ホームでシャルケに快勝のバイエルンが2位浮上!《ブンデスリーガ》2019.02.10 04:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第23節、バイエルンvsシャルケが9日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利した。

前節、レバークーゼン相手にまさかの大敗を喫してリーグ戦の連勝が「7」でストップした3位のバイエルンは首位ドルトムントとの勝ち点差が「7」に広がることに。それでも、ミッドウィーク開催となったDFBポカールでは延長戦の末にヘルタ・ベルリンを下してバウンスバックに成功。リーグ戦2戦未勝利の12位シャルケをホームに迎えたこの一戦に向けてはジューレからボアテングにセンターバックを入れ替えた以外、同じメンバーを起用した。

立ち上がりから相手を押し込んでいくバイエルンは12分、相手陣内中央でベンタレブからボールを奪い切ったハメス・ロドリゲスがすかさずスルーパス。これに反応したレヴァンドフスキと競ったDFブルマの足に当たったボールが自軍ゴールへのシュートのような形となり、ゴールネットを揺らした。

やや幸運な形で先手を奪ったバイエルンはハメス・ロドリゲスとレヴァンドフスキが中央で起点を作り、右ウイングのニャブリに続けてチャンスボールを入れるが、ここは相手GKの好守もあり決め切れない。

すると25分にはシャルケが反撃。相手CKのカウンターから自陣中央で3人を相手にボールキープしたベンタレブからマッキーニーにボールが繋がると、マッキーニーはすかさず前線のスペースに飛び出すクツジュに縦パスを通す。そのままボックス内に運んだクツジュがGKの届かないゴール左隅にシュートを決め切った。

一瞬の隙から追いつかれたバイエルンだったが、失点からわずか2分後に勝ち越す。27分、相手の自陣でのパス回しにプレッシャーをかけたニャブリがうまく引っかけると、これを拾ったハメスが絶妙なワンタッチでゴール前に走り込むレヴァンドフスキに繋ぐと、これをエースFWが難なく流し込んだ。

その後はマッキーニーを中心に時折鋭い縦への仕掛けを見せるシャルケが攻勢に打って出るが、やや後方に重心を置いたバイエルンが冷静な対応を続けて前半はホームチームの1点リードで終了した。

迎えた後半、ややオープンな立ち上がりとなった中、シャルケに続けてチャンスが訪れる。53分、マッキーニーの中央突破からボックス左でパスを受けたコノプリャンカがカットインしてシュート。このプレーで得た右CKをブルマが高い打点のヘディングで合わせるが、これは惜しくも左ポストを叩く。

思わず冷や汗をかいたバイエルンだったが、見事な決定力で相手を突き放す。57分、相手陣内でのボール奪取から左サイド深くで仕掛けたコマンがクロスを供給。ボックス中央で胸トラップしたレヴァンドフスキがバイシクルシュートを狙うと、これをゴール前のニャブリがうまく頭でコースを変えてゴール左隅に流し込んだ。

2点差をつけて余裕が出てきたホームチームは68分にコマンを下げて負傷明けのリベリを直近のDFBポカールに続いて途中投入。さらに殊勲のハメス・ロドリゲス、ニャブリも下げてハビ・マルティネス、アルフォンソ・デイビスの投入で試合をクローズにかかる。

その後はレヴァンドフスキにドッペルパックのチャンスが幾度か訪れたものの、相手守備陣の粘りに遭って決め切れない。それでも、このまま最少失点で逃げ切ったホームチームが3-1の快勝で前節の敗戦を払拭。ボルシアMGを抜いて2位に浮上すると共にドルトムントとの勝ち点差を「5」に縮めた。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール戦控えるバイエルン、開始15秒被弾もコマンの2発とアラバ弾で逆転勝利!《ブンデスリーガ》

バイエルンは15日、ブンデスリーガ第22節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。 前節シャルケ戦を快勝して首位ドルトムントとの勝ち点差を5に縮めた2位バイエルン(勝ち点45)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦を控える中、守護神のノイアーが負傷から復帰。ベストメンバーで挑んだ。 15位アウグスブルク(勝ち点18)に対し、3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にハメス・ロドリゲスを配置する[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始15秒に失点する。 マックスにボックス左深くまでえぐられてクロスを入れられると、クリアにかかったゴレツカのオウンゴールを誘発した。 その後もアウグスブルクのハイプレスに苦戦していたバイエルンだったが、17分に同点とする。キミッヒの正確な右クロスをコマンがボレーで押し込んだ。 しかし23分、アウグスブルクにすかさず勝ち越される。マックスが左サイド深くから上げたクロスをジューレがクリアしきれず、ルーズボールをボックス中央のチ・ドンウォンに左足で蹴り込まれた。 再び追う展開となったバイエルンは26分にゴレツカがミドルシュートでGKを強襲すれば、34分には右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートがバーに直撃した。 それでも追加タイム3分、バイエルンが追いつく。ゴレツカのパスをボックス左で受けたコマンが左足を振り抜くと、シュートがGKの股間を抜けてネットを揺らし、2-2として前半を終えた。 迎えた後半はバイエルンが攻勢に出ると、53分に逆転した。コマンのパスをボックス左で受けたアラバがゴール右にシュートを蹴り込んだ。 その後もミュラーやリベリを投入して攻撃の強度を維持したバイエルンがアウグスブルクの反撃を許さずに時間を消化。 そのまま3-2で勝利し、首位ドルトムントに暫定2ポイント差に迫った。 2019.02.16 06:26 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第22節プレビュー】CLリバプール戦控えるバイエルンが金曜に登場、ドルトは監督交代の久保ニュルンベルクと対戦

前節行われたハノーファーvsニュルンベルクの逆天王山はハノーファーが制し、最下位を脱出した。上位陣ではドルトムントがホッフェンハイムに3点差を追いつかれて痛恨のドローに終わった一方、バイエルンがシャルケに快勝し、5ポイント差に縮まっている。迎える第22節、チャンピオンズリーグ(CL)・リバプール戦を火曜に控えるバイエルンは金曜にアウグスブルク戦を、ドルトムントは監督交代のあったニュルンベルク戦を日曜に戦う。 守護神ノイアーが引き続き負傷欠場となった中、攻撃陣がしっかりと機能してシャルケ相手に3ゴールを奪い、2位に再浮上したバイエルン(勝ち点45)は、15位アウグスブルク(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。ビッグマッチのリバプール戦に気がいきがちなところだが、ドルトムントの背中が見えてきた中、残留争いに巻き込まれているアウグスブルクにしっかりと勝利してドルトムントにプレッシャーをかけたい。 ホッフェンハイム戦を痛恨のドローで終えた首位ドルトムント(勝ち点50)は、最下位に転落した久保のニュルンベルク(勝ち点12)とアウェイで対戦する。ロイスやアルカセル、ヴァイグルといった主力を欠いた中、水曜に行われたCLトッテナム戦は終盤の2失点が響き、0-3と完敗。ベスト8進出が厳しくなり、バイエルンにも迫られている中、リーグ戦に気持ちを切り替えることができるか。 ライプツィヒ戦でもドルトムント戦に続き守備を統率して無失点に抑えたフランクフルトの長谷部。その5位フランクフルト(勝ち点33)は3位に後退したボルシアMG(勝ち点42)とのホーム戦に臨む。ボルシアMGにもリーグ屈指のアタッカーであるT・アザールがおり、長谷部にとっては腕の見せ所といった試合となるが、ライプツィヒ戦に続きクリーンシートとなるか。 ニュルンベルクとの逆天王山を制し、最下位を脱出した17位ハノーファー(勝ち点14)は、9位ホッフェンハイム(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ニュルンベルク戦ではアジアカップからチームに戻った原口が攻守に奮闘してチームの勝利に貢献した。引き続き先発予想となっている原口は勝利に導く活躍を見せられるか。 その他、前節シュツットガルト戦ではベンチ外となったデュッセルドルフの宇佐美はチームが勝利した中、レバークーゼン戦で先発復帰予想。アジアカップから戻ったものの、でん部の痛みにより欠場したブレーメンの大迫は引き続き欠場予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第22節 ▽2/15(金) 《28:30》 アウグスブルク vs バイエルン ▽2/16(土) 《23:30》 ホッフェンハイム vs ハノーファー ヴォルフスブルク vs マインツ シャルケ vs フライブルク シュツットガルト vs ライプツィヒ 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs ブレーメン ▽2/17(日) 《23:30》 フランクフルト vs ボルシアMG 《26:00》 レバークーゼン vs デュッセルドルフ ▽2/18(月) 《28:30》 ニュルンベルク vs ドルトムント 2019.02.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ラビオ争奪戦から撤退か ポールポジションは?

バイエルンが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得レースから撤退するようだ。スペイン『マルカ』がドイツ『ビルト』の情報を引用して伝えている。 PSGとの現行契約が今シーズン限りまでとなっているラビオ。クラブとの新契約を拒否したことで、今夏フリーで新天地を求めることが確実視されている。 そのため、現在は複数のクラブがラビオの獲得に動いており、熾烈な争奪戦を繰り広げている。しかし今回伝えられるところによれば、バイエルンが獲得レースから撤退。この結果、ポールポジションにバルセロナとユベントスが立ったようだ。 他にもマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リバプール、トッテナムが獲得に動いていると報じられているが、どのクラブが獲得にこぎ着けるか注目が集まる。 2019.02.15 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

去就揺れるハメス、アーセナルのみ除外か

バイエルンでプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が、イングランドを新天地に選ぶことはないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーからのレンタルでバイエルンに加わっているハメス。今シーズン終了まで発動可能な4200万ユーロ(約52億円)の買い取りオプションが付帯されているが、未だバイエルンがそれを行使するか否かは決断されていない。 去就が不透明となっている背景には、ハメスの成績が今シーズンここまで公式戦16試合3ゴール4アシストに留まっているという点が挙げられる。今シーズンから指揮を執るニコ・コバチ監督は同選手を重用しておらず、バイエルン退団の意思が固まったことも以前に報じられた。 ハメスの新天地に関しては、当人がマドリー復帰を希望していることが伝えられているが、一方でFWクリスティアーノ・ロナウドからユベントス行きを勧められ、前向きな気持ちでいるともされている。つまり、まだまだ定まってはいない段階であり、バイエルン残留の可能性ですら皆無とは伝えられていない。 しかし、『マルカ』がただ1つ否定しているのが、プレミアリーグへの移籍だ。プレミアと言えばアーセナルが獲得に興味を示しているとされてきたが、当人は全く興味を示さず。様々な可能性を残す中で、アーセナルだけが希望を断ち切られた状態だと記事は伝えている。 2019.02.12 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

DFBポカール準々決勝の対戦カードが決定! バイエルンは格下のハイデンハイム、大迫ブレーメンはシャルケ!!

10日にDFBポカール準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準々決勝の対戦カードが決定した。 今季のブンデスリーガで2位につけるバイエルンは、3回戦でヘルタ・ベルリンを延長戦の末に下して準々決勝進出を果たした。そして、3大会ぶり19度目の優勝を目指すニコ・コバチ監督率いる優勝候補筆頭は、3回戦でレバークーゼンにジャイアントキリングを達成した2部所属のハイデンハイムと準々決勝での対戦が決定した。 また、FW大迫勇也の所属するブレーメンは、3回戦で今季リーグ首位を走るドルトムントをPK戦の末に下し、ベスト8入り。準々決勝では、3回戦でMF宇佐美貴史を擁するデュッセルドルフに4-1と快勝したシャルケと対戦。 その他、DF酒井高徳とMF伊藤達哉を擁するハンブルガーSVは、3回戦でデュイスブルクに勝利したパーダーボルンと、3回戦でヴォルフスブルクを下したライプツィヒは、アウグスブルクと対戦する。 なお、DFBポカール準々決勝は3月2日と同3日のいずれかで行われる予定だ。準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準々決勝 シャルケ vs ブレーメン アウグスブルク vs ライプツィヒ バイエルン vs ハイデンハイム(2部) パーダーボルン(2部) vs ハンブルガーSV(2部) 2019.02.11 05:53 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース