【総合評価】準優勝に終わったアジアカップ、日本代表23名の採点&評価は?2019.02.03 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCアジアカップ2019が1日に閉幕。カタール代表の初優勝で幕を下ろした。

2大会ぶりの王座奪還に向けて挑戦した日本代表は、グループステージから苦戦が続きながらも1点差ゲームで連勝。決勝トーナメントでもサウジアラビア代表、ベトナム代表、イラン代表と実力国を下し、決勝へと駒を進めたが、カタールの前にあと一歩のところで屈している。

今大会はケガ人が続出するなどのエクスキューズがあったものの、ロシア・ワールドカップ経験者と若手や新顔の融合チーム。結果は準優勝に終わったが、各選手の大会を通しての評価と採点は以下の通り。

▽日本採点
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

GK
Getty Images
1.東口順昭/ガンバ大阪
採点:なし(出場0試合/先発0)

1stGKとしての活躍も期待された中、ケガのために出場機会なし。ベンチでチームを鼓舞するなど、控えGKとしての役割はこなした。再び正守護神争いに名乗り出るためにも、ガンバ大阪でのプレーが重要となる。

Getty Images
12.権田修一/サガン鳥栖→ポルティモネンセ
採点:5.0(出場6試合/先発6)

大会7試合のうち6試合出場。4試合を無失点に抑えたが、自身初となるA代表の正守護神として出場した大会で細かなミスが目立つなど、不安定なパフォーマンスに。活躍の場を移すポルティモネンセで更なる成長が求められる。

Getty Images
23.シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台
採点:なし(出場1試合/先発1)

グループステージ3戦目のウズベキスタン代表戦に出場。前半にディフェンスラインのミスを突かれた攻撃で失点を許したが、終盤のミドルシュートは好セーブで勝利を呼び寄せた。代表歴の浅いシュミットにとっては、初の公式大会を経験できたことはプラスだろう。

DF
Getty Images
2.三浦弦太/ガンバ大阪
採点:なし(出場1試合/先発1)

シュミット・ダニエルと同様に、ウズベキスタン戦のみに出場。試合では、相手のスピードに振り切られてしまうシーンもあったが、持ち前の身体能力を生かした対人守備の強さは見せていた。今後に向けては、経験を積むことが大切。

Getty Images
3.室屋成/FC東京
採点:5.5(出場2試合/先発1)

3戦目のウズベキスタン戦に加え、準決勝のイラン代表戦に後半から途中出場を果たした。DF酒井宏樹(マルセイユ)というライバルがいる中で、出場した試合では持ち味を出せていた。攻撃の精度と連携面、そして経験値が今後の課題だろう。

Getty Images
4.佐々木翔/サンフレッチェ広島
採点:なし(出場1試合/先発1)

ウズベキスタン戦では中央に絞る守備と、高さを生かした守備でまずまずのパフォーマンス。攻撃参加という点でも、及第点だった。DF長友佑都(ガラタサライ)がライバルとなるだけに、更なる成長がポジション奪取には必要となる。

Getty Images
5.長友佑都/ガラタサライ
採点:6.0(出場6試合/先発6)

左サイドで6試合にフル出場した長友。これまで積み上げてきた経験値を生かし、日本代表には欠かせない左サイドバックであることを示した。ピッチ上でのバランスを取る動きや、中央に絞ってのディフェンスも好パフォーマンスを見せ、攻撃参加も労を惜しまなかった。

Getty Images
16.冨安健洋/シント=トロイデン
採点:6.5(出場7試合/先発6)

初戦のトルクメニスタン代表戦こそボランチで起用され、不安定なパフォーマスを見せてしまったが、2戦目のオマーン代表戦から起用されたセンターバックでは出色のパフォーマンス。途中出場も含め、全7試合でピッチに立ち、20歳ながら落ち着いたプレーと、抜群の強さを誇る空中戦で各国のエースを無力化した。ラウンド16のサウジアラビア代表戦では嬉しい代表初ゴールも記録。

Getty Images
19.酒井宏樹/マルセイユ
採点:6.0(出場6試合/先発6)

右サイドバックのレギュラーとして6試合でプレーした酒井。守備面では冷静な対応と、カバーリングを見せ、高さを生かした空中戦でも競り負けなかった。一方で、攻撃参加も果敢に行い、タイミングの良い上がりを見せた。

Getty Images
20.槙野智章/浦和レッズ
採点:5.0(出場2試合/先発2)

初戦のトルクメニスタン戦と3戦目のウズベキスタン戦に出場。いずれの試合も高いパフォーマンスだったとは言えず、対応のまずさが目立ってしまった。現代表に招集されていない昌子源(トゥールーズ)や成長著しい冨安などライバルも多く、浦和レッズでのパフォーマンスが今後を左右するだろう。

Getty Images
22.吉田麻也/サウサンプトン
採点:5.5(出場6試合/先発6)

パフォーマンスとしては悪くなかったが、決勝戦での対応の悪さが目立ち、VARによるハンドを大会中に2度取られた悪印象が強い。GK権田との連携の悪さやミスも見られたが、冨安という若い新たな相棒とともにディフェンスラインを統率。6点以上を取るためには、“キャプテン”としての活躍が必要だったか。

MF
Getty Images
6.遠藤航/シント=トロイデン
採点:6.5(出場5試合/先発4)

大会当初は体調不良もあり初戦を欠場。2戦目にボランチとして出場すると、持ち前の守備力の高さと、攻守両面でのトランジションの早さが出ていた。カバーリング能力も高く、日本代表の中盤の守備の要として活躍。惜しむらくはケガで決勝を欠場したことか。

Getty Images
7.柴崎岳/ヘタフェ
採点:5.5(出場6試合/先発6)

クラブでの出場機会がなかったことが影響し、ゲーム感とコンディション面に不安を抱えて臨んだ今大会。初戦、2戦目と低調なパフォーマンスに終わったが、試合をこなすごとにコンディションを上げるスタイルは変わらず、決勝トーナメントでは攻撃のキーマンとして活躍した。セットプレーからのアシスト、機を見た鋭い縦パスなど、日本のチャンス演出は柴崎がスイッチを切り替えていた。

Getty Images
8.原口元気/ハノーファー
採点:6.0(出場7試合/先発6)

冨安とともに全7試合に出場した原口。今大会にはMF中島翔哉(ポルティモネンセ)の控えになることが予想されていたが、ケガで不参加となったために左サイドの1番手に。中島とは異なる持ち味で、自身の存在価値を示した。持ち前の走力とガッツで広範囲にわたる守備で貢献。ゴールも2つと数字でも結果を残した。

Getty Images
9.南野拓実/ザルツブルク
採点:5.5(出場6試合/先発6)

大会を通じて1得点という事を考えると寂しさの残る結果と言わざるを得ない。しかし、準決勝のイラン戦では3ゴールに絡み、そのほかの試合でもゴールに絡むシーンは見られた。大迫以外の選手と組んだ際のパフォーマンスを上げることが今後の課題だろう。

Getty Images
10.乾貴士/ベティス→アラベス
採点:5.0(出場3試合/先発1)

ケガで辞退した中島に代わって追加招集された乾だったが、先発が1試合と寂しい結果に終わった。攻撃にアクセントをつける役割が期待されたが、途中投入された場面でも流れを変えることに苦労。ゲームビジョンとボールコントロールは高いものを持っているだけに、移籍先のアラベスでコンディションを上げ、今後の活躍に期待したい。

Getty Images
14.伊東純也/柏レイソル
採点:5.5(出場5試合/先発1)

途中出場がメインとなった今大会。途中出場した試合では、持ち味であるスピードでの突破を見せ、相手守備陣の脅威となるシーンが多く見られた。欲を言えば、縦へのドリブル突破を目指すだけでなく、カットインからのシュートという柏レイソルで見せるプレーが見たかったところ。大会終了後にベルギー・ヘンクへの移籍が決定し、更なる成長に期待が懸かる。

Getty Images
17.青山敏弘/サンフレッチェ広島
採点:なし(出場1試合/先発1)

ケガで途中離脱をしてしまった青山。大会前からコンディション面には不安を抱えていた中で、出場したウズベキスタン戦では悪くないパフォーマンスを見せていた。パス出しの部分では違いを出せており、森保監督のサッカーを熟知しているものの、年齢を考えてもより高いパフォーマンスが求められるだろう。

Getty Images
18.塩谷司/アル・アイン
採点:5.5(出場5試合/先発3)

ケガで辞退したMF守田英正(川崎フロンターレ)の代役として招集。自身がプレーするUAEでの開催ということもあり、多くの面での貢献が期待された。初出場となったウズベキスタン戦では、豪快なミドルシュートを決めて勝利に貢献。その後は、守備固めとして終盤の投入を3試合連続で経験。決勝では、ケガの遠藤の代わりにボランチで出場。ボランチという新境地を開拓し、代表への活路を見出す可能性は高い。

Getty Images
21.堂安律/フローニンヘン
採点:5.0(出場6試合/先発6)

チーム最多タイの6試合で先発出場を果たした堂安。初戦のトルクメニスタン戦で決めたゴールは鮮やかであり、ベトナム戦でPKを獲得した仕掛けも良さが出ていたが、試合の大半では期待以上のプレーは出なかった。特に、サウジアラビア、イラン、カタールと強豪国との対戦では、左足を警戒されて切られた結果、持ち味である積極的な仕掛けやシュートが減少。課題を突きつけられる格好となった。

FW
Getty Images
11.北川航也/清水エスパルス
採点:5.0(出場4試合/先発2)

A代表としての経験も浅い中、初の公式大会は苦い思い出となっただろう。周囲との連携に苦しんだ序盤戦では、黒子としての役割を果たし、前線からの守備などで見えざる貢献。しかし、ウズベキスタン戦などで見られた決定機逸は、今後の大きな課題だろう。決めるべきところで決められないと、代表への声も掛からなくなる。

Getty Images
13.武藤嘉紀/ニューカッスル
採点:5.0(出場4試合/先発3)

ニューカッスルでの出場機会も限られている中で、期待されて召集を受けた武藤。ウズベキスタン戦では、3年3カ月ぶりの代表ゴールも記録したが、全体的に噛み合わなかった印象だ。裏への抜け出しが生きる場面もあったが、チームとしての狙いにアジャストする必要もあるだろう。

Getty Images
15.大迫勇也/ブレーメン
採点:6.5(出場4試合/先発3)

日本代表の攻撃の軸であることが証明された今大会。ケガによる離脱で、その存在の大きさを痛感させられた。出場した試合では、攻撃がスムーズに回ることが多く、乗じて守備も安定感を増していた。自身も4ゴールを記録し、エースである事を証明。代役探しが加速する中、自身もパフォーマンスを保ってもらいたい。

監督
Getty Images
森保一
採点:5.0

優勝という目標を果たせなかったという点で評価は下げざるを得ないが、大会を通じてチームを前進させたこと、そして決勝まで全勝で勝ち上がってきたことは評価すべきだろう。ここからの課題はチームの成熟度を上げるとともに、相手に合わせて、試合状況に合わせて切るためのカードを用意すること。3月と6月の親善試合、そしてコパ・アメリカに向け、Jリーガーを含め、戦力の発掘とチームの成熟の両軸で歩み続けることが求められる。
コメント
関連ニュース
thumb

大迫勇也がコパ・アメリカ不参加を承諾

ブレーメンは14日、日本代表FW大迫勇也のコパ・アメリカ不参加承諾を日本語版のクラブ公式ツイッター(@werderbremen_jp)で発表した。 今冬にアジアカップを戦った大迫はブレーメン合流後、背中の痛みを理由に、依然として公式戦出場なし。そうした状況を受け、ブレーメンは12日に「大迫をコパ・アメリカに行かせない」との声明文で、招待国としてコパ・アメリカに参戦する日本代表の招集拒否を表明した。 声明から2日後の14日、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督は「彼はコパ・アメリカへの不参加に理解を示し受け入れた。話し合いは選手の同意の下、JFAとの密接な調整の上で行っている。代表への派遣の義務はなく、その為、この様な決断を下した」とコメントした。 コパ・アメリカは6月に開幕。1999年以来2度目の出場となる日本代表はグループCに入り、チリ代表(6月18日)、ウルグアイ代表(同月21日)、エクアドル代表(同月25日)と対戦する。 2019.02.15 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑮】新天地・トルコで復活へ。「カタールまでは十分時間がある」と3年後に照準を合わせるエースナンバー10/香川真司(ベシクタシュ/MF)

「今季は言うたら『構想外』。競争したくてもできない状況が約1年続いた。体は万全なのにそこに加わらせてもらえない、考えられてないっていうのは非常に屈辱的で、悔しい気持ちをつねに抱えながら暮らしてきました。でもこの経験値が必ず数年後には自分の糧になって成長できると思っている。今は純粋にサッカーがしたいと心から感じているので、トライしたいですね」 2018年末に一時帰国した際、香川真司(ベシクタシュ)はメディアの前で苦しい胸の内をしみじみと吐露した。今季ドルトムントでの公式戦出場はわずか4試合。2018年ロシア・ワールドカップで得た自信と手ごたえも薄れかけていた。本人はスペイン行きを熱望していたが、とにかく試合に出られる環境をいち早く見出さなければ、選手としてのキャリアも下降線を辿りかねない。そんな危機感を大いに強めていたに違いない。 それから1カ月。悩みに悩んだ香川が赴いたのはトルコだった。憧れのスペインからのオファーは届かず、モナコ移籍話もギリギリで立ち消えになった。そこで浮上したのがベシクタシュ。欧州5大リーグで足掛け10年過ごした男にしてみれば「都落ち感」は否めなかっただろうが、1年前に同国に新天地を見出した長友佑都(ガラタサライ)がイキイキと躍動している姿に背中を押された部分はあったはず。トルコサッカーの異様な熱狂にも突き動かされたことだろう。現地入りした時の笑顔には迷いを吹っ切った男のスッキリ感が伺えた。 彼の選択は今のところ間違っていなかったようだ。デビュー戦となった2月2日(日本時間3日)のアンタルヤスポル戦での3分間2ゴールで強烈なインパクトを残した香川は、続く9日(同10日)のブルサスポル戦では後半22分から出場。着実にプレー時間を伸ばしている。後者ではトップ下の定位置を担っているセルビア人MFアデム・リャイッチが左サイドに移動。背番号23をつける日本人ファンタジスタがトップ下に入る形を取った。トルコを2002年日韓ワールドカップ3位へと導いた名将、シェノール・ギュネシュ監督は17歳のサイドアタッカー、ギュヴェン・ヤルチンらを含めて2列目の組み合わせを流動的に入れ替えながら戦う意向のようで、今後は香川がトップ下以外でプレーする可能性も考えられる。ベシクタシュがリーグ3位というポジションから順位を上げていくためにも、攻撃陣が多彩なバリエーションからゴールをこじ開けていくことが重要になってくるのだ。 ただ、基本的に香川はセンターのポジションで輝きを放つ選手。それはドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、日本代表でも証明されている。過去2度参戦したワールドカップを見ても、2014年ブラジル大会は左サイドが主戦場。4年間指揮を執ったアルベルト・ザッケローニ監督から「(アレッサンドロ・)デルピエロになれる」と期待を寄せられながら、全くと言っていいほど精彩を欠いた。しかし2018年ロシア・ワールドカップは本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)との競争に勝って本職のトップ下に君臨し、コロンビア戦(サランスク)のPKなど記憶に残る仕事をした。左サイドに陣取った乾貴士(アラベス)との連携も効果的で、「キャプテン翼の翼君と岬君」とさえ評されたほど。2019年アジアカップ(UAE)の際も「香川は間のギャップに入り込むのに非常に長けたアタッカー。それがいなかった分、日本は苦戦した」と分析した解説者もいて、やはり香川が真ん中で卓越した仕事のできる選手であることを再認識するいい機会となった。 その本職でベシクタシュでも輝こうと思うのなら、ロシアで本田から定位置を奪ったように、リャイッチからポジションを奪取するしかない。ただ、今季頭からチームの攻撃の軸をになってきた彼をギュネシュ監督も簡単には外しづらい。ヤルチンやイェレマイン・レンスといった周囲のアタッカー陣も彼に合わせて動くような組織が築き上げられている。それだけにシーズン途中加入の香川がいかにしてその中に入り込むのかが難しいテーマになってくる。ギュネシュ監督も近い将来、背番号23をトップ下に据えてスタートから起用する機会を作るだろう。そこが彼にとっての大きなチャンス。それをつかむかどうかで今後の動向は大きく変わってきそうだ。 日本代表で10番に返り咲けるかどうかもベシクタシュでの働き次第ではないか。森保一監督率いる新生ジャパンは発足当初から中島翔哉(アル・ドゥハイル)がエースナンバー10をつけていて、アジアカップに追加招集された乾でさえも「自分は翔哉の代わりで10番をつけているだけ」と語っていた。中島は新天地・カタールで試合に出られないということはないだろうから、当面は代表から外れることはないだろうし、10番も背負い続ける見通しだ。となれば、香川が復帰した時、どうなるかという疑問が浮上する。本人が「代表でも23番をつけたい」などと、かつて18から4番に自ら変更を申し出た本田のような姿勢を示せば問題はないだろうが、香川自身も10番には特別な思い入れを持っているはず。ただ、「自分自身がクラブで異彩を放っていなければ10番は相応しくない」と考えるタイプでもあるだけに、やはりベシクタシュのトップ下に君臨し、代表でも華々しい復活を果たすというが理想的なシナリオではある。 「次のワールドカップまでは十分時間があると思っている」と長期的なビジョンに立って代表を捉えている香川。肝心な3度目の大舞台で大輪の花を咲かせるためにも、まずは今の1日1日を大切にすること。そこに集中してほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.02.14 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表DF室屋成に第一子が誕生! 「責任感を持ち、精一杯頑張りたい」

FC東京は13日、日本代表DF室屋成に第一子(長男)が誕生したことを発表した。 発表によると、長男は4日に誕生。1日にアジアカップ決勝が行われた直後の朗報となった。室屋はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF室屋成 「第一子が生まれ、とても嬉しく思います。妻と生まれてきてくれた子どもに感謝しています。より一層、責任感を持ち、精一杯頑張りたいと思います」 室屋は2016年2月、明治大学サッカー部を退部してFC東京に入団。在籍3年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグ30試合に出場して1得点を記録した。 また、代表キャリアにおいては2017年にA代表デビュー。今年行われたアジアカップでは5試合に出場し、グループステージ最終節のウズベキスタン代表戦では1アシストを記録していた。 2019.02.13 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、日本代表に不満…「大迫をコパ・アメリカに行かせない」

ブレーメンは12日、日本代表FW大迫勇也の状態を心配し、公式サイト上に声明を掲載した。 日本代表にとって最も欠かせない存在となっている大迫は、今年行われたアジアカップでも臀部の痛みを抱えつつ4試合に出場。惜しくも優勝はカタール代表に譲ったものの、準決勝のイラン代表戦では2ゴールを決めて森保ジャパンを決勝に導いた。 しかし、その後所属元であるブレーメンに帰還した大迫は未だ試合に出ることが出来ず。コンディション不良が伝えられており、公式戦2試合でベンチを外れている。 ブレーメンは12日、「大迫をコパ・アメリカに行かせない」というタイトルの声明を公式サイト上に掲載。声明の中では、「大迫はワールドカップでも日本のためにブンデスリーガの準備期間を逃し、1月にはアジアカップで使われた。腰痛で戻り、現在は起用不能だ」と日本代表への不満を露わにしている。 また、フランク・バウマンSDの「私たちは勇也がアジアカップの準決勝と決勝でプレー出来たことに驚いている。プレー出来ない状態で(ブレーメンに)戻ってきたにも関わらず、アジアカップで彼の負傷は悪化しなかったのだろう」と皮肉めいたコメントを紹介。さらに、「もちろん勇也は代表チームを助けたいと思っている。だが、ブレーメンは日本の最も重要な代表選手の一人が燃え尽きないように注意しなくては」と、大迫や日本代表を思ってこそのことだと主張している。 今年6月14日から7月7日にかけてブラジルで行われるコパ・アメリカ2019に、招待国として出場する日本。選手の招集には国際サッカー連盟(FIFA)に保障された強制力が働かないため、大迫を招集するのは困難と言えそうだ。 2019.02.13 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

チリ遠征に臨むU-17日本代表メンバーが発表《チリ遠征》

日本サッカー協会(JFA)は12日、2月17日から26日にかけてチリ遠征を行うU-17日本代表メンバーを発表した。 今回のメンバーには、今年の全国高校サッカー選手権大会で優勝を果たした青森山田高校のMF藤原優大や帝京長岡高校のメンバーとして出場したMF田中克幸など高校から4名が選出された。 今回の遠征では、チリでトレーニングをした後、スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-17サッカー交流としてU-17パラグアイ代表、U-17チリ代表と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー GK 1.野澤大志(FC東京U-18) 12.鈴木彩艶(浦和レッズユース) DF 2.角昂志郎(FC東京U-18) 3.鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 4.山田奈央(浦和レッズユース) 5.下川太陽(セレッソ大阪U-18) 6.畑大雅(市立船橋高校) 15.鷲見星河(名古屋グランパスU-18) MF 7.藤原優大(青森山田高校) 8.成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 9.中野桂太(京都サンガF.C.U-18) 13.有田恵人(川崎フロンターレU-18) 14.三戸舜介(JFAアカデミー福島U18) 16.田中克幸(帝京⾧岡高校) 17.田中聡(湘南ベルマーレU-18) FW 10.唐山翔自(ガンバ大阪ユース) 11.津久井匠海(横浜F・マリノスユース) 18.若月大和(桐生第一高校) 2019.02.12 21:55 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース