1位:ヴィッセル神戸 今季から元スペイン代表FWダビド・ビジャを加え、世界王者の“トリデンテ”を形成。フアン・マヌエル・リージョ監督の戦い方が浸透し、補強に見合った結果を残す 2位:川崎フロンターレ ゼロックス・スーパーカップで新助っ人FWレアンドロ・ダミアンが一発回答。新たな攻撃オプションを手にするも、アジアとの両輪が足枷になり3連覇はならないか 3位:名古屋グランパス 昨季得点王のFWジョーに加え、大宮アルディージャからアタッカーMFマテウスを補強。攻撃陣がより強固となり、風間八宏監督の下、アタッキングフットボールが完成か。問題は守備陣の出来 4位:浦和レッズ オズワルド・オリヴェイラ監督がスタートから指揮を執る今季。ゼロックス・スーパカップでは川崎Fの前に敗れるも、補強の充実度はリーグ随一。アジアとの両立が上手くいくかどうかがカギ 5位:ガンバ大阪 アジアの戦いもなく、リーグ戦に集中できることが大きなアドバンテージに。宮本恒靖監督の下で巻き返した昨季後半の戦いがスタートから出せれば、さらなる上も見えてくる 6位:鹿島アントラーズ AFCチャンピオンズリーグのプレーオフで結果を残し、アジア連覇への準備は整った。リーグ奪還に関しては、後方の選手層に大きな不安を抱える。既存選手の成長とタイトル獲得の両立はやや難しいミッションか… 7位:セレッソ大阪 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎えたものの、主力選手がチームを去った。チームとしての完成度を高めることが上位進出へのキーポイントとなる。ロティーナ・サッカーをいつ体得できるか 8位:清水エスパルス ヤン・ヨンソン体制2年目の今季は適材適所の補強。昨季終盤の戦いぶりを継続できるかどうかが順位を大きく左右するだろう。日本代表で揉まれたFW北川航也の活躍もカギ。FWドウグラスの去就次第では… 9位:北海道コンサドーレ札幌 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下で上位進出を目指す札幌は充実の補強。しかし、前線の陣容が一新されたことが完成度に影響の可能性。FW鈴木武蔵、FWアンデルソン・ロペス、FW岩崎悠人がどこまで早くフィットするか 10位:横浜F・マリノス アンジェ・ポステコグルー監督がチーム変革を初めて1年。今シーズンもスタイル継続は約束されている。攻撃のキーマンが複数退団したことがどう影響するのか。新加入選手の働き次第ではACL出場の可能性も秘めている 11位:サガン鳥栖 ルイス・カレーラス監督を迎えた鳥栖は、FWフェルナンド・トーレスを最大限に活かすべくMFイサック・クエンカを獲得。プレシーズンでも良い関係を見せており、クエンカの働きがカギ。気になるのは守備陣の整備か 12位:FC東京 昨季は6位でフィニッシュも、FWディエゴ・オリヴェイラの活躍に成績が左右された印象。中盤から前線にかけては若手選手を補強したものの、新戦力がどこまでの働きを見せるかが未知数だ。長谷川健太監督の手堅く勝てるサッカーができれば上位進出も考えられる 13位:サンフレッチェ広島 昨季はシーズン後半に大失速したものの2位フィニッシュの広島。選手の入れ替えを行なったが、正直なところ計算が立たない状況でもある。また、開幕を前にケガ人も多く、チームとしてベストな状態にいかに早くなれるかが重要 14位:ベガルタ仙台 渡邉晋監督が6年目を迎える仙台だが、昨季の中心選手が揃って退団。その穴を埋める選手を手堅く獲得したものの、大きな上積みはできていない印象だ。天皇杯決勝まで進んだチームをベースに、いかにブラッシュアップできるのか。攻撃陣が不発に終われば下位に低迷する可能性 15位:大分トリニータ J3にまで転落した大分がJ1へ復帰。片野坂知宏監督の下、一丸となって戦うチーム力はJ2屈指だった。昨季の主力が残留し、J2で結果を残した選手を補強。爆発力ある攻撃陣がJ1でどこまで通用するかが残留へのカギとなる 16位:湘南ベルマーレ 昨季はYBCルヴァンカップのタイトルを獲得も、最後まで残留争いをした湘南。今季も例年のごとく多くの選手が入れ替わり、一からチーム作りをする状況に。それでも、曺貴裁監督のサッカーを知る選手も加わっており、残留争いを勝ち抜く可能性は大きい 17位:ジュビロ磐田 昨季はシーズンを通して勝ちきれない試合が多く入れ替え戦に。なんとか残留を果たしたが、選手補強は4名と異例の状況で新シーズンを迎える。昨季のケガ人の復帰が大きな補強となればいいが、名波浩監督がどこまでマネジメントできるか。歯車が噛み合わなければ自動降格もあり得るだろう 18位:松本山雅FC 昨季のJ2王者である松本が2度目のJ1に挑む今季。反町康治監督が8年目の指揮を執るチームは、選手こそ大きく入れ替わるも体現するサッカーは変わらない。J2では攻守でしっかりと数字を残したが、J1の舞台でも再現できるのか。J1経験の少なさが気になるポイント 2019.02.22 12:03 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】“山口蛍帰還”の関西ダービーで27年目のJリーグ開幕!《C大阪vs神戸》

22日、いよいよ27年目のJリーグが幕を開ける。昨年に引き続き“金夜”開催となる注目のオープニングゲームはセレッソ大阪vsヴィッセル神戸。開幕ゲームをモノにする関西拠点のクラブは果たして…。 ◆ロティーナ・セレッソの輪郭は〜セレッソ大阪〜 2年にわたる尹晶煥体制に終止符を打ったC大阪。今シーズンから昨年まで2年間にわたり、東京Vを率いたロティーナ監督が指揮を執る。今オフに主力流失が相次いだが、奥埜や藤田、都倉ら実力者を獲得。C大阪に新たな風を吹き込む新戦力として大いに期待がかかる。そのロティーナ・セレッソはプレシーズン中、4バックや3バックを試運転。現時点で面子も完全に定まっていない。初の公式戦となるこの開幕戦で輪郭が見えてくるだろう。 ◆いざ初の頂へ〜ヴィッセル神戸〜 対する神戸はリージョ体制2年目。ただ、昨年途中に就任したリージョ監督にとって、開幕から初めてチームを指揮を執るシーズンとなる。その今冬も大型補強。チームとして“3人目の世界的ビッグスター”ビジャを新たに引き入れたほか、西や初瀬、山口といった実力者の獲得に成功した。基本布陣は[4-3-3]が濃厚。神戸にとって、今年はイニエスタの能力を最大限に生かした“バルセロナ化”をより推し進め、初の頂を目指す戦いとなる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆セレッソ大阪[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:奥埜博亮、藤田直之、水沼宏太、ソウザ、田中亜土夢 FW:柿谷曜一朗 監督:・ミゲル・アンヘル・ロティーナ<hr>開幕ゲームの布陣は柿谷を1トップに配する[4-2-3-1]か。新たなゴールゲッターとして期待がかかる都倉は17日のプレシーズンマッチで初実践の清武と共にベンチスタートになる様相だ。 ◆ヴィッセル神戸[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:前川黛也 DF:西大伍、大崎玲央、那須大亮、初瀬亮 MF:山口蛍、三田啓貴、アンドレス・イニエスタ FW:ルーカス・ポドルスキ、ビジャ、田中順也 監督:フアン・マヌエル・リージョ<hr>年俸総額約40億円とされる世界的“VIPトリオ”の先発揃い踏みが濃厚。攻撃の軸であるイニエスタの負担を減らすため、三田と田中をハードワーカー役として起用する可能性が高まっている。 【注目選手】 ◆FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>C大阪の注目プレーヤーはシンボルプレーヤーである柿谷だ。昨年はわずか4ゴール。同年夏に宿敵G大阪への移籍話も浮上するなど、チームの不和も強めた。今年は山口や杉本、山村らが去り、クラブの顔として認知される柿谷はより責任が重くのしかかるシーズンとなる。昨年のような低調ぶりは許されない。まずは開幕戦で結果にこだわりたい。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>神戸の注目選手は、早くも古巣戦となる山口だ。2016年夏にチームの力添えを受け、C大阪に復帰。尹晶煥体制下でクラブ史上初のタイトルを獲得するなど、一時代を築いた。だが、今オフに愛着のあるC大阪を飛び出して同じく関西の神戸移籍を決断。縁めいた古巣本拠で神戸の一員としてプレーで何を示せるか。“新たなチャレンジ”の一步に注目だ。 ◆スペイン人指揮官対決 驚きの神戸移籍で注目を集めた山口の古巣初凱旋試合として話題を呼ぶ開幕戦だが、スペイン人指揮官対決も見どころの1つとなる。両者は共にスペインのバスク州出身で、過去にリーガエスパニューラを舞台に対戦経験もある間柄。それぞれ戦術家としても知られ、テクニカルエリアからの指揮からも目が離せない。明治安田生命J1リーグ第1節のオープニングマッチとなる関西ダービーはヤンマースタジアム長居で19時半キックオフだ。 2019.02.22 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸に新たな外国人が…ポルトガル・ヴィトーリアがブラジル人DFダンクレールの移籍を発表

ポルトガルのヴィトーリアは16日、ブラジル人DFダンクレール(27)がヴィッセル神戸へと移籍することを発表した。 ヴィトーリアの発表によると、センターバックを務めるダンクレールに対し、神戸からオファーがあったものの、一度はそのオファーを拒否したとのこと。しかし、神戸が、ダンクレールの契約解除条項を満たすオファーを出したため、承諾する必要があったと説明している。 ダンクレールは、ブラジルのヴィトーリアやボタフォゴ、ジョウインヴィレでプレー。その後、ポルトガルのエストリル、フランスのRCランスでプレーし、2018年8月にヴィトーリアへと加入。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで17試合に出場していた。 神戸にはDF那須大亮、DF渡部博文、DF宮大樹、DF大崎玲央、DF小林友希とセンターバックが所属。ダンクラーが加入となれば、再び競争が激しくなる。 [写真はボタフォゴ時代(2014年)] 2019.02.17 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸MFウエスクレイが昨季期限付き加入のセアラーに完全移籍「神戸は今年大きな成功をおさめるでしょう」

ヴィッセル神戸は16日、ブラジル人MFウエスクレイ(27)がセアラーSC(ブラジル)に完全移籍することを発表した。 ドリブラーのウエスクレイは、2017年にセアラから神戸に加入。初年度は明治安田生命J1リーグ13試合、Jリーグカップ4試合、天皇杯2試合に出場した。しかし、昨シーズンも期限付き移籍加入でセアラーでプレーしており、そのまま母国に腰を据えることとなった。 ウエスウレイは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MFウエスクレイ 「短い期間でしたが、神戸で過ごした時間は特別な時間でした。いつも応援して下さった、サポーターの皆様、本当に感謝しております。再来日する事が決まった時から、多くのメッセージを受け取りました。皆様に会えなくなる事は、心残りではありますが、新たな挑戦へ進んでまいります」 「ヴィッセル神戸は、今年大きな成功をおさめるでしょう。遠く離れた場所からになりますが、皆様と一緒に神戸サポーターとして、これからも神戸を応援してまいります。本当にありがとうございました、またいつか何処かでお会いしましょう」 2019.02.16 16:56 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース