緊迫のロッカールーム50分間…カンテ、サッリからの叱責を認める2019.02.10 20:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが、指揮官からの叱責について語っている。フランス『RMC』で語られた内容を、イギリス『メトロ』が伝えた。プレミアリーグ第25節終了時点で4位に位置しているチェルシー(勝ち点50)。勝ち点62で並ぶ暫定首位マンチェスター・シティ、2位リバプールとの差は「12」に開いており、優勝は絶望視されている。

また、好調だった序盤からは日を追うごとに成績を落としており、第23節アーセナル戦、第24節ボーンマス戦に連敗。第25節ハダースフィールド戦には5-0の快勝を収めたものの、ボーンマスには0-4という衝撃的なスコアで敗れた。

さらに、ボーンマス戦後にはマウリツィオ・サッリ監督が選手たちを約50分間に渡りロッカールームに残らせて対話。その50分間の間に、同監督が「やる気が欠けている」などと選手を激しく叱責していたことも漏れ聞こえている。

サッリ監督からの“お説教”について問われたカンテは、報道を肯定。それでも、選手たちは反発せず前向きに捉えているようだ。

「それ(やる気が欠けているという発言)は彼がアーセナル戦とボーンマス戦の後に僕らに言ったことだ」

「彼と話して、僕らは目標を達成するための正しい方向性を模索することにした。決心を欠いて最初の10分や後半に失点するような状況を避けるために努力しているよ」

「(サッリ監督の叱責の正当性については)もちろん。聞くことは難しくない。監督は歯に衣着せぬ人物だ。あれが彼の本心で、それを表現したんだ」

「彼は僕らについてどう感じたかを理解させたかったんだ。僕らはそれに取り組むよ。スパーズとシェフィールドに勝った時は良い週を過ごせた。それからボーンマスに負けて、ハダースフィールドに快勝したね。それが続けられるといいな」

「僕らはサッリが何を望んでいるか分かるし、最善の答えを出そうと努力している。彼はプレーに関して自分のアイデアを持っているし、攻撃的なフットボールをさせたがってる。とても一生懸命にトレーニングしているし、それを試合で出そうとしているんだ」

サッリ監督が昨シーズンまで指揮していたナポリからMFジョルジーニョを連れて来たことで、アンカーのポジションを奪われているカンテ。時にはインサイドハーフでのプレーの物足りなさを指摘されているが、指揮官の要望に応えようと真摯に取り組んでいるようだ。10日に行われる第26節マンチェスター・シティ戦での活躍に期待したい。
コメント
関連ニュース
thumb

サッリ、ローマ行き噂に「無論、ノー」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)がローマ行きを完全否定した。イギリス『BBC』が報じた。 今シーズンからチェルシーを率いるサッリ監督はシーズンが進むに連れて、イタリア代表MFジョルジーニョを軸としたポゼッションスタイルは相手に対応され、プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場圏外の6位に転落。チェルシー監督更迭説が加熱している。 そうしたなか、イギリス『スカイ・スポーツ』が先日、サッリ側とローマの接触を報道。さらに、チェルシーは既にジネディーヌ・ジダン氏やフランク・ランパード氏を後任として模索しているとみられ、サッリ監督の去就が騒がしくなっている。 だが、サッリ監督はチェルシー監督続投を主張した。21日にホームで行われたマルメとのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2nd終了後、ローマ行きの可能性について問われると、次のように返答した。 「無論、ノーだ。私はチェルシーとの契約が来シーズンもある。従って、不可能だ」 2019.02.22 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト16が決定! チェルシーら優勝候補が順当突破! 4選手参戦の日本勢は明暗分かれる

21日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。 アーセナルが1stレグでBATEボリソフに金星を献上する波乱があったものの、ホームでの2ndレグをきっちり3-0の勝利で飾り逆転での突破を決めた。 優勝候補筆頭のチェルシーとナポリ、インテルの3チームは国内リーグの不振を引きずることなく、いずれも格下相手に力の差を見せつけて突破を決めた。 今大会で無類の強さを見せるスペイン勢ではセビージャ、バレンシア、ビジャレアルの3チームが突破。難敵ラツィオを退けたセビージャに対して、伏兵レンヌとの激しい打ち合いに敗れたベティスが敗退と、アンダルシア勢の2チームで明暗が分かれることに。 また、フランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実、ガラタサライDF長友佑都、ヘンクFW伊東純也の4選手が参戦した日本勢では、長谷部と南野が突破を決めた一方、長友と伊東は無念の敗退となった。なお、伊東はスラビア・プラハとの2ndレグでEL&ヘンクデビューを飾っている。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は22日の日本時間21時に行われ、1stレグは3月7日、2ndレグは同月14日に行われる予定だ。 ELラウンド16進出チーム一覧およびラウンド32の結果一覧は以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) セビージャ(スペイン) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) レンヌ(フランス) ベンフィカ(ポルトガル) ザルツブルク(オーストリア) ゼニト(ロシア) FCクラスノダール(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) スラビア・プラハ(チェコ) ◆ELラウンド32結果 セビージャ 2-0(AGG:3-0) ラツィオ ゼニト 3-1(AGG:3-2) フェネルバフチェ アーセナル 3-0(AGG:3-1) BATEボリソフ ビジャレアル 1-1(AGG:2-1) スポルティング・リスボン バレンシア 1-0(AGG:3-0) セルティック フランクフルト 4-1(AGG:6-3) シャフタール ナポリ 2-0(AGG:5-1) チューリッヒ ザルツブルク 4-0(AGG:5-2) クラブ・ブルージュ ディナモ・ザグレブ 3-0(AGG:4-2) ビクトリア・プルゼニ ベティス 1-3(AGG:4-6) レンヌ レバークーゼン 1-1(AGG:1-1) FCクラスノダール※ ヘンク 1-4(AGG:1-4) スラビア・プラハ インテル 4-0(AGG:5-0) ラピド・ウィーン チェルシー 0-0(AGG:3-0) マルメ ディナモ・キエフ 1-0(AGG:3-2) オリンピアコス ベンフィカ 2-1(AGG:2-1) ガラタサライ ※アウェイゴール数の差で突破 2019.02.22 07:09 Fri
twitterfacebook
thumb

1stレグに続きジルー&バークリーがゴール! サッリ解任危機のチェルシーが快勝で16強入り!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、チェルシーvsマルメが21日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-0で勝利。この結果、2戦合計5-1としてチェルシーのラウンド16進出が決定した。 優勝候補筆頭となるチェルシーは敵地で行われたスウェーデン王者との初戦をバークリーとジルーのゴールによって2-1で先勝。ただ、苦戦を強いられる国内の戦いでは直近のFAカップでマンチェスター・ユナイテッドにホームで0-2の完敗。先日のマンチェスター・シティ相手の0-6の惨敗を含め、ここ最近の低調ぶりにサッリ監督の解任報道が盛んに伝えられている。 サッリ体制継続のため必勝が求められる今回の一戦に向けては前回対戦から先発4人を変更。いずれもコンディションに問題を抱えるGKケパとペドロに代わってGKカバジェロ、ハドソン=オドイ、ダビド・ルイスとジョルジーニョに代えてリュディガーとカンテが起用された。 ここ最近の不振の影響か、リスクを冒して前に出るマルメに対して受け身の入りを強いられたホームのチェルシー。13分にはボックス内でDFを外したロセンベリに際どいシュートを許すが、これはわずかに枠の左に外れて事なきを得る。 その後、時間の経過と共にボール支配率を高めるチェルシーだが、球際の勝負を強調する相手の素早い出足に苦戦。なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めず、逆に相手のカウンターに晒される。 それでも、30分を過ぎると相手の出足が鈍ったこともあり、落ち着いたボール回しから相手ボックス付近でのプレー機会を増やし、ハドソン=オドイの果敢な仕掛けやジルーの強さを生かした攻めでフィニッシュに持ち込む。しかし、バークリーのシュートが相手GKのセーブに遭うなど、前半のうちにゴールを奪うまでには至らず。 互いに選手交代なしで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。しかし、ワンチャンスを生かしたホームチームが見事な高速カウンターからゴールを陥れる。55分、ハーフウェイライン付近で相手のクリアボールを奪ったカンテが豪快に中央を持ち上がって左サイドにフリーで走り込むウィリアンにパス。そして、ウィリアンからの丁寧な折り返しにゴール前で反応したジルーが利き足とは逆の右足ワンタッチシュートで流し込み、1stレグに続いてEL5試合連続ゴールとした。 この得点をキッカケに勢いに乗ったチェルシーはカンテの中央突破からバークリーがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定で認められず。それでも、73分にはエメルソン・パルミエリの仕掛けからボックス手前やや左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバークリーが壁の上から落としてゴール左上隅の絶妙なコースに突き刺し、決定的な追加点を挙げた。 ジルーに続くバークリーの2試合連続ゴールで試合を決めたチェルシーは、そのFKの場面で2枚目の警告を受けた相手DFベングションが退場したこともあり、カンテ、バークリー、アスピリクエタを下げてロフタス=チーク、ジョルジーニョ、アンパドゥを一気に投入。アザールやイグアインを温存することに成功した。 その後、83分には左サイドのウィリアンから大きなサイドチェンジを受けたハドソン=オドイがそのままボックス内に切り込んで角度のないところから右足のシュートをゴール左隅に流し込み、トドメの3点目とした。そして、10人のマルメに3-0で快勝のチェルシーが2戦合計5-1でベスト16進出を決め、24日に控えるEFLカップ(カラバオ・カップ)決勝のシティ戦に弾みを付けた。 2019.02.22 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、バイエルン獲得熱望の逸材FWハドソン=オドイに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を同『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシー下部組織出身のハドソン=オドイは左ウイングや2列目を主戦場とするイングランド期待の逸材アタッカー。抜群のスピートと緩急自在の仕掛けに加え、精度の高い右足のキック、攻撃センスを兼ね備えている。 その逸材を巡って今冬の移籍市場では、バイエルンが3500万ポンド(約50億円)での獲得を目指していた。ハドソン=オドイ自身もトランスファーリクエストを提出したことがイギリス『スカイ・スポーツ』でも報じられていたが、チェルシーが最後まで放出を固辞し、実現しなかった。 それでもバイエルンは諦めておらず、今夏にも再びハドソン=オドイの獲得に動くようだ。しかし、今回伝えられるところによると、PSGも獲得に興味を示している模様。バイエルンに匹敵するオファーも準備できているという。 一方、チェルシーは依然として慰留に努めている。しかし、チェルシーのコーチであるジャンフランコ・ゾラ氏は、「ハドソン=オドイと同世代で同じくらいヨーロッパでプレーしている選手は多くない」と発言しながらも、出場機会の少なさから新契約を締結する見込みが薄まっていることを示唆しているようだ。 チェルシーとの現行契約が2020年6月までとなっているハドソン=オドイだが、今夏にクラブを離れる事になるのだろうか。 2019.02.21 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】崖っぷちアーセナルや日本人所属クラブの突破なるか? 16強懸けた運命の第2戦!

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが21日に開催される。グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。チェルシー、アーセナル、ナポリ、インテル、セビージャといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32第2戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・2ndレグ◆ ▽2/20(水) セビージャ 2-0(AGG:3-0) ラツィオ ▽2/21(木) 《26:55》 チェルシー vs マルメ フランクフルト vs シャフタール ザルツブルク vs クラブ・ブルージュ ナポリ vs チューリッヒ バレンシア vs セルティック ゼニト vs フェネルバフチェ ビジャレアル vs スポルティング・リスボン ディナモ・ザグレブ vs ビクトリア・プルゼニ 《29:00》 アーセナル vs BATEボリソフ インテル vs ラピド・ウィーン ベンフィカ vs ガラタサライ ヘンク vs スラビア・プラハ ベティス vs レンヌ レバークーゼン vs FCクラスノダール ディナモ・キエフ vs オリンピアコス ◆ラウンド32・1stレグ結果◆ ▽2/12(火) フェネルバフチェ 1-0 ゼニト ▽2/14(木) ラツィオ 0-1 セビージャ ラピド・ウィーン 0-1 インテル BATEボリソフ 1-0 アーセナル ガラタサライ 1-2 ベンフィカ スラビア・プラハ 0-0 ヘンク FCクラスノダール 0-0 レバークーゼン レンヌ 3-3 ベティス オリンピアコス 2-2 ディナモ・キエフ マルメ 1-2 チェルシー シャフタール 2-2 フランクフルト クラブ・ブルージュ 2-1 ザルツブルク チューリッヒ 1-3 ナポリ セルティック 0-2 バレンシア スポルティング・リスボン 0-1 ビジャレアル ビクトリア・プルゼニ 2-1 ディナモ・ザグレブ ★崖っぷちアーセナル、ホームで逆転なるか <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ナポリやチェルシーら優勝候補が順当に敵地で勝利を収めた中、まさかの金星を献上してしまったのが、アーセナルだ。 クラブOBのアレクサンドル・フレブを擁するベラルーシ王者、BATEボリソフのホームに乗り込んだ初戦では試合を通して高いボール支配率、多くのシュート数を記録した一方、組織的な守備を見せたホームチームの守備を崩し切るまでには至らず、セットプレーで与えた1失点に泣き、まさかの0-1のスコアでホームでの2ndレグを迎えることになった。さらに、同試合ではFWオーバメヤンと共に重要な得点源となっているFWラカゼットが悪質なエルボーを見舞い一発退場となり、今回の試合では起用できない。 それでも、アーセナル・スタジアムでの圧倒的なホームアドバンテージに加え、先週末はFAカップ敗退に伴い、試合が行われておらず、万全の状態で今回のリターンマッチに臨める。先勝のアドバンテージとアウェイゴールをチラつかせるBATEボリソフは今回の一戦でも初戦と同じ堅実なプランを遂行する構えだが、アーセナルは前回対戦で大きな課題となったアタッキングサードにおける崩しのアイデアを見せられるか。その中で復帰濃厚なMFラムジーやMFエジルの働きがより重要になりそうだ。 ★苦境日本勢は逆転なるか <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_45_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>フランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実、ガラタサライDF長友佑都、ヘンクFW伊東純也と日本人選手が所属する4クラブではフランクフルトとヘンクが敵地でドローも、ザルツブルクは敵地で敗戦、ガラタサライはホームで敗戦と芳しい結果を手にすることはできなかった。 前述の4チームの中で最も突破に近い位置にいるのは長谷部のフランクフルトだ。ウクライナの雄、シャフタールのホームに乗り込んだ初戦では前半序盤に相手に退場者が出る幸運に恵まれたものの、2度のリードを守り切れず、最終的に2-2のドローで試合を終えた。 それでも、2つのアウェイゴールは大きなアドバンテージと言えるはずだ。ただ、直近のリーグ戦ではボルシアMG相手に再びリードを守り切れず、1-1のドローを喫して公式戦5試合連続ドローと課題のリード後の試合運びを改善できず。MFタイソンやMFマルロスと百戦錬磨のアタッカーが揃うシャフタールとのリターンマッチに向けて不安を残す。 また、伊東のELデビューは実現しなかったものの、スラビア・プラハとのアウェイゲームをゴールレスドローで終えたヘンクも好位置につける。なお、伊東は1-3でクラブ・ブルージュに敗れた直近のリーグ戦でベンチ入りを果たしたものの、デビューはならず。したがって、今回の2ndレグでは何とかデビューを飾りたい。 敵地でクラブ・ブルージュに1-2で競り負けた南野のザルツブルクはホームでの逆転突破を目指す。幸い、先週末の国内カップでは2部のウィーナー・ノイシュタット相手に2-1で勝利を収めてきっちりバウンスバックに成功。なお、南野は同試合で84分までプレーしており、今回の2ndレグでは初戦同様にベンチスタートが濃厚だ。 前述の3選手に比べてより厳しい立場に立たされているのが長友のガラタサライだ。共にホームで圧倒的なアドバンテージを持つ中、ホーム開催の初戦ではポルトガルの強豪、ベンフィカ相手に1-2の敗戦。長友の見事なアシストで一時追いついたものの、ホームで痛すぎる敗戦となった。そのベンフィカはラージェ新監督就任後、公式戦8戦全勝と絶好調。さらに、エスタディオ・ダ・ルスは欧州屈指の難攻不落の要塞となっており、そのアウェイゲームで2点以上を奪って勝つことは至難の業だ。なお、長友は先週末のリーグ戦を体調不良で欠場しており、この試合にフィットできるか微妙なところだ。 ★優勝候補&スペイン勢は突破濃厚か <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_45_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>優勝候補筆頭に挙がるチェルシーとナポリ、今大会に相性がすこぶる良いスペイン勢はいずれも1stレグで好結果を手にした。 一部主力を温存した中、マルメとのアウェイゲームをMFバークリー、FWジルーのゴールにより2-1で勝ち切ったチェルシーだが、18日のFAカップ5回戦ではホームでマンチェスター・ユナイテッド相手に0-2で完敗。先日のマンチェスター・シティ相手の屈辱的な0-6の敗戦を含め、ここ最近の不甲斐ない戦いぶりを受けて、サッリ監督の進退問題が騒がしくなっている。また、今週末にはシティとのEFLカップ決勝を控えており、ターンオーバーも見込まれる中できっちり勝ち切れるか。 一方、チューリッヒ相手の初戦を3-1で勝ち切ってホームに戻ってきたナポリだが、先週末のトリノ戦ではホームでゴールレスドローとリーグ戦2戦連続ドローとやや得点力不足に悩まされている。とはいえ、守備は安定しており格下チューリッヒ相手に十分に逃げ切れるはずだ。 同じ都市での同日開催を避けるため20日に前倒し開催となった中、ラツィオを2戦合計3-0で撃破したセビージャに続きたいスペイン勢。スコットランドの名門、セルティック相手に難所セルティック・パークで2-0の見事な勝利を収めたバレンシアは、無類の強さを誇るメスタージャで逃げ切りを狙う。 また、スポルティング・リスボンとのイベリア半島ダービーに敵地で1-0の先勝を収めたビジャレアルは低迷する国内リーグでもセビージャに3-0の完勝。良い状態を保ってホームでの2ndレグに臨む。 一方、レンヌとのアウェイゲームで3-3の壮絶な打ち合いを演じたベティスはスペイン勢で唯一初戦で勝利できなかったものの、3つのアウェイゴールは大きなアドバンテージだ。先週末のリーグ戦ではMF乾貴士を擁するアラベス相手にタフな1-1のドローゲームを戦ったため、コンディションに不安を抱えるが、勝負強さを発揮できるか。 2019.02.21 18:00 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース