【J1開幕直前クラブガイド】大型補強でバルサ化に期待 一抹の不安をどう払しょくするか《ヴィッセル神戸》2019.02.15 18:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第15弾はヴィッセル神戸を紹介。◆ビジャら大型補強で豪華さ増すも…《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択
(C)CWS Brains,LTD.
「バルサ化」を宣言し、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得を目標に掲げた2018シーズンの神戸だったが、残留争いに巻き込まれる期待外れのシーズンを送った。前年途中から指揮を執った吉田孝行監督の下、継続路線でシーズンをスタートするも、ゲームを支配するスタイルの構築に苦戦。バルセロナの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが夏に加入したが、パスサッカーの権化と評されるスペイン人指揮官のファン・マヌエル・リージョ新監督が就任するまで形を見いだせず、10位で自力残留を決めるという最低限の結果で締めくくった。

今シーズンの目標は、引き続き「ACL出場権獲得」。そこに向けて今オフも再び大きく動いた。最注目は、ニューヨーク・シティから加入したダビド・ビジャ。クラブだけでなく、代表歴代最多得点を誇るスペイン代表でも数多くのタイトルを獲得してきたゴールゲッターだ。タイミングの良い動き出しと卓越したゴールセンス、周囲を生かすこともできるプレースタイルは、神戸の掲げるポゼッションサッカーにとっても、うってつけ。バルセロナ時代の元同僚であるアンドレス・イニエスタからのパスを神戸でも引き出すことができれば、今シーズンの大きな武器になる。

また、日本屈指のボランチである日本代表MF山口蛍も獲得。リージョ監督のアンカー起用で復活を匂わせていたDF伊野波雅彦や主力を担ったMF藤田直之が退団したことは痛手だが、その穴を埋めるのに十分な経験と素質は兼ね備えている。さらに、元日本代表DF西大伍と五輪世代期待のDF初瀬亮の両サイドバックも獲得。両選手ともにサイドで攻撃の起点になることができ、リージョ監督のパスサッカーを体現するに相応しい選手を獲得した。

国内外から実績十分の実力者を加えたことで、その豪華さは増した。しかし、守備面では課題も残した。DFアフメド・ヤセルが退団し、層が薄くなったCBに目立った補強はない。リージョ就任以降も定位置を確保し続けたのは、DF大崎玲央のみと絶対的な主力が不在。攻撃面は胸躍る一方、守備面は心細い陣容に。攻守のバランスは気になるところだ。

従って、今シーズンはリージョ監督の戦術浸透やアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャらを擁する強力な攻撃陣のけん引によってどれだけ守備面をカバーできるかが一つのキーになる。しかし、今年でアンドレス・イニエスタは35歳、ルーカス・ポドルスキは34歳、ダビド・ビジャは38歳。昨シーズンを見ても、アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキを負傷で欠いた時期があった。チームとしてJリーグ史上最高とも言える助っ人トリオを中心としたチーム作りをしているだけに、彼らがフルシーズン戦えるかどうかも重要になってくる。そうした細かなエクスキューズを最小限にとどめることができれば、上位争いを繰り広げる可能性は多いに秘めている。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS


【IN】
GK伊藤元太(18)←松山工業高校/新加入
DF小林友希(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格
DF初瀬亮(21)←ガンバ大阪/完全
DF西大伍(31)←鹿島アントラーズ/完全
MF山口蛍(28)←セレッソ大阪/完全
MF中坂勇哉(21)←ペララーダ(スペイン)/復帰
MFウエスクレイ(27)←セアラ(ブラジル)/復帰
FWダビド・ビジャ(37)←ニューヨーク・シティ(アメリカ)/完全
FW小川慶治朗(26)←湘南ベルマーレ/復帰

【OUT】
DF北本久仁衛(37)→シモークFC(タイ)/完全
DF高橋峻希(28)→柏レイソル/完全
DF伊野波雅彦(33)→退団
DFアフメド・ヤセル(24)→アル・ドゥハイル(カタール)/期限付き満了
DFティーラトン(29)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き満了
DF山口真司(22)→AC長野パルセイロ/完全
DF東隼也(21)→福島ユナイテッド/完全
MF松下佳貴(24)→ベガルタ仙台/完全
MF藤田直之(31)→セレッソ大阪/完全
MF小林成豪(25)→大分トリニータ/完全
MF野田樹(20)→カターレ富山/期限付き延長
MF前田凌佑(24)→大分トリニータ/完全
FW大槻周平(29)→モンテディオ山形/完全
FW長沢駿(30)→ガンバ大阪/期限付き満了
FWハーフナー・マイク→バンコク・ユナイテッド(タイ)/期限付き
FW向井章人→FC今治/期限付き延長

◆超WS編集部イチオシ選手
MFアンドレス・イニエスタ(34)
(C)CWS Brains,LTD.
新加入のダビド・ビジャや山口蛍など注目選手が多数いる中、初めてフルシーズンを戦うアンドレス・イニエスタに注目したい。昨夏に加入した司令塔のJリーグ初年度は、14試合3ゴール3アシストを記録。華麗なゴールやアシストに加え、繊細なボールタッチや類まれなゲームコントロール力は、世界のトップに昇りつめた所以を示した。

しかし、自身は「去年は適応の時間が必要だった」と語る。昨シーズンは途中加入ながらケガで離脱したこともあり、フルで戦うことがチームのバランスを保つ上でも重要だ。

今シーズンは新たにクラブと代表で共に世界一を手にしたダビド・ビジャも加入。自身を知り尽くす頼もしい盟友とのコンビで相手守備陣を切り裂けるか。「今年はベストのバージョンを見せて、チームの優勝に貢献できれば」と本領発揮を誓うアンドレス・イニエスタがどれほどの輝きを見せられるかが、神戸の躍進のカギとなるだろう。

◆注目の東京五輪世代!
MF郷家友太(19)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
DF藤谷壮、初瀬、MF中坂勇哉と多くの東京五輪世代を抱える神戸だが、19歳のMF郷家友太の成長に期待だ。

昨シーズンに青森山田から加入した郷家は、ルーキーイヤーながらリーグ戦22試合に出場。リージョ監督就任以降は、メンバーから外れることも増えたが、明治安田生命J1リーグ最終節のベガルタ仙台戦ではフル出場を果たし、勝利を大きく手繰り寄せるゴールも記録した。

プロ2年目を迎える今シーズンはより数字が求められる1年になる。森保一監督率いるU-21日本代表にはまだ一度も招集されたことがない。まずはクラブで定位置を確保し、今年5月から開催されるU-20ワールドカップで結果を残すことで、東京五輪出場の座を争う位置まで食い込みたい。
コメント
関連ニュース
thumb

神戸で再起のサンペール…「改めてフットボーラーであることを実感」

ヴィッセル神戸に移籍したスペイン人MFセルジ・サンペールが日本行きの思いを口にした。 バルセロナ下部組織で育ち、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として脚光を浴びたサンペール。だが、度重なる故障の影響もあり、逸材としての片鱗を見せらないシーズンが続き、今冬の移籍市場で神戸に活躍の場を移した。 その後、17日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第4節の清水エスパルス戦(1-1のドロー)で80分からピッチに立ち、新天地デビュー。スペイン『マルカ』で、神戸でリスタートを切ったフットボールキャリアについて次のように話した。 「改めてフットボーラーであることを実感できて嬉しいよ。また重要な存在であることを認識できて嬉しい。ここにはスペイン人のコーチ陣がいて、スペインスタイルのサッカーがある。もちろん、(アンドレス・)イニエスタと(ダビド・)ビジャもいるから、適応はうまくいっているよ」 「僕の夢はバルセロナで成功することだったけど、無理だった。だから、今はサッカーで成功することを目指さなくちゃいけない。でも、現状に満足しているよ。僕自身も日本に行くなんて想定外だったけど、アンドレスが僕の説得にあたり、クラブ関係者も僕の家まで来てくれたのさ」 「僕はまだまだサッカーでたくさんのことができる。可能な限り最高のレベルに戻りたい。だから、様子を見ていこうじゃないか」 2019.03.26 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

DF西大伍、飛び出しを持ち味もバランス重視「行きたいからと行っても攻撃は成り立たない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、DF西大伍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった西は、飛び出しを持ち味としながらもバランスを重視していくを強調。「僕が行きたいからと行っても攻撃というのは成り立たない」と語った。 ──練習後森保一監督と何を話したのか 「世間話です」 ──特長である飛び出しを出していきたいか 「空いていればだと思います。そこに行くべき選手が前にいるならその選手が行けばいいと思います」 ──周りとの呼吸は 「全部、周りとの関係性だと思います。僕が行きたいからと行っても攻撃というのは成り立たないと思います」 ──森保一監督の練習についての印象 「その日その日での狙いがあると思います。今日は切り替えと前への意識をすごく持つというか、あとはあまりボールを止めないということを意識してやっていたのかなと思います」 ──クラブW杯で南米のチームとやったことについての対戦相手の兼ね合いは 「わかればいいですけどね笑 やってみないとわからないことが多いですね」 ──リーベル・プレート戦についての感覚は 「同じ南米でもチームが違えば、全然サッカーも違います。試合に入ってみてですかね。あとはスカウティングでどういうスカウティングをするかというところだと思います」 ──慣れていないチームについての試合の入りかたは 「なんとなくです(笑)」 2019.03.20 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

代表生き残りへの覚悟! MF山口蛍「最後のチャンスかもしれないという思いで来ました」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて神奈川県内でトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった山口は、代表への生き残りをかけて強い思いを口にした。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸) ──代表選出について 「驚きの方が大きいですけど、神戸でうまくやってた中での選出だったのですごく嬉しいです。(代表に呼ばれるのは)まだまだかなって思ってたので」 「ただ、アジアカップのメンバーが何人いないかっていうのもありますし、ケガでいないという中で選ばれていることも理解しています。もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないという思いで来ましたし、チャンスがあったらしっかりやりたいです」 ──神戸でのプレーが評価され、試される立場にいる状況について 「監督が森保さんになって、自分たちのプレーを見てくれていると思いますけど、今までと違ってゼロからのスタートだと思います。半年以上、森保さんに呼ばれていないので、ずっと呼ばれているメンバーとの差はあると思います。追いつくためには、今まで以上に必死になってやらないといけないなと思います」 ──今シーズンの神戸での手応え 「手応えというところまではまだいかないですけど、ボールを握るスタイルにチャレンジする中で、神戸は後ろからボールを蹴ることは本当にしません。キーパーから全部繋いでいくスタイルで、自分はボランチという位置で、一役買っているところもあります」 「神戸もうまくできていないところもたくさんあり、もっとそういった部分をやっていかなくてはいけないなと思います。セレッソ大阪にいた時は、そういうプレーをあまりしていなかったなと自分の感覚でもあります。セレッソでのプレーをみせて呼ばれたということはないと思います」 ──世界的なプレーヤーと一緒にやってみて違ったものが見られたりするか 「違ったものが見れるというレベルの選手ではないです。明らかに今までいた選手たちと全然違いますし、自分たちが貰う刺激もあります。日頃のプレー1つ1つから驚かされることばかりです」 「そういった選手たちと常日頃から出来るというのは、すごくプラスでもありますし、自分としては迷った決断でしたけど、今はこういって代表にも呼んで貰えましたし、すごくいい決断だったと思います」 2019.03.19 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルディ弾にサンペールデビューも神戸逃げ切れず…鄭大世土壇場弾で清水とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節のヴィッセル神戸vs清水エスパルスが、17日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節ベガルタ仙台に3-1で勝利した連勝中の神戸が、前節北海道コンサドーレ札幌に2-5で大敗して開幕未勝利、連敗中の清水をホームに迎えた一戦。 神戸は、0-0で引き分けたミッドウィークのルヴァンカップ・グループC第2節セレッソ大阪戦からGK前川以外のスタメンを全員変更。ディフェンスラインに西、大崎、ダンクレー、初瀬、中盤にポドルスキ、山口、イニエスタ、三田、古橋、前線にビジャを起用した。 対する清水は、1-0で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループD第2節ジュビロ磐田戦からGK六反、滝以外のスタメン9名を入れ替え。ディフェンスラインに飯田、立田、ファン・ソッコ、松原、中盤に金子、河井、竹内、中村、前線に滝、北川を送り出した。 神戸が積極的な入りを見せる中、清水は冷静に陣形を乱さずに対応。キックオフ直後にはビジャが単身ドリブルでボックス左に侵攻していくが、人数をかけた守備を剥がすことが出来ない。イニエスタが頻繁に低い位置まで下がり前線とディフェンスラインを繋ぐが、危険なゾーンまで迫ることが出来ない。 神戸が思う様にチャンスを作り出すことが出来ずにいると、前線からの激しいプレスを続ける清水が幾度か神戸ゴールを脅かす。30分には飯田の右サイド深い位置からのクロスに、北川がダイビングヘッドで合わせる。これはGK前川にセーブされたものの、清水にとって良い時間が続く。 その後も、神戸がボールをキープするが、ショートカウンターを狙う清水の方が多くの好機を得るという構図で試合は進行。それでも、GK前川が随所で好セーブを披露し、0-0のスコアで折り返しを迎える。 それでも、後半開始早々に元スペイン代表のキーマンがテクニックを見せる。49分、ボックス左でボールを持ったイニエスタが、圧倒的なテクニックで深い位置まで侵攻し、GK六反まで引き付けて中央に折り返す。すると、一度清水DFに当たったものの、こぼれたボールを拾ったボックス内中央のポドルスキが左足を振り抜きネットを揺らした。 反撃に出る清水は、61分に飯田に代えてエウシーニョを投入。フレッシュな選手を送り出し、ギアを上げ直す。すると、徐々に攻め込む回数を増やしセットプレーを得ていくが、なかなか決定機に繋がらない。73分には金子に代えて石毛を、76分には滝に代えて鄭大世を起用し、3枚のカード全てを使い切る。 一方の神戸は、80分に最初の選手交代を敢行。古橋に代えて、バルセロナから加入したばかりのサンペールをデビューさせる。サンペールはアンカーのポジションに入った。 その後、神戸はイニエスタやサンペールを中心にボールを回し時計の針を進めていくが、88分に清水がスコアを動かす。神戸DFのクリアがやや中途半端となりボックス内右の鄭大世までボールが渡ると、鄭大世は迷わず左足を振り抜く。巻くようにして放ったシュートでファーのネットを揺らし、土壇場で試合を振り出しに戻した。 結局、試合は1-1のスコアで終了。この結果、神戸の連勝がストップすることに。対する清水は、連敗こそ止めたものの未勝利を継続することとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★ポルディが今季初ゴールで四股パフォ! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=s3gv4auy7qok1e9moxiwt9f0e" async></script> </div> 2019.03.17 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、フットボール業引退の恩師ファン・ハールへ…「チャンスを与えてくれてありがとう」

ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、 フットボール業引退を決断したオランダ人指揮官のルイス・ファン・ハール氏(67)に感謝を伝えた。 1991年にアヤックスで監督キャリアをスタートさせたファン・ハール氏は、バルセロナとオランダの指揮官を2度ずつ務め、バイエルンやAZ、マンチェスター・ユナイテッドで指揮。バルセロナ時代にはリーガエスパニョーラ連覇に加えて、コパ・デル・レイ、UEFAスーパーカップ優勝を成し遂げた。 また、カンテラからMFアンドレス・イニエスタ、元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(現・アルサッド)、元スペイン代表GKビクトール・バルデス氏らをトップチームに抜擢するなど、現在のバルセロナのベースとなる選手たちを発掘した。 そんなファン・ハール氏は12日、オランダTV番組『VTBL』でフットボール業引退を発表。同氏に見いだされた一人であるアンドレス・イニエスタは、恩師の引退にインスタグラム(andresiniesta8)を更新。練習での2ショットと共に感謝を告げた。 「僕にチャンスを与えてくれてありがとう。ミスター! あなたの幸運を祈っています」 2019.03.15 10:15 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース