英4部でスコールズ監督が誕生! サルフォードの取締役辞任でEFL規則をクリア2019.02.12 00:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に所属するオールダム・アスレティックは11日、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏(44)が新監督に就任したことを発表した。契約期間は1年半となる。

現役時代に得点力が魅力の中盤としてユナイテッドの黄金期に関わり、イングランド代表としても長らく主軸に君臨したスコールズ氏。2013年に2度目の現役引退後、フットボール解説者に転身しており、古巣ユナイテッドで短期間のコーチを務めたほか、共同オーナーのサルフォード・シティで暫定監督を務めた以外で、指導歴はない。

イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、スコールズ氏はユナイテッドの92年デビュー組であるライアン・ギグス、ギャリーとフィルのネヴィル兄弟、ニッキー・バットらとともに共同オーナーを務めていたサルフォードの取締役を辞任し、今回の監督就任に至ったようだ。

今季フットボールリーグ2に降格したオールダムは、ここまで11勝10敗9分けの14位に位置しており、昨年12月27日にフランキー・バン前監督を解任していた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、サッリ続投はCL権次第か

イギリス『タイムズ』がチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)の続投条件を報じた。 今シーズンからチェルシーの指揮を執るサッリ監督。レギュラーの固定化や、ナポリ時代の秘蔵っ子であるイタリア代表MFジョルジーニョを軸にしたポゼッションスタイルでシーズン開幕から勝ち点を積み重ねた。だが、シーズンが進むに連れて失速。10日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティを相手に0-6の大惨敗劇を演じてしまい、進退問題がより加熱している。 そのサッリ監督の去就を巡っては、今月2月の残る試合結果次第とも囁かれているが、チェルシーは今シーズンいっぱいの猶予を授ける意向。サッリ体制の存続は来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にかかっており、それが叶わなければ解任されるという。 なお、チェルシーは現在、プレミアリーグ15勝5分け6敗の6位。CL出場権の獲得条件はプレミアリーグ4位以内に入るか、ヨーロッパリーグ優勝の2択となる。 2019.02.16 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エース級に輝くソン・フンミン、2100万円の週給ゲットか

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)に契約延長の話が飛び出した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ソン・フンミンは2018年10月以降、トットナムで公式戦23試合に出場して16ゴールを記録。イングランド代表FWハリー・ケインらをケガで欠くチームにおいて、エース級の輝きを放っている。13日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1stレグのドルトムント戦でも1得点をマーク。公式戦4試合連発と絶好調だ。 そうした活躍をトットナム会長のダニエル・レヴィ氏も評価。昨年7月に5年契約を結んだばかりのソン・フンミンと今シーズン終了後にも再び新契約の交渉に入る模様だ。その際、ソン・フンミンの給与を現在の週給11万ポンド(約1500万円)から15万ポンド(約2100万円)に。レヴィ氏もソン・フンミンのために財布の紐を緩めるという。 2019.02.16 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFトレムリナスが33歳で現役引退

元フランス代表DFブノワ・トレムリナス(33)が15日、現役引退を発表した。 ボルドーでプロデビューを飾った左サイドバックのトレムリナスは、そのボルドーで2008-09シーズンにリーグ・アン優勝に貢献。その他、クープ・ドゥ・ラ・リーグ、クープ・ドゥ・フランスをボルドーでそれぞれ1度ずつ優勝していた。 ボルドー退団後はディナモ・キエフやサンテチェンヌ、セビージャでプレー。しかし、2016-17シーズン以降は度重なるヒザの負傷により試合に出場できない状況が続いていた。 また、フランス代表としては2010年8月にデビューし、5試合に出場していた。 2019.02.16 00:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ルビン・カザン、スペイン人DFチコ・フローレスとの契約を解除

ルビン・カザンは15日、スペイン人DFチコ・フローレス(31)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 アルメリアやジェノア、スウォンジーなどでプレーしてきたセンターバックのチコ・フローレスは今季、2020年までの契約でルビン・カザンに加入していた。そのルビン・カザンでは今季、リーグ戦8試合に出場するも、第9節以降はクルバン・ベルディエフ監督との確執もあってベンチ外が続いていた。 2019.02.15 23:32 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティング・リスボンの10番、元コロンビア代表FWモンテーロが退団

スポルティング・リスボンは15日、元コロンビア代表FWフレディ・モンテーロ(31)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 2013年からスポルティングでプレーするストライカーのモンテーロは、同クラブで公式戦131試合に出場して46ゴール18アシストを記録。今季はポルトガルリーグで9試合に出場して2ゴール3アシストを、ヨーロッパリーグで5試合に出場して2ゴールをマークしていたが、負傷の影響もあって年明け以降は出場機会を得られずにいた。 また、2007年5月にデビューしたコロンビア代表ではこれまで4試合に出場していた。 なお、今後の去就に関しては2017年にレンタルで在籍したMLSのバンクーバー・ホワイトキャップス行きが報じられている。 2019.02.15 22:57 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース