日本代表DF室屋成に第一子が誕生! 「責任感を持ち、精一杯頑張りたい」2019.02.13 17:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は13日、日本代表DF室屋成に第一子(長男)が誕生したことを発表した。発表によると、長男は4日に誕生。1日にアジアカップ決勝が行われた直後の朗報となった。室屋はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆DF室屋成
「第一子が生まれ、とても嬉しく思います。妻と生まれてきてくれた子どもに感謝しています。より一層、責任感を持ち、精一杯頑張りたいと思います」

室屋は2016年2月、明治大学サッカー部を退部してFC東京に入団。在籍3年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグ30試合に出場して1得点を記録した。

また、代表キャリアにおいては2017年にA代表デビュー。今年行われたアジアカップでは5試合に出場し、グループステージ最終節のウズベキスタン代表戦では1アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京、下部組織4選手を2種登録

FC東京は22日、U-18チームに所属するU-15日本代表GK彼島優(15)、U-17日本代表DF大森理生(16)、DF岡哲平(17)、U-17日本代表MF角昂志郎(16)の4選手がトップチーム登録(2種)となったことを発表した。 足立区出身の彼島と世田谷区出身の岡はFC東京U-15深川で、武蔵村山市出身の大森はFC東京U-15むさしで成長。練馬区出身の角は東京武蔵野シティFCU-15からFC東京の下部組織に移った。 今回登録された4選手は、日本サッカー協会第2種チームに所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することが認められる。 2019.03.22 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、来季加入内定の“法政のメッシ”MF紺野和也が特別指定選手に承認

FC東京は22日、法政大学に在学するMF紺野和也(21)がJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。 既に来シーズンからの加入で内定している紺野は、身長161㎝、体重58kgの左利きMFで“法政のメッシ”としても注目を集める逸材。FC東京は「ドリブルが得意な攻撃的MF。ボールを前に運ぶ推進力に優れており、特にゴール前での得点に絡むプレーが魅力」と紹介している。 紺野は、クラブ公式サイトを通じて以下の様にコメントしている。 ◆MF紺野和也 「今シーズンから少しでも多く試合に出場し、東京の勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2019.03.22 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

室屋成、トップレベルの体感を心待ち「慣れなくてはいけない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トップレベルを体感したことがないと語るFC東京のDF室屋成は、世界のトップ選手たちが揃う南米の強豪との一戦に胸を躍らせた。 ◆DF室屋成(FC東京) ──今日の練習内容 「セットプレーやゲームの確認をしました」 ──アジアカップからの進化はあるか 「進化とかはないですけど、新しい選手が多くいます。短い期間の中で合わせるというところや特長を理解しなくてはいけないところがありますね」 ──調整の時間は短かったが 「そうですね。ただ、代表はそういう場所だと思っていますし、そういう中でやっていかなくてはいけない場所ではあるので、そんなに気にはしていないです」 ──今日の練習ではコロンビア戦を想定していると思うが、イメージは 「今日はミーティングでも映像を観ました。やはり個人の能力が高い選手が多いです。まずは1対1の部分では負けてはいけない部分があると感じました」 ──MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)やFWラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)がいるが、抑え方へのイメージは 「自由にしてはいけないですし、スペースを与えたら危険な選手たちです。できるだけタイトにして、相手の自由を奪うようなプレーを90分間、切らさずにやらなくてはいけないと思います」 ──監督は個の部分で特長を出して欲しいと言っていたが、出したい部分は 「長所は多くありますけど、試したいこととして、僕はこういうトップの国に対する1対1の守備の部分を、体感したことがありません。それはやはり体感していないといけないですし、慣れなくてはいけないというのは自分の中でも思っていることです」 「明日出る機会があれば、そういう部分を試していきたいです。それが楽しみです」 ──攻撃面では 「どんどん仕掛けたいですし、自分の良さを出していきたいです」 ──MFハメス・ロドリゲスとマッチアップする可能性もあるが、意識したりすることはあるか 「あまりないですけど、全員が危険な選手ですし、誰が来ようとタイトにやって自由を与えてはいけないと思います」 ──アジアカップが終わってから心がけてきたことは 「守備の部分では特に意識して、(相手に)やらせてはいけないと思いながらプレーすることが多くなりました」 ──今回はDF酒井宏樹(マルセイユ)が不在。新しい競争相手も入っている中、ポジション獲得のチャンスでもあるが 「(酒井)宏樹くんのことはよく聞かれますけど、個人的にはそこまで気にしていません。試合に出れれば、いつもやっているプレーを代表でもしなくてはいけないと思います。それができれば良いプレーもできると思います。とにかく楽しんで自分のいつものプレーを表現できればと思います」 2019.03.21 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

やっかみなのか真実なのか、それは数字が教えてくれる!? の巻/倉井史也のJリーグ

ワタクシってば取材熱心なものですから、日本代表ウィークでもちゃんとJクラブに顔を出してるワケですよ。で、そうしたら今週試合がなくてホッと一息ついてるクラブ関係者からこんな声ってのが聞けたんです。 「だってさ、まだ4節じゃん。ここで首位に立ってたからって優勝できるわけじゃないんだし!!」 ひがみ? ねたみ? それとも真実? ってことでちゃんと調べてみましたよ。 2005年 第4節首位 FC東京 優勝チーム G大阪 2006年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 浦和 2007年 第4節首位 名古屋 優勝チーム 鹿島 2008年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 鹿島 2009年 第4節首位 新潟 優勝チーム 鹿島 2010年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 名古屋 2011年 4試合終了時首位 仙台 優勝チーム 柏 2012年 第4節首位 仙台 優勝チーム 広島 2013年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 広島 2014年 第4節首位 鹿島 優勝チーム G大阪 2015年 第4節首位 浦和 優勝チーム 広島 2016年 第4節首位 川崎 優勝チーム 鹿島 2017年 第4節首位 神戸 優勝チーム 川崎 2018年 第4節首位 川崎 優勝チーム 川崎 なな、なんと!! J1が18チーム構成になってから、4試合を消化したところで首位に立っていたチームが優勝したのは、2008年の鹿島と2018年の川崎だけ!! つまり14シーズンで2回ってことは確率14パーセント。あれ? これって意外と高くない? ってことでFC東京のみなさん、おめでとうございます!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.03.21 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース