スナイデル、負傷のためACLプレーオフを欠場…《ACL2019》2019.02.12 01:01 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ガラファは11日、元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフを欠場することを発表した。

アル・ガラファによれば、スナイデルは現在ケガのためプレーすることが困難で、復帰は3月以降になる見込みだという。

スナイデルは2018年1月にニースからアル・ガラファに移籍。昨シーズンは公式戦17試合に出場し、11ゴールをマークすると、今シーズンはキャプテンとしてここまでリーグ戦11試合に出場し6ゴールを記録していた。

なお、アル・ガラファは19日(日本時間:18日)にACLプレーオフでゾブ・アハン(イラン)vsアル・クウェート(クウェート)の勝者と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑が2カ月ぶり弾! メルボルン・Vは2戦連続足踏み《Aリーグ》

メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑が今シーズン6点目を記録した。 メルボルン・ビクトリーは15日、オーストラリア・Aリーグ19節でウェリントン・フェニックスFCと対戦。前節にケガから復帰した本田はベンチスタートとなり、55分からピッチに立った。 その試合は、57分にアウェイのメルボルン・ビクトリーが失点。先制を許す苦しい戦いを強いられたが、66分に獲得したPKを本田が左足でゴール右に決め、試合を降り出しに戻してみせる。 本田の昨年12月以来となる2カ月ぶりの得点で追いついたメルボルン・ビクトリーは1-1のドロー。2位のチームにとって、2試合連続勝利なしと痛い足踏みが続いている。 ウェリントン・フェニックスFC 1-1 メルボルン・ビクトリー 【ウェリントン・フェニックスFC】 クリシュナ(後12) 【メルボルン・ビクトリー】 本田圭佑(後22[PK]) 2019.02.16 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のベシクタシュ、マラティヤスポルとの上位争いを制して3位死守《スュペル・リグ》

ベシクタシュは15日、スュペル・リグ第22節でマラティヤスポルとアウェイで対戦し、2-1で競り勝った。ベシクタシュのMF香川真司は62分から出場している。 3位ベシクタシュ(勝ち点36)が、4位マラティヤスポル(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。 チームが1点をリードし、相手に退場者が出て数的優位となっていた中、62分に投入された香川はトップ下に入った。 しかし65分、カウンターを受けて失点し、ベシクタシュは同点に追いつかれてしまう。それでも70分、香川のパスを起点に左クロスを合わせたリャイッチのシュートが決まって勝ち越した。 さらに追加タイムには香川が右クロスに対してダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えたが、枠の右に外れる。それでも、2-1で勝利したベシクタシュがマラティヤスポルとの上位争いを制して3位を死守した。 2019.02.16 04:34 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がキャリア初のACL出場へメンバー入り! 広島と対戦の可能性《ACL2019》

メルボルン・ビクトリーは13日、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むメンバー28名を発表した。元日本代表MF本田圭佑もメンバーに含まれている。 グループFで中国スーパーリーグの広州恒大、Kリーグ1の大邱FC、そしてプレーオフのサンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド(タイ)の勝者と同居しているメルボルン・ビクトリー。ACLでは、外国籍選手が3名まで登録が許され、AFC加盟国の選手は追加で1名まで登録が許されているが、メルボルン・ビクトリーには5名の外国籍選手が所属している。 ケビン・マスカット監督はメンバー選考に関して「Aリーグの規定では、5名の外国人選手が許可されている。今シーズンは、コスタ・バーバルーゼス(ニュージーランド)、ラウール・バエナ(スペイン)、ゲオルグ・ニーダーマイアー(ドイツ)、オラ・トイヴォネン(スウェーデン)、本田圭佑(日本)で満たされている」とコメント。「ACLでは、バーバルーゼス、バエナに加え、トイヴォネンと本田が加わった」と語り、ニーダーマイアーが外れることを明かした。 メルボルン・ビクトリーは、3月5日に大邱FCと初戦で対戦。3月12日には広島かチェンライ・ユナイテッドとアウェイで対戦する。 ◆メルボルン・ビクトリー登録メンバー GK 1.マット・アクトン 20.ローレンス・トーマス 30.マシュー・サットン DF 2.ストーム・ルー 3.コレイ・ブラウン 14.トーマス・デン 17.ジェームス・ドナチー 27.アーロン・アンデルソン 28.ベンジャミン・キャリガン MF 4.本田圭佑 6.レイ・ブロハム 10.ジェームズ・トロイージ 13.ビルカン・キルダー 15.ラウール・バエナ 16.ジョシュア・ホープ 19.ラフマト・アクバリ 21.カール・ヴァレリ 24.エルビス・カンソバ 25.アンソニー・レシオーティス 29.ティール・イラドゥクンダ 31.ブランドン・ルートン FW 7.ケニー・アティウ 8.テリー・アントニス 9.コスタ・バーバルーゼス 11.オラ・トイヴォネン 23.ジャイ・インガム 32.ジャック・パラツォーロ 33.ヤジード・サイド 2019.02.14 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スコールズ監督初陣は4-1の快勝! 「安心した。少しは眠れそうだ」

ポール・スコールズ監督の初陣は華々しいものとなったようだ。 オールダム・アスレティックは11日、スコールズ氏(44)が新監督に就任したことを発表した。イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)の規則により、紆余曲折しながらも無事に監督就任に至ったスコールズ監督は、翌日の12日に早速ヨーヴィル・タウンとのリーグ戦に臨んだ。 試合は前半アディッショナルタイムにオールダムが先制。後半に入り、54分までに互いに1点ずつ取り合い2-1と接戦の様相を見せたが、終盤にオールダムが立て続けに2点を決め、結局4-1でオールダムが勝利。スコールズ監督の初陣は快勝で飾られた。 試合後、スコールズ監督は「ほっとした。少しは眠れそうだ」とコメントし、監督デビュー戦を振り返った。 「試合のあと、『よくやった』と励ましたよ。タフな夜だった。4-1というのは出来過ぎだが、彼らを誇りに思うよ」 「これは私が望んでいたものだ。彼らには自分たちを表現して欲しいし楽しんでもらいたい。ファンもエンターテインメントを望んでいる」 この勝利で、オールダムはフットボールリーグ2(イングランド4部相当)で暫定11位に浮上。昇格プレーオフ圏内には勝ち点差「6」となっだが、スコールズ監督は気を引き締め直している。 「チャンスだが油断してはいけない。我々は次の試合を見ている」 2019.02.13 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジル・リオでまた火災…バングーACの選手2人入院も命に別状なし

ブラジルで再び火災が起こった。リオデジャネイロに本拠地を置くバングーACは、11日にトレーニングセンターで火事があったことを報告した。 クラブによると、この火事によりディエゴ・カスコ(18)とマテウス・ロッチャ(18)が煙を吸い込んで病院に搬送されたものの命に別状はなく、カスコはすでに退院。そのほか5人の選手と1人のコーチスタッフも火事に巻き込まれたが、ほとんど被害はなかったという。 なお、火災発生の原因は調査中とのことだが、ブラジル『ESTADAO』によると、火元はエアコンである可能性が高いとのこと。エアコンから飛び散った火花が宿舎のマットに引火したと伝えられている。 ブラジルでは、今月8日に同じリオデジャネイロを本拠地とするフラメンゴのトレーニングセンターでも同様の火事が起こっており、10名が死亡、3名が負傷という悲劇に見舞われていたばかりだった。 ブラジル当局は、すべてのクラブのトレーニングセンターのエアコンを点検することを発表しているという。 2019.02.12 17:55 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース