【プレミアプレビュー】EFLカップ決勝の前哨戦! シティは雪辱果たして暫定首位守れるか《マンチェスター・シティvsチェルシー》2019.02.10 12:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第26節、マンチェスター・シティvsチェルシーが日本時間10日25:00にエティハド・スタジアムでキックオフされる。暫定首位に浮上した昨季王者シティ(勝ち点62)と、トップ4に返り咲いた4位のチェルシー(勝ち点50)による、EFLカップ(カラバオカップ)決勝の前哨戦だ。前々節、アーセナル相手に会心の勝利を収めたシティは直近2戦連続ドローで足踏みが続くリバプールとの勝ち点差を詰めると、前倒し開催となった6日のエバートン戦も前後半のアディショナルタイムに挙げた2つのゴールで勝ち切って2連勝。そして、1試合未消化のリバプールと勝ち点で並んだ結果、得失点差で上回り暫定首位に立った。とはいえ、追う立場に変わりはなく勝ち点3を積み上げ続ける必要がある。

一方、アーセナル、ボーンマス相手に完敗し今季初の連敗を喫したチェルシーだが、前節は直近10敗1分けの大不振に陥る最下位ハダースフィールドを相手にMFアザールとFWイグアインの2ゴールずつを含む今季最多の5ゴールで5-0の圧勝。ここ最近の不穏な空気を見事に払しょくすると共にわずか1節でトップ4圏内に返り咲いた。ただ、直近7勝1分けの圧倒的な戦績で背後に迫る5位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差はわずかに2ポイントとなっており、対戦相手のシティと同様に勝ち点3奪取が必須だ。

なお、ちょうど2カ月前に行われた前回対戦では共に自らの志向するスタイルをピッチ上に反映するがっぷり四つの好試合を演じた中、より効率で勝ったチェルシーがMFカンテとDFダビド・ルイスの伏兵2人のゴールで勝利。シティに今季のリーグ戦初黒星を与えていた。24日に今季初タイトルを懸けたEFLカップ決勝を控える中、チェルシーが連勝で優位に立つか、シティがリベンジを果たしてイーブンな状態で大一番に臨むことになるのか。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】

▽マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ストーンズ、オタメンディ、ラポルテ
MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、シルバ
FW:ベルナルド・シウバ、アグエロ、スターリング
負傷者:GKブラーボ、DFコンパニ、メンディ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してもブラーボ、コンパニ、メンディ以外に新たなケガ人はいない。

前々節のアーセナル戦ではフェルナンジーニョをセンターバックに配する奇策を機能させたグアルディオラ監督だが、直近のエバートン戦では通常の選手配置の[4-3-3]に戻しており、チェルシー戦でもこの形で臨む可能性が高い。そのエバートン戦からはギュンドアン、ザネ(ベルナルド・シウバ)に代えてデ・ブライネ、スターリングを復帰させる見込みだ。

◆チェルシー◆
【4-3-3】

▽チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ケパ
DF:アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ
MF:カンテ、ジョルジーニョ、バークリー
FW:ウィリアン、イグアイン、アザール
負傷者:DFケイヒル、FWハドソン=オドイ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはいずれも軽傷を抱えるケイヒル、ハドソン=オドイの欠場が見込まれる。

スタメンに関しては5-0で圧勝した前節のハダースフィールド戦からクリステンセンに代えてリュディガーを戻す以外、同じメンバーの起用が濃厚だ。変更点があるとすれば、バークリーとウィリアンに代わってコバチッチ、ペドロが起用されるのみとなるはずだ。

★注目選手
◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ
Getty Images
シティの注目プレーヤーは徐々に本調子を取り戻してきたデ・ブライネだ。今季は2度に渡るヒザのケガで前半戦をほぼ棒に振ったベルギー代表だが、2019年に入ってようやく心身共に戦える状態を取り戻してきており、直近のアーセナル戦、エバートン戦では昨季の好調時を髣髴とさせるプレーを披露している。

とりわけ、マッチフィットネスの向上で球際の粘りや持ち味の視野の広さを取り戻しており、ほぼフル出場となったアーセナル戦では急所を射抜くスルーパスや鋭いミドルシュートで見せ場を創出していた。チームとしては前回対戦でチェルシーに完敗もデ・ブライネ自身は欠場しており、今回の一戦ではカンテやジョルジーニョという難敵相手のバトルを制して決定的な仕事に絡みたい。

◆チェルシー:FWゴンサロ・イグアイン
Getty Images
チェルシーの注目プレーヤーは今冬加入した新エースストライカーのイグアインだ。今冬の移籍市場締め切り間際にユベントスから加入したサッリ監督の愛弟子は、プレミアデビュー戦となったボーンマスではコンディションや連係の問題もあり精彩を欠いたが、前節のハダースフィールド戦では見事なフィニッシュワークで移籍後初ゴールを含む2ゴールの見事な輝きを放った。そして、今節は自身にとって最初のビッグマッチに挑む。

守備面でルーズさが散見された最下位チーム相手では指揮官の志向するスタイルにうまく組み込まれながら、足下の技術を生かしたポストプレーで両ウイングやインサイドハーフと良い絡みを見せた。しかし、優れた守備組織に加え、ボール支配でも五分五分あるいは相手に握られる展開を強いられる中、ハダースフィールド戦と同じだけの存在感を放てるか。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLプレビュー】シティ圧倒的優位も開き直ったシャルケが番狂わせ起こせるか《シャルケvsマンチェスター・シティ》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャルケvsマンチェスター・シティが日本時間20日29:00にヴェルティンス・アレーナでキックオフされる。グループDを2位通過したシャルケと、グループFを首位通過したシティによる10年ぶり通算4度目の対戦だ。 ポルト、ガラタサライ、ロコモティフ・モスクワと本命不在となったグループDを3勝2分け1敗の戦績で2位通過したシャルケは2014-15シーズン以来の決勝トーナメント進出を果たした。その一方、開幕5連敗と序盤戦から苦しむ国内リーグでは昇格・降格プレーオフ圏内の16位とは勝ち点8差離れているものの、期待外れの14位と低迷。直近ではボルシアMG、バイエルンの上位陣相手の完敗、ヘルタ・ベルリン、フライブルクという格下相手のドローによって4戦未勝利と厳しい状況が続く。 一方、リヨンとの開幕戦でホームで敗れる厳しいスタートを切りながらもその後は4勝1分けの無敗で乗り切り、順当に首位通過を果たしたシティ。国内では過密日程となった昨年12月末に大きく調子を落としたものの、2019年に入ると本来の力を取り戻し公式戦11勝1敗と好調を維持。とりわけ、プレミアリーグではリバプール、アーセナル、チェルシーと上位陣相手に力の差を見せ付け、暫定ながら首位に返り咲いている。今週末にチェルシーとのEFLカップ(カラバオ・カップ)決勝を控えている点は唯一の懸念材料だが、地力と現在のチーム状態を考えれば、敵地での初戦でほぼ突破を決める可能性もあるはずだ。 両チームの通算成績はシティの2勝1敗。直近の2008-09シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)での対戦ではシティが2-0で勝利。なお、名古屋グランパスのFWジョーも途中出場していた。また、シティを率いるグアルディオラ監督はバイエルン時代にシャルケと6度対戦し4勝2分けと一度も負けたことがない。 <div style="text-align:center;">◆シャルケ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽シャルケ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:フェールマン DF:カリジウリ、サネ、ナスタシッチ、オチプカ MF:ルディ、ベンタレブ MF:ウート、マッキーニー、コノプリャンカ FW:ブルクシュタラー 負傷者:DFスタンブリ、MFシェプフ、FWエンボロ、スクルツィブスキ 出場停止者:MFマスカレル 累積警告のマスカレルが出場停止となる。負傷者に関してはスタンブリ、シェプフ、エンボロ、スクルツィブスキの4選手の欠場が濃厚だ。 システムに関してはグループステージでメインシステムとした[3-5-2]の採用の可能性もあるが、ここ最近重用している[4-2-3-1]で臨む可能性が高い。スタメンに関してはベンタレブの相棒にセルダーではなくより守備的なルディを起用し、レギュラー不在の右ウイングに関してはウート、古巣対戦の18歳マトンド、アリの3選手から選ぶことになりそうだ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_36_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:エデルソン DF:ウォーカー、オタメンディ、ラポルテ、ダニーロ MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、シルバ FW:スターリング、アグエロ、ザネ 負傷者:GKブラーボ、DFメンディ、ストーンズ、FWガブリエウ・ジェズス 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはブラーボ、メンディの2選手に加えて、直近のニューポート戦で筋肉系のトラブルを負ったストーンズ、ガブリエウ・ジェズスの2選手が遠征メンバー外で欠場となる。 スタメンに関しては今週末にチェルシーとのEFLカップ決勝を控えていることもあり、幾つかのポジションでターンオーバーを行う可能性もありそうだ。 ★注目選手 ◆シャルケ:MFナビル・ベンタレブ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_36_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>シャルケの注目プレーヤーは背番号10を背負うベンタレブだ。トッテナムの下部組織出身のアルジェリア代表は2016年に出場機会を求めてレンタル移籍したシャルケで確固たる地位を手にすると、今季はここまで公式戦28試合に出場し6ゴールを挙げる活躍をみせ、苦境のチームを主力として支える。とりわけ、恵まれた体躯を生かしたキープ力と長短織り交ぜたパスワークはチームの生命線となっている。 劣勢が予想されるシティ戦では課題とされるポジショニング、スペースケアを含め身体を張った守備面での貢献が求められる。加えて、直近のバイエルン戦では失点、得点の双方に絡んだボールキープという部分で諸刃の剣をうまく使いこなしたい。 ◆マンチェスター・シティ:MFレロイ・ザネ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_36_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>マンチェスター・シティの注目プレーヤーは古巣初対戦のザネだ。シャルケの下部組織から2014年にトップチームデビューを飾ったザネは3年目の2015-16シーズンに大ブレイクを果たし、2016年夏にシティに旅立った。そして、今回の一戦では2年半ぶりにヴェルティンス・アレーナに凱旋を果たす。 今季ここまではスターリングやマフレズ、ベルナルド・シウバらとの熾烈なポジション争いに身を置く中で公式戦32試合に出場し、12ゴール14アシストの数字を残す。ただ、直近のアーセナル戦、チェルシー戦とビッグマッチではお呼びがかからず、確固たる地位を確立できていない。今週末にチェルシーとのカップ戦決勝を控える中、スタメンか途中出場か起用法は不明だが、古巣初対戦で成長した姿を見せつけると共にポジション奪取の足掛かりとしたい。 2019.02.20 17:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】世界屈指の堅守対決! 違いを生むアタッカーは?《アトレティコ・マドリーvsユベントス》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アトレティコ・マドリーvsユベントスが20日29:00にキックオフされる。アトレティコとユベントスによる世界屈指の堅守を誇る両チームの激突だ。 グループAでドルトムントに次ぐ2位で通過したアトレティコは、リーガエスパニョーラでは2位に位置。前々節レアル・マドリーとのマドリッド・ダービーを1-3と敗戦して今季初の連敗を喫したが、直近のラージョ戦を低調な内容ながら1-0と辛勝し、勝利を取り戻してユベントス戦に向かうことができた。その試合でジエゴ・コスタも復帰し、一時野戦病院化していたチーム状態からほぼ万全の状態となっている。 一方、グループHでマンチェスター・ユナイテッドやバレンシアと同居したユベントスは、2敗を喫したものの、他チームの取りこぼしもあって首位で決勝トーナメントに進出した。8連覇を目指すセリエAでは無敗を維持し、直近のフロジノーネ戦ではキエッリーニとボヌッチの守備の要二人が負傷から復帰した中、ディバラの約3カ月ぶり弾やC・ロナウドの4戦連発弾などで快勝しアトレティコ戦を迎えている。 両チームは2014-15シーズンのCLグループステージで2度対戦し、アトレティコの1勝1分けとなっている。 <div style="text-align:center;">◆アトレティコ◆ 【4-4-2】</div>▽アトレティコ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:オブラク DF:アリアス、ホセ・ヒメネス、ゴディン、フィリペ・ルイス MF:コレア、ロドリゴ・エルナンデス、トーマス、サウール FW:グリーズマン、モラタ 負傷者:DFリュカ、 MFコケ 出場停止者:なし ダービーでヒザを負傷したリュカの欠場が濃厚となっている。一方でハムストリングを負傷していたコケはユベントス戦に間に合う可能性があるようだ。とはいえ、万全ではないためスタメン予想からは外した。モラタではなくジエゴ・コスタの先発起用があるかもしれない。 <div style="text-align:center;">◆ユベントス◆ 【4-3-3】</div>▽ユベントス予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_28_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:シュチェスニー DF:カンセロ、ボヌッチ、キエッリーニ、アレックス・サンドロ MF:ベンタンクール、ピャニッチ、マテュイディ FW:ディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウド 負傷者:MFクアドラード、ケディラ、FWドグラス・コスタ 出場停止者:なし 長期離脱中のクアドラードの他、ハムストリングを痛めているドグラス・コスタが欠場となった。さらにケディラが不整脈により急遽招集外となった。ケディラの代役にはベンタンクールかジャンが起用される見込みだ。 ★注目選手 ◆アトレティコ:FWアルバロ・モラタ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>アトレティコの注目選手にはユベントスとの古巣対決となるモラタを挙げたい。加入後3試合連続でスタメン起用されているものの、低調なプレーが続き、期待に応えられていない状況だ。スペースがあると生きるモラタにとって、カウンター主体の戦術であるアトレティコとの相性は良さそうだが、2シーズンを過ごし、自身が成長を遂げたイタリア王者相手に移籍後初ゴールを叩き込めるか。 ◆ユベントス:FWクリスティアーノ・ロナウド<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190219_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>初の古巣対決となるマンジュキッチにも注目だが、ユベントスの注目選手にはC・ロナウドを挙げたい。昨季までレアル・マドリーに在籍していたC・ロナウドは、アトレティコとのダービーでは通算31試合の出場で22ゴールを挙げ、天敵となっていた。セリエAではここまで19ゴールを挙げて得点ランクトップに立ち、期待に応えているC・ロナウドだが、あくまでクラブが目指すのはCL優勝。その悲願に向けて、C・ロナウドは堅守を誇るアトレティコからゴールを奪うことができるか。 2019.02.20 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】若武者リヨンと優勝候補バルセロナが10年ぶりの再戦!《リヨンvsバルセロナ》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リヨンvsバルセロナが日本時間19日29:00にパルク・オリンピック・リヨンでキックオフされる。グループFを2位通過したリヨンと、グループBを首位通過したバルセロナによる10年ぶり通算7度目の対戦だ。 マンチェスター・シティ、シャフタール、ホッフェンハイムと同居したグループFを1勝5分けの無敗で2位通過したリヨンは2011-12シーズン以来のベスト16進出を果たした。また、序盤戦不調に陥った国内リーグではライバルの躓きに助けられた感もあるものの、CL出場圏内の3位をキープ。とりわけ、2019年に入ると、前々節のニース戦の敗戦を除き4勝2分けと好調を維持。第23節ではパリ・サンジェルマン(PSG)相手に今季リーグ戦初黒星を与えている。 一方、トッテナム、インテル、PSVと同居した激戦区のグループBを4勝2分けの無敗で首位通過を果たしたバルセロナ。最近の公式戦では3試合連続ドローとややパフォーマンスを落としていたものの、直近のバジャドリー戦ではターンオーバーを採用した中で1-0の辛勝。一先ず勢いを取り戻して今回の一戦を迎えた。ただ、今回の1stレグ後にはセビージャ、レアル・マドリーとの重要な連戦を控えており、極力消耗せずラクな形で勝利を手にしたいところだ。 なお、両チームの通算対戦成績はバルセロナの4勝2分け。2008-09シーズンの決勝トーナメント1回戦の前回対戦ではリヨンホームの1stレグは1-1のドローに終わるも、バルセロナホームの2ndレグはFWアンリ、FWメッシ、FWエトーの3トップ揃い踏みの活躍でバルセロナが5-2で圧勝している。 <div style="text-align:center;">◆リヨン◆ 【4-2-3-1】</div> ▽リヨン予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:アントニー・ロペス DF:デュボワ、デナイヤー、マルセロ、メンディ MF:トゥザール、エンドンベレ MF:トラオレ、アワール、デパイ FW:ムサ・デンベレ 負傷者:DFデナイヤー、MFエンドンベレ 出場停止者:FWフェキル キャプテンのフェキルが累積警告により出場停止となる。負傷者に関しては直近のギャンガン戦で負傷したデナイヤー、エンドンベレの2選手が間に合うか微妙なところだ。 システムに関しては3バックと4バックを併用しており、ここ最近はアタッカー4人を起用する攻撃的な[4-2-3-1]を採用している。ただ、トップ下のフェキル不在に加えて、格上との対戦となるため、より守備的な[3-4-3]への変更も想定される。また、デナイヤー、エンドンベレの起用の可否もシステム選択に影響を与えそうだ。 <div style="text-align:center;">◆バルセロナ◆ 【4-3-3】</div> ▽バルセロナ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:テア・シュテーゲン DF:ネウソン・セメド、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ MF:ラキティッチ、ブスケッツ、ビダル FW:メッシ、スアレス、デンベレ 負傷者:GKシレッセン、MFアルトゥール、ラフィーニャ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはラフィーニャ、シレッセン、アルトゥールが欠場となる。ただ、負傷明けで古巣対戦のユムティティは遠征メンバー入りを果たしている。 スタメンに関しては前述の11人を予想したが、右サイドバックはセルジ・ロベルト、インテリオールはアレーニャ、左ウイングはコウチーニョを起用する形も想定される。 ★注目選手 ◆リヨン:MFフセム・アワール<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>リヨンの注目プレーヤーは“フランスのイニエスタ”とも称されるアワールだ。昨季、ブレイクを果たしたアルジェリア系フランス人は、相手の重心の逆を突く巧みなドリブルや、創造性溢れるパスセンスに加え、球際でも身体を張れる万能型MF。マンチェスター・シティ相手に1勝1分けと奮闘した2試合では圧巻のパフォーマンスを披露し、バルセロナやチェルシーなどからの関心も集めている。 今回の一戦に向けてはセントラルMFあるいはトップ下での起用が見込まれるが、守備時は相手のパスの出どころとなるブスケッツやラキティッチへの徹底監視に、攻撃では守備から攻撃へのスムーズな切り替えからラストパスやフィニッシュの仕事が求められる。 ◆バルセロナ:MFウスマーヌ・デンベレ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>バルセロナの注目プレーヤーは戦列復帰したデンベレだ。加入2年目となった今季はピッチ外での素行不良が目立つ一方、ピッチ内では左右のウイングを主戦場に圧倒的な個人技と改善したコンビネーションプレー、勝負強いフィニッシュワークで存在感を放っている。とりわけ、ポジション争いのライバルであるコウチーニョ、マウコムのブラジル代表コンビが不調の中での戦列復帰はバルベルデ監督にとって頼もしい限りだ。 ドルトムント時代の2016-17シーズンのCLでモナコと対戦したものの、レンヌ時代以来のフランス本国凱旋となるこの一戦に向けてはサイドバックを固定し切れていない相手右サイドの攻略の切り札としての活躍が期待される。 2019.02.19 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】クロップ率いるレッズとドイツ王者が激突!《リバプールvsバイエルン》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リバプールvsバイエルンが19日29:00にキックオフされる。ドイツ人指揮官のクロップ監督率いるリバプールと、ブンデスリーガ6連覇中のドイツ王者バイエルンの激突だ。 パリ・サンジェルマン、ナポリらと同居した死の組を、最終節にナポリを下して逆転での2位通過を果たしたリバプールは、マンチェスター・シティと優勝を争うプレミアリーグでは、1試合消化試合が少ない中、首位シティと同勝ち点で並んでいる。レスター・シティ、ウェストハムに引き分けて足踏みをしていたが、10日前に行われた直近のボーンマス戦では3-0と快勝し、勝利を取り戻してバイエルンとの大一番を迎えている。クロップ監督にとってはドルトムント時代にブンデスリーガで凌ぎを削り、2012-13シーズンのCL決勝では苦杯を舐めたバイエルンとのビッグマッチとなる。 対するバイエルンはアヤックス、ベンフィカらが同居したグループを首位で通過。ブンデスリーガでは3試合前のレバークーゼン戦で敗戦し、リーグ戦での連勝が7で止まったものの、その後はリーグ戦2連勝とし好調を持続。首位ドルトムントに3ポイント差まで迫り、逆転優勝の芽が十分に出てきている。守護神のノイアーも直近の試合で復帰しており、ほぼベストメンバーでリバプール戦に臨める状況だ。 両チームはこれまで5度対戦し、1勝3分け1敗の互角で、直近の対戦はリバプールが3-2で勝利した2001年のUEFAスーパーカップとなっている。 <div style="text-align:center;">◆リバプール◆ 【4-3-3】</div>▽リバプール予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190216_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アリソン DF:アーノルド、ファビーニョ、マティプ、ロバートソン MF:ワイナルドゥム、ヘンダーソン、ミルナー FW:サラー、フィルミノ、マネ 負傷者:DFジョー・ゴメス、ロブレン、MFチェンバレン、シャキリ 出場停止者: DFファン・ダイク 守備の要であるファン・ダイクが累積警告により出場停止となる。ジョー・ゴメスとロブレンが負傷で本職センターバックに代役が不在のため、ファビーニョ辺りが務めることになるかもしれない。 <div style="text-align:center;">◆バイエルン◆ 【4-2-3-1】</div>▽バイエルン予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190216_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ノイアー DF:キミッヒ、ジューレ、フンメルス、アラバ MF:チアゴ、ゴレツカ MF:ニャブリ、ハメス・ロドリゲス、コマン FW:レヴァンドフスキ 負傷者:MFトリッソ、FWロッベン 出場停止者:MFミュラー バイエルンはミュラーが2試合の出場停止となる。その他、負傷が長引いているロッベンが起用できない。直近のアウグスブルク戦で足首を負傷したコマンは大事に至らず出場できる模様だ。 ★注目選手 ◆リバプール:FWモハメド・サラー<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190216_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>昨季ほどのパフォーマンスではないといえ、今季もプレミリーグで17ゴール8アシストのスタッツを残しており、規格外の選手であることに変わりはない。一瞬でトップギアに入る爆発的なスピードを駆使し、相手守備陣を常に脅威に晒すアタッカーはリバプールの絶対的な得点源だ。右ウイングで出場することになれば対面するのは攻撃センスに秀でたアラバとなるが、アラバを守勢に回すことができればリバプールのペースに傾くことが濃厚なだけにサラーとしては圧力をかけ続けたい。 ◆バイエルン:FWロベルト・レヴァンドフスキ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190216_22_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>かつてクロップ監督の指導を受け、ドルトムントで才能を開花させたバイエルンの絶対的エースに注目だ。ロシア・ワールドカップでは不遇に終わったポーランド代表FWだが、バイエルンではさすがの存在感を発揮。ブンデスリーガでは13ゴール9アシストを記録し、CLでは8ゴールをマークしている。リバプールの守備の要であり、現世界最高センターバックとも呼び声高いファン・ダイク不在の相手に対し、ゴールはもちろん、2列目の選手を生かすポストプレーも秀逸なレヴァンドフスキが恩師率いるチーム相手に貫録を示せるか。 2019.02.19 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】共に主力不在で試される総合力! 昨季GSに続く2年連続の対戦《トッテナムvsドルトムント》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、トッテナムvsドルトムントが日本時間13日29:00にウェンブリー・スタジアムでキックオフされる。グループBを2位通過したトッテナムと、グループAを首位通過したドルトムントによる2年連続の対戦だ。 優勝候補バルセロナ、インテル、PSVと今グループステージ屈指の激戦区となったグループBを最終節の最終盤までもつれた中、劇的逆転突破を果たしたトッテナム。昨夏、今冬と新戦力補強ゼロに終わる異例の事態に加え、新スタジアム完成の遅れ、絶対的主力のFWケイン、MFデレ・アリら主力の負傷離脱と多くの逆境に晒されてきたチームだが、国内リーグでは直近4連勝と見事な勝負強さをみせ、マンチェスター・シティ、リバプールの2強に勝ち点5差で肉薄する。 対するドルトムントはアトレティコ・マドリー、モナコ、クラブ・ブルージュと同居したグループAで優勝候補アトレティコをホームで4-0で下すなど、安定した戦いぶりで首位通過。また、ファブレ新監督の抜群の采配と若き逸材の躍動が目立つ国内リーグではここまでわずか1敗の圧巻の戦いぶりをみせ、6連覇中の盟主バイエルンに勝ち点5差をつけて首位を快走中。ただ、直近のホッフェンハイム戦ではホームで3点リードを追い付かれる痛恨のドローを喫したうえ、エースMFロイスを含め負傷者が重なっている点は気がかりだ。 なお、両者の対戦成績は2勝2敗の全くの五分。ただ、昨シーズンのCLグループステージでの対戦ではトッテナムがアウェイで3-1、ホームで2-1といずれも勝利している。 <div style="text-align:center;">◆トッテナム◆ 【4-3-3】</div> ▽トッテナム予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ロリス DF:トリッピアー、ダビンソン・サンチェス、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン MF:ムサ・シソコ、ウィンクス、エリクセン FW:ルーカス・モウラ、ジョレンテ、ソン・フンミン 負傷者:DFローズ、ベン・デイビス、MFデレ・アリ、FWケイン 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはベン・デイビス、デレ・アリ、ケインの欠場が確定。直近のレスター戦で脛に打撲を負ったローズに関しては欠場かベンチスタートになる模様だ。その一方で、体調不良と背中の痛みで欠場していたダイアーとラメラが復帰する。 システムに関しては[4-3-3]と[3-5-2]、[4-3-1-2]のいずれかを採用することになる。注目は左サイドバック不在の中でのヴェルトンゲンの起用法だ。3バックの左で起用し、ウォーカー=ピータースを左ウイングバックに配する形か4バックの左で守備時にサイドバック、攻撃時に3バックの左に入る変則的な起用法が想定される。 また、前線に関してはソン・フンミンとルーカス・モウラ、ジョレンテの3トップか、ダイアーをアンカーに配してエリクセンをトップ下あるいは2シャドーの一角で起用するプランも考えられる。 <div style="text-align:center;">◆ドルトムント◆ 【4-2-3-1】</div> ▽ドルトムント予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_45_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ビュルキ DF:アクラフ・ハキミ、トプラク、ディアロ、シュメルツァー MF:ヴィツェル、デラネイ MF:サンチョ、フィリップ、ラファエウ・ゲレイロ FW:ゲッツェ 負傷者:DFアカンジ、ピシュチェク、MFロイス、ヴァイグル、FWパコ・アルカセル 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては風邪のヴァイグルを含め負傷を抱えるピシュチェク、ロイス、アルカセルの4選手が遠征メンバー外で欠場する。遠征メンバー入りも3月復帰が見込まれるアカンジもプレーできない。 前述のケガ人を受けてスタメンに関しては大きな変更が加えられる。その中でディアロの相棒、左サイドバックの人選に注目が集まる。センターバックに関しては負傷から復帰後、プレー機会のないザガドゥではなくトプラクの起用が濃厚だ。左サイドバックはシュメルツァーを起用するか、一列前でプレーするラファエウ・ゲレイロを下げてラーセンを左ウイングで起用する2パターンが想定される。 ★注目選手 ◆トッテナム:FWソン・フンミン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_45_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>トッテナムの注目プレーヤーはドルトムントキラーのソン・フンミンだ。ケインとデレ・アリを欠く中、直近のリーグ戦3戦連続ゴールを決めエースの働きを見せている韓国代表。前節のレスター戦でも過密日程を強いられた中、試合最終盤に圧巻のロングスプリントから勝利を決定づけるゴールを決めている。そのタフな一戦から中2日での一戦となるが、スパーズ勝利に向けてはスーパーソニーの活躍が必須だ。 なお、ドイツ時代からドルトムントキラーとして知られるソン・フンミンはハンブルガーSV、レバークーゼン、トッテナムで通算10試合対戦し8ゴールを奪っている。さらに、直近は3試合連続ゴール中と完全にカモにしている。 ◆ドルトムント:MFジェイドン・サンチョ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190212_45_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ドルトムントの注目プレーヤーはロイス不在の中でエースの働きが期待されるサンチョだ。昨夏、マンチェスター・シティのユースからドルトムントに加入した18歳はファブレ新体制となった今シーズンに完全にブレイク。“イングランドのネイマール”とも評される圧倒的なスピードとテクニックを生かしたドリブル突破に加え、8ゴール13アシストという圧倒的なスタッツが証明するように決定力やチャンスメークの質にも長けた万能型アタッカーだ。 なお、サウスロンドン生まれのサンチョはイングランド代表としてロンドン凱旋をすでに飾っているものの、クラブレベルでは初めて聖地ウェンブリーでプレーすることになる。スリーライオンズの先輩を多数擁する難敵スパーズを相手にして地元で輝けるか。 2019.02.13 17:01 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース