ミラン加入4戦4発のピョンテク、さらなるゴールゲッター化に意欲!2019.02.11 18:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクがさらなるゴール量産を目指した。ジェノアで新たな点取り屋としてブレイクを遂げたピョンテクは今冬、退団したアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの後釜としてミランへ。そのミランでもゴールゲッターとしての才能を見せつけており、10日に行われたセリエA第23節のカリアリ戦(3-0でミランが勝利)でリーグ戦2戦連発弾をマークするなど、出場した公式戦4戦4発と活躍している。

公式戦3戦連発のピョンテクはカリアリ戦後、『スカイ・スポーツ・イタリア』で次のようにコメント。さらなる活躍に意欲を示した。

「確かに、ポーランドのリーグはセリエAほど難しくない。でも、ジェノアはミランと同じリーグさ」

「ここでの気分は良いよ。ありとあらゆる試合でゴールを決めたい。それがこの先も見れるはずだよ」

ミランはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの再来としても呼声高いピョンテクの活躍もあり、直近のリーグ戦6試合負けなしでチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に。16日に行われる次節、アタランタのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルがスソとバレッラに関心 すでにスカウトを派遣か

アーセナルが、ミランのスペイン代表FWスソ(25)とカリアリのイタリア代表MF二コラ・バレッラ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 1月の移籍市場でも、攻撃の強化を画策していたことが伝えられたアーセナル。今回の報道によると、ウナイ・エメリ監督は新たにスソとバレッラに関心を抱いているようだ。10日に行われたセリエA第23節のミラン対カリアリの試合にスカウトを派遣したという具体的な動きも伝えられている。なお、この試合でスソとバレッラは共にフル出場を果たした。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月にジェノアへ期限付きし、翌シーズンからミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪った。今シーズンもここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方、カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦21試合で1ゴールを記録している。また、2018年10月には、ウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューも飾った。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、スソの市場価値は5000万ユーロ(約63億円)となっている。また、もう一方のバレッラに関しても、カリアリが移籍金5000万ユーロを要求している上、ナポリやインテル、ローマからの関心も取り沙汰。一部メディアでは、今夏のアーセナルの補強資金は4500万ポンド(約64憶4000万円)のみとも報じられており、難しいオペレーションになりそうだ。 2019.02.13 17:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン新エースピョンテク、ガットゥーゾ命名の“ロボコップ”に異議「ピストレロと呼んで」

<br><br>▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。 <br><br>ミランの新エースFWクシシュトフ・ピョンテクが、10日のカリアリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、コメントを残した。<br><br>ピョンテクは10日、セリエA第23節のカリアリ戦に先発出場すると、62分にミランの3点目をマークし、3-0での勝利に貢献した。今冬、FWゴンサロ・イグアインの代役としてジェノアから加入したピョンテクだが、ここまで公式戦4試合に出場し、すでに4ゴールをマーク。初めて先発したコッパ・イタリア準々決勝ナポリ戦から3戦連続弾となった。<br><br>目覚ましい活躍を見せるポーランド代表FWについて、指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾは、「彼はロボコップだ」と評していたが、本人は反論。「ガットゥーゾは僕を&ldquo;ロボコップ&rdquo;だと言っているって?いや、&ldquo;エル・ピストレロ(スペイン語でガンマンの意)&rdquo;の方が良いよ」と述べ、ゴールパフォーマンスにちなんだこれまで通りの呼び名を希望した。<br><br>またピョンテクは、古巣ジェノアからミランへの適応について言及したほか、意気込みを語っている。<br><br>「ポーランドリーグはセリエAほど難しくない。だがジェノアとミランは同じリーグだし、チームが別なだけだ。ゴールを決められれば幸せだし、今のまますべてが順調に進んで欲しいので集中しているよ。環境?ここは最高だよ。サポーターも素晴らしい。毎試合で得点を挙げていきたいと思う」<br><br> <br><br>▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。 <br><br>⬇今すぐ無料キャンペーンページに行ってみる⬇<br><br> <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2019.02.11 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

パケタ移籍後初弾にピョンテク3戦連発弾のミランが快勝で4位死守!《セリエA》

ミランは10日、セリエA第23節でカリアリをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節ローマ戦をピョンテクの公式戦2試合連続ゴールで引き分けに持ち込んだ4位ミラン(勝ち点36)は、ローマ戦と同様のスタメンで臨んだ。 15位カリアリ(勝ち点21)に対し、8分にチャルハノールがミドルシュートでGKを強襲したミランが良い入りを見せると、13分に先制した。スソがボックス右から放ったシュートをGKが弾くと、ルーズボールが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 その後も試合をコントロールするミランは22分、パケタに移籍後初ゴールが生まれる。カラブリアの右サイドからのクロスをファーサイドに走り込んだパケタがボレーで流し込んだ。 チャンスをしっかりと決めきってリードを広げたミランは27分、ジョアン・ペドロのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKドンナルンマが好守で凌ぐ。ハーフタイムにかけてもミランが主導権を握ったまま前半を終えた。 後半もミランが押し込む展開としていたが、60分にピンチ。ジョアン・ペドロにゴール至近距離からボレーを打たれるも、GKドンナルンマが再び好守で凌いだ。さらにルーズボールをジョアン・ペドロにチップキックシュートで狙われたが、バーに直撃して助かった。 すると63分、ミランが決定的な3点目を奪う。ロングボールで相手DFに競り勝ったピョンテクがマイボールにしかけると、飛び出したGKがボールを描き出す。そして、ルーズボールをチャルハノールがシュートに持ち込み、GKクラーニョが弾いたルーズボールをピョンテクが押し込んだ。 ピョンテクの公式戦3試合連続ゴールで余裕の展開としたミランは、ピョンテクとカラブリアをお役御免としてクトローネとA・コンティを投入した。 その後もチャルハノールやクトローネ、スソらが決定的なシュートを浴びせたミランが主導権を握ったまま3-0で快勝。チャンピオンズリーグ圏内の4位を死守している。 2019.02.11 06:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、ミランのCL圏内死守へ「チーム最優先。自分本位の言葉は聞きたくない」

<br><br>▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。 <br><br>ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが、10日のカリアリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、勝利を喜んだ。<br><br>ミランは10日、セリエA第23節でカリアリとホームで対戦。新加入のMFルーカス・パケタおよびFWクシシュトフ・ピョンテクらのゴールにより、3-0で勝利を飾り、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を守った。指揮官のガットゥーゾは選手たちに賛辞を贈った。<br><br>「開始直後は特に中盤において微妙なところもあったが、今日は良いサッカーを見せてくれた。素晴らしかった。攻守両面で良いプレーをしているし、少し前からこのチームのことが気に入っている」<br><br>だがミランの背後には、アタランタ、ローマ、ラツィオがわずか1ポイント差で迫る。<br><br>「これから数カ月、ハングリー精神を忘れずに4位に食らいつきたい。チームが最優先であり、&ldquo;僕が&hellip;&rdquo;なんて言葉は今後、聞きたくない。春を迎えた段階でミランにCL圏内のチャンスが残っているのは、しばらくぶりだと思う」<br><br>続いてガットゥーゾは、ゴールという数字で結果が見えてこないミランの10番、MFハカン・チャルハノールを擁護した。<br><br>「チャルハノールが得点を挙げていないのは事実だ。だが彼の献身的なプレーも見るべきだ。ピッチにおいてどれほどの距離を走破していることか。私が好きなタイプの選手だが、当然、より多くを期待している」<br><br>最後にミラン指揮官は冗談を交えつつ、自身の体型について言及。ダイエット中であることを明かした。<br><br>「身長120センチなのに100キロを超えてしまった。以前よりも食べる量や飲酒を減らして、運動量を増やした。ミランの監督でいることがストレスで痩せたのではない」<br><br> <br><br>▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。 <br><br>⬇今すぐ無料キャンペーンページに行ってみる⬇<br><br> <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2019.02.11 00:22 Mon
twitterfacebook
thumb

スソ、ミランの成長に手ごたえ「美しくはないが競争力がある。CLは夢ではなく目標」

ミランに所属するスペイン代表FWスソが7日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、チームの現状について語った。<br><br>ミランでは今シーズン、負傷による長期離脱者が相次いだが、現在は暫定5位と好位置につける。スソは指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾの手腕を称えた。<br><br>「チームは非常に良い時期を過ごしている。開幕直後は良いとは言えなかったが、負傷者が続出する中、よくやって来たと思う。選手が何人も離脱してしまうと、どのチームも苦しめられるものだが、僕らは重要な勝利もつかむことができたよ。監督はこのチームにとって非常に重要だ。負傷者が多くて苦しい時期でも、常にチームのレベルを常に高く保つことに成功した」<br><br>「ガットゥーゾにも言ったが、僕や(ハカン)チャルハノールがサイドバックをやらなければならない場面が何度もある。僕らは負けてはならない。無失点に抑えられなければ、少なくとも1ゴールは決めないといけない。最近の試合では、以前のようにプレーは美しくないかもしれないが、非常に競争力があると思う。団結して一丸となることで、ビッグクラブを相手にしても違いが出せるはずだ。ミランは常にチャンピオンズリーグ(CL)にいるべきクラブだ。このクラブの名前を聞いたら、CLが思い浮かぶ。夢と言うより目標だ」<br><br>続いてスソは、今冬の移籍市場で加入したFWクシシュトフ・ピョンテクやMFルーカス・パケタについて語った。<br><br>「新加入の選手は全員、ミランで歓迎されている。ピョンテクはミランで良いパフォーマンスを見せてくれると思う。パケタもピョンテクも素晴らしい選手だから、きっとチームに大きく貢献してくれるはずだ。だが最初は良くてもその後にパフォーマンスが落ちることもあるので、ゆっくり見守ろう」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.08 20:55 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース