横浜FM退団のMF中町公祐が別れの挨拶…「アフリカからマリノスの成功を強く祈っています! 」2019.02.12 15:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスは12日、2018シーズン限りで退団したMF中町公祐(33)がゼスコ・ユナイテッドFC(ザンビア)に加入したことを発表した。慶應義塾大学出身の中町は2004年に湘南ベルマーレでプロキャリアをスタート後、アビスパ福岡を経て、2012年に横浜F・マリノス入り。Jリーグ通算284試合27得点を誇り、2018年は明治安田生命J1リーグ16試合1得点だった。

また、両者合意の下、2019シーズンの契約を更新をしないことが発表されていた中町は、横浜FMの発表に先駆けて2日に自身インスタグラム(kosuke.machi)上でゼスコ・ユナイテッドFC移籍決定を報告。また、8日には同クラブからの正式なアナウンスが流されていた。

中町は、横浜FMのクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆MF中町公祐
「この度、ザンビアのZESCO UNITED FCに移籍が決まりました。最後の最後、移籍ウインドウが閉まるギリギリまでマリノスのスタッフに尽力して頂きました。アフリカ、ザンビアの地で己と向き合い、人間を磨き、大きくなって皆様にまたお会い出来たらと思います。7年間の感謝と共に、アフリカからマリノスの成功を強く祈っています! 」
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMの新戦力SBティーラトン、適応誓う! “キッカー問題”にも言及

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 横浜F・マリノスは新戦力のDFティーラトンが出席。気になるケガの状態や自身のチーム内における役割、そして、MF天野純との“プレースキッカー問題”について語った。 ◆DFティーラトン(横浜F・マリノス) ──アジアカップから間もないキャンプ参加だが、疲れは? 「去年のリーグ戦終了後、1週間ぐらい休み、代表に合流しました。その代表活動が終わってから、少し休みを取って宮崎のキャンプに入ったが、正直、去年の疲れがまだ溜まっていて、コンディションが良くない中でのキャンプでした」 「できるだけ早く監督にアピールしてスタメンを勝ち取りたかったので、調整の期間を設けませんでした。それがキャンプでのケガに繋がってしまいました」 ──今年は神戸から加入初年度。対戦相手だった横浜FMの印象は? 「何度か対戦してみて、マリノスというチームはボールポゼッションやパス回し、攻撃的なサッカーをやっているので、怖さを感じていました」 「Jリーグの中でも、神戸だけじゃなく、マリノスもかなり手ごわいチームだと思っていました」 ──左サイドバックは肝になりそうなエリアだが、キャンプを通した手応えは? 「山中選手が抜けて僕が入りましたが、その穴埋めだと思っていません。マリノスに加入したのは僕の仕事があるから加入しました」 「山中選手も良い選手だと思うが、僕にもプレースタイルがある。そのスタイルとマリノスのスタイルを融合した良いサッカーをしていきたいです」 ──タイ代表で同僚のチャナティップに続きベストイレブンを獲得したいという気持ちは強いか 「正直、難しいと思います。僕のほかにも、Jリーグにも良い左サイドバックがたくさんいます。まずは個人の評価よりチームの評価が大事なので、勝ち続けて順位を上げていくことが僕の仕事だと思っています」 ──チームには自身と同じく左利きのプレースキッカーである天野がいる。FK時はキッカーをやりたいか 「マリノスには絶対的なキッカーである天野がいる。僕もそう思っています。天野が1stキッカーですが、『この角度は自信があるな』と思ったら、自らキッカーとして願い出ることがあるかもしれません」 2019.02.14 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM指揮官ポステコグルー、スタイルの破壊力向上を! 主力数名流失に「仕方ない」

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 このイベントには横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督も出席。今オフに主力数名に相次いだ流失に「去ってしまった選手はもう去ってしまった選手なので考えてもしょうがない」と語り、Jリーグ挑戦初年度で披露したアタッキングフットボールの継続とさらなる完成度の向上に意気込み、高みを目指した。 ◆アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス) ──指揮2年目。チームを率いる上で日本人選手の特長は把握できたか 「特に、難しいことはありません。簡単とか、難しいとかでもない。去年もスタートして、『どういうふうにやれば自分たちのプレーができるか』を考えました」 「この2年目はスタートも早かったので、去年からいる選手に関して、戦術の理解度もある。新しい選手も加わったが、特に難しいとか、慣れたとかはないです」 ──今オフは相次いで主力が抜けた。そこをカバーするプランは? 「もちろん、新加入選手に関してはすごく満足しています。去ってしまった選手はもう去ってしまった選手なので、もう考えてもしょうがないです」 「今年、加入してくれた選手がまた新たな力となり、私のスタイルを理解してくれると思ったので、獲得しました」 ──キャンプの手応えは? 「すごく良い準備ができました。開幕戦まで日がないが、そこに向けた準備において、良い2つのキャンプを過ごせました」 ──昨年は守備の課題を露呈した。今年も攻撃で守備をカバーするスタイルか 「攻撃でも守備でもバランス良く成長していかないといけないです。去年の失点に関しても、我々の守備が弱かったわけじゃない。自分たちのサッカーができなかったところでミスが起きて失点を重ねてしまったからです」 「そういう部分で、守備を固めないといけないというわけじゃなく、やはり攻撃をしながら守備もという感じで、同じようにバランス良く成長していきたいです。なので、特に攻撃と守備を分けて、やっているわけではありません」 ──今年もスタイルは揺るぎないということか 「去年が悪かったというわけではないです。去年、すごく良い部分も見せることができたので、今年はより出せるようにやっていくだけで、変えるところもないです。特に、得点をどんどん伸ばして、やっていきたいと思っています」 ──開幕戦の相手、G大阪の印象は? 「彼らもすごく良いチームですし、簡単な相手ではないです。ただ、ガンバだけじゃなく、どのチームに対しても、我々がどのようなプレーをやっていくかだと思っています。相手が誰だろうが、ホームだろうが、関係なく、我々のサッカーをやっていくだけです」 2019.02.14 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロンドン世代の比嘉祐介、29歳で現役引退 「サッカー3150(最高)!」

東京ヴェルディは14日、DF比嘉祐介(29)の現役引退を正式発表した。 沖縄県出身の比嘉は、2012年に流通経済大学から横浜F・マリノスに入団したロンドン・オリンピック世代。京都サンガF.C.やジェフユナイテッド千葉を渡り歩き、2018年に東京Vに活躍の場を移した。だが、その昨年は天皇杯1試合に出場したのみ。シーズン終了後に契約満了で退団した。 通算成績はJ1リーグ2試合、J2リーグ35試合1得点、Jリーグカップ10試合、天皇杯6試合。29歳の若さで現役生活に幕を下ろす比嘉はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「こんにちはヴェルディに関わる皆さん、1年間ありがとうございました!去年1年間、怪我をしてチームに迷惑ばかりかけて申し訳ありませんでした。自分のサッカー人生で1番苦しく、自分自身情けなく感じるシーズンでした。それでも、いつも声を掛けてくれるサポーターには感謝しかありません。『早く怪我を治してピッチに立って下さい』の一言がリハビリのモチベーションでした。たまらなかったです! そして、ご報告があります」 「2018年をもって現役を引退することを決めました!サッカーを始めてちょうど20年くらいですが、生活からサッカーが離れることはこの20年間なかったので不安もありますが、これからの第二の人生が長いので頑張って行きたいと思います。沖縄から出てきて色々な人に会えて、色々な所に行けて、とてもいい経験になりました。流通経済大学柏高校の本田裕一郎先生、流通経済大学の中野雄二先生、本当にありがとうございました。お世話になったスタッフの皆さんにも感謝しかないです!」 「自分はJリーガーなってからは、試合には全然出ることができませんでしたが、プロ生活7年間はすごく楽しかったし、良い思い出しかありません。プレーする場を与えてくれた横浜F・マリノス、京都サンガF.C.、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディで関わった皆さん、そしていつも応援してくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」 「今年からは自分もサポーターとして色々なスタジアムに行きたいと思っているので、スタジアムで見かけたら『GA-HI-』でも『比嘉さん』でもいいので、声を掛けてくれたら嬉しいです。サッカー3150(最高)!」 「あっ、しゅんさん(中村俊輔選手)いつ引退するか分からないですけど、絶対呼んでね! 応援しています!」 2019.02.14 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】諸刃の剣から真剣へ…真価問われるポステゴグルー体制2期目の幕開け《横浜F・マリノス》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第7弾は横浜F・マリノスを紹介。 <span style="font-weight:700;">◆主力流出も攻撃に磨きをかけて高みへ</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_fmarinos_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>昨季はアンジェ・ポステコグルー監督を招へいし、守備的サッカーから一転、超攻撃的スタイルへの変更に踏み切った横浜FM。慣れ親しんだ堅守速攻を捨て、オーストラリア人指揮官に手を引かれ新境地に足を踏み入れたが、そうは問屋が卸さなかった。未知なるスタイルを前に、トリコロールの戦士たちは右往左往。攻撃の歯車が噛み合った時の爆発力は見応え十分だったものの、その分守備が疎かになり、自慢の堅守は見る影もなかった。 結局、優勝争いを目標にしていた横浜FMは12位という失意の順位に。それでもポステコグルー監督続投を決断。今年こそ攻撃スタイルの確立を目指す。 しかし、今回の補強は成功だったとは言い難い。ポステコグルー監督の寵児だったDF山中亮輔が浦和レッズに引き抜かれ、昨季リーグ戦チーム最多の13得点を挙げたFWウーゴ・ヴィエイラが退団。また、キャリアハイの公式戦17得点を記録したFW伊藤翔も鹿島アントラーズに移籍し、攻撃面で重要な役割を担っていた選手たちが一気に流出。さらに、2002年の加入以降、長きにわたりキャプテンとしてトリコロールを後ろから支えてきたDF中澤佑二が40歳にして引退を決め、チームは精神的支柱を失ってしまった。 そうした中で、新戦力として昨季ヴィッセル神戸でプレーしたDFティーラトンや、浦和FW李忠成を補強。だが、ティーラトンは昨年日本代表に選ばれた山中と比べると見劣りすることは否めないし、実績のある李忠成も33歳という年齢を考えるとフル稼働は見込めない。その他、FWマルコス・ジュニオールとFWエジガル・ジュニオという2人のブラジル人アタッカーを獲得したが、あまりにも未知数で計算に入れられないというのが現実だ。 こうなるとカギを握るのはポステコグルー監督の手腕だ。就任2年目で昨年よりもどこまで自身のスタイルを実現できるか。それは、経験のあるMF扇原貴宏やMF喜田拓也に、今季から背番号10を身に纏うMF天野純に懸かっている。昨季終盤に堅守を見せた守備陣も然り、指揮官の要求にどこまで応えられるかが、今季の順位に繋がることになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《C》<span style="font-size:0.8em;">※最低E〜最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_fmarinos_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 GKパク・イルギュ(29)←FC琉球/完全 DF広瀬陸斗(23)←徳島ヴォルティス/完全 DF高野遼(24)←ヴァンフォーレ甲府/復帰 DFティーラトン(28)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き MF椿直起(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF三好康児(21)←川崎フロンターレ/期限付き FW山谷侑士(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 FW李忠成(33)←浦和レッズ/完全 FWマルコス・ジュニオール(25)←フルミネンセ(ブラジル)/完全 FWエジガル・ジュニオ(27)←バイーア(ブラジル)/期限付き 【OUT】 GK鈴木彩貴(31)→V・ファーレン長崎/完全 DF中澤佑二(40)→引退 DF下平匠(30)→ジェフユナイテッド千葉/完全 DF生駒仁(19)→ギラヴァンツ北九州/期限付き DF西山大雅(19)→ラインメール青森FC(JFL)/期限付き DF山中亮輔(25)→浦和レッズ/完全 MFオリヴィエ・ブマル(29)→未定 MF堀研太(19)→ブラウブリッツ秋田/期限付き MF吉尾海夏(20)→ベガルタ仙台/期限付き MF中町公祐(33)→ゼスコ・ユナイテッドFC(ザンビア)/完全 FW和田昌士(21)→ブラウブリッツ秋田/期限付き FWウーゴ・ヴィエイラ(30)→シヴァスシュポル(トルコ)/完全 FW富樫敬真(25)→FC町田ゼルビア/完全 FW伊藤翔(30)→鹿島アントラーズ/完全 FW町野修斗(19)→ギラヴァンツ北九州/期限付き FW久保建英(17)→FC東京/期限付き満了 FWユン・イルロク(26)→済州ユナイテッドFC(韓国)/期限付き <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MF天野純(27)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_fmarinos_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>注目は新しく背番号「10」を着けることになったMF天野純だ。昨季ポステゴグルー監督の下でリーグ戦全34試合に出場し5ゴール6アシストで攻撃の中心を担ったレフティは、昨年9月11日に日本代表デビューも果たした。ポステゴグルー体制2年目を迎える今季、中村俊輔や山瀬功治も背負った栄えある10番を受け継いだ27歳はどこまでチームを熟成できるか。象徴だった中澤佑二が去った横浜FMで新たなバックボーンに成長することも期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> MF三好康児(21)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_fmarinos_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>東京五輪世代で推したい選手は川崎フロンターレから期限付き加入したMF三好康児だ。すでに各世代の日本代表に選ばれ世界を知る21歳の若武者は、昨季はレンタル先の北海道コンサドーレ札幌でリーグ戦26試合に出場し3ゴール5アシストと上々の成果を出した。東京五輪で日本代表を指揮する森保一監督にも認められ、昨年にはU-21で7試合のうち2試合でキャプテンを務めた。持ち前の闘争心と攻撃センス、足元の確かな技術を武器に横浜FMでも活躍できれば、飛び級でサムライブルーに昇進することも夢ではない。 2019.02.11 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FM、新加入のタイ代表DFティーラトンが左内転筋損傷で開幕戦欠場か

横浜F・マリノスは9日、タイ代表DFティーラトンが左内転筋損傷と診断されたことを発表した。全治は3週間の見込み。 クラブの発表によると、ティーラトンは8日の練習中に負傷。 昨シーズンにムアントン・ユナイテッドからヴィッセル神戸に加入したティーラトン。明治安田生命J1リーグに28試合、天皇杯に3試合、YBCルヴァンカップに4試合出場したが、昨年12月に期限付き移籍期間の満了に。今シーズンから横浜FMに期限付き移籍で加入した。 また、先日まで行われていたアジアカップでは、タイ代表として出場。4試合にフル出場し、チームのグループステージ突破に貢献していた。 アンジェ・ポステコグルー体制2年目を迎える横浜FMは、23日にガンバ大阪との明治安田生命J1リーグ開幕戦を控えている。 2019.02.09 20:10 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース