シティ戦大敗後のアザールに涙…奮起か失望か2019.02.12 16:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ戦で0-6という屈辱的なスコアで敗れたチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、目に涙を溜めていたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。敵地エティハド・スタジアムで行われたシティとの大一番。チェルシーにとってはチャンピオンズリーグ出場圏内を維持するためにも負けられない試合だったが、開始4分に失点すると、25分間であっという間に4失点。結局、チェルシーは一矢報いることもできないまま0-6というショッキングな敗れ方をしてしまった。

試合終了のホイッスルが鳴り、選手たちがピッチから引き上げる中、1台のカメラが目に涙を溜めているアザールの姿を映した。終始劣勢の中でも個人で打開を試みたアザールにとって、この敗戦は悔しすぎたのだろう。それとも、不甲斐ないチームに嫌気が差したのだろうか。

『メトロ』は、先日にアザールがフランス『RMC』に対し自身の今後のキャリアについて「決断した」と語ったことを引き合いに出し、以前からマドリーへの憧れを明らかにしていた同選手の「出口」はさらに近づいたと主張。

いずれにせよ、この敗戦がアザールの心境に何らかの変化を与えたのは間違いない。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、サッリ続投はCL権次第か

イギリス『タイムズ』がチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)の続投条件を報じた。 今シーズンからチェルシーの指揮を執るサッリ監督。レギュラーの固定化や、ナポリ時代の秘蔵っ子であるイタリア代表MFジョルジーニョを軸にしたポゼッションスタイルでシーズン開幕から勝ち点を積み重ねた。だが、シーズンが進むに連れて失速。10日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティを相手に0-6の大惨敗劇を演じてしまい、進退問題がより加熱している。 そのサッリ監督の去就を巡っては、今月2月の残る試合結果次第とも囁かれているが、チェルシーは今シーズンいっぱいの猶予を授ける意向。サッリ体制の存続は来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にかかっており、それが叶わなければ解任されるという。 なお、チェルシーは現在、プレミアリーグ15勝5分け6敗の6位。CL出場権の獲得条件はプレミアリーグ4位以内に入るか、ヨーロッパリーグ優勝の2択となる。 2019.02.16 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

6発被弾からの立ち直り…チェルシー主将は勝利に安堵「良いスタートを切れた」

チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタは、難しい敗戦の後の勝利を喜んでいるようだ。<br><br>チェルシーは14日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでマルメと対戦。先週末、マンチェスター・シティに0-6と大敗を喫していたが、敵地での一戦で2-1と勝利し、悪夢を振り払った。主将としてフル出場を果たしたアスピリクエタはその重要性をこのように語る。<br><br>「日曜日はタフな敗戦だったが、ノックアウトステージで良いスタートを切ることができた。もっと良い結果にすることもできたと思うけどもね」<br><br>さらに、試合内容についても言及しながら、先を見据えた。<br><br>「後半はより支配できて、多くのチャンスがあった。失点を許したのは腹立たしいね。このトーナメントはとても重要だ。トロフィーのため、そしてトップ4のために戦う。それに来週にはリーグカップの決勝もある。すべてのトロフィーが重要だよ」<br><br>提供:goal.com 2019.02.15 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ジルーのEL4戦連発弾でマルメに競り勝ち敵地で先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、マルメvsチェルシーが14日に行われ、アウェイのチェルシーが2-1で先勝した。 優勝候補筆頭となるチェルシーはグループLを5勝1分けの無敗で首位通過。今回のラウンドではグループIを2位通過したスウェーデンの名門マルメと対戦。直近のプレミアリーグでマンチェスター・シティに0-6の惨敗を喫したチームは、今週末にマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップを控える中で先発5人を変更。リュディガー、マルコス・アロンソに代えてクリステンセン、エメルソン・パルミエリ、カンテ、アザール、イグアインに代えてコバチッチ、ウィリアン、ジルーを起用した。 立ち上がりは前から激しく圧力をかけるホームチーム相手に受け身の入りを強いられたチェルシー。しかし、時間の経過と共にボールの主導権を握り、いつも通りのショートパスを主体とした攻めで相手を押し込んでいく。 最前線のジルーがフィードに抜け出して何度かチャンスに絡んだものの、やや攻撃が停滞するチェルシーだったが、30分に先制点を奪う。ボックス手前右でパスを受けたペドロが狙いすました低いクロスを入れる。これをジャンピングボレーでクリアを試みたDFが触れずにボックス中央でフリーのバークリーに渡ると、ややコントロールをもたつきながらも相手守備陣に寄せられる前に右足で流し込んだ。 この試合最初の決定機をモノにしたチェルシーだったが、試合をコントロールし切れない。相手の縦に速い攻撃に手を焼くと、40分付近には連続で与えたCKからベングションやロセンベリにフィニッシュまで持ち込まれるが、何とか身体を張ったシュートブロックで凌いだ。 迎えた後半も相手の攻勢に手を焼くチェルシーだったが、55分にセットプレーの流れで与えたトラウスタソンの決定的な枠内シュートはDFダビド・ルイスが身体を張ったクリアで防ぐ。 すると、直後の58分にはカウンターから中央を持ち上がったバークリーからパスを受けたウィリアンがボックス左からグラウンダーのクロス。これを中央に走り込んだジルーが技ありのヒールシュートで合わせ、自身EL4試合連続ゴールとした。 この2点目でようやく落ち着きが出てきたチェルシーは70分を過ぎてウィリアン、ジョルジーニョを下げてアザール、カンテを続けて投入する。だが、80分にはDFクリステンセンのやや軽い対応からロセンベリに簡単にスルーパスを許すと、これに抜け出したクリスティアンセンにEL初ゴールを決められてしまい、点差を縮められる。 それでも、この失点で気を引き締めたアウェイチームは同点ゴールを許すことなく試合をクローズ。相手に逆転の希望を与えたものの敵地で先勝のチェルシーは来週行われるホームでの2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にした。 2019.02.15 07:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ヨビッチ争奪戦にチェルシーも参戦! 55億円のオファーを提示か

チェルシーが、ベンフィカからフランクフルトにレンタル移籍しているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)に3900万ポンド(約55億円)のオファーを出したようだ。イギリス『メトロ』がドイツ『ビルト』のレポートをもとに伝えている。 セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降はフランクフルトに武者修行に出ている。昨シーズンはリーグ戦22試合で8ゴールという成績だったが、今シーズンはここまでブンデス19試合に出場し14ゴール4アシストとブレイク中だ。 将来有望のニュー・セルビアンスターを巡っては、多くのビッグクラブからの関心が報じられているが、先日にバルセロナが個人間合意に至ったという報道がドイツから届いた。 だが、まだまだバイエルンやレアル・マドリーも手を引かない状況の中、今回はチェルシーが3900万ポンドでオファーを出したという具体的な情報が舞い込んだ。今冬の移籍市場でFWゴンサロ・イグアインを買い取りオプション付きレンタルで獲得したブルーズだが、今季で契約が満了を迎えるFWオリヴィエ・ジルーの後釜として、ヨビッチに白羽の矢を立てたようだ。 なお、ビッグクラブからの注目を集めるヨビッチは、現状ではフランクフルトが買い取り権を持っていると伝えられている。 2019.02.14 16:06 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ジダン招へい目指す! アザール慰留にもプラス?

チェルシーが、ジネディーヌ・ジダン氏(46)の招へいを目指しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 プレミアリーグ第26節終了時点で6位に沈んでいるチェルシー。開幕当初に議論されていた優勝争いに交じることは出来ず、チャンピオンズリーグ(CL)出場権どころかヨーロッパリーグ(EL)出場権さえ確保できるか定かではない状況に立たされている。 また、第25節ハダースフィールド戦こそ5-0で快勝したものの、その前の第24節ボーンマス戦では0-4とショッキングな敗北を喫し、直近の第26節マンチェスター・シティ戦では0-6の歴史的大敗を味わった。当然ながらマウリツィオ・サッリ現指揮官の解任が囁かれており、後任としてはアシスタントマネージャーのジャンフランコ・ゾラ氏が有力と伝えられている。 しかし、『メトロ』によればチェルシーはNo.1ターゲットとしてジダン氏に照準。同監督はレアル・マドリー時代に指揮2年半でCL3連覇という伝説的な偉業を成し遂げたが、昨年夏の退任以降フリーとなっている。 チェルシーは、ジダン氏の招へいによりマドリー移籍が濃厚とみられるFWエデン・アザールの慰留にも、ポジティブな影響をもたらすと思案しているとのこと。同選手はマドリー指揮官時代からジダン氏への憧れを語っており、その発言が物議を醸すこともあったほどだ。 2019.02.13 11:35 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース