レヴァンドフスキ、“一匹狼”批判を一蹴「外部から何かを言われようと気にしない」2019.02.08 13:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキが、自身への批判を一蹴している。『ESPN』が報じた。

バイエルンは2日、ブンデスリーガ第20節でレバークーゼンと対戦し、1-3で敗れた。この試合後、解説者のディトマール・ハマン氏はレヴァンドフスキに向け、ドイツ『スカイ』で批判を展開している。

「彼はバイエルンにとって問題になると思う。彼はピッチで気のない様子を見せ、やる気がないようだ。一匹狼のようだね」

その後、6日に行われたヘルタ・ベルリン戦では3-2と勝利したバイエルン。決勝点をアシストしたレヴァンドフスキはこの批判を「馬鹿げている」と一蹴した。

「僕は外部から何かを言われようと気にしない。特に馬鹿げたことを言われたときにはね。彼が戦術を理解しているとは思わない」

また、レヴァンドフスキの代理人を務めるマイク・バルテル氏も「おそらく彼は同じ試合を見ていなかったのだろう」と皮肉り、レヴァンドフスキの意見に同調した。

提供:goal.com
コメント


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース