カイセドがPK弾で2戦連発! 格下に2戦連続ウノゼロの辛勝となったラツィオが暫定4位浮上《セリエA》2019.02.08 06:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第23節、ラツィオvsエンポリが7日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが1-0で勝利した。トップ4を争う7位のラツィオ(勝ち点35)が残留を争う17位のエンポリ(勝ち点18)をホームで迎え撃った一戦。

前節、格下フロジノーネ相手の辛勝で連敗をストップしたラツィオは、共にコンディションに不安を抱えるエースのインモービレとルイス・アルベルトがベンチ外となり、コレアとカイセドが縦関係の2トップを組んだ。その一方で、今冬の移籍市場最終日にジェノアから加入したロムロが右ウイングバックの位置でデビューを飾った。

立ち上がりにアチェルビがファーストシュートを放ったラツィオだが、その後はファリアスとカプートの2トップがうまく起点を作るエンポリのカウンターに苦戦。7分にはボックス内に侵入したカプートに決定的なシュートを許すが、ここはGKストラコシャの対応で難を逃れる。

その後はボールを保持しながらも攻め切れないホームチームに対して、守備から攻撃の切り替えで勝るエンポリがやや優勢に試合を運んでいく。しかし、地力で勝るラツィオは最後の局面で仕事をさせない。

すると、前半終了間際の42分には味方からのバックパスの処理にもたついたGKプロベデルに死角からプレッシャーをかけたカイセドが足を蹴られてPKを獲得。これを自ら決めたカイセドが2試合連続ゴールとした。

相手のミスを見逃さない試合巧者の戦いぶりで試合を折り返したラツィオだが、連戦の影響か流れの中ではなかなかピリッとしない。60分には簡単にサイドを崩されてボックス中央のクルティッチに際どいシュートを許すが、これは枠の右に外れた。64分にはロングカウンターに抜け出したコレアに決定機も、ここはシュートを焦った結果、大きく枠外に外してしまう。

時間の経過と共に守勢に回るラツィオはミリンコビッチ=サビッチ、バロン・ベリシャに代えてカタルディ、バデリ、負傷のカイセドに代えてペドロ・ネトと出場機会の少ない選手たちをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。そして、試合終盤のエンポリのパワープレーをきっちり凌ぎ切ったラツィオが格下相手の2試合連続ウノゼロの辛勝で暫定ながら4位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

イェデル弾でラツィオに勝ち切ったセビージャが敵地で先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ラツィオvsセビージャが14日に行われ、アウェイのセビージャが1-0で勝利した。 昨季のベスト8進出チームのラツィオとEL最多優勝を誇るセビージャによる今ラウンド屈指の好カード。 フランクフルト、マルセイユの強豪2チームと同居したグループHを2位通過したラツィオは、直近の公式戦3連勝と好調を維持。今回の一戦に向けてはインモービレ、ミリンコ=サビッチと2人の主力を欠くも古巣対戦のコレア、ルイス・アルベルトら主力が名を連ねた。 一方、クラスノダール、スタンダール・リエージュらやや力が劣る3クラブと同居したグループJを順当に首位通過したセビージャは、直近の公式戦3戦未勝利と調子を落とす。敵地で勝利を目指すチームは元ローマのDFケアーを始め、フランコ・バスケス、アンドレ・シウバ、バネガとセリエA経験者が起用された。 試合は立ち上がりから運動量と切り替えの精度で勝るアウェイのセビージャペースで進んでいく。バネガ、サラビアを中心にうまく間でボールを受けて起点を作ると、そこにイェデルやアンドレ・シウバが絡んでボックス内に侵入していく。 なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたアウェイチームだったが、22分に先制点を奪う。カウンターで中央を突破したエスクデロがボックス左のサラビアに縦パス。そして、サラビアからの絶妙クロスに反応したイェデルがDFの死角から飛び出してワンタッチで流し込んだ。 ペースを握られる中で我慢できずに失点したラツィオはすぐさま反撃。27分にはパローロのパスに抜け出したマルシッチがゴール右からシュート。これがGKバシリクの股間を抜けたが、元ローマのDFケアーが見事なゴールカバーでかき出す。 その後は一進一退の攻防となるが、44分には足を痛めたルイス・アルベルトがプレー続行不可能となり、ラツィオはドゥルミジの緊急投入を余儀なくされた。 セビージャの1点リードで折り返した試合。早い時間帯に追いつきたいホームチームはパローロに代えてカタルディをハーフタイム明けに投入。54分にはボックス付近でのコレアの粘りからカイセドが強烈な左足シュートを放つが、これは枠の左に外れる。しかし、この直後には内転筋を痛めたバストスがプレー続行不可能となり、ルイス・フェリペの緊急投入を余儀なくされて30分を残して3枚の交代枠を使い切ることに。 一方、後半も安定した試合運びを見せるセビージャは守備の時間が長くなったものの3バックを中心に決定機を許さず。逆にロングカウンターからアンドレ・シウバが惜しい場面に絡んでいく。 その後、イェデル、エスクデロ、サラビアと先制点を演出した3選手を下げてムニル、プロメス、アマドゥーを投入して逃げ切り態勢に入る。 試合終盤には85分にルーカス・レイバ、90分にフランコ・バスケスと互いに決定機が訪れたものの、いずれも決めきることはできず、試合はこのままタイムアップを迎えた。負傷者続出などツキに恵まれたラツィオ相手に敵地で1-0の勝利を収めたセビージャが来週行われるホームでの2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。 2019.02.15 04:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのイングランド人MFモリソンがスウェーデンのエステルスンドに移籍

ラツィオは14日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(26)がスウェーデンのエステルスンドに移籍したことを発表した。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身である攻撃的MFのモリソンは、2010年10月にユナイテッドでプロデビュー。その後、2012年1月にウェストハムへ移籍した後、バーミンガムやQPRにレンタルに出されていた。そして、2015年7月からラツィオでプレー。しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、昨季はメキシコのアトラスにレンタルに出されていた。 2019.02.15 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】最注目はラツィオvsセビージャ! ヘンクFW伊東デビューは? 16強懸けた初戦!

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが14日に開催される。グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。チェルシー、アーセナル、ナポリ、インテル、セビージャといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32初戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・1stレグ◆ ▽2/12(火) フェネルバフチェ 1-0 ゼニト ▽2/14(木) 《26:55》 ラツィオ vs セビージャ ラピド・ウィーン vs インテル BATEボリソフ vs アーセナル ガラタサライ vs ベンフィカ スラビア・プラハ vs ヘンク FCクラスノダール vs レバークーゼン レンヌ vs ベティス オリンピアコス vs ディナモ・キエフ 《29:00》 マルメ vs チェルシー シャフタール vs フランクフルト クラブ・ブルージュ vs ザルツブルク チューリッヒ vs ナポリ セルティック vs バレンシア スポルティング・リスボン vs ビジャレアル ビクトリア・プルゼニ vs ディナモ・ザグレブ ★最注目はラツィオvsセビージャ! 実力者同士の対戦も <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_37_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今回のラウンド32の最注目カードは、昨季のベスト8進出チームのラツィオとEL最多優勝を誇るセビージャによる一戦だ。 フランクフルト、マルセイユの強豪2チームと同居したグループHを2位通過したラツィオは、国内リーグでも順位こそ7位にとどまっているもののトップ4争いに絡んでいる。直近はコッパ・イタリアでインテルを破るなど、堅守を武器としたしぶとい戦いぶりで公式戦3連勝と好調を維持。なお、難敵セビージャ撃破に向けては古巣対戦となるFWインモービレ、FWルイス・アルベルト、MFコレアの3選手に注目だ。軽傷を抱えるインモービレ、ルイス・アルベルトに関しては出場が危ぶまれるが、コレアに関しては古巣初対戦が確実だ。 一方、クラスノダール、スタンダール・リエージュらやや力が劣る3クラブと同居したグループJを順当に首位通過したセビージャは、直近の公式戦3戦未勝利と調子を落としているが、リーガエスパニョーラで3強に次ぐ4位の座をキープしている。なお、セビージャでは古巣対戦はいないものの、イタリアでプレー経験のあるMFバネガ、FWアンドレ・シウバ、MFフランコ・バスケス、MFログらの活躍に注目が集まるところだ。 比較的強豪同士の潰し合いが避けられた中、前述のラツィオvsセビージャ以外ではセルティックvsバレンシア、スポルティング・リスボンvsビジャレアルというチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でも実現しそうな2つのカードにも注目が集まる。 スコットランドの盟主セルティックではDFティアニーやリベリアの怪人の実子、FWティモシー・ウェア、FWエドゥアールといった若手逸材のプレーに注目だ。一方、新年に入ってようやく調子が上がってきたバレンシアでは司令塔パレホと絶好調のエースFWロドリゴ・モレノの活躍がカギを握りそうだ。 共に国内リーグでは結果が出ていないスポルティングvsビジャレアルのイベリア半島ダービーでは元マンチェスター・ユナイテッドFWナニ、元アーセナルMFカソルラという偉大なベテランのパフォーマンスに要注目だ。 ★優勝候補は恵まれた組み合わせ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_37_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ラウンド32に進んだ段階で優勝候補に挙がるのは最多優勝を誇る前述のセビージャに加え、グループステージをいずれも首位通過したチェルシーとアーセナルのロンドン勢と、CLグループステージ3位敗退組のナポリとインテルの5チームだ。セビージャがラツィオという難敵との対戦が決定した一方、他の優勝候補4チームはいずれも5大リーグ以外の格下との対戦となった。 選手層を考えれば、優勝候補筆頭となるチェルシーはグループIを2位通過したスウェーデンの名門マルメと対戦。寒さの厳しい北欧でのアウェイゲームは懸念材料のひとつだが、実力差を考えれば突破の可能性は高い。ただ、今週末にマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ、来週末には直近のリーグ戦で0-6の大敗を喫したマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝を控えており、メンバー固定傾向のサッリ監督の用兵に注目が集まる。 また、セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたエメリ監督が率いるアーセナルは、今回のラウンド32でBATEボリソフと対戦する。前述のチェルシーと同じグループLを2位通過したベラルーシの強豪との一戦に向けてアーセナルの優位は揺らがないが、ここ最近のリーグ戦での低パフォーマンスとケガ人の多さは唯一気がかりな点だ。なお、ガナーズファンにとっての楽しみはクラブOBのMFアレクサンドル・フレブとの再会だ。 パリ・サンジェルマン、リバプールと同居したCL死の組を3位で終えることになったナポリは、リーグ戦では2位をキープも首位のユベントスに大きく水をあけられ、コッパ・イタリアではミラン相手に敗退を強いられており、就任1年目となったアンチェロッティ監督としては是が非でもELのタイトルがほしいところだ。幸い、今回の対戦相手はスイスのチューリッヒと移動面を考えてもかなり恵まれた相手といえる。そのため、今回の初戦ではある程度のターンオーバーが見込まれる。 ナポリと同様にバルセロナ、トッテナムと同居したCLグループステージで3位敗退のインテルは、コッパ・イタリアでもラツィオ相手に敗退。国内リーグでは直近のパルマ戦で久々の勝利を掴んだものの、去就問題でFWイカルディがキャプテンを剥奪されるなどチーム状態は芳しくない。現在、セリエAで3位をキープしているものの下位との勝ち点差はわずかとなっており、リーグでのトップ4圏内死守と共にELタイトルを保険としておきたい。ナポリ同様にオーストリアのラピド・ウィーンと比較的ラクな対戦相手を引いており、敵地での初戦をきっちり制していきたい。 ★長友、南野、長谷部にヘンク加入の伊東がEL初参戦! <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_37_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今季のEL決勝トーナメントではグループステージを勝ち抜いたフランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実に加えて、CL3位敗退組のガラタサライDF長友佑都、今冬の移籍市場で柏レイソルからベルギーの強豪ヘンクに加入したFW伊東純也の合計4人の日本人選手が参戦する。 絶対的な主力としてグループステージ突破に貢献した長谷部は、今回のラウンドでCL3位敗退組のウクライナの雄、シャフタールと対戦する。能力の高いブラジル人選手を中心に洗練された戦いを見せる難敵とのアウェイゲームは苦戦必至だが、ウィンターブレーク中による試合勘の欠如という付け入る隙は十分にある。 長谷部と同様に厳しい対戦相手を引いたのは長友。今回ガラタサライの相手はCL3位敗退組のベンフィカ。今冬に監督交代などゴタゴタのあったベンフィカだが、DFグリマルドやMFジョアン・フェリックス、MFジェジソン・フェルナンデスなど逸材タレントを擁している難敵だ。また、ホームのエスタディオ・ダ・ルスで圧倒的な強さを誇っているだけに、今回の初戦のホームゲームでは勝ち点3が必須となるはずだ。 昨季のベスト4チームとしてグループステージでも安定した戦いぶりを見せた南野のザルツブルクは、CL3位敗退組のクラブ・ブルージュと対戦する。長谷部や長友の対戦相手に比べて一段階力は劣るものの、グループステージではモナコに完勝した侮れない相手だ。アジアカップでフル稼働となった南野に関してはコンディションが懸念されるところだが、ここ最近目立つチームメートのステップアップ移籍の流れに乗る上で積極アピールといきたい。 最後に、アジアカップを終えてヘンクへの加入が決定した欧州初挑戦の伊東は今回のヨーロッパリーグがいきなりデビュー戦となる可能性が高い。その対戦相手はチェコの強豪スラビア・プラハだ。ヘンクの左サイドにはアーセナルも獲得を狙うFWトロサールというエースがいるため、伊東が起用されるのは右ウイングとなる。そのポジションには快速アタッカーのエンドンガラ、パントシルと似たプレースタイルの実力者が揃うが、その2人を押しのけてデビューを果たせるか。 2019.02.14 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

カイセド弾で逃げ切ったラツィオがリーグ4試合ぶりの白星を飾る《セリエA》

ラツィオは4日、セリエA第22節でフロジノーネと対戦し、0-1で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない8位ラツィオが、19位フロジノーネの本拠地スタディオ・マトゥーザに乗り込んだ一戦。1月31日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦をPK戦の末に勝利したラツィオは、その試合からスタメンを5人変更。出場停止のミリンコビッチ=サビッチやコレア、ルーカス・レイバらに代えてカイセドやパローロ、バデリらをスタメンで起用した。 10 試合は立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、先にチャンスを迎えたのはラツィオ。14分、相手ボックス手前でクリアボールをカットしたバデリがミドルシュート。さらに16分には、ルイス・アルベルトの縦パスからゴールエリア左手前まで侵攻したカイセドがシュートを放ったが、これは相手DFにブロックされた。 対するフロジノーネは25分、右サイドからのアーリークロスに飛び込んだチャーノがバストスに倒されPKを獲得。しかし、VARの末にチャーノのシミュレーションを取り、PKは取り消された。 前半半ば以降はラツィオが押し込む展開となると36分、ドリブルで持ち上がったL・アルベルトの縦パスをダイアゴナルに走り込んだカイセドがペナルティアーク内で受けると、ボックス内まで切り込みシュートを叩き込んだ。 迎えた後半、1点をリードするラツィオは57分にバデリとカイセドを下げてルーカス・レイバとバロン・ベリシャを投入。さらに65分には、左足を負傷したL・アルベルトに代えてルリッチをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使い切った。 膠着状態が続く中、フロジノーネが先に決定機を迎える。79分、左クロスの流れたボールをボックス右に走り込んだザンパーノがダイレクトボレーで合わせると、ゴール前のピナモンティがコースを変えたが、これはオフサイドの判定となった。 さらにフロジノーネは、85分にもチャーノのスルーパスでボックス左に侵入したピナモンティがダイレクトシュートで狙ったが、これも枠を外した。結局、試合はそのまま0-1で終了。カイセド弾で逃げ切ったラツィオが、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。 2019.02.05 05:04 Tue
twitterfacebook
thumb

PK戦までもつれ込む激闘を制したのはラツィオ! 準決勝でミランと対戦へ!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、インテルvsラツィオが1月31日に行われ、0-0で90分を終了した。そして延長戦で1-1となって迎えたPK戦を3-4で制したラツィオが準決勝へ進出している。 ベスト16でベネヴェントに勝利したインテルと、ノヴァーラに勝利したラツィオの一戦。 イカルディやシュクリニアル、ポリターノらほぼベストメンバーで挑んだインテルと、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルーカス・レイバら、こちらもほぼベストメンバーで臨んだラツィオの好カード。 インテルがややポゼッションで上回る展開で立ち上がっていった中、一進一退の攻防が続くと、28分にラツィオがL・アルベルトのシュートでこの試合初のオンターゲットを記録する。 そして31分にはラツィオに最初のチャンス。カウンターに転じた流れからゴールエリア左のインモービレがボレーシュート。だが、GKハンダノビッチにセーブされた。 ハーフタイムにかけても効果的なカウンターを狙うラツィオが流れを引き寄せていたが、ゴールは奪えず0-0で前半を終えた。 迎えた後半も最初のチャンスはラツィオ。51分、L・アルベルトがボックス左から放ったコントロールシュートが枠を捉えたが、GKハンダノビッチの好守に阻まれた。さらに直後のCKからルリッチのボレーシュートが枠を捉えたが、ここもGKハンダノビッチの好守に阻止されてしまう。 流れを掴めないインテルは62分にビッグチャンス。ジョアン・マリオのミドルシュートをGKが弾いたところをゴールエリア左のカンドレーバがプッシュ。だが、枠を捉えきれなかった。続く65分にカンドレーバがドリブルシュートでゴールに迫ったインテルは、76分にはFKからヴェシーノのヘディングシュートがわずかに枠の上に外れた。 劣勢が続いていたラツィオだったが、89分にビッグチャンス。だが、インモービレのスルーパスでボックス中央に侵入したカイセドのシュートはGKハンダノビッチのビッグセーブに阻まれてしまった。 すると追加タイム4分にはインテルにビッグチャンス。ポリターノのシュートはGKに弾かれると、ルーズボールをボックス中央のL・マルティネスがプッシュ。だが、枠を捉えきれなかった。 結局、両GKが奮闘した90分のうちにゴールは生まれず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長後半3分、ラツィオが均衡を破る。カイセドとのパス交換でボックス中央に侵入したインモービレがシュートに持ち込むと、DFに僅かにディフレクトしたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 追い込まれたインテルだったが、延長後半終了間際、ダンブロージオがミリンコビッチ=サビッチにボックス内で倒されたプレーがVARによってPKとなり、これをイカルディが決めて土壇場で追いついて見せる。 そして迎えたPK戦では2番手のL・マルティネスと5番手のナインゴランのシュートをGKストラコシャが止めたラツィオが4-3で勝利。激闘を制したラツィオは準決勝ではミランと対戦する。 2019.02.01 07:55 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース