【J1開幕直前クラブガイド】昨季長期離脱者がカギ! 名波イズム浸透で“再躍進”を《ジュビロ磐田》2019.02.13 18:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第11弾はジュビロ磐田を紹介。◆補強乏しくも再躍進の可能性アリ《ひと桁順位》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
2017年の6位躍進から一転、2018シーズンは降格の危機に瀕した磐田。開幕前に「トップ5入り」を目標に掲げたが、シーズン序盤にMFアダイウトンとMFムサエフがケガによる長期離脱を余儀なくされ、MF中村俊輔もフル稼働できず、チームバランスを崩した。

さらには、DFギレルメが試合中の暴力行為で退団するなど、チームとして様々な壁に直面。夏には川崎フロンターレからFW大久保嘉人を獲得するも、持ち前の得点力は発揮できず、最終節に得失点差で16位に転落する悲劇に見舞われた。東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦を辛くも制してJ1残留を決めたが、あわやJ2降格という苦しいシーズンを送った。

名波浩体制6年目を迎える今シーズンは、チームの立て直しが求められる中、オフシーズンの動きは極めて少なかった。主力の退団はMF松浦拓弥(→横浜FC)のみに抑えた一方で、獲得したのは期限付き移籍から復帰したDF石田崚真(←ツエーゲン金沢)を含めてわずか4名。川崎フロンターレから加入したMF森谷賢太郎は昨シーズン控えに甘んじ、モンテディオ山形から加入したFW中山仁斗はJ1初挑戦。シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)から加入したFWロドリゲスもJリーグ初挑戦と未知数な部分が多く、どちらに転ぶか分からない補強に終わった。

それでも、ロドリゲスと中山が練習試合で結果を残すなど、明るい話題も聞こえてくる。屈強なフィジカルと推進力が武器のロドリゲスと、高い身体能力を持つ中山がフィットすれば、昨シーズンは35得点とリーグ2番目に少ない得点力の改善につながる可能性はある。

一方で、挽回を図るチームとしては、乏しい補強となったが、昨シーズン長期離脱で苦しんだ主力選手たちが復帰することを考えれば、必要以上にネガティブになることはないだろう。負傷離脱によって戦力はダウンしたものの、MF上原力也やMF荒木大吾、FW小川航基ら若手が一定の経験を積んだ。また、MF田口泰士を筆頭にDF新里亮やFW大久保嘉人らも奮闘。名波サッカーを知る昨シーズン稼動できなかった選手たちの復帰が、大きな補強とも言える。今後を見据えても、「競争」と「成長」の両軸でシーズンを進められるかが、チームの結果を左右することになるだろう。

◆補強動向《D》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS
【IN】
DF石田崚真(22)←ツエーゲン金沢/復帰
MF森谷賢太郎(30)←川崎フロンターレ/完全
FW中山仁斗(27)←モンテディオ山形/完全
FWロドリゲス(23)←シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)/完全

【OUT】
GK牲川歩見(24)→アスルクラロ沼津/完全
MF松浦拓弥(30)→横浜FC/完全
MF伊藤洋輝(19)→名古屋グランパス/期限付き

◆超WS編集部イチオシ選手
MFアダイウトン(28)
(C)CWS Brains,LTD.
今シーズンの注目は、アダイウトンだ。2017年に8ゴールを記録したブラジル人アタッカーは、スピードとパワフルなドリブルを武器に脅威を与え続け、チームの躍進に貢献した。

しかし、昨シーズンは第4節のサンフレッチェ広島戦で右ヒザ前十字じん帯断裂及び半月板損傷の重傷を負ったことで、その後のシーズンを棒に。チームも不振に陥り、悔しい思いをした。

降格危機が迫ったJ1参入プレーオフ決定戦の東京ヴェルディ戦で復帰すると、万全なコンディションではなかったといえ、必要性を感じるパフォーマンスを見せた。今シーズン、アダイウトンの活躍は挽回を図る磐田にとって欠かせないピースであり、自身の復活でチームを上に引き上げられるか注目だ。

◆注目の東京五輪世代!
DF大南拓磨(21)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
J1参入プレーオフ決定戦の東京V戦でPKを獲得し、自らゴールを奪ってチームを残留に導いた小川航基も注目だが、昨シーズン終盤に磐田の後方を支えた大南を推したい。

2016年から磐田でプレーする大南は昨シーズン、明治安田生命J1リーグ第4節の広島戦でリーグ戦初出場。その後リーグ戦からは遠ざかったものの、シーズン終盤は4試合連続先発でフル出場を果たすと、J1参入プレーオフ決定戦でもピッチに立ち、プレッシャーのかかる舞台も経験した。

U-21日本代表ではドバイカップU-23に出場したが、まだその地位は確立されていない。クラブではDF大井健太郎やDF高橋祥平に加え、長期離脱から復帰したDF新里亮ら実力者が存在するが、昨シーズンの経験を生かし、この牙城を崩すことができれば、U-21日本代表の主力にも割って入ることができるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

トーレス負傷交代、1人退場もホームデビューのクエンカAT弾で鳥栖が磐田を下し今季リーグ戦初ゴール&初勝利!《J1》

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利を収めた。 開幕から3試合で無得点、3連敗の最下位・鳥栖と、2分け1敗でこちらも勝利がない15位の磐田の対戦。ともに初勝利を目指した激しい戦いとなった。 ホームの鳥栖は2名変更。前節から高橋秀人、趙東建に替えて、福田晃斗、原川力が先発出場。高橋は出場停止により欠場となっている。 一方の磐田は4選手を変更。前節からムサエフ、小川大貴、ロドリゲス、大南拓磨に替えて、上原力也、高橋祥平、櫻内渚、田口泰士が先発。大南は出場停止、田口は今シーズン初出場となっている。 試合はホームの鳥栖が先にチャンスを迎える。2分、左サイドを原川が抜け出すとボックス内に侵入。中央の金崎に折り返すも、GKカミンスキーが先に触れてシュートは打てない。 4分には右サイドを仕掛けると、原川のパスをボックス内右から金崎がシュート。これは枠を外れるが、CKとなる。 9分、磐田は右サイドで得たFKからクロス。これはGK大久保がパンチングでクリアするも、ボックス外でアダイウトンがバイシクルシュート。しかし、これは枠を外れる。19分にもアダイウトン。左サイドからドリブルでカットインすると右足でシュート。しかし、シュートは大きく枠を外れてしまう。 鳥栖は21分にトーレスが魅せる。ロングボールを競り合うと、ボックス手間中央でフェイントから相手DFをかわしてシュート。ゴール左にシュートは飛ぶが、GKカミンスキーが横っ飛びでセーブする。 25分には鳥栖が決定機。パス回しで時間を使うと、ボックス手前左でパスを受けた原川がミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。 26分にも原川。相手陣内でボールを奪うと、右サイドを仕掛けた金崎がクロスを送ると、原川がボックス内でダイレクトボレー。しかし、これは右に外れる。 その後は互いに相手ゴールに攻め込むシーンも見られるが、決定的なシュートは打てず。守備が効いている鳥栖のペースで進んだ前半は、ゴールレスで終える。 後半は立ち上がりから互いに攻勢に出る展開に。しかし、鳥栖は51分にアクシデント。味方のパスを受けようと動き出したトーレスが右太もも裏に違和感を訴え交代を要求。豊田が代わって出場した。 その鳥栖は55分、ショートコーナーから原川が右サイドから侵入。グラウンダーのクロスを送るも、DFがクリア。56分には右CKからのクロスに高橋祐がヘディングで合わせるも、GKカミンスキーとの接触を取られファウルとなる。 すると61分、大久保に激しくチャージに行った高橋祐にイエローカードが提示。これがこの試合2枚目となり、前節に続き鳥栖は退場者を出すことになる。 1人少ない鳥栖は65分、松岡に代えてカルロ・ブルシッチを投入。ブルシッチはセンターバックの位置に入った。 磐田は79分に大久保に代えて中村俊輔を投入。鳥栖は81分に金崎に代えてイサック・クエンカを投入し、攻撃陣を入れ替える。 すると磐田は82分にチャンス。左サイドを上がったエレンがボックス内左からクロス。しかし、誰も触れず、磐田もゴールが遠い。 終盤でもゴールを目指す両チーム。磐田は91分、荒木がやや離れた位置から左足で強烈なミドルシュート。しかし、これは枠の上を越えていく。 すると92分、クエンカが試合を動かす。ハーフウェイライン付近でボールを受けたクエンカは、巧みな技を見せてパス。高橋義が左サイドで受けると、裏に抜ける原川へ浮き球のパスを出す。フリーの原川はボックス左から丁寧にクロスをあげると、猛然と走り込んだクエンカがヘッド。これがネットを揺らし、鳥栖が先制する。 残り時間がわずかの中、磐田も猛攻。しかし、最後まで守り切った鳥栖がクエンカのゴールで勝利を収めた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★クエンカの初ゴールが決勝弾! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=11q57jr8vmr9e14njl418xymww" async></script> </div> 2019.03.17 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

初先発の後藤が期待に応える1G1A! 大分、大南退場の磐田撃破で今季2勝目《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節のジュビロ磐田vs大分トリニータが9日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、2-1で大分が勝利した。 2連続ドローで16位に位置する磐田(勝ち点2)と、1勝1敗で7位につける大分(勝ち点4)の一戦。今シーズン初勝利を目指す磐田は、ゴールレスドローで終わった前節のサンフレッチェ広島戦から先発メンバーを2人変更した。高橋と上原に代えて小川とムサエフを起用した。古巣対決の松本は、右サイドバックに入った。 一方、同じ昇格組である松本山雅FCに0-1で敗れた大分は、同試合から先発メンバーを1人のみ変更。伊藤に代えて後藤を起用した。 J2で激突した2015年以来の対戦となった同カード。序盤はホームの磐田が大分を押し込む。3分、敵陣中央左でボールを持った大久保が山田とのパス交換からミドルシュート。しかし、ここは川崎F時代の同僚GK高木に軍配が上がる。さらに8分、右サイド敵陣深い位置から松本がクロス。GKの前で川又が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 立ち上がりを経過し、徐々に大分が反撃。すると13分、カウンターから松本のパスに反応した後藤が右サイドを抜け出して深い位置から右足クロス。これをニアサイドに走り込んでいた藤本が右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 先制点を奪った大分は完全にペースを引き寄せる。28分には連動したパスワークから左サイドから高山がクロス。ファーサイドから走り込んだ後藤が左足を合わせたが、これはゴール左へと外れる。 反撃に出たい磐田だったが30分、大分の後藤のスルーパスで藤本に最終ラインを突破されると、大南がたまらずファウル。決定機阻止で一発レッドが提示され、磐田は1人少ない状況を強いられてしまう。この状況に名波監督は、ロドリゲスを下げて櫻内を投入して対応を図る。 嫌な雰囲気が漂う磐田。しかし41分、ボックス内まで顔を出したムサエフのパスを川又がシュートを放つ。これは相手DFに当たったが、ゴール前左に高く飛んだこぼれ球をアダイウトンがオーバーヘッドでゴール右へと蹴り込んだ。数的不利の状況ながら磐田が1-1の同点に追いつく。 リードを守り切れなかった大分。しかし、後半開始から攻勢を強めると、リーグ初先発の男が監督の期待に応える。55分、左サイドでボールを受けた福森が左足でアーリークロスを供給。これを巧みな動き出しでフリーとなった後藤がファーサイドで右足をうまく合わせてゴールネットを揺らした。大分が2-1で勝ち越しに成功する。 勝ち越しを許した磐田は62分、大久保に代えて中野を投入し、攻撃の活性化を図る。しかし、数的不利や大分の組織的な守備に苦戦してシュートまで結びつけず。攻撃も単調となってしまう。 その後、スコアは動かず試合は終盤に。トドメを刺したい大分は88分、左サイドの攻撃から最後は前田のパスを受けた後藤が左足を振り抜いたが、GKカミンスキーの正面。それでも1点のリードを最後まで守り切って試合終了。大分が2勝目を挙げた。 2019.03.09 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田FWモルベッキが退団 昨夏から期限付きで相模原に

ジュビロ磐田は5日、ブラジル人FWモルベッキ(21)の契約満了に伴う退団を発表した。 モルベッキはヴィトーリアでプロキャリアをスタートさせ、2017年にロアッソ熊本入り。昨年から磐田に加わったが、シーズン途中にSC相模原に期限付き移籍した。 2019.03.05 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

広島vs磐田は決定機乏しくゴールレスドロー…両クラブ共に2戦連続ドローで初勝利お預け《J1》

明治安田生命J1リーグのサンフレッチェ広島vsジュビロ磐田が3月1日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-0の引き分けに終わった。 開幕節の清水エスパルス戦を1-1で終えた広島が、同じく開幕節の松本山雅FC戦を1-1で終えた磐田をホームに迎えた一戦。広島は、前節からスタメンを1名のみ変更し、渡に代えてパトリックを起用した。対する磐田は、前節からスタメンを2名変更。大井、中村に代えて、新里、川又を起用した。 試合の立ち上がり、右サイドのロドリゲスを起点として攻め込む磐田がボールを保持するが、しっかりと陣形をセットする広島がシュートまで持ち込ませない。サイドにボールが集まる中で川又が繰り返し動き直して中央でターゲットになろうと試みるが、広島はそこにもパスを通させない。 お互いに決定機を欠く展開の中、22分に野津田がボックス手前中央から左足を振り抜く。しかし、これは枠を捉えることが出来ず。試合の均衡を崩すには至らないが、広島は徐々に磐田陣内に攻め込む回数を増加させていく。 前半終盤には盛り返し始めた磐田の攻撃陣がやや遠い位置からでも積極的にミドルシュートを放っていくが、GK大迫の牙城を崩せない。38分にボックス手前右のアダイウトンが繰り出した強烈な無回転シュートも弾き出された。 0-0のスコアで折り返して迎えた後半も、前半の展開から大きく変わらずに試合は推移していく。広島はパトリックに、磐田は川又にボールを当てつつ素早い攻撃を志すが、両1トップに付く激しいマークがそれをやらせない。 52分、広島が右CKを獲得し、キッカーの柴崎がボックス内にクロスを蹴り込む。中央のパトリックがミートできずボールがファーに流れると、反応したのはサロモンソン。しかし、体制を崩しながら豪快に放った右足のボレーシュートは、枠を右に外れていく。 やや受けに回る時間となっている磐田は、60分にカウンタ―を発動させてアダイウトンがボックス右まで侵攻する。そのまま右足で放ったシュートはGK大迫に阻まれたが、久々のビッグチャンスとなった。 その後、広島が61分に野津田に代えてドウグラス・ヴィエイラを、74分に柴崎に代えて東を投入すれば、磐田は69分にロドリゲスに代えて荒木を起用。お互いに疲れの見える選手を下げ、攻撃のテコ入れを図る。 広島が最前線をドウグラス・ヴィエイラとパトリックの2トップに変更すると、磐田はFW大久保に代えてDF石田を投入。ディフェンスラインを3バックに変更して攻守に変化を付けていく。 交代カードを切りつつ打開策を探る両クラブだが、やや大味な展開となっている試合の中で決定的なシーンを作り出すことが出来ない。 結局、試合はお互いに守備の堅さを発揮する形で0-0のまま終了の笛を迎えることに。この結果、両クラブ共に2試合連続ドローで今シーズン初勝利を手にすることは叶わなかった。 2019.03.01 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田、U-18所属の4選手を2種登録!

ジュビロ磐田は1日、U-18に所属する4選手をトップチームに2種登録したことを発表した。 今回、2種登録したのは、FW三木直土(17)、GK杉本光希(17)、MF清田奈央弥(17)、DF鈴木海音(16)。三木は、FC.Avenidasol U15から磐田U-18に入団。杉本は、山の下中学校から磐田U-18に入団。清田は、横浜F・マリノスジュニアユースから磐田U-18に入団。鈴木は、U-15時代から磐田の下部組織に在籍している。 なお、4選手は本日1日(金)に開催される明治安田生命J1リーグ第2節のサンフレッチェ広島戦には出場できない。 2019.03.01 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース