天まで届け…! カーディフ、後半AT弾で亡きサラに捧げる劇的勝利!《プレミアリーグ》2019.02.10 03:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第26節、サウサンプトンvsカーディフが9日に行われ、カーディフが2-1で勝利した。エミリアーノ・サラの死が確認された7日からわずか2日、途方もない悲しみの中、カーディフの戦士たちはピッチに立った。セント・メリーズ・スタジアムで行われた一戦。黙祷が捧げられた後キックオフとなった。

前半は互いに決定機を作れず、ポゼッションはセインツが上回るもシュート数は3本、対するカーディフも1本と、迫力に欠ける展開に。カーディフの前半唯一のシュートとなった22分のグンナルソンのシュートはボックス手前からのシュートだったが、大きく枠を外れた。一方のセインツは38分のホイビュルクがFKの流れから枠内シュートを放つ。

そんな試合が動いたのは69分、左CKをパターソンが頭で合わせると、それをS・バンバがコースを変えてカーディフが先制した。

カーディフリードのまま進んだが、そうは問屋が卸さなかった。後半アディショナルタイムの91分、セインツの左CKでオースティンがニアで逸らすと、スティーブンスが押し込んで同点に。

しかし、試合はここで終わらない。93分、カーディフは右サイドのクロスを起点に、ゴール前の混戦からカマラの落としをゾホレがねじ込んで勝ち越し弾に。

そして、これが決勝点となり、カーディフは劇的勝利を手にした。なお、カーディフは前節のボーンマス戦から2連勝を収めたが、イングランドトップリーグにおける連勝は1962年4月以来のことだという。
コメント
関連ニュース
thumb

カーディフ監督、サラの死を受けトレーニングキャンプを中止に「時にはフットボールよりも大事なことがある」

カーディフ・シティのニール・ウォーノック監督は、チームに加入する予定だったFWエミリアーノ・サラの死亡が確認されたことから、テネリフェで行う予定であったトレーニングキャンプの中止を発表した。<br><br>カーディフはナントからクラブ史上最高額でアルゼンチン人ストライカーのサラを獲得。しかし、先月21日にサラが搭乗した飛行機が消息を絶ち、今月3日にイギリス海峡の海底で飛行機の残骸が発見された。そして、7日に遺体の身元が発覚し、サラの死亡が確認された。<br><br>クラブは9日のプレミアリーグ第26節のサウサンプトン戦から、22日の第27節ワトフォード戦の間で、4日間のトレーニングキャンプを行う予定であったが、この予定をキャンセル。選手たちがチームメイトを失ったトラウマから精神的なダメージを受けないように、家族と過ごす時間を設けたという。ウォーノック監督は「時にはフットボールよりも大事なことがある」とクラブの判断に賛同を示した。<br><br>「あの事故が起こってから、もう2週間以上がたっている。私も子どもたちを抱きしめ、自分の妻と共に時間を過ごしたい。これまでに多くのことを経験してきたが、こんなことが自分の人生で起こるなんて想像もしていなかった。選手たちはこの事故にショックを受けているし、時には家族と共に過ごす時間のほうがフットボールよりも大事だ」<br><br>また、カーディフでチームメイトになる予定であったアイスランド人MFアーロン・グンナルソンは現在のチームの状況について語った。<br><br>「とてもつらい状況だったけど、選手たちはクラブに関わるすべての人達と団結して立ち上がった。今最も大事なことは彼の家族を尊重することだ。そしてパイロットが発見され、彼の家族も喪に服すことができることを願っている」<br><br>提供:goal.com 2019.02.11 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツサポ2名が逮捕 サラの死を中傷で

イギリス『BBC』は9日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死を侮辱したサウサンプトンサポーター2名の逮捕を報じた。 先日に今冬加入予定だったサラを小型機事故で失ったカーディフは9日、プレミアリーグ第26節でサウサンプトンとアウェイで対戦。両軍の選手は黒い喪章を着け、試合前に黙祷も行った。 そうしたなか、スタンドで観戦したサウサンプトンサポーター2名がサラの死を嘲笑するような飛行機のジェスチャー。これを受け、ハンプシャー警察が当該者を拘束して事情聴取したという。 また、サウサンプトン側も当該者のホーム戦入場禁止処分を科す見込みとのことだ。 2019.02.10 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フットボールファミリーの愛は国境を越えて…マドリーがサラの一件に声明

レアル・マドリーは2月8日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の一件に関しての声明を掲載した。 今冬にナントからカーディフ移籍が決まったサラは1月21日夜、デイビッド・アイボットソン氏が操縦する小型機に乗り、フランスを出発したが、イギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明に。 捜索再開後の2月3日早朝に海底に沈む小型機の残骸が発見され、その中から1人の身体も見つかった。その後、遺体は収容され、検視に。その結果を受け、ドーセット警察が「遺体は本日7日に回収され、プロフットボール選手のエミリアーノ・サラのものとして正式に確認した」と発表した。 サッカー界随一の規模を誇るマドリーは、この一件に関して以下のような声明をクラブ公式サイト上に掲載している。 「レアル・マドリードC.F.はエミリアーノ・サラ選手の死去を心からお悔やみ申し上げます。クラブは家族や友人にその悲しみを伝えると共にサッカーファン、特にアルゼンチンサッカーにとって哀悼の意をここに表します」 マドリー以外にも、1月30日にはアーセナルがプレミアリーグ第24節カーディフ戦でマッチデープログラムにサラの名前を記載。背番号の代わりにウェールズの国花であるラッパ水仙を添え、フットボール界の隣人として寄り添う姿勢を示していた。 2019.02.08 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

カーディフ、プレミアpt没収の危機!? サラ移籍金問題で

カーディフは決断を迫られているのかもしれない。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 カーディフは今冬、クラブ史上最高額の移籍金1500万ポンド(約21億2000万円)でナントからアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)を獲得。だが、サラは小型機でカーディフに向かう途中、事故に巻き込まれ、帰らぬ人となった。 予想だにしない形で新戦力を失ったカーディフは当初、ナントと3年間の分割払いでサラの移籍交渉が成立。1回目の振込みとして、ナントから10日以内に527万ポンド(約7億4000万円)を支払うよう書面が送られてきた模様だ。 だが、カーディフ側は事件の真相が全て明らかにならない限り、加入するはずだった移籍金の支払いを先延ばしにしたい意向とのこと。そうなれば、契約違反により、プレミアリーグの勝ち点剥奪処分を受ける恐れがあるという。 2019.02.08 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

エミリアーノ・サラの死亡確認

イギリス『BBC』は7日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死亡確認を報じた。 今冬にナントからカーディフ移籍が決まったサラは1月21日夜、デイビッド・アイボットソン氏が操縦する小型機に乗り、フランスを出発したが、イギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明に。捜索再開後の3日早朝に海底に沈む小型機の残骸が発見され、その中から1人の身体も見つかった。 その後、遺体は収容され、検視に。その結果を受け、ドーセット警察は「遺体は本日7日に回収され、プロフットボール選手のエミリアーノ・サラのものとして正式に確認した」と発表したという。 2019.02.08 08:25 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース