【ブンデス第21節プレビュー】ハノーファーvsニュルンベルクの逆天王山開催!2019.02.08 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節は首位ドルトムントがフランクフルトに引き分け、バイエルンがレバークーゼンに逆転負けを喫し、3位に後退した。この結果、ドルトムントとバイエルンの勝ち点差は7に広がっている。迎える第20節、最下位ハノーファーvs17位ニュルンベルクの逆天王山が開催され、上位陣ではドルトムントがホッフェンハイムと、バイエルンがシャルケとそれぞれホームで対戦する。

監督交代も虚しくライプツィヒに0-3と完敗して最下位に転落したハノーファー(勝ち点11)。ライプツィヒ戦では浅野が先発に抜擢されたものの、チームが終始劣勢を強いられたため、ゴールチャンスは訪れなかった。アジアカップを戦い終えた原口が合流する中、ドル監督を迎えた新生ハノーファーはニュルンベルクとの逆天王山を制すことはできるか。

一方、ブレーメン相手に終盤の同点弾で引き分けに持ち込み、連敗を6で止めて17位に浮上したニュルンベルク(勝ち点12)。このシックスポインターで何とか勝利を収めたいところだが、公式戦3試合連続出場機会のない久保に出場のチャンスは訪れるか。

続いて上位陣。フランクフルト戦でほぼ互角の攻防を強いられた中、得点ランクトップに立つ要注意人物の一人ヨビッチにゴールを許し、妥当な引き分けに終わった首位ドルトムント(勝ち点49)。火曜に行われたDFBポカール3回戦のブレーメン戦では延長戦で2度リードしながらも追いつかれ、PK戦の末に敗れてしまった。主力を起用し、120分を戦った疲弊がある上、来週水曜にはトッテナムとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦を控える中、難敵ホッフェンハイムを下すことはできるか。

レバークーゼンに逆転負けを喫して連勝が7で止まった3位バイエルン(勝ち点42)は、12位シャルケ(勝ち点22)とのホーム戦に臨む。レバークーゼン戦では守護神ノイアーとチアゴを負傷で欠いた中、絶好調ゴレツカの4戦連続ゴールで先制しながらも後半の3発で負けてしまったバイエルンは、水曜に行われたDFBポカール3回戦のヘルタ・ベルリン戦を延長戦に持ち込まれながらもコマン弾で競り勝った。120分を戦った疲労がある中、水曜に行われたDFBポカールでデュッセルドルフに圧勝したシャルケを下してドルトムントを追走できるか。

ドルトムント相手に1-1の引き分けに持ち込んだ5位フランクフルト(勝ち点32)は、4位ライプツィヒ(勝ち点37)とのアウェイ戦に臨む。ドルトムント戦では守備をしっかりと統率した長谷部が、ヴェルナーとY・ポウルセンの強力2トップ擁するCL出場権を争うライバル相手に再び守備をまとめあげることができるかに注目だ。

その他、アジアカップから戻った大迫のブレーメンはアウグスブルク戦を、前節7試合ぶりにスタメンを外れ、水曜のDFBポカール・シャルケ戦では先発しながらも見せ場を作れなかった宇佐美のデュッセルドルフはシュツットガルトとのホーム戦をそれぞれ戦う。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第21節
▽2/8(金)
《28:30》
マインツ vs レバークーゼン

▽2/9(土)
《23:30》
ドルトムント vs ホッフェンハイム
ハノーファー vs ニュルンベルク
ボルシアMG vs ヘルタ・ベルリン
ライプツィヒ vs フランクフルト
フライブルク vs ヴォルフスブルク
《26:30》
バイエルン vs シャルケ

▽2/10(日)
《23:30》
ブレーメン vs アウグスブルク
《26:00》
デュッセルドルフ vs シュツットガルト
コメント
関連ニュース
thumb

原口を復帰戦でスタメン選出のハノーファー指揮官「ゲンキは意欲に溢れていた」

ハノーファーのMF原口元気はアジアカップから合流して初の試合で先発し、勝利に貢献した。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。<br><br>原口はアジアカップ開催地のUAEからドイツへと戻り、1週間でトーマス・ドル新監督の信頼を勝ち取った。9日に行われたニュルンベルク戦で原口は左サイドMFとして先発し、チームは残留争いの直接対決を2-0で制している。ドル監督は就任から2試合目で原口をスタメンに据えたことについて「我々はたくさん話し合った。ゲンキは意欲に溢れていたし、練習からいい印象を与えていた」と説明した。<br><br>一方で、原口にとっては新たなフォーメーションで、中盤はひし形に。「慣れないポジションでしたが、多くのボールタッチがあったので、よかったですね」と振り返る。<br><br>「僕も含めてもっと点を取るチャンスはあったんですけど」と悔やんだ原口だが、勝ち点3を手にし、「今は前向きに先を見ることができます」とポジティブに締めくくった。<br><br>提供:goal.com 2019.02.11 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

原口先発のハノーファーが日本人対決を制しリーグ10試合ぶりの白星!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第21節のハノーファーvsニュルンベルクが9日に行われ、2-0でハノーファーが勝利した。 ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ外となった。また、ニュルンベルクのFW久保裕也は76分からプレーした。 アジアカップ2019に参加していた原口が4試合ぶりの先発となった一戦は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。そんな中、ニュルンベルクは11分にコルブに対して危険なタックルを見舞ったレインがレッドカードを提示され、一発退場。 序盤で数的不利となったニュルンベルクだが、20分に決定機。リーボルドのロングパスに反応したクノールが胸トラップでボックス左深くまで持ち込みシュート。しかし、これはGKエッサーに弾かれた。 ピンチを凌いだハノーファーは30分、ロングスローをボックス右のヴァイダントがフリックすると、これに反応した原口がジャンピングボレーで合わせたが、このシュートはGKマゼニアの好セーブに阻まれた。 数的有位のハノーファーだが、41分にアクシデント。ドリブルで持ち上がったアクポグマが相手選手に倒された際に右肩を負傷。プレー続行不可能となり、そのままヴィマーとの交代を余儀なくされた。 ゴールレスまま前半終了かと思われたが、前半アディショナルタイムにスコアが動く。ハノーファーは51分、バイタルエリア手前でボールを受けたオストルツォレクが早いタイミングで左クロスを供給すると、ファーサイドのヴァイダントが頭で落としたボールを走り込んだN・ミュラーがヘディングで流し込んだ。 迎えた後半、ニュルンベルクは61分にパラシオスを下げてフクスを投入。対するハノーファーは63分にヴァイダントを下げてウッドをピッチに送り出す。すると、先にチャンスを迎えたのはハノーファー。 65分、相手ボックス手前でボールを奪ったN・ミュラーがドリブルでゴール前まで持ち込みシュート。しかし、これは飛び出したGKマゼニアがブロック。 同点ゴールが欲しいニュルンベルクは、76分にクノールを下げて久保を投入。しかし、その直後にハノーファーが追加点を奪う。 77分、ジョナタスのスルーパスを敵陣中盤で受けたN・ミュラーがドリブルでボックス右まで持ち上がると、シュートをゴール左隅に流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。N・ミュラーの2発で勝利したハノーファーは、リーグ戦10試合ぶりの白星となった。一方、敗戦したニュルンベルクは、公式戦13試合未勝利となっている。 2019.02.10 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

クラブに合流の原口元気は “裏天王山”に先発?初勝利目指すハノーファー新監督が示唆

最下位ハノーファーは9日に行われるブンデスリーガ第21節で17位ニュルンベルクをホームに迎える。この一戦に向けた会見でトーマス・ドル新監督は日本代表MF原口元気や浅野拓磨の状態にも触れた。<br><br>勝ち点11、9試合勝ちなしで最下位に沈むハノーファーだが、ドル新監督就任後初戦の前節RBライプツィヒ戦は0-3で完敗。ここに来て14試合勝ちなしと不振が続くニュルンベルクとの&ldquo;裏天王山&rdquo;に臨むことになった。<br><br>この試合を前にドル監督はアジアカップからクラブに戻ってきた原口にも言及。公式ウェブサイトが伝えたところ、「ゲンキが戻ってきたことをもちろん喜んでいる。アジアカップではたくさんの試合をこなし、十分な自信を得たようだ。ゲンキはまったく疲れがないようで、練習でも良い印象を残しているよ」とニュルンベルク戦で先発起用する可能性を示唆した。<br><br>一方、浅野は今週に入ってから体調を崩し、練習も欠席。指揮官は同選手について「本当に良い状態だっただけに、アサノの離脱は残念。タクは昨日まで熱があったので、週末までには間に合わない」と欠場が決定したことを明かしている。<br><br>なおハノーファーは浅野のほか、出場停止のMFピルミン・シュベークラー、長期離脱中のFWニクラス・フュルクルークやイラス・ベブーらも欠場。FW久保裕也が所属するニュルンベルクとの残留を巡る激突で、どのような試合を見せるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.09 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表での得点力をハノーファーでも…原口「もっとゴールに絡めると思う」

ドイツ『シュポルトバッザー』のインタビューに応じた原口元気は、日本代表のアジアカップでの戦いやハノーファーでの後半戦に向けた意気込みなどについて語った。<br><br>残留争いに巻き込まれているハノーファーは先日、アンドレ・ブライテンライター監督を解任して、後任にトーマス・ドル氏を招へい。アジアカップで不在だった原口だが、前監督の更迭については「いつも連絡してくれた」浅野拓磨から知ったと明かすと、「どこにいても監督交代は良いものではないです。選手としての責任もありますので」とコメント。ドル新監督についてはこのように続けた。<br><br>「トーマス・ドルと知り合いましたが、彼からはすぐにポジティブな感情が伝わってきました。チームを助けようとする意志も。そういうところは彼とともにチームの力になるように頑張るモチベーションにもなりますね」<br><br>ヘルタ・ベルリンからハノーファーに加入した際、今シーズンの目標に10スコアポイント(ゴール+アシスト)を掲げた原口だが、前半戦は移籍後初ゴールを記録しないまま終わった。それについては「目標に掲げた10スコアポイントは今からもまだ狙えると思います」と強調しつつ、「ただ、その10スコアポイントを獲得したい主な理由はチームが残留争いから抜け出すためです」とチームを優先して考えていることを示唆。<br><br>一方、アジアカップでは2ゴールをマークしたことについて問われると次のように説明した。<br><br>「代表チームでは前の左サイドでプレーしています。ハノーファーでは後方の右サイドでプレーすることが多かったので、もちろんそれも代表での得点率がより高い一つの理由となります。でもトーマス・ドル新監督の下ではもっと攻撃的な位置で起用されることが考えられますので、そうしたらもっとゴールにも絡めると思います。ただ、個人的な目標は得点ではないでしょう。テーマはチームですし、守備で必要とされれば、僕はそこでの仕事を引き受けます」<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.07 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

原口元気、ベシクタシュ香川真司の代表復帰に期待「調子さえ取り戻せば」

ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気は、クラブが獲得に乗り出していた日本代表MF香川真司について言及した。ドイツ『Sportbuzzer』が伝えている。 ドルトムントでルシアン・ファブレ監督の構想外となっていた香川は、1月31日にトルコのベシクタシュ移籍を決断。3日に行われたスュペル・リグ第20節のアンタルヤスポル戦では、81分からピッチに立って新天地デビューを飾り、いきなり2ゴールを記録した。 ハノーファーは今冬の移籍市場最終日に香川の獲得に乗り出していた。これはハノーファーのスポーツディレクターを務めるホルスト・ヘルト氏によって明らかとなっている。 その香川について問われた原口は、加入の可能性があったことには触れず。香川が「日本人最高選手の一人」であると主張し、ベシクタシュで調子を取り戻せば、日本代表の力になると語った。 「真司くんは日本で最高の選手の一人です。彼はドルトムントであまりプレーすることができなかったせいでアジアカップに出場することもできませんでした。調子さえ取り戻せば、再び日本代表の力になってくれると思います。そうしたら大きな役割を果たすことになると思います」 2019.02.07 08:40 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース