シティ、大勝後にチェルシーに謝罪…なぜ?2019.02.12 14:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティとチェルシーによる歴史的一戦の後、シティがチェルシーに謝罪する一幕があったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。FWセルヒオ・アグエロのハットトリックやFWラヒーム・スターリングの2ゴールなどで、シティがチェルシー相手に6-0という歴史的大勝利を収めたこの試合。『スカイ・スポーツ』が取り上げたのは試合後の出来事だった。

試合終了のホイッスルが鳴り響いた後、エティハド・スタジアムにはマッドネスの『One Step Beyond』が流れ始めた。しかしこの曲、普段はチェルシーがホームで勝利した時に使われている曲で、スタッフが間違えて流してしまったという。

その後すぐに、本来のシティの勝利テーマであるジョイ・ディヴィジョンの『Love Will Tear Us Apart』に切り替わった模様だ。

シティはこれに関してチェルシーに公式に謝罪。チェルシーは選曲に驚きを示したものの、謝罪を受け入れたという。

シティの迅速な対応により大事にはならなかったものの、チェルシーファンにとっては、屈辱的な負け方をした後に自分たちの勝利曲を敵地で聞くハメになるとは思ってもいなかっただろう。皮肉と捉えられてもおかしくない。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ残留か、移籍か…ギュンドアンがキャリアの岐路に

マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(28)が将来に言及した。 今シーズンの公式戦で31試合5得点7アシストを記録しているギュンドアンの契約は残り18カ月。だが、ギュンドアン自身に新契約の締結に焦りはない。ドイツ『ビルト』で去就について、次のようにコメントした。 「1年間の契約を残した状態の選手が延長するか、クラブを去るかを決めることは今の時代、当たり前になりつつある。でも、僕は少し古人間。契約最終年に入って、延長することもあり得るよ」 「ひょっとしたら、(年齢的に)次は僕にとって、最後の大型契約になる。だから、しっかりと考えて、決めなくちゃいけない。もう幾つかのクラブから話をもらっているんだ」 「シティに対して、すごく満足しているよ。ヨーロッパを見渡しても、そんなに魅力的な仕事は多くない。だから、延長の妨げはないよ。でも、まだ何も決まっていない」 ギュンドアンは2016年夏、ドルトムントからシティに移籍。公式戦通算95試合16得点16アシストを誇り、プレミアリーグやEFLカップ、コミュニティ・シールドのタイトル獲得を経験している。 2019.02.15 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

シティの人格者コンパニ、賃金カット承諾で1年延長の可能性!

イギリス『デイリー・メール』は13日、マンチェスター・シティに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(32)の契約延長を報じた。 シティの歴史における強豪としての礎を語る上で欠かせない存在の1人であるコンパニ。近年はフィットネスの問題で十分に貢献できているわけではないが、博学ぶりや厚い人望から依然としてファンに愛され、チーム内外から高い信頼度を誇る。 そのコンパニの現行契約は今シーズンまで。長らく去就が不透明な状況だったが、シティ側は選手本人が賃金カットを受け入れて、1年の延長合意に至る自信を深めており、エティハド・スタジアムで12シーズン目を過ごす可能性が高まっているという。 渦中のコンパニは先日、「僕は光栄な立場にいて、クラブとすごく良い関係にある。「(契約に関して)急いで決断を下す必要はない。まだ試合があるからね。4つのトロフィーのためにプレーしている。そして、まだ有効な契約がある」と話している。 2019.02.14 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

U-19オランダ代表MFにビッグクラブが挙って興味 2週間前にPSVデビューの17歳

バルセロナが、PSVに所属するU-19オランダ代表MFモハメド・イハッターレン(17)に興味を示しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『スポルト』の情報をもとに伝えている。 モロッコ系オランダ人のイハッターレンは2010年からPSVの下部組織に所属し、各年代の育成チームでプレーを続けてきた。本職をアタッキングMFとし、広い視野で利き足の左足から繰り出される精度の高いパスで試合を構築。右ウイングからドリブルで仕掛けるプレーも得意としている。以前には、同胞のナイジェル・デ・ヨングやヴェスレイ・スナイデルも高く評価していた。 各世代のオランダ代表でプレー経験を持つが、PSVでは先月26日にトップチームデビューをしたばかり。今月12日に17歳の誕生日を迎えた逸材にマンチェスター・シティやチェルシー、バルセロナ、ミラノの2クラブが興味を示しており、激しい争奪戦が繰り広げられると予想されている。 2018年3月にプロ契約を結んだPSVとは2年間の契約を残しているが、ビッグクラブへの移籍は時間の問題かもしれない。 2019.02.12 22:06 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ戦大敗後のアザールに涙…奮起か失望か

10日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ戦で0-6という屈辱的なスコアで敗れたチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、目に涙を溜めていたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 敵地エティハド・スタジアムで行われたシティとの大一番。チェルシーにとってはチャンピオンズリーグ出場圏内を維持するためにも負けられない試合だったが、開始4分に失点すると、25分間であっという間に4失点。結局、チェルシーは一矢報いることもできないまま0-6というショッキングな敗れ方をしてしまった。 試合終了のホイッスルが鳴り、選手たちがピッチから引き上げる中、1台のカメラが目に涙を溜めているアザールの姿を映した。終始劣勢の中でも個人で打開を試みたアザールにとって、この敗戦は悔しすぎたのだろう。それとも、不甲斐ないチームに嫌気が差したのだろうか。 『メトロ』は、先日にアザールがフランス『RMC』に対し自身の今後のキャリアについて「決断した」と語ったことを引き合いに出し、以前からマドリーへの憧れを明らかにしていた同選手の「出口」はさらに近づいたと主張。 いずれにせよ、この敗戦がアザールの心境に何らかの変化を与えたのは間違いない。 2019.02.12 16:11 Tue
twitterfacebook
thumb

必要なのは時間とオーナーの信念…ペップ、サッリを擁護「私も1年目はとても苦労した」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督を擁護している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 10日、プレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティvsチェルシーがエティハド・スタジアムで行われた。注目を集めたビッグマッチだったが、試合はシティが25分間で4ゴールを奪う予想外の展開に。チェルシーを圧倒するシティは後半にも2ゴールを奪い、6-0と大勝。リーグ戦3連勝を飾った。 一方のチェルシーは、1991年のノッティング・フォレスト戦で喫した0-7に次ぐ屈辱的な大敗。順位も6位まで落とした。これにより、サッリ監督の進退についても問題が浮上している。 この件についてシティのグアルディオラ監督は、記者から『同情するか?』と質問され、以下のように答えた。 「もちろんだ。私は彼がしたいことが明確にわかる。こういうタイプの人間は、常にフットボールの進化に貢献する」 「彼らはスタンフォード・ブリッジで我々を倒した。昨シーズンは(サッリ監督率いる)ナポリ相手にもやられた。それらの試合で彼らは我々を上回っていた」 「多くの人はそれがどれほど難しいかを理解することができない。何度も言ってきたが、私も1年目はとても苦労した。素晴らしいプレーが出来ていた時期はあった。ただ、一貫することはできなかった」 「人々は『監督が来た。選手を獲得した。結果が出る』と期待するが、時間が必要なんだ。オーナーの信念もだ」 「私がマンチェスター・シティに行くことを決断した主な理由は、幹部やオーナーを説得する必要がなかったからだ。彼らは私のことを理解していた」 2019.02.11 19:00 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース