スパーズがレスター撃破でCLドルト戦に弾み付ける4連勝! 守護神ロリスのPKストップにソン・フンミンが3戦連発!《プレミアリーグ》2019.02.11 00:36 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第26節、トッテナムvsレスター・シティが10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-1で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司は88分からプレーしている。リーグ戦3連勝で3位に位置するトッテナム(勝ち点57)と、直近3敗1分けと4戦未勝利の11位レスター(勝ち点32)による一戦。

リーグ戦3連勝で上位2チームとの差を詰めるトッテナムは、12日にチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を控える中、難敵レスターをホームで迎え撃った。前節のニューカッスル戦からは先発3人を変更。アルデルヴァイレルト、ラメラ、ルーカス・モウラに代えてローズ、スキップ、ジョレンテを起用した。

一方、上位相手に前線も勝利から遠ざかるレスターは前節のマンチェスター・ユナイテッド戦から先発2人を変更。モナコからの新戦力ティーレマンスをデビューさせたほか、ゲザルが先発入り。なお、ウォームアップ中に負傷したメンディに代わって急遽エンディディがピッチに立った。岡崎はヴァーディらと共にベンチスタートとなった。

立ち上がりからホームのトッテナムがボールを保持して押し込む展開となったが、最初の決定機はアウェイのレスターが掴む。8分、セットプレーの場面でマディソンのクロスをマグワイアが頭で合わして枠に飛ばすが、これはGKロリスの好守で凌いだ。

エリクセンと両サイドバックの攻撃参加を起点に攻勢を続けるトッテナムは18分、ボックス左でソン・フンミンからパスを受けたローズがカットインから右足を振り抜くが、これはGKシュマイケルのセーブに遭う。

前半20分を過ぎると、ボールを保持するトッテナム、鋭いカウンター、セットプレーで応戦するレスターという構図の下で一進一退の攻防が続く。その流れの中でより効率の良い攻めを見せるレスターは、ティーレマンス、マディソンを経由する形からチルウェルとバーンズの左サイドを起点に良い攻めを見せる。31分にはショートカウンターからボックス内のバーンズに決定機もシュートを枠の左に外す。

一方、一連のピンチを冷静に凌いだトッテナムは33分、右CKの場面でショートコーナーからエリクセンが入れた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだダビンソン・サンチェスがダイビングヘッドで合わせ、ゴールネットを揺らした。

D・サンチェスの移籍後初ゴールでリードを手にしたトッテナムはその後もエリクセンを起点に試合を優勢に進めていくが、前半のうちに追加点を奪うまでには至らず。

迎えた後半、ビハインドを追うレスターが立ち上がりから積極果敢に攻めに出る。51分と55分にはいずれもボックス内のグレイがシュートを放つが、GKロリスの正面を突く。さらに58分には鋭いカウンターからボックス内に次々と選手がなだれ込むと、マディソンがDFヴェルトンゲンに倒されてPKを獲得。

この場面でキッカーを務めたのは直前からグレイとの交代の準備をしていたヴァーディ。ファーストプレーがPKとなったヴァーディはいつも通り豪快に右足を振り抜いたが、ゴール左を狙った強烈なシュートはGKロリスが完璧な反応ではじき出した。

守護神の値千金のPKストップでピンチを逃れたホームチームは直後の63分に追加点を奪う。相手陣内ボックス付近でリカルド・ペレイラのクリアをスキップがブロック。このこぼれ球を拾ったエリクセンがジョレンテとのパス交換から右足の強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。

試合巧者の戦いぶりで流れを引き寄せたトッテナムだったが、65分にはヴァーディのスルーパスからボックス左に抜け出したバーンズに絶好機を許すが、ここもGKロリスのビッグセーブで凌ぐ。ただ、リスク管理を意識するポチェッティーノ監督はスキップを下げてアルデルヴァイレルトを投入。システムを[3-4-3]に変更して逃げ切り態勢に入る。

一方、ゲザルを下げてイヘアナチョを投入したレスターはPK失敗のエースがミスを帳消しにする意地のゴールを奪う。76分、右サイド深くでパスを受けたリカルド・ペレイラがティーレマンスとのワンツーでボックス内に侵入してグラウンダーのクロス。これをゴール前に飛び込んだヴァーディがワンタッチで流し込んだ。

この1点によって息を吹き返したレスターはボールの主導権を握ってホームチームを押し込んでいく。苦しいトッテナムはワニャマ、ウォーカー=ピータースと守備的な選手交代を行う。対してレスターは88分に岡崎をピッチに送り出した。

試合最終盤にかけても拮抗した状況が続いたが、試合を決めたのは絶好調の韓国代表。91分、自陣深くのムサ・シソコから縦パスを受けたソン・フンミンはハーフウェイライン付近から相手陣内を独走。そのままボックス内までボールを運び落ち着いた左足のシュートでGKとの一対一を制して3試合連続ゴールを達成した。

そして、レスターとのタフな戦いをきっちり勝ち切ったトッテナムがリーグ戦4連勝を飾り、中2日で迎えるドルトムント戦に向けて大きな弾みをつけた。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズが今夏シンガポール&上海へのツアー実施を発表

トッテナムは19日、2019-20シーズンに備えたプレシーズンの一環で、2019年7月にシンガポールと上海へのツアーを行うことを発表した。 トッテナムがシンガポールを訪れるのは、1995年以来のこと。当時は、シンガポール・ライオンズと対戦していた。 中国本土への遠征は、2009年に北京で行なわれたバークレイズ・アジア・トロフィー以来のこと。最近では、2017年に香港を訪れ、キッチーと対戦していた。 今回のツアーは、胸スポンサーでもあるAIAの100周年記念式典にも参加するとのこと。2013-14シーズン以来、クラブとは戦略的パートナーシップで成功してきた。 2019.02.20 12:33 Wed
twitterfacebook
thumb

好調スパーズに更なる朗報! ケインが全体練習復帰で次節バーンリー戦出場へ

トッテナムに大きな朗報が届いた。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』は19日、イングランド代表FWハリー・ケインが18日の全体練習に復帰したと伝えた。 今季もトッテナムのチーム得点王として絶大な存在感を放つケインだが、今年1月13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦で古傷の足首を負傷。当初、3月初旬の復帰が見込まれていたが、クラブのフィジオを伴って温暖なバハマでのリハビリが功を奏してか、予定より2週間以上早い段階での全体練習復帰に漕ぎ着けた。 『イブニング・スタンダード』が伝えるところによれば、ケインは23日に行われるプレミアリーグ第27節のバーンリー戦で戦列復帰を果たす可能性が高いようだ。ただ、27日にチェルシーとのリーグ戦を控えていることもあり、バーンリー戦では短い出場時間になるようだ。 現在、公式戦4連勝と好調を維持するトッテナムにとってエースの復帰は追い風となるはずだ。 2019.02.19 22:53 Tue
twitterfacebook
thumb

「ケインとアリの不在を感じさせない」リバプールのレジェンドがソン・フンミンを絶賛

元リバプールで、解説者として活動するジェイミー・キャラガー氏は、トッテナムで大活躍を見せるソン・フンミンを称えた。<br><br>2015年にレヴァークーゼンからトッテナムに加入し、着実な成長を見せるソン・フンミン。今シーズン序盤に韓国代表としてアジア大会に出場し、さらに1月にもアジアカップでプレーするなど多忙を極める同選手だが、トッテナムの選手としてここまで全公式戦32試合に出場して16ゴール9アシストを記録する。<br><br>さらに、アジアカップから帰還してからは4試合連続ゴール中と、とどまることを知らない勢いだ。ハリー・ケインやデレ・アリが負傷により離脱する状況の中で迎えたチャンピオンズリーグのドルトムント戦でも先制点を挙げて、3-0の勝利に貢献するなどソン・フンミンはチームの攻撃陣を牽引する存在として活躍している。<br><br>この活躍を受け、リバプールで長年にわたり活躍したキャラガー氏は『Goal』韓国版で、ソン・フンミンに称賛を送った。「彼は今シーズンのプレミアリーグの中でベストプレーヤーの1人だと思う」<br><br>「トッテナムはケインとアリを欠いているが、ソンのおかげで彼らがいない影響を感じさせない。ソンはセンターフォワードでも、両サイドでも非常にファンタスティックなプレーを見せている。トッテナムに来た当初は控えとして考えられていたが、今ではチームの主力にまで上り詰めた」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ミランの2選手に関心 今節にスカウトを派遣か

トッテナムが、ミランに所属するスペイン代表FWスソ(25)とコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(22)に関心を寄せているようだ。イタリア『メディア・セット』が伝えている。 トッテナムは両選手の調査に向けて、16日に行われるセリエA第24節のアタランタとミランの一戦にスカウトを派遣するようだ。ミランは放出に否定的な姿勢を見せているが、スソには契約解除金が4000万ユーロ(約50億円)に設定されており、慰留は簡単ではないと見られている。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月のジェノアへの期限付き移籍を経てミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪取。今シーズンはここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方のケシエは2017年6月に、アタランタから買取りオプション付きの2年間のレンタル移籍でミランへ加入。加入初年度から公式戦54試合に出場し、5ゴール6アシストの数字を残した。今シーズンもここまで公式戦27試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 2019.02.16 23:12 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表&トッテナムでフル稼働でも躍動…ソン・フンミンが語る「走り続けることができる理由」

トッテナムで活躍する韓国代表FWソン・フンミンが、自身の原動力について語った。<br><br>ソン・フンミンは昨年の夏、ロシア・ワールドカップを戦った後にU-23韓国代表のオーバーエイジ枠としてアジア競技大会に主将として参戦。金メダルに貢献すると、シーズン開幕後はトッテナムでも変わらず主力として活躍している。<br><br>さらに、今冬には韓国代表としてアジアカップ2019を戦い、敗退のわずか5日後となる1月30日にはイングランドに戻ってプレミアリーグに出場。そこから公式戦4試合連続で先発し、すべての試合でゴールを記録している。<br><br>トッテナムで出場した直近の公式戦16試合において13ゴール7アシストと躍動するソン・フンミンは「僕は全ての瞬間を楽しもうとしている。フットボールをしている時が一番幸せなんだ」とコメント。ハードな日程を強いられてきたことに対するストレスはないことを明かした。<br><br>「本当にストレスはほとんどないよ。フットボールをすることで、それに対処するんだ。なぜ僕が頑張り続けることができるのかと言われれば、それが理由だと思うね」<br><br>「フィットネスに関しても、現時点で問題は何もない。自分にとって困難な状況が時々あっても、僕はフットボールのことを考え続けることができる。プレーできるチャンスがあることに、常に感謝しているんだ」<br><br>ソン・フンミンは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ファーストレグ、ボルシア・ドルトムントとのホーム戦でも先制点を記録し、3-0の勝利に貢献。CLでの躍進とともに、プレミアリーグ逆転優勝も狙えるトッテナムにとって不可欠な存在となっており、イングランド国内からも称賛の声が挙がっている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 22:40 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース