酒井宏樹フル出場のマルセイユ、バロテッリのゴールなどで逆転で2連勝!《リーグ・アン》2019.02.09 06:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
酒井宏樹が所属するマルセイユは8日、リーグ・アン第24節でディジョンと対戦し、2-1で勝利した。酒井はフル出場を果たしている。日本代表から帰還して2試合目となる酒井が先発出場したこの試合。マルセイユはそのほかのスタメンにストロートマンやトヴァン、マキシム・ロペス、そして今冬加入のバロテッリが名を連ねた。

まずは11分、序盤にロングシュートを狙ったバロテッリが味方のFKのこぼれ球を胸トラップしてシュート。これは僅かに枠の右へ。積極的に攻めに出るマルセイユだったが、先制点はディジョンが奪う。

18分、敵陣左サイドでボールを奪い、相手の守備が整う前にシャフィクがボックス手前から強烈なドライブシュートでGKマンダンダを強襲。マンダンダはボールを手前に弾くのが精いっぱいで、マリエがそのこぼれ球を押し込んでネットを揺らした。

その後、バロテッリが立て続けにゴールに迫るマルセイユ。28分には後方からのロングボールでバロテッリがボックス左に侵入。相手に体を当てられ態勢を崩しながら放ったシュートはDFの足に当たって枠の外に外れた。

1点ビハインドで後半に入ったマルセイユは、55分にジェルマンを投入し攻撃に厚みを持たせる。するとその1分後の56分、右CKをトヴァンがボックス手前で逸らすと、ファーサイドのバロテッリが押し込んで同点とした。

流れの中からチャンスが作れないマルセイユを尻目に、ディジョンは64分にマリエがボックス手前から左足のシュートでゴールに迫る。GKマンダンダが弾いたボールをさらにサイードが押し込みにかかるが、フリーにもかかわらずシュートを枠に飛ばすことが出来なかった。

一方、マルセイユはやはりセットプレーからチャンスを演出。左CKをチャレタ=ツァルが頭で合わせるがGKの正面に。それでも徐々に攻勢を強めていくと74分に逆転の2点目を決める。

左サイドのアマヴィの縦パスを受けたオカンポスは、右足アウトサイドの鋭い切り替えしでヤンベレの股を抜いてボックス左を突破。そこから右足で強烈なシュートを突き刺した。

その後は危なげなく試合を運んだマルセイユ。後半アディショナルタイムには若干のいざこざがあったものの、逆転で勝利を手にし、リーグ戦2連勝とした。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユMFセルティッチがチューリッヒに移籍

スイスのチューリッヒは13日、マルセイユからフランス人MFグレゴリー・セルティッチ(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 クロアチアにルーツを持つセルティッチはボルドーでプロキャリアをスタート。守備的MFを主戦場にセンターバックでもプレー可能な守備のマルチロールは、2017年1月にマルセイユに3年半契約で加入した。 しかし、マルセイユでは在籍2年間で公式戦25試合の出場にとどまり、今季は公式戦5試合の出場でリーグ戦での先発はわずかに1試合だった。 2019.02.14 00:04 Thu
twitterfacebook
thumb

復帰早々からマルセイユの勝利に貢献の酒井宏樹、アジア杯敗戦は癒えぬ傷も「将来的には良い記憶に」

マルセイユの酒井宏樹は、ボルドー戦後のインタビューで復帰早々からチームに貢献できたことを喜んだ。<br><br>アジアカップ2019に日本代表として出場した酒井は、昨年12月22日のアンジェ戦を最後にマルセイユから離脱。日本が1日の決勝まで進んだため、同選手は全公式戦6試合に欠場したが、4日にチームに合流する。そして、5日のボルドー戦から右サイドバックとして早速フル出場し、1-0の勝利に貢献した。<br><br>試合後、酒井はフランス『Le Phoceen』のインタビューに英語で応じ、勝利に貢献した復帰戦について振り返った。「マルセイユの試合はDAZNのアプリで毎試合見ていましたけれど、結果は良くなかったですね。でも、今日は勝ち点3を手にできたから満足しています。とても重要な勝利でした。僕たちはこれから少しずつ良くなっていくだけです」<br><br>また、決勝でカタール代表に敗れたアジアカップについての質問に対して「もちろん、とてもがっかりしています。試合後は本当に落ち込んでいました」と話した酒井は、続けて「でも、僕には今日のように試合があります。だからすぐに復帰して、チームに馴染まなければいけなかったです。あの敗戦はもちろん悪い記憶でしたけれど、将来的には良い記憶になっていると思います」とコメントを残した。<br><br>一方で、準決勝のイラン代表戦で負傷したことについても問われ「完治はしていないです。痛みも少しあるけれど、だいぶマシにはなっています」とまだ万全の状態ではないと明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.07 08:04 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユの宝石ブバカル・カマラにビッグクラブが興味

マルセイユに所属するU-20フランス代表DFブバカル・カマラ(19)にビッグクラブが注目しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 セネガルにルーツを持つフランス出身のカマラは2016年にクープ・ドゥ・ラ・リーグのソショー戦でプロデビュー。今季から本格的に出場機会を得て、ここまでリーグ戦18試合、ヨーロッパリーグ5試合に出場している。 センターバックのカマラを「19歳ながら彼にはすでに知性と冷静さが漂っている」と同メディアは評価。また、マルセイユでテクニカル・アシスタントを務めるクロード・フィショー氏は「エレガンスでゲームを読む力、創る力を持っている」と紹介しており、“ニュー・チアゴ・シウバ”という言い方もしている。 U-20フランス代表DFを巡って、チェルシーやアーセナル、ドルトムント、ミランなどのビッグクラブが争奪戦を繰り広げると見られている。中でもミランは強い関心を示しているようで、これまでにも何度かスカウトを送っているようだ。 カマラとマルセイユの契約は2020年までとなっているものの、クラブはこの逸材を手放す気はないようで、契約更新に動いているとされている。 2019.02.06 18:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アジアカップから帰還した酒井宏フル出場のマルセイユ、10人のボルドーにシャットアウト勝利!《リーグ・アン》

マルセイユは5日、リーグ・アン第18節延期分でボルドーをホームに迎え、1-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 10位マルセイユ(勝ち点30)が12位ボルドー(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。無観客試合となった試合で、アジアカップから戻った酒井宏が4バックの右サイドバックで先発した試合は、マルセイユが能動的に試合を進める展開となる。 そんな中25分、オカンポスがカルに後方から悪質なスライディングタックルを受けると、カルは一発退場に。 数的優位となったマルセイユは31分、ショートコーナーの流れから右クロスに反応したファーサイドの酒井宏がヘッド。決定的だったが、GKの好守に阻まれた。 それでも42分、マルセイユが先制する。右CKをニアのジェルマンがヘッドで逸らすと、ファーサイドのカマラが頭で押し込んだ。 迎えた後半は10人のボルドー相手にマルセイユが余裕を持ってプレー。自陣に引きながら相手の攻撃をいなして時間を進めていった。 試合終了間際の追加タイムにはB・サールがゴールを決めたかに思われたが、オフサイドでVARの末に無効に。それでも、1-0で逃げ切ったマルセイユが連敗を止め、3試合ぶりの勝利を手にしている。 2019.02.06 04:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ指揮官が酒井宏樹の復帰を歓迎…状態次第では5日のボルドー戦に出場へ

マルセイユのルディ・ガルシア監督は、日本代表DF酒井宏樹がチームに復帰したことを歓迎した。<br><br>アジアカップ2019に日本代表として出場した酒井は、昨年12月22日のアンジェ戦を最後にマルセイユから離脱。日本が1日の決勝まで進んだため、同選手はリーグ・アン5試合、クープ・ドゥ・フランス1試合に欠場した。その間チームは6試合で1勝1分け4敗と低調な戦いを見せ、リーグ戦では現在10位まで順位を下げている。<br><br>そんな中、酒井は4日からチームに合流し、さっそくトレーニングに参加したとマルセイユはツイッターで発表。さらに、フランス『レキップ』などは、状態に問題がなければ5日のボルドー戦に出場する可能性もあると伝えている。<br><br>マルセイユを指揮するガルシア監督も、主力サイドバックとしてここまで公式戦17試合に出場する酒井の復帰を歓迎。「酒井が帰ってきたことを喜んでいる。多くの悪いニュースの中での朗報だ」と会見でコメントを残した。<br><br>一方、5日のボルドー戦を前にマルセイユは起用できない選手が続出。アディル・ラミとディミトリ・パイェは負傷中で、ケヴィン・ストロートマンとフロリアン・トヴァンは出場停止により欠場する。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.05 13:15 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース