3連勝のボルシアMG、10人のシャルケに終盤の2発で勝利し2位浮上《ブンデスリーガ》2019.02.03 04:39 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは2日、ブンデスリーガ第20節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。

2連勝中の3位ボルシアMG(勝ち点39)が、12位シャルケ(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。

シャルケにボールを譲る展開としたボルシアMGは14分、ボックス手前左からシュティンドルが際どい左足ミドルを放って牽制する。そして18分には決定機。シュティンドルとのパス交換からザカリアがボックス右に侵入してシュートに持ち込むも、DFの好ブロックに阻まれた。

その後、互角の攻防が続いた中40分、カリジウリの直接FKでゴールを脅かされたボルシアMGだったが、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半開始3分、GKのキックミスを拾ったザカリアがミドルシュートを浴びせたボルシアMGは、59分にディフェンスライン裏に抜け出したT・アザールがボックス外ぎりぎりの位置でGKヌーベルに倒されると、ヌーベルには一発退場の処分が下った。

数的優位となったボルシアMGは73分、シュティンドルの直接FKでゴールに迫ると、終盤の85分に均衡を破った。左サイドからのT・アザールのクロスを受けたペナルティアーク中央のクラマーが左足ボレーで一閃。これがゴール右に突き刺さってボルシアMGが待望の先制ゴールを奪った。

そして追加タイム1分にはT・アザールのスルーパスを受けたノイハウスがGKとの一対一を制して2-0としたボルシアMGが勝利。バイエルンと勝ち点で並び、得失点差で上回って2位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMGが日本代表MF南野拓実に関心か

ボルシアMGがザルツブルクに所属する日本代表MF南野拓実(24)の獲得を検討しているようだ。ドイツ『キッカー』の情報をイタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ボルシアMGでは現在、ブンデスリーガでここまで20試合で9ゴール8アシストを記録しているベルギー代表MFトルガン・アザール(25)が欧州複数クラブから注目を集めている。ボルシアMGとの契約は2020年6月まで。しかし、各紙は同選手に契約延長のオファーを受け入れる意向がないと報じるなど、去就が不透明になっている。 そんな中、前線の強化を行うべくボルシアMGは、南野をリストアップしているという。ちなみにボルシアMGは2016年にも南野獲得に興味を示していることがドイツメディアで報じられていた。 セレッソ大阪下部組織出身の南野は、2012年に特別指定選手としてプロデビュー。2013年にはルーキーとしてクラブ史上初の開幕スタメン入りを果たすと、公式戦38試合で8ゴールをマークし、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞した。 2015年1月にザルツブルクに完全移籍で加入すると、途中加入ながら公式戦17試合で3ゴール3アシストを記録。今シーズンは公式戦26試合で11得点と4年連続で公式戦2桁得点を決めている。 2019.02.15 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ガナーズとスパーズがギンターを注視 市場価格は43億円

アーセナルとトッテナムが、ボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンター(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アーセナルは、今シーズンのプレミアリーグでここまで36失点を喫しており、"トップ6"の中で最も多くの得点を許しているクラブだ。また、センターバックのDFロブ・ホールディングが左ヒザの前十字じん帯断裂の長期離脱中であり、DFローラン・コシエルニーも故障癖があることから、MFグラニト・ジャカ、DFシュテファン・リヒトシュタイナー、DFナチョ・モンレアルが本来のポジション以外で起用されるなど苦しい台所事情を抱えている。 一方のトッテナムは、DFヤン・ヴェルトンゲンとDFトビー・アルデルヴァイレルトが1年間の契約延長をしたばかり。しかし、後者は契約解除金が2500万ユーロ(約31億円)に設定されており、今夏に退団する可能性もある。 そのため、ノースロンドンの両クラブは今夏にセンターバックの獲得を目指しており、ギンターを注視しているという。なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、ギンターの市場価格は3500万ユーロ(約43億円)となっている。 フライブルク下部組織出身のギンターは2012年にトップチーム昇格を果たし、2014年にドルトムントへ加入。2017年からボルシアMGに活躍の場を移すと今シーズンもここまでブンデスリーガ15試合に出場し、2位と躍進しているチームを支えている。 2019.02.08 16:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがプレアの中国移籍を否定! エベールSD「オファーなんて届いていない」

ボルシアMGのマックス・エベールSD(スポーツディレクター)は、同クラブのフランス人FWアラサン・プレア(25)の中国移籍報道を完全否定した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今季のブンデスリーガで10ゴールをマークするプレアには、最近の一部フランスメディアが中国スーパーリーグ所属する大連一方から移籍金4000万ユーロ(約50億円)~5000万ユーロ(約62億円)のオファーが届き、27日に行われたアウグスブルク戦でクラブ関係者が交渉したと伝えられていた。 しかし、『キッカー』のの取材に応じたエベールSDによれば、「オファーなんて届いていないよ」と、これを完全否定したという。 リヨンの下部組織出身のプレアは、オセールを経て2014年8月にニースへ加入。2017-18シーズンでリーグ・アンで35試合に出場し16ゴールを記録するなど活躍すると、昨夏にボルシアMGへ5年契約で加入。今季はここまで公式戦20試合で13ゴール3アシストをマークしている。 2019.01.29 02:46 Tue
twitterfacebook
thumb

首位快走のドルトムントがボルシアMGとの上位対決を制しウィンターブレーク突入!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節のドルトムントvsボルシアMGが21日に行われ、2-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽先週末のブレーメン戦に勝利し前半戦首位ターンを確定させたドルトムントが、2位ボルシアMGをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われた前節のデュッセルドルフで今季初黒星を喫したドルトムントは、その試合からスタメンを6人変更。ゲッツェやプリシッチ、シュメルツァー、ディアロらに代えてアルカセル、ラファエウ・ゲレイロ、サンチョ、アクラフ・ハキミらをスタメンで起用した。 ▽一方、ミッドウィークのニュルンベルク戦に勝利し、首位ドルトムントとの勝ち点差を6ポイントに縮めたボルシアMGは、その試合からスタメンを2人変更。トラオレとエルベディに代えてヘアマンとクラマーをスタメンで起用した。 ▽試合は上位対決らしく序盤から締まりのある拮抗した展開となる。ドルトムントは高い位置から積極的にプレスを仕掛けてボルシアMGのビルドアップを封じ、早めに仕掛けていく。すると20分、高い位置でラファエウ・ゲレイロがボール奪取に成功すると、横パスボックス左手前で受けたアルカセルがワンタッチでゴール前へラストパス。相手DFの裏に抜け出したロイスがダイレクトシュートを放ったが、これはGKゾンマーのファインセーブに阻まれた。 ▽ドルトムントは32分にアクシデント。プレー中にモモ裏を負傷したアルカセルがプレー続行不可能となり、ベンチに下がる。これに伴いゲッツェが緊急投入された。すると42分、ドルトムントは中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛ける。左サイドを持ち上がったロイスの折り返しをボックス中央でゲッツェが落とし、最後はボックス右深くまで切り込んだサンチョが角度のない位置からシュート。これが左ポストに当たるもそのままゴールに吸い込まれた。 ▽先制を許したボルシアMGだが、前半終了間際に反撃。46分、ボックス手前でパスを受けたT・アザールがワンタッチで右サイドに展開すると、これに反応したザカリアがクロスを供給。これをクラマーが頭で合わせると、相手DFにディフレクトしたこぼれ球を再びクラマーが押し込み、前半は1-1で終了した。 ▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはアウェイチーム。54分、右サイドからカットインを狙ったサンチョがボックス右に開いたゲッツェにパスを供給。これを受けたゲッツェの高速クロスをゴール前に走り込んだロイスがすべりこみながらゴールに流し込んだ。 ▽勝ち越しに成功したドルトムントは、65分にもボックス左手前でパスを受けたゲッツェが相手DFに倒されFKを獲得すると、ロイスの直接FKが左ポストを直撃。さらに試合終了間際の86分にも、自陣からのロングフィードをボックス手前でゲッツェが落とすと、ロイスがボックス左から侵入したが、コントロールが大きくなったボールは飛び出したGKゾンマーがキャッチした。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ロイス弾で逃げ切ったドルトムントが、上位対決を制してウィンターブレークを迎えることになった。 2018.12.22 06:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第17節プレビュー】年内&前半戦最終戦! 金曜に首位ドルトvs2位ボルシアMG

▽ミッドウィークに行われた前節は首位ドルトムント(勝ち点39)がデュッセルドルフに不覚を取って今季初黒星を喫し、2位ボルシアMG(勝ち点33)、3位バイエルン(勝ち点33)が揃って勝利したことで、6ポイント差に縮まった。迎える第17節は年内&前半戦最終戦となり、首位ドルトムントvs2位ボルシアMGが金曜に開催される。 ▽前節デュッセルドルフ戦ではルケバキオのカウンターに懸けてきた相手に対し、まんまとやられてしまったドルトムント。ツィマーのスーパーミドル弾もあって2点のビハインドを追いつけなかった。ここで敗れると、ウインターブレイク前にボルシアMGとバイエルンとの差が3ポイントに縮まる可能性があるだけにドルトムントとしては6ポイント以上を維持して休暇に入りたいところだ。デュッセルドルフ戦でベンチスタートだったアルカセルやサンチョをスタートから起用し、ボルシアMGを叩きにかかる。 ▽一方、前節ニュルンベルク戦をT・アザールのPK失敗がありながらも、そのT・アザールの名誉挽回弾とプレア弾でしっかりと勝利したボルシアMGは、この頂上決戦を制すれば3ポイント差となり、ドルトムントを射程圏内に捉えることができる。デュッセルドルフ同様、カウンターを狙いたいボルシアMGとしては一皮剥けつつあるT・アザールの走力を生かしたカウンターで一刺し狙いたい。 ▽ライプツィヒ戦を終盤のリベリ弾で制した3位バイエルンは、5位フランクフルト(勝ち点27)とアウェイで対戦する。リーグ戦4連勝でコバチ監督の解任報道が完全に落ち着き、ドルトムントの背中が見えつつあるバイエルンは、この上位対決を制すことができれば後半戦に向けて弾みが付く。得点ランクトップに立つヨビッチ擁するフランクフルトのカウンターをケアしつつ、好調の攻撃陣が長谷部を欠くフランクフルト守備陣からゴールを奪えるか。 ▽今節はハノーファーvsデュッセルドルフの日本人対決が行われる。前節フライブルク戦では浅野が負傷欠場した中、原口は引き続き[3-5-2]の右ウイングバックで先発し、攻守に奮闘した。チームは1-1と勝ち切れず、17位に沈んでいる状況だが、昨季後半デュッセルドルフの昇格に貢献した原口は古巣相手に勝利に導く活躍を見せられるか。 ▽一方、宇佐美が3試合連続スタメンとなってドルトムントを撃破したデュッセルドルフは、15位に浮上した。中盤左サイドで先発している宇佐美はゴールに絡む活躍が続いている上、守備意識の高まりもあってチームの中で重要な存在になりつつある。原口とマッチアップする可能性が高い中、宇佐美は攻守に活躍できるか。 ▽大迫が3試合ぶりに先発復帰したブレーメンは、前節ホッフェンハイム戦では優勢に試合を進めながらも勝ち切れず引き分けに終わってしまった。そのブレーメンは4位ライプツィヒとアウェイで対戦する。ここ8試合で1勝と、勝ちに恵まれていない9位ブレーメンだが、大迫のゴールでバイエルンに善戦したライプツィヒ撃破となるか。最後にここ3試合ベンチ入りも出場機会のないニュルンベルクの久保はフライブルクと対戦するが、ウインターブレイク前に出場機会を得られるか。 ◆ブンデスリーガ第17節 ▽12/21(金) 《28:30》 ドルトムント vs ボルシアMG ▽12/22(土) 《23:30》 レバークーゼン vs ヘルタ・ベルリン ニュルンベルク vs フライブルク ハノーファー vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs シャルケ ライプツィヒ vs ブレーメン 《26:30》 フランクフルト vs バイエルン ▽12/23(日) 《23:30》 アウグスブルク vs ヴォルフスブルク 《26:00》 ホッフェンハイム vs マインツ 2018.12.21 18:00 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース