PSGのU-20フランス代表MFベルネード、契約満了でザルツブルクへ2019.02.07 03:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンは6日、U-20フランス代表MFアントワーヌ・ベルネード(19)が今季終了後にザルツブルクに加入することを発表した。

PSGの下部組織で育ったセントラルMFのベルネードは、U-16からU-20までフランス代表に選出されてきた将来を嘱望されているMF。2016年にプロ契約を結び、今季のリーグ・アン開幕節でトップチームデビューを飾っていた。そして今季はリーグ戦2試合に出場している。

そのベルネードはこれまでPSGとの契約延長を拒否し、今季で契約が切れるのを待って若手育成に長けるザルツブルクの加入を選択した格好だ。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、ラビオ争奪戦から撤退か ポールポジションは?

バイエルンが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得レースから撤退するようだ。スペイン『マルカ』がドイツ『ビルト』の情報を引用して伝えている。 PSGとの現行契約が今シーズン限りまでとなっているラビオ。クラブとの新契約を拒否したことで、今夏フリーで新天地を求めることが確実視されている。 そのため、現在は複数のクラブがラビオの獲得に動いており、熾烈な争奪戦を繰り広げている。しかし今回伝えられるところによれば、バイエルンが獲得レースから撤退。この結果、ポールポジションにバルセロナとユベントスが立ったようだ。 他にもマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リバプール、トッテナムが獲得に動いていると報じられているが、どのクラブが獲得にこぎ着けるか注目が集まる。 2019.02.15 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

“反撃のシャウト”ディ・マリアに処分か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに対して、挑発行為による処分の可能性が浮上した。フランス『レキップ』が報じた。 PSGは12日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦を2-0で勝利。2014-15シーズンのわずか1年でユナイテッドを去ったディ・マリアが古巣相手に2アシストの輝きを解き放ち、PSGはベスト8進出へ前進した。 だが、この試合を通して古巣サポーターから厳しいブーイングを浴び続けたディ・マリアは、53分に右CKから先制点をお膳立てすると、気持ちが高ぶり、古巣サポーターに“反撃のシャウト”。この際、Fワードなど汚い言葉を発したという。 これが欧州サッカー連盟(UEFA)の調査対象に。観客挑発の規則違反が認められてしまった場合、ディ・マリアは少なくとも1試合の出場停止処分を科される恐れがある模様だ。 なお、ユナイテッドとのリターンレグは3月6日に開催。今度はPSGがホームにユナイテッドを迎え撃つ。 2019.02.15 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド戦快勝にトゥヘルの策あり…ポグバを封殺した“皇帝”マルキーニョス「監督から重要な任務を託された」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョスが、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。<br><br>PSGは、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントのラウンド16でユナイテッドと対戦し、敵地で2-0と先勝した。本職がセンターバックのマルキーニョスだが、この試合ではセントラルMFとしてMFマルコ・ヴェッラッティとコンビを形成。試合では、相手のキーマンと言える好調のMFポール・ポグバに厳しいマークを敢行し、多くの仕事をさせなかった。<br><br>マン・オブ・ザ・マッチ級のパフォーマンスを見せたマルキーニョスは試合後、「僕はこの試合、監督から重要な任務を託されていた」と、自身がポグバを抑え込むことがチームの浮沈のカギを握る&ldquo;ミッション&rdquo;だとトーマス・トゥヘル監督から伝えられていたことを明かした。<br><br>「ポグバは自分に確固たる自信を持っている選手だ。僕は常に彼を警戒し、注視し続けていた。彼はここ最近の試合で多くのゴールとアシストを記録しており、素晴らしいパフォーマンスを見せ続けていたからね。僕たちは、ユナイテッドが常に彼を経由することを知っていたんだ。僕は相手の攻撃の起点となる部分を潰すことに集中した」<br><br>チームメイトから最近、往年の名選手であるフランツ・ベッケンバウアーにちなんで&ldquo;カイザー(皇帝)&rdquo;と呼ばれているというマルキーニョス。セントラルMFという新たな役割を任せられていることについて、「監督は僕をすごく信頼してくれる。彼は僕が見えていなかったことを見せてくれるんだ。どんどん成長していることを実感している」と、トゥヘル監督に感謝していた。<br><br>なお、3月6日にホームで行われるセカンドレグでは、ファーストレグで2枚のイエローカードを受けたポグバは出場停止となる。 <br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 20:26 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサがリヨンに負けることを望むムバッペ

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、チャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナがリヨンに負けてほしいと思っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 CL・ラウンド16でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したPSGは、ファーストレグではムバッペのゴールなどで敵地で2-0で勝利し、ベスト8進出に大きく前進した。 ムバッペは、今後優勝に向けて大きな壁となり得るバルセロナに向けて、リヨン戦での敗退を望んでいることを明らかにした。だがそれは難敵だからというわけではないようだ。その理由をフランス『RMC』に語った。 「僕たちはリヨンを応援する。僕はフランスのサッカーがヨーロッパの国際大会においてもっと発展することを願っているんだ」 弱冠20歳とは思えないコメントである。リヨンはマンチェスター・シティ、シャフタール・ドネツク、ホッフェンハイムと同居したグループFにおいて、わずか1勝ながら残りは5分け無敗という勝負強さを見せて突破を決めた。なお、1勝はアウェイでシティを破ったもの。 そのリヨンの決勝トーナメント1回戦は19日に行われる。まずはホーム戦、バルセロナに一泡吹かすことはできるだろうか。 2019.02.14 15:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、ポグバ次戦欠場にニンマリ

パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバのリターンレグ欠場にニヤついた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 PSGは決勝トーナメント1回戦でユナイテッドと激突。ブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニをケガで欠く苦しい台所事情だったが、12日に敵地で行われた1stレグを2-0の勝利で飾り、ベスト8進出に大きく前進した。 この試合にトップ下で先発したドラクスラーはブラジル代表DFマルキーニョスとイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティのボランチコンビとの絶妙な掛け合いで中盤を制圧。ポグバやセルビア代表MFネマニャ・マティッチ、スペイン代表MFアンデル・エレーラを封殺した。 大仕事を完遂したドラクスラーは試合後、次のようにコメント。3月6日にホームで行われるリターンレグに向け、2枚目の警告で退場したポグバの欠場確定を素直に喜んだ。 「ポールはマンチェスター・ユナイテッドのベストプレーヤー。彼は重要な選手であり、(同じピッチに立って見て)ファンタスティックだと思った。だからこそ、ハッピーさ。彼が2ndレグでプレーできないことをね」 「彼らはすごく良い入りを見せた。彼らのプレッシャーは、僕らにとって簡単じゃなかったよ。でも、後半から僕らがより自信を抱くと、マン・ユナイテッドのプレッシャーが少しばかり弱まった」 「それが僕らのゲームになることを助けてくれた。ピッチ上でスペースを見つけてうまく使うようになったことが僕らの勝因さ」 2019.02.14 15:15 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース