松本指揮8年目の反町康治監督、J1復帰イヤー躍進のカギを語る!2019.02.14 20:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。このイベントには松本山雅FCを率いる反町康治監督も出席。久々のJ1となる今シーズンに向け、「我々は少しJ1から少し離れている時期が長かったので、早く雰囲気だったり、スピーディな展開に早く慣れる」ことの重要性を説きつつ、J1での躍進を意気込んだ。

◆反町康治監督(松本山雅FC)
──開幕戦のポイントは
「我々は最初からアクセルを踏んでやるチーム。最初から主導権を握って、それを落とすことなく試合終了の笛までやっていきたいです」

──J2昇格後の初戦。重要度が増すと思うが
「当然、重要なのは間違いないですが、それ以降もリーグの試合は続くので、その後がもっと大事になってくると思います」

「ただ、開幕戦はアウェイ。しかも、我々は少しJ1から少し離れている時期が長かったので、早く雰囲気だったり、スピーディな展開に早く慣れて、良い形で結果を出していきたいです」

──開幕ゲームの地はご自身の出身地である静岡県
「あまり意識していないつもりです。当然、そういうことを言われることが増えるかもしれないですけど、今は松本の住民なので、そこで力を発揮してやっていきたいです」
コメント
関連ニュース
thumb

岩上の技ありFK弾で松本先制も、川又豪快ヘッドで磐田譲らずドロー決着《J1》

明治安田生命J1リーグ開幕節のジュビロ磐田vs松本山雅FCが23日にヤマハスタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦を辛くも制してJ1残留を決めた昨シーズン16位の磐田が、J2初優勝で4年ぶりのJ1昇格を決めた松本をホームで迎えた一戦。 磐田は、[4-2-3-1]を採用。最後尾にGKカミンスキー、ディフェンスラインに松本昌也、大南、大井、高橋祥平、ボランチに上原、山田、2列目にロドリゲス、中村、アダイウトン、最前線に大久保を配置した。 対する松本は[3-5-2]を採用。最後尾にGK守田、ディフェンスラインに服部、橋内、エドゥアルド、中盤に岩上、藤田、パウリーニョ、高橋諒、2シャドーに前田、セルジーニョ、最前線に永井を起用した。 4年ぶりのJ1挑戦となったアウェイの松本が、8分のファーストチャンスをものにする。ボックス手前右で永井がFKを獲得すると、キッカーの岩上が相手の壁下を通す意表を突いたグラウンダーのシュートをゴール右に放つ。GKカミンスキーが何とか触ったものの、勢いを殺しきれなかったボールがゴールに吸い込まれアウェイの松本が先制に成功する。 試合が動いてからは磐田がボールを保持しながら攻撃を組み立てていく。一方の松本はブロックを敷いて、前田を中心にカウンターを仕掛ける展開に。 1点を追いかける磐田は29分、ボックス右で松本昌也が仕掛け、ボックス右手前からクロスを供給。ニアサイドの山田が右足で合わせるもゴール右に外れ、同点に追いつけない。 前半はリードしている松本が耐える形で逃げ切り。1-0のスコアを保ったまま試合を折り返した。 後半に入り先にチャンスを作った松本は53分、岩上が磐田陣内中央右サイドのFKからボックス中央のエドゥアルドに送り、最後はゴール前にいた前田が反応。しかし、放たれたヘディングシュートはポストに嫌われ追加点は奪えない。 攻撃の活性化を図りたい磐田は、55分に中村に代えて川又、70分にロドリゲスに代えて荒木を投入する。 すると磐田は71分、ボックス左手前から山田がボックス内にクロスを供給。ボックス中央にいた途中出場の川又が相手DFのマークを振り切り、強烈なヘディングシュートを叩き込み試合を振り出しに戻す。 その後は、勢いづく磐田がゴール前まで迫るがシュートまで結び付けることが出来ず試合は1-1で終了。両チーム、ドロースタートとなった。 2019.02.23 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】真価問われる反町康治体制8年目、2度目の挑戦でJ1残留を掴めるか 《松本山雅FC》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第9弾は2度目のJ1挑戦となる松本山雅FCを紹介。 <span style="font-weight:700;">◆J2強豪からJ1定着へ</span>《残留》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_yamaga_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>反町康治体制7年目の2018シーズンは、ホームスタジアムであるサンプロ アルウィンの芝張替えの影響で、3月いっぱいまでアウェイゲーム5試合に加えてホーム開幕戦を山梨中銀スタジアムで開催するという過酷な日程を強いられた。そして、この6試合を未勝利(4分2敗)で終え、スタートダッシュに失敗。順位も第6節終了時点で20位と、先行き不安なシーズンスタートとなった。 しかし、アルウィンでの初戦となった第7節の大宮アルディージャ戦で3-2と勝利し、シーズン初白星を挙げると、そこからは好調を維持。6月から8月にかけては9試合を8勝1分けで戦い抜き、多くの勝ち点を稼ぐ。 シーズン終盤まで熾烈なJ1昇格争いが繰り広げられた中、最終的には21勝14分け7敗の勝ち点「77」で激戦を制し、J2初優勝。4年ぶりのJ1昇格を決めた。 2度目のJ1挑戦となる今シーズンは、残留が明確な目標となる。2018シーズンは、J2リーグ最少失点を記録し、連敗は1度だけと堅守を披露。しかし、二桁得点を達成したのは11得点のブラジル人MFセルジーニョのみで、チーム総得点は「54」のリーグ10位と得点力に大きな課題を残してのJ1昇格となった。 そのため、ストーブリーグでは、最重要補強ポイントだった前線にブラジル1部のシャペコエンセで11得点をマークした長身ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラを獲得。ヘディングに強く、サイド攻撃やセットプレーを得意とする松本にとってのピンポイント補強となった。 加えて、J2でも指折りのアタッカーであるMF町田也真人の獲得にも成功。また、GK守田達弥ら"J2最強の盾"を誇った守備陣が軒並み残留した上、栃木SCから空中戦に強いDF服部康平、川崎フロンターレから対人プレーに定評のあるDFエドゥアルドを加え、より強固な守備を築ける人材を揃えた。 一方で、不安材料は左ウイングバック。昨シーズンの主力だったMF石原崇兆(→ベガルタ仙台)が退団し、バックアッパーのDF下川陽太(→愛媛FC)も期限付きで放出。後釜として湘南ベルマーレからMF高橋諒、大分トリニータからDF那須川将大を獲得したが、昨シーズンの石原と比べると見劣りしてしまう。 また、選手の保有数こそ35名と多く、MF米原秀亮(20)、MF杉本太郎(22)と若手を獲得したものの、J1でのプレー経験が豊富な選手は少なく、J1で1シーズンを戦い抜ける戦力なのか疑問符が生じる補強結果となった。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《C》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_yamaga_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains,LTD.<hr></div>【IN】 GK田中謙吾(28)←AC長野パルセイロ/完全 DF服部康平(27)←栃木SC/完全 DF大野佑哉(22)←阪南大学/新加入 DF山本龍平(18)←四日市中央工業高校/新加入 DF溝渕雄志(24)←ジェフユナイテッド千葉/期限付き MF米原秀亮(20)←ロアッソ熊本/完全 MF町田也真人(29)←ジェフユナイテッド千葉/完全 MF高橋諒(25)←湘南ベルマーレ/完全 MF塚川孝輝(24)←ファジアーノ岡山/完全 MF杉本太郎(22)←鹿島アントラーズ/完全 FW榎本樹(18)←前橋育英高校/新加入 FWレアンドロ・ペレイラ(27)←クラブ・ブリュージュ(ベルギー)/完全 FWハン・ヨンテ(22)←朝鮮大学/新加入 【OUT】 GK鈴木智幸(33)→東京ヴェルディ/完全 GK永井堅梧(24)→徳島ヴォルティス/期限付き DF安川有(30)→退団 DFアンダース・アプリン(27)→ゲイラン・インターナショナル(シンガポール)/期限付き満了 DF星原健太(30)→藤枝MYFC/完全 DF森本大貴(23)→SC相模原/期限付き移籍期間延長 DF下川陽太(23)→愛媛FC/期限付き DF武藤友樹(23)→現役引退 MF岩間雄大(32)→栃木SC/完全 MF岡本知剛(28)→ロアッソ熊本/完全 MF志知孝明(24)→水戸ホーリーホック/完全 MF石原崇兆(26)→ベガルタ仙台/完全 MF山田満夫(24)→アスルクラロ沼津/期限付き FWジネイ(35)→退団 FW三島康平(31)→ロアッソ熊本/完全 FW小松蓮(20)→ツエーゲン金沢/育成型期限付き FW岡佳樹(24)→アスルクラロ沼津/期限付き FWハン・ヨンテ(22)→鹿児島ユナイテッドFC/期限付き <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> FWレアンドロ・ペレイラ(27)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_yamaga_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains,LTD.<hr></div>注目は新加入のFWレアンドロ・ペレイラだ。シャペコエンセでプレーした昨シーズンは、ブラジル全国選手権で34試合に出場し、11ゴールをマークしチームを残留に導いた。190cmと恵まれた体躯で空中戦に強く、昨季の11ゴールのうち6ゴールをヘディングシュートで決めている。反町監督も「万能型のFW。人間的にもまじめ」と評価しており、この男の活躍がチームの浮沈を左右するはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> FW前田大然(21)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_yamaga_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains,LTD.<hr></div>松本で注目する東京オリンピック世代は、プロ4年目のFW前田大然だ。昨シーズン、水戸ホーリーホックから復帰すると、明治安田生命J2リーグで29試合に出場し7得点を記録。松本は前田が不在の時に唯一の連敗を喫するなど、チームにとって不可欠な存在と感じさせたほどだ。決定力にはまだ難があるものの、50メートルを5秒台で走る爆発的なスピードだけではなく、90分間走り切る体力も兼ね備えている。今シーズンは、守る時間が多くなることが予測され、カウンターを仕掛ける回数が多くなるはず。韋駄天のスピードが重宝される中で、チームを残留に導く活躍ができれば、東京五輪行きが更に近づくことになるだろう。 2019.02.12 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

高木新体制の大宮が石川&奧抜のゴールでJ1昇格の松本に勝利!《Jリーグプレシーズンマッチ》

9日、2019Jリーグプレシーズンマッチの大宮アルディージャvs松本山雅FCがNACK5スタジアム大宮で行われ、2-0で大宮が勝利した。 気温は1度、雪が散らつく中で行われた一戦。高木琢也監督を迎えた大宮は、[5-2-2-1]と[3-4-2-1]を併用する可変システムを採用。GKに笠原昂史、5バックは右からDF渡部大輔、DF畑尾大翔、DF菊地光将、DF河面旺成、DF中村太亮を配置。渡部と中村はウイングバックとしてもプレーした。中盤はMF大山啓輔と新戦力のMF石川俊輝がボランチに、その前にFW大前元紀とMF嶋田慎太郎が並び、新戦力のFWフアンマ・デルガドがトップに入った。 一方、2018シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を達成し、J1に昇格した松本は、反町康治監督の下、[3-4-2-1]を採用。GKには守田達弥、3バックは右からDF今井智基、新加入のDF服部康平、DF橋内優也が入り、ウイングバックには右にMF岩上祐三、左にDF高橋諒が入った。ボランチにはMF藤田息吹、MFパウリーニョが入り、2シャドーにFW前田大然と新加入のMF町田也真人、1トップに同じく新戦力のFWレアンドロ・ペレイラが入った。 立ち上がりからペースを握ったのは松本。町田や藤田が積極的に大宮の3バックの裏を狙うパスを出し、前田を走らせてチャンスをうかがう。また、ロングボールではレアンドロ・ペレイラの高さを生かそうとするが、ここは空中戦に強い菊地が冷静に対応する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20190209_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 対する大宮は、チームとしてほぼ初めて採用する5バックにまだ戸惑いがあり、攻守両面でバタつく場面が散見。特に右サイドの渡部、嶋田が機能せず、攻撃で良い形をる来ることができない。 午前中に降っていた雪の影響で、足元がゆるい中、松本はセットプレーでもチャンスをうかがう。岩上のクロスをレアンドロ・ペレイラや服部に合わせに行くが、大宮の守りの前に決定機を作れない。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20190209_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 互いに探りながらの展開となったが、大宮が一瞬のチャンスをものにする。27分、カウンターを仕掛けると、左サイドを抜け出したフアンマ・デルガドがドリブルで持ち上がり中央へクロス。これを、ニアに飛び込んだ石川が右足で合わせゴール。ユース出身で大宮に復帰した石川のゴールで、大宮が先制する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20190209_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 先制を許した松本は、その後も同様に攻撃を仕掛ける。左サイドの高橋、町田を中心に大宮人内へと攻め込むも、アタッキングサードでの精度を欠き、ゴールに繋げられない。 守勢が続いた大宮も、ボール回しでミスが生まれ、攻撃に出れない時間が続く。それでも45分、左サイドから崩すと、右サイドへと展開。ハーフスペースの渡部を経由したボールは、オーバーラップした畑尾にわたりクロス。これをボックス中央でフアンマ・デルガドが合わせるも、枠を捉えられない。 大宮が1点リードで迎えた後半、松本が早々にビッグチャンスを迎える。47分、ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーの岩上が浮き球のパス。これをレアンドロ・ペレイラが頭で合わせ、ネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定となり、ゴールは認められない。 52分にも岩上のFKからレアンドロ・ペレイラが合わせるが、オフサイドの判定。大宮はセットプレーからピンチを迎えるが、無失点でしのぐ。 57分にはカウンターから町田が抜け出すと、ボックス左からシュート。しかし、これは枠を外れる。得点が欲しい松本は、61分に町田を下げてMFセルジーニョ、69分にはパウリーニョに代えてMF米原秀亮を投入する。 対する大宮も左サイドを中心に崩しにかかる。中村、大前、フアンマ・デルガドが絡んで崩すも、決定機を作るには至らない。72分には、嶋田に代えてMF奥抜侃志を投入する。 松本は76分に前田とレアンドロ・ペレイラを下げて、FW永井龍、MF中美慶哉を投入。大宮は80分に渡部に代えてMF酒井宣福を入れる。すると迎えた83分、浮き球をフアンマ・デルガドが競り勝つと、裏に抜け出た奧抜がブロックに入った藤田をかわしてシュート。これがゴール上に決まり、大宮が試合を決定づける追加点を奪う。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20190209_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20190209_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> その後は、松本が押し込む時間帯となるも、大宮は粘りの守備で対応。結局最後までゴールを許さずに試合は終了し、大宮が2-0で勝利を収めた。 J2の大宮は、24日(日)にホームでヴァンフォーレ甲府と、J1の松本は23日(土)にアウェイでジュビロ磐田とそれぞれ開幕戦を迎える。 大宮アルディージャ 2-0 松本山雅FC 【大宮】 石川俊輝(前27) 奥抜侃志(後38) ◆大宮アルディージャ GK:笠原昂史 DF:渡部大輔(→80分 酒井宣福)、畑尾大翔、菊地光将、河面旺成、中村太亮 MF:嶋田慎太郎(→72分 奥抜侃志)、大山啓輔、石川俊輝、大前元紀 FW:フアンマ・デルガド ◆松本山雅FC GK:守田達弥 DF:今井智基、服部康平、橋内優也 MF:岩上祐三、パウリーニョ(→69分 米原秀亮)、藤田息吹、高橋諒 FW:前田大然(→76分 中美慶哉)、町田也真人(→61分 セルジーニョ) FW:レアンドロ・ペレイラ(→76分 永井龍) 2019.02.09 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

松本、朝鮮大学からU-23北朝鮮代表FWを獲得! 今季は鹿児島へレンタル

松本山雅FCは24日、朝鮮大学に所属するU-23北朝鮮代表FWハン・ヨンテ(22)の加入が決定したことを発表した。また、同時に今シーズンは鹿児島ユナイテッドFCへ期限付き移籍することを併せて伝えている。 背番号は「28」に決定。なお、ハン・ヨンテは移籍期間中に松本と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 東京都出身のハン・ヨンテは、東京朝鮮高校から朝鮮大学に進学。2017年からU-23北朝鮮代表に選出されている。 松本への加入と、鹿児島への期限付き移籍が決定したハン・ヨンテは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCに加入できて非常に嬉しいです。1日も早くアルウィンのピッチに立てるように常に目標を高く持ち毎日を全力でハングリーに戦っていきます! 応援よろしくお願いします!」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「松本山雅FCからレンタルでやってきました。鹿児島のために常に全力でハングリーに戦っていきますので応援よろしくお願いします!」 2019.01.24 11:10 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース