背番号は「7」、ヘンクの伊東純也が会見…指揮官の評価は「他の新加入選手よりも…」2019.02.12 11:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柏レイソルからベルギーのジュピラー・プロ・リーグに所属するヘンクへとレンタル移籍したMF伊東純也(25)が入団会見を行った。ベルギー『voetbalkrant』が伝えた。

日本代表の一員としてアジアカップに出場していた伊東は、柏から1年半のレンタル移籍でヘンクへと移籍。買い取りオプションも付帯しており、活躍が期待されている。

伊東は11日、記者会見に出席。背番号は「7」であることも発表されたが、その席で、ヘンクのテクニカルディレクターを務めるディミトリ・デ・コンデ氏が待望の獲得であったことを明かした。

「我々は、長い間伊東を追いかけていた。そして、彼のクオリティに関して確信している。彼は、自身のキャリアに新たなチャンスを与えるため、ヨーロッパに来たいと思っていた」

伊東は2002-03シーズンに在籍した元日本代表FW鈴木隆行氏以来、2人目の所属日本人選手となる。伊東は「僕はまだあまりトレーニングをしていませんが、ここでは多くのことが行われているというのが第一印象です。ジュピラー・プロ・リーグは、フィジカル面でとてもタフなリーグだと思います」とコメント。欧州の舞台でプレーできることへの満足感を示していた。

また、チームを率いるフィリップ・クレメント監督は、ベベレン時代には森岡亮太(シャルルロワ)を指導。2人目の日本人選手を指導することになるが、伊東についての期待と印象を語った。

「我々は、スピードと深さを取れる選手を探していた。彼はそれを持ち合わせており、短期間でそれを発揮できると期待している」

「彼にはフィジカル面で不利な部分があることはテストでわかった。しかし、通常、新加入選手は彼よりも大きなギャップを持っているものだ」

他の新加入選手よりも、良い評価を得ている伊東純也。15日にはヨーロッパリーグのスラビア・プラハ戦が控えているチームだが、週末には、リーグ2位のクラブ・ブルージュ戦との大一番が待っている。デビューが期待される中、どのようなプレーを見せるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

伊東がELデビューもヘンクはホームで大敗しベスト16進出ならず…《EL》

日本代表FW伊東純也の所属するヘンクは21日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでスラビア・プラハと対戦し、1-4で敗戦した。伊東はフル出場した。 この結果、2戦合計1-4でスラビア・プラハがベスト16進出を決めた。 14日に行われた敵地での1stレグをゴールレスドローで終えたヘンクは、前回対戦から先発を3人変更。エンドンガラ、フィオリッチ、アイドに代えてデビュー戦となる伊東やポスエーロ、アイドを先発で起用した。伊東はフラットな[4-4-2]の右MFで先発となった。 試合が動いたのは10分、ヘンクはルクミのロングフィードをボックスの外まで飛び出して処理したGKコラージュからトロサールがボールを奪うと、そのまま無人のゴールへシュートを流し込んだ。 先制したヘンクだが、スラビア・プラハのサイドアタックから同点を許す。23分、バイタルエリア左でボールを受けたズムルハルがクロスを供給すると、飛び出したGKヴコヴィッチが弾くもセカンドボールをコウファルにヘディングで押し込まれた。 1-1のまま迎えた後半、再びスコアを動かしたのはアウェイチームだった。シュコダのパスでボックス左に侵入したズムルハルがクロスを供給すると、GKヴコヴィッチの弾いたボールをゴール前に走り込んだトラオレがゴールに流し込んだ。 勝ち越しを許したヘンクは、ゴールシーンでクロスを弾いた際に味方選手と交錯したGKヴコヴィッチがプレー続行不可能となり、GKジャッカーズとの交代を余儀なくされた。 反撃に出たいヘンクだったが、64分に自陣右サイドでFKを与えるとストフのクロスからスーチェクがヘディングシュート。これはGKジャッカーズが弾いたがシュコダにダイビングヘッドで押し込まれ、3失点目。さらに69分にも、ストフの右CKからシュコダにヘディングシュートを決められた。 ホームで意地を見せたいヘンクは、89分にポスエーロのロングスルーパスに反応した伊東がボックス右から侵入。相手GKの位置を確認しループシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 結局、試合はそのまま1-4で終了。持ち味のスピードでゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた伊東だったが、ホームでのヘンクデビュー戦は試合終了直後にブーイングが起きるなど、ほろ苦い4失点での敗戦となった。 2019.02.22 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也が海外挑戦 ベルギー首位ヘンクにレンタル移籍

柏レイソルは2日、日本代表FW伊東純也(25)のベルギー挑戦を正式発表した。移籍先はヘンク。期限付き移籍となる。 伊東は2015年に神奈川大学からヴァンフォーレ甲府に入団。2016年に柏に移籍した。2017年にA代表デビュー後、通算12試合2得点。AFCアジアカップ2019の代表入りも果たした。柏在籍3シーズンでJ1リーグ19ゴール。柏が誇る快足アタッカーとして成長を遂げ、2018年は2年連続の全34試合に出場して6得点を記録した。 海外挑戦を決断した伊東はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今回、ベルギーのKRCゲンクに移籍することになりました。柏レイソルに来て3年間、色々な経験をさせてもらいました。成長できたことも、サッカーをもっと好きになれたのもすべて柏レイソルのおかげでした」 「しかし、今以上にうまくなりたい、そしてチャレンジしたいという気持ちにさせてくれたのも柏レイソルでした。自分のサッカーがどこまで通用するのか、もっと成長できるのかを考えた末に移籍を決断しました」 「移籍を後押ししてくれたクラブ関係者、家族、そしてどんな時も熱い声援を送ってくれたファン・サポーターの皆様。本当に感謝しています。これからも皆様に活躍している姿を応援してもらえるよう頑張ってきます。僕もベルギーから柏レイソルの活躍を応援しています。本当にありがとうございました」 ヘンクは1988年創設のベルギークラブ。過去、国内リーグ3度、リーグカップ4度の優勝実績を誇り、かつて元日本代表FWとして活躍した鈴木隆行氏が在籍した。今シーズンはここまでジュピラー・プロ・リーグ15勝6分け2敗の首位。来シーズンのチャンピオンズリーグ本戦出場圏内に位置している。 2019.02.02 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがヘンクの逸材アタッカーに関心! 代理人がコンタクト認める

▽アーセナルがベルギーのヘンクに所属するベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(23)の獲得に動いているようだ。ベルギー『Sporza』が伝えている。 ▽現在、23歳のトロサールはヘンクの下部組織出身のアタッカー。優れたアジリティと足下の技術を生かした鋭いドリブル突破に加え、高いシュート精度やラストパスも兼備する得点力に優れたウイングだ。今季は左ウイングを主戦場に公式戦18試合に出場し、15ゴール4アシストを記録している。 ▽そして、この活躍が評価されて今年10月にはベルギーのフル代表に初招集されたベルギー国内注目の若手の1人だ。 ▽トロサールの代理人を務めているジョシー・コムヘア氏は『Sporza』の取材に対して、現在アーセナルとトッテナムが関心を示していることを明かした。 「私はアーセナルとトッテナムの関係者と接触した。スパーズに関してはトロサールをオプションの1つだとハッキリ認めていないが、アーセナルは認めている」 「彼らはレアンドロが興味深いプロフィールの持ち主だと言っているし、今年8月から動向を注視している。ただ、彼らはトロサールがもう1年ほどヘンクに残るのが良い選択だとも言っていた。ただ、彼に興味を持っていることは間違いない」 2018.11.24 18:14 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ヘンクからガンビア代表主将のDFコレニーを獲得

▽サンプドリアは19日、ヘンクからガンビア代表DFオマール・コレニー(25)を獲得したことを発表した。公式サイトでは契約期間などは明かしていないが、『フットボール・イタリア』によると、年棒200万ユーロ(約2億5000万円)の4年契約と伝えている。 ▽2010年に母国ガンビアのワリデンでプロデビューしたコレニーは、その後、ガンビアのレアル・デ・バンジュールやフィンランドのクオピオン・パロセウラ、スウェーデンのユールゴーデンIFでプレー。2016年の夏にヘンクへ加入した。 ▽ヘンクでは加入初年度からレギュラーとしてプレーし、在籍2シーズンで公式戦95試合に出場し5ゴールをマーク。また、2012年6月にデビューしたガンビア代表では、これまで11試合に出場。2016年3月からはガンビア代表の主将を任命されていた。 2018.06.20 02:15 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月5日は、日本にW杯初の勝ち点をもたらしたシンデレラボーイ

◆鈴木隆行 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1976/6/5 現役時代ポジション:FW クラブ:鹿島アントラーズ、ヘンク、レッドスター、水戸ホーリーホック 身長:182㎝ 体重:75kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月5日は、元日本代表FW鈴木隆行氏だ。 ▽地元・茨城の日立工業高校在籍時には、サッカーの指導者がおらず、鈴木氏が練習メニューを作成するという環境の中、自身は1年から国体に出場していた。1995年に高校2年時から声をかけられていた鹿島に入団し、若手時代はブラジルのCFZ、ジェフユナイテッド市原、川崎フロンターレへの期限付き移籍で経験を蓄積。2000年のシーズン途中に鹿島復帰を果たすと、復帰後の公式戦15試合で7得点を挙げる活躍でチームのシーズン3冠に貢献した。 ▽その活躍が認められてレギュラーの座を掴んだ結果、2001年に日本代表初招集。コンフェデレーションズカップのカメルーン戦で初スタメンに抜擢されると、2得点を挙げる活躍を披露し、たちまちシンデレラボーイと呼ばれるように。そのまま2002年の日韓・ワールドカップまで代表に生き残り、初戦のベルギー戦では本大会における日本代表の初得点を記録して、日本がW杯で初めて勝ち点を得る貴重な同点ゴールを奪取。日本初の決勝トーナメント進出への口火を切った。 ▽W杯での活躍もあり、ヘンク、レッドスターなど海外移籍にも挑戦。その後は横浜F・マリノス、アメリカのポートランド・ティンバーズ、水戸を経て、2015年2月に千葉で現役を退いた。現在は少年サッカーの指導にあたりながら、2018年5月にJFA公認S級コーチライセンスを取得。いずれJリーグもしくは日本代表の指揮官として帰ってくる時がくるかもしれない…。 ※誕生日が同じ主な著名人 デイヴィッド・ホイレット(サッカー選手/カーディフ) フェルナンド・メイラ(元サッカー選手) ユリア・リプニツカヤ(フィギュアスケート選手) ガッツ石松(プロボクサー) おばたのお兄さん(お笑い芸人) 波田陽区(お笑い芸人) 長谷川潤(モデル) 福田萌(タレント) 金子ノブアキ(俳優) アン・ルイス(歌手) 2018.06.05 07:00 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース