香川真司とともにブンデス連覇を経験、ブワシュチコフスキが古巣のヴィスワ・クラクフへ加入2019.02.10 11:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクを退団したポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(33)が、古巣のヴィスワ・クラクフへと復帰した。背番号は「16」。契約期間は今シーズン終了までとなっている。

“クバ”の相性で知られるブワシュチコフスキは、2005年1月から2007年7月までヴィスワ・クラクフでプレーすると、2007年7月にドルトムントへと完全移籍。右サイドのスペシャリストとして主力を担い、MF香川真司らとともに2010-11シーズン、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献していた。

ドルトムントでは公式戦通算253試合に出場し32得点を記録するなどチームを支えてきたが、トーマス・トゥヘル体制で構想外となると、2015年にフィオレンティーナへとレンタル移籍。そして、2016年夏には3年契約でヴォルフスブルクに完全移籍した。

ヴォルフスブルクでは加入1年目こそリーグ戦28試合に出場したが、以降は大幅に出場機会を減らし、今季はリーグ戦とDFBポカールの2試合にいずれも途中出場で10分ほどプレーしただけだった。

なお、ヴィスワ・クラクフでは、公式戦62試合に出場し2ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGとの契約を解除していた元フランス代表MFラッサナ・ディアッラが33歳で現役引退

19日にパリ・サンジェルマンとの契約を解除していた元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(33)が21日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。2017年12月に退団後、昨年1月に2019年6月30日までの1年半契約でPSGに加入していたが、今季はリーグ・アン3試合の出場に留まり契約を解除していた。 フランス代表としては34試合に出場。ユーロ2008のメンバーに選出されていた。 L・ディアッラはインスタグラムで「僕はサッカーに多くを与え、サッカーのおかげで多くのことを受けた。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。フランス代表のユニフォームを着られたことは夢のようだった。選手を終えることになるが、何も忘れない。今後も熱意、決意、努力を持って生き続ける」と綴った。 2019.02.22 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブスのモロッコ代表MFサイスが2021年まで契約延長

ウォルバーハンプトンは21日、モロッコ代表MFロマン・サイス(28)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 フランス出身の守備的MF兼センターバックであるサイスは、2016年8月にアンジェからウルブスに加入。ウルブスではこれまで公式戦87試合に出場して6ゴール2アシストを記録。昨季は主力としてプレミアリーグ昇格に貢献していた。そして今季はここまでプレミアリーグ13試合に出場して2ゴールを挙げている。 モロッコ代表としてはこれまで30試合に出場し、ロシア・ワールドカップでは2試合に出場していた。 プレミアリーグで現在7位と好位置に付けるウルブスでは今月、主力のアイルランド代表DFマット・ドハーティ、イングランド人DFコナー・コーディとも契約を更新していた。 2019.02.21 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツがシュヴァルツ監督と2022年まで契約延長

マインツは21日、サンドロ・シュヴァルツ監督(40)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 昨季、マインツの監督に就任したシュヴァルツ監督はチームを14位でフィニッシュさせ、ブンデスリーガ残留に導いていた。そして今季も22試合を消化した時点でここまで11位に付け、残留に近づいている。 マインツの下部組織出身であるシュヴァルツ監督は現役時代にユルゲン・クロップ監督の指導を受け、2003-04シーズンにクラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしていた。そして現役引退後、2013-14シーズンからマインツのU-19チームの監督に就任。その後、2015年2月からU-23チームの監督を率いていた。 2019.02.21 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

慶南FCが“アンリ2世”とも呼ばれたオランダ人FWカスタイニョスを獲得…ACLでは鹿島と同組

Kリーグ1の慶南FCは20日、スポルティング・リスボンからオランダ人FWルク・カスタイニョス(26)をフリートランスファーで獲得した。スポルティングは、19日に契約解除を発表していた。 カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはインテルへと移籍した。 2012年7月にはトゥベンテへと移籍すると、2015年7月にはフランクフルトに加入。2016年8月にスポルティングへ完全移籍すると、2017年8月からはフィテッセにレンタル移籍。2018年1月に復帰していた。 フェイエノールトでは公式戦通算42試合に出場し15ゴールを記録。インテルでは8試合1ゴールと結果を残せなかったが、トゥベンテでは114試合で42ゴール11アシストを記録した。フランクフルトでは1シーズンで22試合に出場し5ゴール3アシスト。スポルティングでは17試合に出場しゴールはなかった。エールディビジでは通算159試合54ゴール11アシストを記録している。 世代別のオランダ代表にも選出され、16歳のときにU-17欧州選手権で得点王に。2009年のU-17ワールドカップにも出場。 2010年には、ソン・フンミンやネイマール、ロメル・ルカクらとともに、IFA公式サイトの10代の有望選手23人の中の1人として名を連ねていた。また、“アンリ2世”とも呼ばれていたが、本人が拒否していた。 慶南FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。グループEに入り、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、鹿島アントラーズ(日本)、山東魯能(中国)と同居している。 2019.02.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムシク加入の大連一方がレバンテからガーナ代表FWボアテングを獲得

中国スーパーリーグの大連一方は20日、レバンテのガーナ代表FWエマヌエル・ボアテング(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ガーナでキャリアをスタートさせたE・ボアテングは、ポルトガルのリオ・アヴェや モレイレンセでのプレーを経て、2017年8月にレバンテへ加入。トップを主戦場にウイングやオフェンシブMFもこなせる万能型のストライカーは、昨季は公式戦32試合に出場し7ゴール1アシストをマーク。今季もここまでリーガエスパニョーラ16試合に出場していた。 また、代表キャリアにおいては2018年5月にA代表デビューを飾ると、デビュー戦となった日本代表戦で初ゴールを記録した。 『レキップ』によれば、E・ボアテングの移籍金として大連一方は1100万ユーロ(13億7000万円)+ボーナスを支払い、E・ボアテングとは年俸300万ユーロ(約3億7000万円)の3年契約を結ぶとのことだ。 大連一方は、昨シーズンまで全北現代を率いていたチェ・ガンヒ監督が新監督に就任。ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコやアルゼンチン代表FWニコラス・ガイタンが所属。また、先日ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)も加入していた。 2019.02.20 22:20 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース