本田圭佑が途中出場で戦線復帰も…2位のメルボルン・V、首位攻防戦に敗れ連勝ストップ《Aリーグ》2019.02.10 17:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは10日、オーストラリア・Aリーグ第18節でパース・グローリーと対戦し、1-2で敗れた。本田は62分から出場した。

現在、リーグ戦で2位に位置するメルボルン・V(勝ち点36)は、首位のパース・グローリー(勝ち点40)をホームに迎えた。1月に右足ハムストリング損傷と診断され、戦線を離脱していた本田は、この重要な一戦でベンチ入りを果たした。

両者、球際の激しい立ち上がりを見せる首位攻防戦。時間の経過と共にメルボルン・Vが敵陣への侵攻を増やし、13分には右サイドからのクロスを中央で収めたカンソバが反転シュートを放つが、GKリアム・レッディの正面に飛んでしまう。

その後は互いに決定機を作れないまま前半終盤に。するとメルボルン・Vは44分、ボックス左外でパスを受けたトロイージがニアサイドに低いクロスを供給。これをアティウが粘ってゴールエリア左からシュートを放つも、ここもGKに阻まれた。

ゴールレスで試合を折り返すと、パース・グローリーが攻勢を強める。60分、ボックス付近まで侵攻を許してしまうと、キルケニーのパスがPA内のブラウンの手に当たってしまい、PKを献上。これをキルケニーに決められてしまい、先制点を与えてしまう。

先制を許したメルボルン・Vは直後、本田を投入。するとすぐさま右サイドでボールを持った本田のクロスから最後はアントニスが惜しいボレーシュートを放ち、反撃に出る。

しかし流れに乗ったパース・グローリーが69分に追加点。イコノミディスにカウンターから左サイドを抜け出され、中央へのクロスを最後はディエゴ・カストロに押し込まれた。

苦しい状況となったメルボルン・Vは78分、右サイドでのパス回しからボックス右手前でボールを持ったブロックスハムのゴール前へのスルーパスにバーバルーゼスが抜け出して右足で流し込んだ。

1点差まで詰め寄ったが、反撃はここまで。メルボルン・Vは連勝が「2」でストップし、首位との勝ち点差が「7」に広がる手痛い敗北を喫した。

メルボルン・ビクトリー vs パース・グローリー
【メルボルン・ビクトリー】
バーバルーゼス(後33)

【パース・グローリー】
キルケニー(後16)
ディエゴ・カストロ(後24)
コメント
関連ニュース
thumb

元ニューカッスルDFスティーブン・テイラー、ウェリントン・フェニックスとの契約を1年延長!

Aリーグのウェリントン・フェニックスは18日、イングランド人DFスティーブン・テイラー(33)との契約を2019-20シーズンまで延長したことを発表した。 1995年から2016年までニューカッスルに在籍し、公式戦215試合に出場したセンターバックのS・テイラー。その後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズ、チャンピオンシップ(イングランド2部)にイプスウィッチ、リーグ1(イングランド3部)のピーターバラ・ユナイテッドFCを経て、2018年7月にウェリントン・フェニックスに1年契約で加入していた。今シーズンはここまで公式戦19試合1ゴールを記録している。 ウェリントン・フェニックスとの契約を延長したS・テイラーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕はウェリントンを家のように感じている。このクラブでうまくプレー出来ているし、契約を延長することができて、とても幸せだよ」 2019.02.18 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調の本田圭佑、ハムストリング負傷で4週間離脱へ…今季ここまで5G3A

Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、元日本代表MF本田圭佑が右足ハムストリング損傷と診断されたことを発表した。4週間離脱する見込み。 Aリーグ直近2試合を欠場していた本田だが、クラブの発表によると2日の検査によって判明。現在、リハビリプログラムを開始しているとのこと。 メルボルン・Vを指揮するケビン・マスカット監督は、「これはケイスケ(本田圭佑)、チームメイト、クラブ、そしてファンにとって残念なことだ」とコメントしている。 2018年8月にメルボルン・Vに加入した本田は、デビュー戦のメルボルン・シティ戦で初ゴールを記録すると、その後も絶好調を維持。ここまでリーグ戦8試合5ゴール3アシストという成績を残していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 2019.01.03 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

Aリーグで7試合4G3Aの本田圭佑、PFA選出10/11月の月間最優秀選手賞を受賞!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの10月と11月の月間最優秀選手に選ばれた。リーグ公式が伝えている。 ▽2018年8月にメルボルン・ビクトリーへ加入した本田は、10月の開幕戦から7試合4ゴール3アシストを記録。Aリーグ選出の週間ベストイレブンにすでに5回選ばれるなど、高いパフォーマンスを継続している。 ▽同賞を受賞した本田は、Aリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「驚いています。受賞できてとても幸せです。ただ、チームが勝利することの方が幸せです」 「この賞を貰えたことをありがたく思いますが、チームメイトのおかげでもあると思います。僕に投票してくれた皆さんに感謝しています」 2018.12.12 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

好調・本田圭佑、またも! Aリーグ第5節ベスト11で早くも4度目の選出!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第5節のベストイレブンに選出された。リーグ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは25日、Aリーグ第5節でシドニーFCと対戦した。前節今シーズン2点目を決めた本田はこの日も先発出場を果たし、1-1で迎えた71分に本田がボックス内で倒されてPKを獲得。これを自ら決めきり、リードを奪い、本田の2戦連発でメルボルン・ビクトリーが3連勝を飾った。 ▽開幕5試合で3得点3アシストと好調をキープする本田は、4回目のベストイレブン選出。公式サイトは「ビクトリーのケビン・マスカット監督は本田を『優秀』と称賛。彼の評価に対して、議論は起きない。94回のタッチ、5本のクロス、3度のタックル、4度のファウル獲得で試合を終えた」と評価している。 ◆リーグA第5節ベスト11 GK グレン・モス(ニューカッスル・ジェッツ) DF ニコライ・トポル=スタンリー(ニューカッスル・ジェッツ) ゲオルグ・ニーダーマイアー(メルボルン・ビクトリー) テイラー・リーガン(アデレード・ユナイテッド) MF ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ) コナー・オトゥール(ブリスベン・ロアー) ニール・キルケニー(パース・グローリーFC) 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) クリストファー・オイコノミディス(パース・グローリーFC) FW アダム・タガート(ブリスベン・ロアー) ケン・イルセ(アデレード・ユナイテッド) 2018.11.27 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今季2点目の本田圭佑がAリーグ第4節ベスト11選出! すでに3度の選出に「褒め言葉が尽きてしまう」

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第4節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦。前節アシストを記録した本田は、[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場し、この日も多くのチャンスで顔を出してゴールに迫った。すると30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、ボックス右手前でボール奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を制した。その後もメルボルン・Vの攻撃をけん引し、フル出場で4-1での勝利に貢献している。 ▽本田はこれですでに3回目のベストイレブン選出。公式サイトは「まだ11月なのにビクトリーの日本人プレーメーカーへの褒め言葉が尽きてしまう。日本のスターは4度のチャンスを作り、勤勉なプレーを魅せた」 ◆リーグA第4節ベスト11 GK フィリップ・クルト(ウェリントン・フェニックス) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) シェイン・ローリー(パース・グローリーFC) アレックス・グラント(セントラルコースト・マリナーズ) ジョプ・ファン・デル・リンデン(シドニーFC) MF 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) アレックス・ロペス(ブリスベン・ロアー) フローリン・ベレンガー(メルボルン・シティ) FW アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) オリオル・リエラ(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC) 2018.11.12 13:15 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース