アヤックスに暗雲…F・デ・ヨングが大一番のCL・マドリー戦欠場の可能性2019.02.11 15:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、13日のレアル・マドリー戦を欠場する可能性が出ている。スペイン『マルカ』が伝えている。アヤックスは9日、エールディビジ第21節でヘラクレスと敵地で対戦。F・デ・ヨングは先発出場したものの、太ももの違和感から79分に途中交代していた。試合は0-1で敗れている。

アヤックスは13日にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグを迎える。しかし、『マルカ』が伝えるところによると、F・デ・ヨングが出場できるかどうか不明の模様。試合のメンバーには入ることになるが、今後の精密検査で判断していくようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ&バルサに渡さない! アーセナルがデ・リフト争奪戦に名乗り

アーセナルが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を今夏のターゲットに据えているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 名門アヤックスの下部組織で屈強な身体を鍛え上げ、今シーズンからトップチームのキャプテンも務めているデ・リフト。2018年にはDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)やFWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)らを抑えてゴールデンボーイ賞も獲得した逸材だ。 当然ながらその動向は欧州中のクラブに見守られており、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの夏加入を内定させたバルセロナや、DFヴァンサン・コンパニの後継者を探すマンチェスター・シティが有力とされている。 しかし、報道によるとデ・リフトはアーセナルの熱烈なサポーターである模様。アヤックスで共に働くマルク・オーフェルマルス氏やデニス・ベルカンプ氏といった、現役時代にアーセナルで輝いた人物たちに憧れを抱いているようだ。 なお、トップ4圏外もしくはヨーロッパリーグ(EL)制覇を阻まれた場合、アーセナルの今夏の補強予算は約4000万ポンド(約57億円)。もし何らかの方法でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できれば、約1億ポンド(約142億円)の費用を引き出せるとされており、その場合の獲得候補としてウナイ・エメリ監督がデ・リフトを挙げているようだ。 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アヤックス監督、敗戦するも健闘したチームを大絶賛「将来への自信になる」

アヤックスは13日、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦ファーストレグでレアル・マドリーに1-2で敗戦。チームを率いるエリック・テン・ハーグ監督は健闘したチームを讃えた。<br><br>試合は序盤から、互いに鋭い攻守の切り替えからチャンスを作る好ゲームに。37分にはアヤックスがCKの流れから、ニコラス・タグリアフィコが頭で押し込みネットを揺らす。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が使用され、オフサイドの判定となりゴールが取り消しになった。<br><br>後半に入り、60分にカリム・ベンゼマが先制点を記録するも、75分にハキム・ツィエクが同点弾を奪取。引き分けで終了かと思われた終了間際の87分にマルコ・アセンシオが決勝点を決め、レアル・マドリーが2-1で勝利した。試合後、テン・ハーグ監督は敗れたものの「素晴らしいアヤックスを見せることができた」と手応えを語った。<br><br>「レアル・マドリーというワールドクラスかつ、ヨーロッパ最高のチームを相手に、素晴らしいアヤックスを見せることができた。ゲームの大部分を支配し、何度もビッグチャンスを作った。いい守備をして、ハイプレッシャーをかけ、チャンスを演出したビルドアップも素晴らしかった。アヤックスの良さを見せることができたよ」<br><br>「ひとつ挙げるとするならば、効率性を欠いたことだ。最後の精度を上げれば、あと数回は得点できただろう。そして、細部にまでこだわっていきたい。少しのミスであっても、レアル・マドリーのようなチームは見逃さない。今日はそういう試合だったね」<br><br>また、VARによってゴールが取り消されたシーンについては、以下のように語っている。<br><br>「VARについては、ゴールは取り消されてしまったが&hellip;このような大会では非常に重要になると思う。ゴールが認められなかったのは残念だがね」<br><br>「選手たちには褒め言葉しかないよ。彼らは戦術に従い、いい精神でプレーしてくれた。これは将来への自信になる。こういった試合を続けて行かなければならないね」<br><br>ホームで敗戦したアヤックス。3月4日のセカンドレグは、アウェイのサンティアゴ・ベルナベウで行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ソラーリ監督、アヤックスに先勝も苦戦を認める「勝ち残っているすべてのチームが優れている」

レアル・マドリーは13日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、アヤックスに2-1で勝利。試合後、サンティアゴ・ソラーリ監督が試合を振り返った。<br><br>試合は、アヤックスが前半にネットを揺らすも、ビデオ判定(VAR)の結果ノーゴールに。レアル・マドリーは後半に入り、カリム・ベンゼマとマルコ・アセンシオのゴールでリードを奪い、1点を反撃されるも、2-1で敵地で先勝した。試合後、ソラーリ監督は苦戦を強いられたと語った。<br><br>「この試合は苦しんだよ。だが、我々はどうプレーすればいいかわかっていた。苦しんだけどチャンスを作ってゴールに結びつけることができたね。この試合にすべてを捧げて、選手とチームの強さを見せることができた」<br><br>「これはチャンピオンズリーグの決勝トーナメントなんだ。勝ち残っているすべてのチームが優れている。アヤックスはエネルギッシュにプレーしていたし、限界を押し上げようと努力していた。この結果を勝ち取るためにハードワークして、相手のプレスをかわし、強度を保つことができた。勝つためには苦労したよ」<br><br>また、この試合でVARが使用され判定が覆ったシーンについては以下のように語っている。<br><br>「我々はジャッジを下すことができないし、VARのモニターもないんだ。VARとレフェリーを信じるだけだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 16:11 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: アヤックス 1-2 レアル・マドリー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアヤックスvsレアル・マドリーが13日にヨハン・クライフ・アレナで行われ、1-2でレアル・マドリーが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アヤックス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 24 オナナ 5.0 2失点はノーチャンス。ただ、足元に不安定さが見えた DF 12 マズラウィ 5.0 相手の流動的な攻撃に対して、やや後手を踏む場面が散見 4 デ・リフト 5.5 安定したプレーを続けた 17 ブリント 5.5 多くのピンチがあったが、及第点の出来 31 タグリアフィコ 5.0 幾度か裏を取られ、大きなピンチも招いた MF 20 シェーネ 5.5 正確なキックでチャンスを演出 (→ドルベリ 5.5) 攻撃を活性化させた 6 ファン・デ・ベーク 5.5 守備の局面で粘りを見せ、カゼミロを自由にせず 21 F・デ・ヨング 5.5 中盤で攻守に質の高いプレーを続けた FW 22 ジイェフ 6.0 CLは初ゴールをマーク 10 タディッチ 6.0 1点目の起点となるなど攻撃で存在感を見せる 7 ネレス 6.0 先制点をアシスト。守備に気を遣った 監督 テン・ハグ 5.0 2枚も交代を残したのはいただけない ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 クルトワ 6.5 1失点も圧巻のゴールキーピングで再三の決定機を阻止 DF 2 カルバハル 5.5 前半は守備に追われるも、後半は積極的な攻撃参加で決勝点をアシスト 6 ナチョ 5.5 大きなミスなくプレー 4 セルヒオ・ラモス 6.0 集中したプレーでマドリー通算600試合目のメモリアルマッチを勝利で飾る 23 レギロン 5.5 先制点の起点となるロングパスを供給。守備も及第点だった MF 10 モドリッチ 6.0 質の高い攻撃参加を続けた 14 カゼミロ 5.5 ファン・デ・ベークに抑え込まれ存在感を示せず 8 クロース 6.0 相手のプレッシャーを無効化するパス捌きが光った FW 11 ベイル 5.5 幾度か個人技を見せたものの、守備に負われ存在感を放てず (→ルーカス・バスケス 5.5) 投入直後からハードワークをこなす 9 ベンゼマ 6.0 少ないチャンスを活かしCL通算60ゴール目をマーク (→アセンシオ 5.5) 値千金の決勝点を挙げ、チームを勝利に導く 28 ヴィニシウス 6.0 左サイドで攻撃の起点となり、1アシストをマーク (→マリアーノ -) 監督 ソラーリ 6.0 積極的な選手交代でチームを勝利に導いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クルトワ(レアル・マドリー) 36分に訪れたジイェフの決定機をシャットアウト。後半にも再三の決定機を阻止するなどチームの勝利に大きく貢献した。 2019.02.14 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

アセンシオの決勝弾で4連覇を目指すマドリーが敵地でアヤックスに先勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアヤックスvsレアル・マドリーが13日にヨハン・クライフ・アレナで行われ、1-2でレアル・マドリーが先勝した。 バイエルンやベンフィカらが同居したグループEを2位で通過し、13シーズンぶりに決勝トーナメントへ進出したアヤックス。年明け以降のエールディビジでは1勝1分け2敗と躓いており、直近のヘラクレスも0-1で敗戦。そんな中、アヤックスはグループステージでも躍動したDFデ・リフトやMFフレンキー・デ・ヨング、MFファン・デ・ベークといった現状のベストメンバーで王者との一戦に臨んだ。 一方、ローマ、CSKAモスクワらが同居したグループGを難なく首位で通過したレアル・マドリーは、直近に行われたアトレティコ・マドリーとのダービーでも3-1で快勝。大会4連覇を狙う王者は、その試合から先発2人を変更。体調不良のヴァランに代わってナチョ、ルーカス・バスケスに代わってダービーでゴールを挙げたベイルが起用された。 素早い攻守の切り替えと前線から積極的なプレスをかけるアヤックスは9分、中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けるとタディッチのパスからボックス右に抜け出したマズラウィがシュートを放ったが、これはゴール左へ外れた。 対するマドリーは14分、左サイドでボールを受けたヴィニシウスがドリブルで仕掛けると、ボックス左から切り込みシュート。しかし、これはGKオナナのセーブ防がれた。 集中力の高い攻防が続く中、押し気味に試合を進めるアヤックスは36分に決定機。左サイドからショートパスをつなぐと、ボックス左でパスを受けたタディッチの折り返しをファン・デ・ベークがワンタッチで右に流すと、最後はフリーのジイェフがシュート。しかし、これは飛び出したGKクルトワの好セーブに阻まれた。 チャンスを逃したアヤックスだが、直後にゴールネットを揺らす。37分、シェーネの右CKをデ・リフトがヘディングシュート。GKクルトワが弾いたボールをタグリアフィコが頭で押し込んだが、VARの末にGKクルトワの前にいたタディッチがプレーに関与したとの判定でオフサイドとされ、ノーゴールに覆った。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはマドリー。60分、ロングパスで左サイドを抜け出したヴィニシウスがボックス左からカットインすると、相手DFを引きつけラストパス。これをボックス中央右で受けたベンゼマがゴール左にダイレクトシュートを突き刺した。 先制を許したアヤックスは、73分にシェーネを下げてドルベリを投入。すると75分、タディッチのスルーパスでボックス左に抜け出したネレスの折り返しをジイェフが左足で流し込んだ。 同点に追いつかれたマドリーだが87分、カゼミロが右サイドのスペースへのスルーパスを供給すると、駆け上がったカルバハルのクロスをファーサイドのアセンシオが流し込み、勝ち越しに成功。 結局、試合はそのままタイムアップ。前半は苦戦したマドリーだが、アセンシオの決勝弾で逃げ切理に成功し敵地で先勝を飾った。なお、マドリーホームの2ndレグは3月5日に開催される。 2019.02.14 07:10 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース