ウディネーゼ、元ブラジル代表MFサンドロを獲得 買取義務付きのレンタル2019.02.01 10:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは1月31日、ジェノアに所属する元ブラジル代表MFサンドロ(29)の今シーズン終了に買取義務が発生するレンタル加入を発表した。

代表通算18キャップをマークするサンドロはインテルナシオナルでプロデビュー後、トッテナム、QPR、WBA、アンタルヤシュポルでプレー。2018年1月のベネヴェント加入を経て、同年夏にジェノア入りした。

その今シーズンはここまで公式戦14試合に出場して1アシストを記録。ウディネーゼはここまでセリエA4勝6分け11敗の16位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑が2カ月ぶり弾! メルボルン・Vは2戦連続足踏み《Aリーグ》

メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑が今シーズン6点目を記録した。 メルボルン・ビクトリーは15日、オーストラリア・Aリーグ19節でウェリントン・フェニックスFCと対戦。前節にケガから復帰した本田はベンチスタートとなり、55分からピッチに立った。 その試合は、57分にアウェイのメルボルン・ビクトリーが失点。先制を許す苦しい戦いを強いられたが、66分に獲得したPKを本田が左足でゴール右に決め、試合を降り出しに戻してみせる。 本田の昨年12月以来となる2カ月ぶりの得点で追いついたメルボルン・ビクトリーは1-1のドロー。2位のチームにとって、2試合連続勝利なしと痛い足踏みが続いている。 ウェリントン・フェニックスFC 1-1 メルボルン・ビクトリー 【ウェリントン・フェニックスFC】 クリシュナ(後12) 【メルボルン・ビクトリー】 本田圭佑(後22[PK]) 2019.02.16 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のベシクタシュ、マラティヤスポルとの上位争いを制して3位死守《スュペル・リグ》

ベシクタシュは15日、スュペル・リグ第22節でマラティヤスポルとアウェイで対戦し、2-1で競り勝った。ベシクタシュのMF香川真司は62分から出場している。 3位ベシクタシュ(勝ち点36)が、4位マラティヤスポル(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。 チームが1点をリードし、相手に退場者が出て数的優位となっていた中、62分に投入された香川はトップ下に入った。 しかし65分、カウンターを受けて失点し、ベシクタシュは同点に追いつかれてしまう。それでも70分、香川のパスを起点に左クロスを合わせたリャイッチのシュートが決まって勝ち越した。 さらに追加タイムには香川が右クロスに対してダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えたが、枠の右に外れる。それでも、2-1で勝利したベシクタシュがマラティヤスポルとの上位争いを制して3位を死守した。 2019.02.16 04:34 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブ・ブルージュに先勝を献上したザルツブルクが今季公式戦初黒星… 南野は85分からプレー《EL》

日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでクラブ・ブルージュ(ベルギー)とアウェイで対戦し、1-2で敗戦した。南野は85分からプレーした。 セルティックやライプツィヒらが同居したグループBを全勝で突破したザルツブルクは、現在ウィンターブレーク中のリーグ戦でも無敗で首位を独走中。昨年12月9日以来となる公式戦に向け、ローズ監督はダブールやヴォルフ、ライナーら主力を先発起用。南野はベンチスタートとなった。 試合が動いたのは17分、ウルマーのロングパスで相手DFの裏に抜け出したユヌゾビッチがボックス左手前から飛び出したGKの上を越すループシュートでゴールネットを揺らし、ザルツブルクが先制した。 先手を取ったザルツブルクは、38分にも左クロスのこぼれ球をボックス内で拾ったラマーリョが胸トラップから右足で合わせたが、このシュートはGKホルバスの好反応に阻まれた。 迎えた後半、1点を追うクラブ・ブルージュはクールズとソフィアン・アムラバトを下げてディアタとプーランを投入する2枚替えを敢行。すると64分、フォルメールの右CKをデンスウィルが打点の高いヘディングシュートで合わせると、左ポスト内側に当たったボールがそのままゴールラインを割った。 同点に追いついたクラブ・ブルージュは、81分にもデニスの右クロスが相手DFに当たりバウンドしたボールをゴール前のウェズレイがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功した。 逆転を許したザルツブルクは、85分にグルブランドセンを下げて南野を投入。さらに89分にヴォルフ下げてダカ・パトソンを立て続けに送り出したが、追いつくことは叶わず。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、クラブ・ブルージュに先勝を献上したザルツブルクは今季公式戦初黒星を喫した。なお、逆転を目指すホームでの2ndレグは21日に行われる。 2019.02.15 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、10人のシャフタールに2度のリード守れず敵地でドロー《EL》

フランクフルトは14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでシャフタールとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ラツィオやマルセイユらが同居したグループHを首位で通過したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となった。 マンチェスター・シティやリヨン、ホッフェンハイムが同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループFで3位となったシャフタールに対し、フランクフルトが7分に先制する。左サイド低い位置からのFKをファーサイドのヒンテレッガーがヘディングで叩き込んだ。 しかし、直後にフランクフルトはPKを献上する。ボックス内でエンディカがジュニオール・モラエスを倒したプレーがファウルとなった。これをマルロスに決められたフランクフルトだったが、直後にステパネンコに2枚目のイエローカードが提示され、フランクフルトは数的優位となった。 数的優位となったフランクフルトが試合をコントロールする中、41分にガシノビッチがミドルシュートでGKを強襲し、シャフタールに圧力をかけてハーフタイムに入った。 1-1で迎えた後半、開始2分にフランクフルトはコスティッチがポスト直撃のシュートを浴びせると、50分に勝ち越した。ヨビッチの右クロスをファーサイドのコスティッチがボレーで流し込んだ。 60分にもレビッチの直接FKでゴールに迫ったフランクフルトは、62分にイスマイリーに決定的なシュートを許すも、GKトラップがファインセーブで凌ぐ。 しかし67分、ボックス左でスルーパスを受けたタイソンにシュートを決められ、同点に持ち込まれた。 それでも2-2で試合を終わらせ、来週ホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2019.02.15 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

長友アシストもガラタサライ、ホームでベンフィカに競り負ける《EL》

ガラタサライは14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでベンフィカとホームで対戦し、1-2で敗戦した。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ポルトやシャルケ、ロコモティフ・モスクワが同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループDで3位となったガラタサライは、長友を左サイドバックで先発起用した。 バイエルンやアヤックスらと同居したCLグループEで3位となったベンフィカに対し、オープンな展開で立ち上がったガラタサライは19分に決定機。右クロスのルーズボールをG・ロドリゲスがシュートに持ち込んだが、相手DFの好ブロックに阻まれた。 すると26分、ガラタサライはPKを献上する。左クロスをボックス内のマルコンがクリアにかかるも、ボールが手に当たってしまった。このPKをサルビオに決められ、先制を許してしまった。 失点後も左ウイングのG・ロドリゲスのスピードを起点に攻撃の形を作り出していたガラタサライだったが、同点弾を奪えずに前半を終えた。 それでも迎えた後半9分、ガラタサライが長友のアシストから同点に追いつく。長友が左サイド高い位置から右足でクロスを入れると、ファーサイドのルインダマが頭で押し込んだ。 同点弾で勢い付いたガラタサライだったが、64分に一瞬の隙を突かれて勝ち越された。ロングフィードに抜け出したセフェロビッチに対応したマルコンが競り負けてボックス内への侵入を許し、シュートを決められてしまった。 痛恨のアウェイゴールを許してしまったガラタサライは終盤にかけて前がかるもチャンスを生み出せずに1-2で敗戦。来週アウェイで行われる2ndレグに向けて苦境に立たされた。 2019.02.15 04:59 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース