ドルトムントで躍動するサンチョがキャリアの分岐点を振り返る「クレイジーな数のオファーがあったけれど…」2019.02.05 15:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ジェイドン・サンチョは、キャリアの大きな分岐点となった2017年夏のドルトムント移籍を振り返った。

2017年夏にマンチェスター・シティを離れて、ドルトムントに加入したサンチョ。ファーストチームでの出場機会を求めての国外移籍は成功し、2シーズン目となる今シーズンはここまでリーグ戦20試合に出場して6ゴール9アシストを記録するなどブンデスリーガ首位を走るチームの躍進に大きく貢献する。

そんな中、サンチョはキャリアの分岐点となった2017年夏のマンチェスター・C退団をイギリス『フォー・フォー・トゥー』で振り返った。「なぜドルトムントを選んだかって?若い選手がチャンスを得られる。それにホームゲームの度に8万人のファンが若手の背中を押してくれる」

「当時はクレイジーなほど多くのクラブが僕を欲しがっていた。それでも、ドルトムントが僕にとって最適のクラブだと感じていた。もちろん大きなリスクだった。プレー時間を確保できる保証はなかったし、僕はチームでプレーできることを証明しなければならなかった。“上手くいかなければどうする?”と聞かれたこともあったけれど、僕はそんなことを一度も考えていなかった」

サンチョは2018年、ブンデスリーガでの活躍だけではなく、18歳にしてイングランド代表デビューを果たす。一気に頭角を表した昨年1年間は想像以上のものだったと認めた。「みんなが言っているように2018年に僕はブレイクした。人生の中で最高の1年だった。1年前に君たちが僕にこれだけの活躍をするだろうと言っていれば、僕は君たちのことをクレイジーだと考えていただろうね」


提供:goal.com
コメント


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース