ユナイテッド、主将DFアシュリー・ヤングと2020年まで契約延長2019.02.12 00:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは11日、イングランド代表DFアシュリー・ヤング(33)との契約を2020年まで延長したことを発表した。現行の契約からは1年間延長した形だ。

2011年にアストン・ビラから加入したA・ヤングは、在籍8シーズンで公式戦227試合に出場し17ゴール42アシストをマークしている。

なお、チームの中ではDFアントニオ・バレンシアやDFクリス・スモーリングに続く古株であり、今季はキャプテンマークを巻いて、ここまでリーグ戦19試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

マルシャル&リンガードは2~3週間の離脱、FA杯チェルシー戦に加えPLリバプール戦欠場が確実に

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は15日、FWアントニー・マルシャルとFWジェシー・リンガードが2~3週間離脱することを明かした。 両選手は12日に行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で負傷。マルシャルは股関節を、リンガードは左足ハムストリングを痛めていた。 ユナイテッドは今後、18日にFAカップ5回戦のチェルシー戦を、24日にプレミアリーグ第27節でリバプール戦を戦うが、いずれのビッグマッチも両選手が欠場することが確実となってしまった。 2019.02.15 23:56 Fri
twitterfacebook
thumb

“反撃のシャウト”ディ・マリアに処分か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに対して、挑発行為による処分の可能性が浮上した。フランス『レキップ』が報じた。 PSGは12日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦を2-0で勝利。2014-15シーズンのわずか1年でユナイテッドを去ったディ・マリアが古巣相手に2アシストの輝きを解き放ち、PSGはベスト8進出へ前進した。 だが、この試合を通して古巣サポーターから厳しいブーイングを浴び続けたディ・マリアは、53分に右CKから先制点をお膳立てすると、気持ちが高ぶり、古巣サポーターに“反撃のシャウト”。この際、Fワードなど汚い言葉を発したという。 これが欧州サッカー連盟(UEFA)の調査対象に。観客挑発の規則違反が認められてしまった場合、ディ・マリアは少なくとも1試合の出場停止処分を科される恐れがある模様だ。 なお、ユナイテッドとのリターンレグは3月6日に開催。今度はPSGがホームにユナイテッドを迎え撃つ。 2019.02.15 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョら前コーチ陣に約28億円の違約金支払い

マンチェスター・ユナイテッドは14日、ジョゼ・モウリーニョ前監督(56)らコーチ陣に対し、違約金1960万ポンド(約27億7000万円)を支払ったことを発表した。 2016年夏にユナイテッドの監督に就任したモウリーニョ前監督は、就任初年度にリーグカップとヨーロッパリーグ優勝に導くなど、公式戦144試合で84勝31分け29敗の戦績を残していた。 そのモウリーニョ前監督はユナイテッドとの契約が2020年まで残っていたが、プレミアリーグで6位と低迷していた昨年12月、リバプールに1-3と完敗した試合後に成績不振を受けて退任していた。 2019.02.15 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「マルシャルは不可欠な存在」ヴェンゲル氏、精彩を欠くA・サンチェス外しの決定に納得

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は、精彩を欠くFWアレクシス・サンチェスについて言及するとともに、FWアントニー・マルシャルを優先的に起用するオレ・グンナー・スールシャール監督の選択を擁護した。<br><br>2018年冬にヴェンゲル氏の下を離れてユナイテッドに加入したサンチェス。しかし、新天地では期待通りの活躍を見せられず、高額な年俸を受け取っていることも重なり、多くの非難を浴びる。ジョゼ・モウリーニョ前監督の下でも輝けず、さらにスールシャール監督も同選手ではなく、マルシャルを先発として起用するなど、立場が危うくなっている。<br><br>さらに、0-2で敗れた12日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン戦でも、インパクトを残せないサンチェスの能力に疑いの目が向けられている中、教え子の不調を目の当たりにするヴェンゲル氏は『beINスポーツ』で定位置争いに敗れたチリ代表FWについて語った。<br><br>「彼はマルシャルのポジションでプレーできる選手で、今ではポジションを失ってしまった。マルシャルがマンチェスター・ユナイテッドにとって必要不可欠な選手かどうかなんて議論する必要があるか?公平なポジション争いの結果だったと私は考えている」<br><br>また、ヴェンゲル氏はこの試合についての自身の考えも示した。「技術面でも、試合の流れを読むスピードに関しても両チームの間には大きな差があり、試合が進むにつれてその差は開いていった」<br><br>「ユナイテッドはホームで戦ったにもかかわらず、枠内シュートが1本だった。これが両チームの差でもあった。それに中盤での違いも明白だった。PSGはボールを失うことが少なかったが、ユナイテッドは中盤で競り勝てることもできなかった」<br><br>「ホームの試合でボールをキープできなければ、間違いなくトラブルに陥ってしまう」 <br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、ポグバ次戦欠場にニンマリ

パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバのリターンレグ欠場にニヤついた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 PSGは決勝トーナメント1回戦でユナイテッドと激突。ブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニをケガで欠く苦しい台所事情だったが、12日に敵地で行われた1stレグを2-0の勝利で飾り、ベスト8進出に大きく前進した。 この試合にトップ下で先発したドラクスラーはブラジル代表DFマルキーニョスとイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティのボランチコンビとの絶妙な掛け合いで中盤を制圧。ポグバやセルビア代表MFネマニャ・マティッチ、スペイン代表MFアンデル・エレーラを封殺した。 大仕事を完遂したドラクスラーは試合後、次のようにコメント。3月6日にホームで行われるリターンレグに向け、2枚目の警告で退場したポグバの欠場確定を素直に喜んだ。 「ポールはマンチェスター・ユナイテッドのベストプレーヤー。彼は重要な選手であり、(同じピッチに立って見て)ファンタスティックだと思った。だからこそ、ハッピーさ。彼が2ndレグでプレーできないことをね」 「彼らはすごく良い入りを見せた。彼らのプレッシャーは、僕らにとって簡単じゃなかったよ。でも、後半から僕らがより自信を抱くと、マン・ユナイテッドのプレッシャーが少しばかり弱まった」 「それが僕らのゲームになることを助けてくれた。ピッチ上でスペースを見つけてうまく使うようになったことが僕らの勝因さ」 2019.02.14 15:15 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース