レアル・マドリーが敵地で10人のアトレティコ粉砕! リーガ5連勝で2位に浮上!《リーガエスパニョーラ》2019.02.10 02:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリーvsレアル・マドリーによるマドリード・ダービーが9日にワンダ・メトロポリターノで行われ、アウェイのレアル・マドリーが3-1で勝利した。首位のバルセロナを勝ち点6差で追う2位のアトレティコ(勝ち点44)と、直近の4連勝で2強との差を一気に詰めてきた3位のレアル・マドリー(勝ち点42)による今季3度目の首都決戦。

アトレティコは第3節セルタ戦での初黒星以降、リーグ最少の堅守を武器に18戦無敗(11勝7分け)を継続してきた。だが、前節のベティス戦では相手のPK一発に沈んで20試合ぶりの敗戦を喫することになった。逆転優勝に向けてバウンスバックが求められる今回の一戦に向けてはコケがケガで間に合わなかったものの、負傷明けのゴディンが復帰。2トップにリーガでは古巣初対戦のモラタがグリーズマンとコンビを組み、コレアとレマルがサイドハーフに入るやや攻撃的なメンバー構成となった。

一方、前節アラベスを一蹴してリーガ4連勝を飾ったレアル・マドリーは、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのバルセロナ戦でも敵地で1-1のドローに持ち込み、決勝進出に向けて好位置をキープ。来週ミッドウィークにアヤックスと敵地でのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16初戦を控える中、コパ・クラシコから先発3人を変更。古巣対戦のGKクルトワが復帰したほか、マルセロに代わってレギロン、負傷離脱のマルコス・ジョレンテに代わってカゼミロが起用された。

ロヒブランコ一色に染まったワンダ・メトロポリターノで幕を開けた今季3度目のダービー。アウェイながらボールを保持するレアル・マドリーに対して、ホームのアトレティコは要所でハイプレスを仕掛けながらも基本はリトリートした守備で応戦。立ち上がりから球際でバチバチとやり合う拮抗した展開が続く。

互いに決定機まで持ち込めない状況が続いたが、レアル・マドリーがセットプレーからワンチャンスを生かす。16分、右CKの場面でキッカーのクロースが右足アウトスウィングで浮き球のボールを入れると、セルヒオ・ラモスに対してDF4人が競りに行くもクリアし切れなかったルーズボールがゴール前に浮く。これをドフリーのカゼミロが豪快なジャンピングボレーで流し込んだ。

圧倒的な強さを誇るホームで先制を許したアトレティコだったが、すぐさま反撃に転じる。すると、こちらもファーストチャンスをゴールに結びつける。25分、自陣右サイドでヴィニシウスとのイーブンボールを奪い切ったコレアがすかさず相手最終ラインの背後にスルーパス。これに反応したグリーズマンがそのままボックス内に運んで最後はGKクルトワの股間を抜くシュートで流し込んだ。当初、副審によってヴィニシウスへのファウルがあったとしてゴールは認められなかったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、最終的にゴールが認められた。

1-1の振り出しに戻ったことで試合はよりヒートアップした展開に。レアル・マドリーはヴィニシウスの左サイド、アトレティコもコレアの右サイドと、片方のサイドでの攻防が目立つ中、この流れから前半終了間際に試合が動く。

43分、相手陣内左サイド深くで仕掛けたヴィニシウスがボックス内に侵入しかけたところでDFホセ・ヒメネスに後ろから倒される。ボックス内かボックス外か微妙な位置でのファウルとなったが主審はPKを宣告。これをキッカーのセルヒオ・ラモスが冷静にゴール左隅へ決め切り、アウェイのレアル・マドリーが1点リードで試合を折り返した。

互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うアトレティコは前半存在感を欠いたモラタが存在感を示し始める。開始直後にいきなりシュートを放ったモラタは52分にもボックス付近でのキープからグリーズマンのシュートチャンスをお膳立て。さらに、54分には最後尾のホセ・ヒメネスからのロングフィードにタイミング良く抜け出すと、ボックス右から浮き球のミドルループシュートを流し込んだ。しかし、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められない。

一方、やや押し込まれる立ち上がりとなったレアル・マドリーは57分に最初の交代カードを切る。蓄積疲労が懸念されるヴィニシウスを下げてベイルをピッチに送り出す。

相手陣内でのプレー機会を増やしながらもホセ・ヒメネスのシュートがGKクルトワに攻守で防がれ、ボックス内でカゼミロと交錯したモラタのプレーもPKを取ってもらえないなど攻め切れない状況が続くアトレティコ。この状況を受けてシメオネ監督はレマル、コレア、モラタと前線の選手を下げてビトロ、ロドリゴ・エルナンデス、カリニッチを続けて投入。70分過ぎまでに交代枠を使い切る。

後半は相手にボールを持たせながらも自陣では自由を与えない老獪な試合運びでゲームをコントロールするレアル・マドリーは74分にカウンターから決定的な3点目を奪う。中盤でトーマスの縦パスをカットしたモドリッチが味方とのパス交換で中央を突破し、左サイドでフリーのベイルにラストパスを供給。ベイルはボックス左から左足のシュートをファーポストに流し込んだ。

その後、80分にクロースへのアフターチャージでトーマスに2枚目の警告が出されアトレティコは2点ビハインドに加えて数的不利に陥り万事休す。ベイルの決定機逸で4失点目こそ逃れたものの決定機らしい決定機を作り出せぬまま終戦。

敵地で3ゴールを挙げる圧勝劇でダービーを制したレアル・マドリーがリーグ5連勝で2位に浮上した。一方、良いところなく今季ホーム初黒星のアトレティコは痛恨のリーグ戦連敗で3位に転落した。
コメント
関連ニュース
thumb

約10日で2度ゴール取り消し…モラタをコケが気遣う「いつかはVARも認めるよ」

アトレティコ・マドリーMFコケが、チームメイトのFWアルバロ・モラタを気遣っている。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ユベントスと対戦したアトレティコ。中々相手ゴールをこじ開けることができなかったが、後半にセットプレーから2ゴールを奪い、2-0で勝利を挙げた。<br><br>この一戦で58分から出場したモラタは70分、フィリペ・ルイスのクロスを頭で合わせてネットを揺らしていた。しかし、ポジション取りの際にDFジョルジョ・キエッリーニを手で押したとして、ビデオ判定の結果ゴールは取り消しになっていた。<br><br>モラタは9日に行われたリーガ第23節レアル・マドリー戦でも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってゴールが無効に。冬のマーケットでアトレティコに加わったスペイン人FWは、およそ10日間で2度ビデオ判定によってゴールが取り消されている。<br><br>試合後、コケはチームメイトを気遣っている。<br><br>「結局、いつかはVARもモラタのゴールを認めるだろうね」<br><br>「彼は2つのゴールが取り消された。取り消すことがあるのならば、時には得点になり、時にはそうならないということ。決定はリスペクトしなければね。僕らは審判をリスペクトしている。ゴールが無効になった場合に備え、試合に勝つための得点をより奪うためにトライし続けるよ」<br><br>また、3月12日のユベントスとの2ndレグに言及。1stレグの結果に満足感を示しつつ、気を引き締めている。<br><br>「勝利はとても嬉しいが、まだ何も成し遂げていない。ユベントスのクオリティとポテンシャルはわかっているよ&hellip;&hellip;彼らは世界最高のチームの1つだ。結果には満足しているが、まだ何も決まっていない。トリノでは素晴らしい戦いになるだろう。突破するためには最高のプレーが必要だ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 04:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベと古巣対決のモラタ「実は2015年、アトレティコから…」過去の逸話を明かす

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、アトレティコ・マドリーvsユヴェントスではアルバロ・モラタが58分から途中出場でピッチに立った。<br><br>モラタにとってユヴェントスは2014~16年まで在籍した古巣でもあるが、現時点でモラタはアトレティコへの順応にやや苦労しているようで、『AS』の取材で次のように語った。<br><br>「チームメイトやクラブは僕を快く受け入れてくれたよ。だけど、ファンの中にはまだ僕を気に食わない人もいるみたいだ。だけど、イエス・キリストだってみんなに好かれていた人物ではないからね」<br><br>その一方で指導を受けるシメオネとの関係について「実は2015年夏に、アトレティコと接触があった。いつかはここに来ることになるかも、とは思ったけど当時は移籍そのものが実現不可能だった」と発言。ユヴェントス在籍時代の3年半前にアトレティコから獲得の要望があったことを明かしている。<br><br>「アトレティコは僕にとって理想的であり、完璧なチームだ。走る、守るという基本的な概念をここまでピッチ上でしっかり求められるフットボールは他にないからね。この戦術を習得するのもまた容易ではないが、ただ走るだけでなくそのうえでどうプレーするか、その瞬間的な判断力も自分は磨かれていると思っている」<br><br>ホームでのユーヴェ戦は2-0で先勝したアトレティコ・マドリー。古巣対決のモラタは直接ゴールを決めることこそできなかったが、2年間在籍したユーヴェとの一戦は思い入れも人一倍強かったようだ。<br><br>▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユべントスに先勝のアトレティコ、監督シメオネがゴール直後に股間を囲って“根性”を強調

20日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、メトロポリターノを舞台としたアトレティコ・マドリー対ユベントスは2-0でアトレティコの勝利に終わった。この試合におけるディエゴ・シメオネ監督のゴールセレブレーションが話題となっている。<br><br>試合終了の残り15分でDFホセ・ヒメネス、DFディエゴ・ゴディンのウルグアイ代表CBコンビがゴールを決め、ユヴェントスに先勝したアトレティコ。その前にはFWアルバロ・モラタのヘディングシュートによるゴールが事前のファウルで取り消しになる場面があったが、シメオネ監督はネットが揺れた直後に強烈なパフォーマンスを披露していた。<br><br>シメオネ監督はモラタがボールを押し込むや否や、メインスタンドの方を向いて、自身の股間部分を両手で囲いながら強調した。つまりは&ldquo;睾丸の大きさ=根性&rdquo;を示したのだ。<br><br>シメオネ監督はこれまでも「選手たちの母親に感謝したい。こんなにでかいキン◯マをつけた子を産んでくれて」と語るなど、選手たちが根性を持つことの重要性を訴えてきた。今回は言葉ではなく、衝動によるジェチャーでそれを伝えたのだった。<br><br>▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? <br />● 新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集<br />● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン<br />● Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと<br />● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など <br /><br><br><br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地での手痛い敗戦から前を向くキエッリーニ「第2戦目に向けて早急に気持ちをリセットしたい」

ユベントスのジョルジョ・キエッリーニは、アトレティコ・マドリー戦の失点シーンを悔やみつつ、気持ちを切り替えて次戦で勝利を目指したいと強調した。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でユヴェントスは敵地でアトレティコ・マドリーと対戦。拮抗した状況で迎えた78分にホセ・マリア・ヒメネスに得点を許すと、その5分後にはディエゴ・ゴディンに追加点を奪われて0-2でアウェーでの一戦を落とした。<br><br>試合後、キャプテンのキエッリーニはアトレティコ・マドリー戦の敗戦を受け、失点の場面で精彩を欠いてしまったことを認めたものの、ホームでのセカンドレグでは巻き返すチャンスがあると話した。<br><br>「彼らのセットプレーが非常に危険だということを理解していた。もっと失点の場面では集中しなければならなかった。ただ、これで取り乱すようなことがあってはいけない。まだチャンスはあるから落ち着く必要がある。今は早急に気持ちをリセットして、トリノでの勝利を目指したい」<br><br>また、フェデリコ・ベルナルデスキは「アトレティコのようなチームとこのスタジアムで対戦することは難しいとわかっていた。でも、この戦いは180分間あるし、ホームで巻き返すチャンスもある。トリノの試合では今日のようなミスがあってはいけない。今日は苦汁をなめたけれど、ホームのファンの前で逆転するために全力を尽くしたい」とアリアンツ・スタジアムでのセカンドレグを見据えた。<br><br>▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? <br />● 新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集<br />● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン<br />● Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと<br />● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など <br /><br><br><br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カペッロ氏、古巣ユベントスを酷評「優しく撫でただけで倒れ込む」

ファビオ・カペッロ氏が、ユベントスを酷評している。伊『スカイスポーツ』が伝えた。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、アトレティコ・マドリーと対戦したユベントス。前半は無失点で折り返したものの、後半セットプレーから2ゴールを許し、敵地で0-2と敗れている。<br><br>過去にユベントスを率いてセリエA二連覇を達成した経験を持つカペッロ氏は、チームのパフォーマンスとともに、その姿勢を酷評している。<br><br>「(今日の)ユべントスはまったく好きになれない。彼らは時間を無駄にした。普段CLを戦うユベントスではなかった」<br><br>「言わなければならないことは1つ。ペナルティエリアでボールを触れるたびに、自分からピッチに倒れていた。ほんの少し優しく撫でただけでね。(先制点の際)審判とVARが立ち上がれと言った直後に(レオナルド)ボヌッチが倒れ込むのを見ていた。完全にノーファールだ」<br><br>悲願のCL制覇へ向け、厳しい状況に追い込まれたユベントス。本拠地アリアンツ・スタジアムでのセカンドレグは、3月12日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 13:00 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース