レーティング:ローマ 1-1 ミラン《セリエA》2019.02.04 06:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第22節、ローマvsミランが3日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 オルセン 5.5
失点はノーチャンス。止めるべきシュートはきっちり止めてハイボールの処理も問題なし

DF
2 カルスドルプ 6.0
やや決め打ちの守備はリスキーだったが、果敢な攻撃参加と好クロスで攻撃をけん引

(→サントン -)

44 マノラス 6.5
早い時間帯にカードを受けた中、我慢の対応を強いられる。ピョンテクと見応えのあるマッチアップを繰り返す

20 ファシオ 5.5
失点場面ではボールウォッチャーとなりピョンテクに出し抜かれる。ただ、それ以外は攻守両面で盛り返した

11 コラロフ 5.5
攻撃面では質の高いクロスやパスを幾度も見せたが、守備ではスソの対応に苦慮

MF
7 ペッレグリーニ 5.5
失点に繋がる痛恨のボールロストを犯すも攻撃の局面ではオン・オフの両局面でアクセントを付けた

16 デ・ロッシ 6.0
長期離脱から待望の先発復帰。堅実に危険なスペースをケアしつつミドルレンジのパスでチャンスを演出

22 ザニオーロ 6.5
値千金の同点ゴールを記録。身体を張った守備に加え、抜群のボールキープで存在感

FW
14 シック 6.0
同点ゴールに関与するなどチャンスに顔を出す。献身的な守備でもチームを助けた

(→クライファート -)

9 ジェコ 6.0
懐深いボールキープと的確なポストプレーで起点に。ただ、エースとして幾度か迎えた決定機を決めたかった

24 フロレンツィ 5.5
繋ぎと精度の高いクロスで見せ場は作ったが、ややフィジカル勝負で劣勢に

(→エル・シャーラウィ 5.5)
古巣対戦で果敢な仕掛けを見せたが、決定的な仕事はできず

監督
ディ・フランチェスコ 5.5
短い準備期間でフィオレンティーナ戦の大敗からチームを立て直す。これをベースに勝ち切れるチームに向上させたい

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 7.0
前後半に多くのビッグセーブをみせ、チームの勝ち点1奪取に大きく貢献

DF
2 カラブリア 5.5
守備は堅実にこなしていたが、攻撃参加はなかなか見せられず

22 ムサッキオ 5.5
不運な形で失点に関与。ジェコのフィジカルに苦戦も最後の場面では粘った

13 ロマニョーリ 6.0
古巣相手に気迫のこもった守備。読みを利かせた対応で幾度もピンチを救った

68 R・ロドリゲス 5.5
持ち味の攻撃参加は数えるほどだったが、守備では奮闘を見せた

MF
79 ケシエ 5.5
ザニオーロと激しいマッチアップを繰り返す。アタッキングサードでの判断、精度は要改善

14 バカヨコ 5.5
ボールを持った場面で細かいミスが散見もパワフルな守備で最終ラインを助けた

39 パケタ 6.5
身体を張った守備で先制点をアシスト。セリエAの水に慣れてきたか、攻守両面で好プレーを見せていた

(→カスティジェホ -)

FW
8 スソ 5.5
カラブリアのサポートが少なく攻撃面ではやや孤立したが、キープ力や仕掛けで相手の脅威に

(→ラクサール -)

19 ピョンテク 6.0
さすがの決定力で公式戦2試合連続ゴール。押し込まれた中で最終ラインとの駆け引きを続けた

(→クトローネ -)

10 チャルハノール 5.5
最低限の仕事はこなしたが、やや消える時間が目立った

監督
ガットゥーゾ 5.5
ドンナルンマに大いに助けられたが、理に適った采配で最低限の勝ち点1を持ち帰る

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ドンナルンマ(ミラン)
個人として4試合連続クリーンシートを逃したが、前半終了間際の連続ビッグセーブなど攻勢を強めたローマを前に最後の砦として最少失点で凌いだ。シュートへの反応速度と弾き切る力強さは見事だった。

ローマ 1-1 ミラン
【ローマ】
ザニオーロ(後1)
【ミラン】
ピョンテク(前26)
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: アヤックス 1-2 レアル・マドリー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアヤックスvsレアル・マドリーが13日にヨハン・クライフ・アレナで行われ、1-2でレアル・マドリーが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アヤックス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 24 オナナ 5.0 2失点はノーチャンス。ただ、足元に不安定さが見えた DF 12 マズラウィ 5.0 相手の流動的な攻撃に対して、やや後手を踏む場面が散見 4 デ・リフト 5.5 安定したプレーを続けた 17 ブリント 5.5 多くのピンチがあったが、及第点の出来 31 タグリアフィコ 5.0 幾度か裏を取られ、大きなピンチも招いた MF 20 シェーネ 5.5 正確なキックでチャンスを演出 (→ドルベリ 5.5) 攻撃を活性化させた 6 ファン・デ・ベーク 5.5 守備の局面で粘りを見せ、カゼミロを自由にせず 21 F・デ・ヨング 5.5 中盤で攻守に質の高いプレーを続けた FW 22 ジイェフ 6.0 CLは初ゴールをマーク 10 タディッチ 6.0 1点目の起点となるなど攻撃で存在感を見せる 7 ネレス 6.0 先制点をアシスト。守備に気を遣った 監督 テン・ハグ 5.0 2枚も交代を残したのはいただけない ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 クルトワ 6.5 1失点も圧巻のゴールキーピングで再三の決定機を阻止 DF 2 カルバハル 5.5 前半は守備に追われるも、後半は積極的な攻撃参加で決勝点をアシスト 6 ナチョ 5.5 大きなミスなくプレー 4 セルヒオ・ラモス 6.0 集中したプレーでマドリー通算600試合目のメモリアルマッチを勝利で飾る 23 レギロン 5.5 先制点の起点となるロングパスを供給。守備も及第点だった MF 10 モドリッチ 6.0 質の高い攻撃参加を続けた 14 カゼミロ 5.5 ファン・デ・ベークに抑え込まれ存在感を示せず 8 クロース 6.0 相手のプレッシャーを無効化するパス捌きが光った FW 11 ベイル 5.5 幾度か個人技を見せたものの、守備に負われ存在感を放てず (→ルーカス・バスケス 5.5) 投入直後からハードワークをこなす 9 ベンゼマ 6.0 少ないチャンスを活かしCL通算60ゴール目をマーク (→アセンシオ 5.5) 値千金の決勝点を挙げ、チームを勝利に導く 28 ヴィニシウス 6.0 左サイドで攻撃の起点となり、1アシストをマーク (→マリアーノ -) 監督 ソラーリ 6.0 積極的な選手交代でチームを勝利に導いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クルトワ(レアル・マドリー) 36分に訪れたジイェフの決定機をシャットアウト。後半にも再三の決定機を阻止するなどチームの勝利に大きく貢献した。 2019.02.14 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:トッテナム 3-0 ドルトムント《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、トッテナムvsドルトムントが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 6.5 前半に2つのビッグセーブを見せて劣勢のチームを救う。まさに守護神という安定感だった DF 21 フォイス 6.5 決勝Tから登録メンバーに入り今季CL初出場。攻撃的MF出身らしい足技は立ち上がりにピンチを招いたが、その後はチームの大きな助けに。守備も及第点 6 D・サンチェス 7.0 相手の鋭い仕掛けやカウンターに対して冷静に対処を続けた。とりわけ、後半の守備は出色 4 アルデルヴァイレルト 6.5 最終ラインのバランスを意識してリスク管理に終始。後半はほぼパーフェクトな守りだった MF 24 オーリエ 6.0 見事なクロスで2点目を演出。スペースができた後半は上々の出来。守備では早い時間のカードによって後手の対応を強いられたが耐える 17 ムサ・シソコ 6.5 中盤のフィジカル勝負でさすがの存在感。前半は相手が引いたことでなかなか効果的な攻撃への絡みを出せなかったが、後半は一転して躍動 (→ワニャマ -) 23 エリクセン 6.5 3点目をアシスト。相手の徹底マークに遭った中、積極的にボールを引き出してリズム改善に腐心。先制点の起点となるなど守備でも貢献 8 ウィンクス 6.0 試合を通して守備の局面では粘りの対応が光った。後半はギャップでボールを受けて繋ぎ役としても機能 5 ヴェルトンゲン 7.5 慣れない左ウイングバックでチームを勝利に導く1ゴール1アシスト。とりわけ、後半は攻守にハイパフォーマンスだった FW 27 ルーカス・モウラ 5.5 スペースを消された中、思うようなプレーはできず。相手に囲まれてのロストが目立ってしまった (→ジョレンテ 6.0) 投入直後にダメ押しの3点目を奪取 7 ソン・フンミン 6.5 対ドルトムント戦4試合連発で11戦9ゴールの驚異的なスタッツに。中2日の連戦で前半は重かったが、後半は躍動 (→ラメラ -) 監督 ポチェッティーノ 6.5 前半は予想外に相手が引いてきたことで苦戦も後半はチームの狙いが完璧にハマった ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ビュルキ 5.5 失点はいずれもノーチャンス。果敢な飛び出しでクロスに対応するなど、個人としてはソリッドなパフォーマンス DF 5 アクラフ・ハキミ 5.0 前半は攻守両面で躍動も後半立ち上がりに失点に絡むと、そこから一気にトーンダウン 36 トプラク 5.0 前線から連動した守備ができたことで前半は危なげなくプレー。後半は後ろ向きの守備が増えたことでバタついた 2 ザガドゥ 5.5 負傷明けとしては及第点の出来。相手のスピードのある攻撃に何とか食らいつく (→シュメルツァー -) 4 ディアロ 5.0 左サイドバックでのスクランブル起用。守備に専念も後半は雑な対応が散見 MF 28 ヴィツェル 5.5 久々のアンカーロールで的確なカバーリングを見せた。ただ、攻撃の局面ではパスコースを切られて苦戦 19 ダフード 5.5 献身的な守備で指揮官の期待に応えた。ヴィツェル同様に攻撃でのプラスアルファまでは出せず 6 デラネイ 5.5 豊富な運動量と球際の強さを生かした守備で大いにチームを助けた FW 7 サンチョ 5.5 クラブレベルで初の地元ロンドン凱旋。前半は鋭い仕掛けで最も相手守備の脅威になったが、後半は見せ場を作れず (→ラファエウ・ゲレイロ -) 10 ゲッツェ 5.0 献身的な守備や利他的なプレーで貢献も決定的な仕事はできず 22 プリシッチ 5.0 負傷者続出で先発抜擢も来季からのライバル相手に精彩を欠く (→ラーセン -) 監督 ファブレ 5.0 失点するまでのプランは見事だったが、失点してからの消極的な采配が裏目に… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ヴェルトンゲン(トッテナム) ドルトムントキラーぶりを発揮したスーパーソニーの活躍も見事だったが、慣れない左ウイングのポジションで攻守両面で圧巻のパフォーマンスを見せたスーパーヤンがMOMに相応しい。 トッテナム 3-0 ドルトムント 【トッテナム】 ソン・フンミン(後2) ヴェルトンゲン(後38) ジョレンテ(後41) 2019.02.14 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 2-1 ポルト《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ローマvsポルトが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 83 ミランテ 5.5 失点はノーチャンス。難しい枠内シュートがほぼなかった中、的確なポジショニングとコーチングで最終ラインをサポート DF 24 フロレンツィ 6.5 機を見た攻撃参加に加え、大胆かつ繊細な守備でサイドに穴をあけず 44 マノラス 6.0 ソアレス相手に格の違いを見せ付ける堅守を披露も失点場面ではやや気を抜いたか 20 ファシオ 6.0 制空権を完全に握り、マイボール時は果敢な持ち上がりからジェコの決定機を創出 11 コラロフ 6.0 ペッレグリーニらとの良好な関係で再三の攻撃参加を見せた MF 4 クリスタンテ 6.5 中盤の肉弾戦で優位に。シンプルな捌きで味方に前向きなプレーを促す 16 デ・ロッシ 6.5 抜群のポジショニングと判断で中央の危険なエリアを攻略させず。冷静に縦パスを前線の味方に供給 7 ペッレグリーニ 6.5 攻守両面でダイナミズムを発揮。2点目の起点となるなどプレーの連続性が素晴らしくチームのリズムを作った (→エンゾンジ -) FW 22 ザニオーロ 7.0 CL初ゴールを含むドッピエッタの活躍でチームを勝利に導く。抜群のキープ力と献身的な守備でも貢献 (→サントン -) 9 ジェコ 7.0 2度ポストに嫌われるも、ザニオーロの2点を演出。強靭なフィジカルを生かしたキープ力でチームの攻め上がりを促した 92 エル・シャーラウィ 6.0 カウンターの起点として幾度も攻め上がりを見せ、先制点の起点となった (→クライファート -) 監督 ディ・フランチェスコ 6.5 不運な形での失点でアウェイゴールを許すも、それ以外はほぼ完ぺきな内容だった ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カシージャス 6.0 2失点を喫したが、安定したゴールキーピングで2ndレグの逆転に望みを繋ぐ DF 3 ミリトン 5.5 身体能力の高さを生かした守備で存在感。ただ、攻撃の局面での貢献は限定的に 28 フェリペ 5.5 焦れずに危険なスペースを埋めつつ気の利いたカバーリングを見せた 33 ペペ 5.5 ジェコのフィジカルに苦戦もうまく味方を動かしながら要所を締めた 13 A・テレス 5.5 守備は堅実にこなしたが、持ち味の攻撃参加はほとんど見せられず MF 25 オタビオ 5.5 献身的な守備に加え、中間ポジションでボールを引き出す仕事をこなした (→エルナニ -) 22 ダニーロ 5.5 球出しの局面で苦戦。対人守備ではよく身体を張った 16 H・エレーラ 5.5 攻守両面でチームにスイッチを入れようとしたが、あまり奏功せず 8 ブラヒミ 5.5 献身的なプレスバックやボールキープなど最低限の仕事はこなしたが無念の負傷交代 (→アドリアン・ロペス 6.5) 途中投入で貴重なアウェイゴールを決めた FW 29 ソアレス 5.5 幸運な形で1アシスト。前線で孤立する場面が多く相手の屈強なセンターバックコンビに抑え込まれた 37 フェルナンド 5.0 元神戸FWがCLデビュー。豊富な運動量と機動力で前線をかき回そうとしたが、あまり効果的ではなかった (→アンドレ・ペレイラ -) 監督 セルジオ・コンセイソン 5.5 ラツィオのレジェンドがオリンピコ帰還。試合内容では完敗もアウェイゴールを持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジェコ(ローマ) 試合を決める役割はザニオーロに譲ったが、その2つのゴールをほぼ完ぺきにお膳立てするなど試合を通した貢献度は見事だった。相手の屈強な守備陣相手にクサビのボールを収め続けた。 ローマ 2-1 ポルト 【ローマ】 ザニオーロ(後25) ザニオーロ(後31) 【ポルト】 アドリアン・ロペス(後34) 2019.02.13 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユナイテッド 0-2 PSG《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、マンチェスターユナイテッドvsパリ・サンジェルマンが12日に行われ、0-2でPSGが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 防げるシュートは止めていた DF 18 ヤング 5.5 ディ・マリアとの攻防で奮闘も止めきれず 3 バイリー 5.5 自身の対応のミスからピンチを招くことはなかった 2 リンデロフ 5.0 2失点目はムバッペに付ききれず。爆発的なスピードに苦戦 23 ショー 5.0 攻撃に出て行けず守備に追われた MF 21 エレーラ 5.0 終盤、攻撃に加わるも効果は薄かった 31 マティッチ 5.0 マークを外して1失点目に関与。あの失点で流れが一気に傾いた 6 ポグバ 5.0 ボールに関われば違いを生みだしたが、最後に退場してしまった FW 14 リンガード 5.5 右サイドで起点となるも、前半終了間際に無念の負傷交代 (→サンチェス 4.5) 後半からの出場で何もできなかった 10 ラッシュフォード 5.0 チアゴ・シウバとキンペンベに消された 11 マルシャル 5.0 ほぼボールに触れず (→マタ 5.0) アクセントを付けるようなプレーはなかった 監督 スールシャール 5.5 ケガ人2人が出る緊急事態で後半は厳しかった ▽パリ・サンジェルマン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 キックに問題はあったが、ベテランらしく徐々に適応 DF 4 ケーラー 6.0 そつのないプレーで安定感を生んだ 2 チアゴ・シウバ 6.5 要所を締めた守備でラッシュフォードを封殺 3 キンペンベ 6.5 多少の軽率なミスはあったがソリッドだった。ファウルトラブルに怯えながらも先制弾 14 ベルナト 6.5 高い位置を取って攻撃に頻繁に関与した MF 13 ダニエウ・アウベス 6.0 後半に入って存在感を高めていった 5 マルキーニョス 6.5 シンプルな捌きでヴェッラッティと共に中盤をコントロール 23 ドラクスラー 6.0 よくボールに関与してアクセントを付けた 6 ヴェッラッティ 6.5 さすがのキープ力で中盤を制圧 (→パレデス -) 11 ディ・マリア 6.5 古巣相手に躍動。2アシストをマークした (→ダグバ -) FW 7 ムバッペ 6.5 抜群のスピードでユナイテッド守備陣を切り裂いた 監督 トゥヘル 6.5 ネイマールとカバーニが不在の中、ほぼ完璧な試合を演じた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディ・マリア(パリ・サンジェルマン) 大半の選手が好パフォーマンスを見せたが、2得点に絡んだディ・マリアを選出。ユナイテッド在籍時には輝けなかったが、凱旋試合で躍動して見せた。 ユナイテッド 0-2 PSG 【PSG】 キンペンベ(後8) ムバッペ(後15) 2019.02.13 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 6-0 チェルシー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、マンチェスター・シティvsチェルシーが10日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが6-0で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190211_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.5 ペドロとイグアインの前半の決定機を阻止。相手のハイプレスに対して11人目のフィールドプレーヤーとしてビルドアップを助けた DF 2 ウォーカー 6.5 アジリティに難のあるストーンズに代わって意識的にアザールをケア。決定的な仕事は許さなかった 5 ストーンズ 6.0 ビルドアップの局面で存在感を見せたが、アザールの突破に対して苦戦 14 ラポルテ 6.5 幾度かイグアインに出し抜かれた場面はあったが、最後の局面ではきっちり身体を張った。マイボール時の安定感も抜群 35 ジンチェンコ 7.0 リーグ戦7試合ぶりの先発で2アシスト。指揮官の抜擢に応えて攻守両面できっちり仕事を果たした MF 17 デ・ブライネ 6.5 先制点の起点になるなど、高精度のキックで多くの決定機に関与。的確なポジショニングとミスの少ないプレーでリズムを作った (→マフレズ 5.5) ポジション奪取に向けてアピールを試みるが、いまひとつの出来に 25 フェルナンジーニョ 7.0 相手の徹底マークをモノともしないキープ力と判断力で相手のプレスを無効化。守備の強度も高かった (→シルバ 6.0) 絶妙スルーパスで6点目を演出 8 ギュンドアン 7.0 ダメ押しの4点目を奪取。小気味よいダイレクトプレーで潤滑油の役目を完遂 FW 20 ベルナルド・シウバ 7.0 2つのビッグチャンスを演出するなど攻撃面で良いアクセントに。献身的なプレスバックや味方の空けたスペースのケアなど守備の働きも見逃せない 10 アグエロ 8.0 2度のビッグチャンスを逸したが、英雄シアラーに並ぶプレミア11度目のハットトリックを達成。自身1点目のスーパーミドルは圧巻 (→ガブリエウ・ジェズス 5.5) 果敢にゴールを狙ったが、最後の所で決め切れず 7 スターリング 8.0 リーグ戦で対チェルシー初ゴールを含む2ゴールを記録。果敢な仕掛けでアスピリクエタを凌駕してPKも奪取 監督 グアルディオラ 7.0 圧巻のゴールラッシュで前回対戦のリベンジ達成。ジンチェンコ起用がハマるなど抜群の采配だった ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190211_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 5.0 自身に大きなミスはなかったが、屈辱の6失点… DF 28 アスピリクエタ 4.0 スターリングの突破を全く止められず。痛恨のPK献上など今季の中でもワーストに近い出来だった 2 リュディガー 4.5 対人守備では幾つか良い対応もあったが、寄せやポジショニングの甘さが大量失点の一因に 30 D・ルイス 4.5 決定的なミスはなかったが、ポジショニングミスや判断の遅れでソリッドな対応を見せられず。ライン統率にも問題があった 3 マルコス・アロンソ 4.0 守備面の強度や献身性の低さは相変わらず。攻撃では高い位置を取ったが、効果的なプレーは少なかった (→エメルソン・パルミエリ 5.0) 直接FKで見せ場を作ったが、それ以外に目立ったプレーはなし MF 7 カンテ 4.5 前半は幾度か良いボール奪取もあったが、持ち場を離れて相手にプレースペースを与え不用意なロストも散見 5 ジョルジーニョ 4.0 前半の短い時間帯に精度の高い縦パスを通したが、守備範囲の狭さや球際の弱さばかりが目立つ試合に 8 バークリー 4.0 試合の趨勢を決する痛恨のバックパスのミスで失点に関与。攻守にインテリジェンスを欠く低調なパフォーマンス (→コバチッチ 5.0) 勝敗が決した中でできることはほぼなかった FW 11 ペドロ 4.5 前半半ばの決定機は決めたかった。献身的にプレスをこなしたが、ほぼ機能せず (→ロフタス=チーク 5.0) パワフルな仕掛けで見せ場は作った 9 イグアイン 5.0 試合を通して完全に孤立。その中で2つの決定機に絡んだ 10 アザール 5.0 前半こそ鋭い突破を見せたが、後半は完全に試合から消された 監督 サッリ 4.5 屈辱的な完敗。勇敢なアプローチで試合に臨むが、完膚なきまでに叩きのめされた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スターリング(マンチェスター・シティ) ハットトリックを達成したアグエロの活躍も見事だったが、試合の流れを引き寄せる先制点や再三の鋭い仕掛けで相手守備陣を蹂躙し続けた韋駄天アタッカーをMOMに選出。 マンチェスター・シティ 6-0 チェルシー 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前4) アグエロ(前13) アグエロ(前19) ギュンドアン(前25) アグエロ(後11[PK]) スターリング(後35) 2019.02.11 03:10 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース