辿り着いた7戦目、アジア王者を懸けたカタール戦へ! 森保監督「やってきたことを思い切り出してほしい」《AFCアジアカップ2019》2019.01.31 21:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2月1日に行われるAFCアジアカップ2019・決勝のカタール代表戦を前日に控えた日本代表の森保一監督と、DF吉田麻也が公式記者会見に出席した。

森保監督は、6試合16得点無失点の驚異の強さで勝ち進んできたカタールとの一戦に向けて「我々も成長しながらこの7試合目、決勝にたどり着いた」と主張。「やってきたことを決勝の舞台で思い切り出してほしい」と選手たちに期待を寄せた。

◆森保一監督
「明日の決勝、カタール戦は非常に厳しい試合になると思っています。すでに両チームとも6試合をやってきていますし、カタールも非常に力のあるチームです。もうひと踏ん張りを日本のほうができるように良い準備をして、明日の試合では選手が思い切って力を出し切れるようにしていければと思っています」

──選手と監督という両方の立場での優勝を目指すことになるが、その挑戦について
「明日の決勝戦は日本代表のチームとして優勝を掴み取りたい、勝ち取ってトロフィーを掲げたいという気持ちはありますが、個人としてその優勝がどうこうということにはあまり関心はありません。明日の試合で優勝して、日本代表を応援してくださる皆さんと一緒に喜べるように戦っていきたいですし、最善の準備の今日の練習でもしていきたいと思います」

──カタールはここまでの6試合で16得点無失点で勝ち進んできているが
「非常に力のあるチームだと思っています。得点16、失点ゼロでここまで勝ち上がってきているのは我々も知っています。しかしながら、常に相手がどこであろうと考え方は同じで、相手に敬意を払い、相手のことを知って、我々が持てる力をカタール戦でもすべて出すということ。選手たちには持てる力をすべて出してもらって戦ってほしいなと思っています」

「そして、我々も勝ち上がってきています。選手たちは勝ち上がってきた自信と1試合1試合でチームとしてステップアップ、成長しながらこの7試合目、決勝にたどり着いてきたと思います。これまでやってきたことを決勝戦の舞台で思い切り出してほしいなと思います」

──今の日本は何が拠り所で強みなのか
「試合の中で選手たちが流れを読み取り、感じながら、意思統一して、チームで連係・連動しながら試合を進めることができているということは、これまでの試合で絶対的に良くなってきていると思います。具体的にというのは少し難しいですけど、これまでの6試合もいろんなスタイルを持っている対戦相手だったが、ボールを握って攻めること、素早く攻めること、守備ではプレッシャーをかけてボールを奪うこと、受け身になった時はしっかり我慢しながら守備をするという部分、そして自分たちの流れに持っていく等々、いろいろな対戦相手と試合状況の中で学びながら、チームの力としてここまで来れたと思っています。明日の試合は、どういう流れになっても選手たちはまた対応力を持って、修正力を持って、集中を切らさずに継続力を持ってやってくれると思います」

──UAEでプレーしているDF塩谷司(アルアイン/UAE)が追加招集されて重要な選手になってきている。サンフレッチェ広島時代に優勝を経験した時からどう成長したか
「まずはこの代表に追加招集でチームに合流してくれましたが、アジアカップ前のメンバー選考の中でも彼のプレーはスカウティングしてましたし、いつでもこのグループに入ってこれるだろうという活躍と結果をアル・ありんでも出していたと思います」

「広島でJリーグタイトルを一緒に取った仲間でもありますし、そのあと彼はアル・アインに渡って国内でも結果を出して、先日のクラブ・ワールドカップでも良いプレーをして、世界の舞台でも戦えることを示してくれていると思います。彼は追加招集ですが、日本代表の貴重な戦力だと思っています」

「彼だけではなく、今UAEに来てくれている選手たちは貴重な選手だと思います。もっともっと日本代表に絡んで来れるだけ力を持っている選手がたくさんいることを見ながら、チームの編成をし、日本の成長につなげていきたいと思っていつも選手を見ています」
コメント
関連ニュース
thumb

南野途中出場のザルツブルク、ホームでクラブ・ブルージュを下しラウンド16進出! 《EL》

日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは21日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでクラブ・ブルージュ(ベルギー)とホームで対戦し、4-0で勝利した。南野は64分からプレーした。 この結果、2戦合計5-2でザルツブルクがラウンド16進出を決めた。 14日に行われた敵地での1stレグで敗戦を喫したザルツブルクは、前回対戦から先発を2人変更。グルブランドセンとラマーリョに代えてダカ・パトソンとオンゲネが先発で起用。南野は1stレグに続きベンチスタートとなった。 ラウンド16進出へ勝利が絶対条件のザルツブルクは、10分に最初のチャンスを迎える。左サイドでパスを受けたサマセクがワンタッチでボックス内へクロスを供給すると、これに反応したダカ・パトソンが飛び出したGKに倒され、PKを獲得。しかし、ダブールのPKは完璧にシュートコースを読んだGKホルバスが弾いた。 チャンスを逃したザルツブルクだが、17分に左クロスのセカンドボールをボックス手前のヴォルフが落とすと、これを受けたシュラガーのミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 先制したザルツブルクは、29分にもポングラチッチとのワンツーでゴールエリア右横まで侵入したダカ・パトソンがダイレクトで流し込み、追加点。さらに43分には、シュラガーのスルーパスでゴール前に抜け出したダカ・パトソンがゴールネットを揺らし、3点目を奪った。 迎えた後半は立ち上がりから一進一退の攻防が続くと、ザルツブルクは64分にヴォルフを下げて南野を投入した。さらに71分に左モモ裏を痛めたユヌゾビッチに代えてエムウェプをピッチに送り出した。 すると73分、南野の強引な中央突破からボックス内まで持ち上がると、混戦から最後はダカ・パトソンがシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。86分にはボックス手前まで切り込んだ南野がミドルシュートでゴールを脅かしたが、これも相手GKに弾かれた。 試合も終盤に差し掛かりこのまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにスコアが動く。 94分、南野が中盤でパスカットすると素早く前線へスルーパス。これを受けたダブールがボックス左からゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま終了のホイッスル。ホームで4ゴールを挙げるなど快勝したザルツブルクがラウンド16進出を決めている。 2019.02.22 05:02 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がコパ・アメリカ不参加を承諾

ブレーメンは14日、日本代表FW大迫勇也のコパ・アメリカ不参加承諾を日本語版のクラブ公式ツイッター(@werderbremen_jp)で発表した。 今冬にアジアカップを戦った大迫はブレーメン合流後、背中の痛みを理由に、依然として公式戦出場なし。そうした状況を受け、ブレーメンは12日に「大迫をコパ・アメリカに行かせない」との声明文で、招待国としてコパ・アメリカに参戦する日本代表の招集拒否を表明した。 声明から2日後の14日、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督は「彼はコパ・アメリカへの不参加に理解を示し受け入れた。話し合いは選手の同意の下、JFAとの密接な調整の上で行っている。代表への派遣の義務はなく、その為、この様な決断を下した」とコメントした。 コパ・アメリカは6月に開幕。1999年以来2度目の出場となる日本代表はグループCに入り、チリ代表(6月18日)、ウルグアイ代表(同月21日)、エクアドル代表(同月25日)と対戦する。 2019.02.15 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑮】新天地・トルコで復活へ。「カタールまでは十分時間がある」と3年後に照準を合わせるエースナンバー10/香川真司(ベシクタシュ/MF)

「今季は言うたら『構想外』。競争したくてもできない状況が約1年続いた。体は万全なのにそこに加わらせてもらえない、考えられてないっていうのは非常に屈辱的で、悔しい気持ちをつねに抱えながら暮らしてきました。でもこの経験値が必ず数年後には自分の糧になって成長できると思っている。今は純粋にサッカーがしたいと心から感じているので、トライしたいですね」 2018年末に一時帰国した際、香川真司(ベシクタシュ)はメディアの前で苦しい胸の内をしみじみと吐露した。今季ドルトムントでの公式戦出場はわずか4試合。2018年ロシア・ワールドカップで得た自信と手ごたえも薄れかけていた。本人はスペイン行きを熱望していたが、とにかく試合に出られる環境をいち早く見出さなければ、選手としてのキャリアも下降線を辿りかねない。そんな危機感を大いに強めていたに違いない。 それから1カ月。悩みに悩んだ香川が赴いたのはトルコだった。憧れのスペインからのオファーは届かず、モナコ移籍話もギリギリで立ち消えになった。そこで浮上したのがベシクタシュ。欧州5大リーグで足掛け10年過ごした男にしてみれば「都落ち感」は否めなかっただろうが、1年前に同国に新天地を見出した長友佑都(ガラタサライ)がイキイキと躍動している姿に背中を押された部分はあったはず。トルコサッカーの異様な熱狂にも突き動かされたことだろう。現地入りした時の笑顔には迷いを吹っ切った男のスッキリ感が伺えた。 彼の選択は今のところ間違っていなかったようだ。デビュー戦となった2月2日(日本時間3日)のアンタルヤスポル戦での3分間2ゴールで強烈なインパクトを残した香川は、続く9日(同10日)のブルサスポル戦では後半22分から出場。着実にプレー時間を伸ばしている。後者ではトップ下の定位置を担っているセルビア人MFアデム・リャイッチが左サイドに移動。背番号23をつける日本人ファンタジスタがトップ下に入る形を取った。トルコを2002年日韓ワールドカップ3位へと導いた名将、シェノール・ギュネシュ監督は17歳のサイドアタッカー、ギュヴェン・ヤルチンらを含めて2列目の組み合わせを流動的に入れ替えながら戦う意向のようで、今後は香川がトップ下以外でプレーする可能性も考えられる。ベシクタシュがリーグ3位というポジションから順位を上げていくためにも、攻撃陣が多彩なバリエーションからゴールをこじ開けていくことが重要になってくるのだ。 ただ、基本的に香川はセンターのポジションで輝きを放つ選手。それはドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、日本代表でも証明されている。過去2度参戦したワールドカップを見ても、2014年ブラジル大会は左サイドが主戦場。4年間指揮を執ったアルベルト・ザッケローニ監督から「(アレッサンドロ・)デルピエロになれる」と期待を寄せられながら、全くと言っていいほど精彩を欠いた。しかし2018年ロシア・ワールドカップは本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)との競争に勝って本職のトップ下に君臨し、コロンビア戦(サランスク)のPKなど記憶に残る仕事をした。左サイドに陣取った乾貴士(アラベス)との連携も効果的で、「キャプテン翼の翼君と岬君」とさえ評されたほど。2019年アジアカップ(UAE)の際も「香川は間のギャップに入り込むのに非常に長けたアタッカー。それがいなかった分、日本は苦戦した」と分析した解説者もいて、やはり香川が真ん中で卓越した仕事のできる選手であることを再認識するいい機会となった。 その本職でベシクタシュでも輝こうと思うのなら、ロシアで本田から定位置を奪ったように、リャイッチからポジションを奪取するしかない。ただ、今季頭からチームの攻撃の軸をになってきた彼をギュネシュ監督も簡単には外しづらい。ヤルチンやイェレマイン・レンスといった周囲のアタッカー陣も彼に合わせて動くような組織が築き上げられている。それだけにシーズン途中加入の香川がいかにしてその中に入り込むのかが難しいテーマになってくる。ギュネシュ監督も近い将来、背番号23をトップ下に据えてスタートから起用する機会を作るだろう。そこが彼にとっての大きなチャンス。それをつかむかどうかで今後の動向は大きく変わってきそうだ。 日本代表で10番に返り咲けるかどうかもベシクタシュでの働き次第ではないか。森保一監督率いる新生ジャパンは発足当初から中島翔哉(アル・ドゥハイル)がエースナンバー10をつけていて、アジアカップに追加招集された乾でさえも「自分は翔哉の代わりで10番をつけているだけ」と語っていた。中島は新天地・カタールで試合に出られないということはないだろうから、当面は代表から外れることはないだろうし、10番も背負い続ける見通しだ。となれば、香川が復帰した時、どうなるかという疑問が浮上する。本人が「代表でも23番をつけたい」などと、かつて18から4番に自ら変更を申し出た本田のような姿勢を示せば問題はないだろうが、香川自身も10番には特別な思い入れを持っているはず。ただ、「自分自身がクラブで異彩を放っていなければ10番は相応しくない」と考えるタイプでもあるだけに、やはりベシクタシュのトップ下に君臨し、代表でも華々しい復活を果たすというが理想的なシナリオではある。 「次のワールドカップまでは十分時間があると思っている」と長期的なビジョンに立って代表を捉えている香川。肝心な3度目の大舞台で大輪の花を咲かせるためにも、まずは今の1日1日を大切にすること。そこに集中してほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.02.14 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表DF室屋成に第一子が誕生! 「責任感を持ち、精一杯頑張りたい」

FC東京は13日、日本代表DF室屋成に第一子(長男)が誕生したことを発表した。 発表によると、長男は4日に誕生。1日にアジアカップ決勝が行われた直後の朗報となった。室屋はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF室屋成 「第一子が生まれ、とても嬉しく思います。妻と生まれてきてくれた子どもに感謝しています。より一層、責任感を持ち、精一杯頑張りたいと思います」 室屋は2016年2月、明治大学サッカー部を退部してFC東京に入団。在籍3年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグ30試合に出場して1得点を記録した。 また、代表キャリアにおいては2017年にA代表デビュー。今年行われたアジアカップでは5試合に出場し、グループステージ最終節のウズベキスタン代表戦では1アシストを記録していた。 2019.02.13 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、日本代表に不満…「大迫をコパ・アメリカに行かせない」

ブレーメンは12日、日本代表FW大迫勇也の状態を心配し、公式サイト上に声明を掲載した。 日本代表にとって最も欠かせない存在となっている大迫は、今年行われたアジアカップでも臀部の痛みを抱えつつ4試合に出場。惜しくも優勝はカタール代表に譲ったものの、準決勝のイラン代表戦では2ゴールを決めて森保ジャパンを決勝に導いた。 しかし、その後所属元であるブレーメンに帰還した大迫は未だ試合に出ることが出来ず。コンディション不良が伝えられており、公式戦2試合でベンチを外れている。 ブレーメンは12日、「大迫をコパ・アメリカに行かせない」というタイトルの声明を公式サイト上に掲載。声明の中では、「大迫はワールドカップでも日本のためにブンデスリーガの準備期間を逃し、1月にはアジアカップで使われた。腰痛で戻り、現在は起用不能だ」と日本代表への不満を露わにしている。 また、フランク・バウマンSDの「私たちは勇也がアジアカップの準決勝と決勝でプレー出来たことに驚いている。プレー出来ない状態で(ブレーメンに)戻ってきたにも関わらず、アジアカップで彼の負傷は悪化しなかったのだろう」と皮肉めいたコメントを紹介。さらに、「もちろん勇也は代表チームを助けたいと思っている。だが、ブレーメンは日本の最も重要な代表選手の一人が燃え尽きないように注意しなくては」と、大迫や日本代表を思ってこそのことだと主張している。 今年6月14日から7月7日にかけてブラジルで行われるコパ・アメリカ2019に、招待国として出場する日本。選手の招集には国際サッカー連盟(FIFA)に保障された強制力が働かないため、大迫を招集するのは困難と言えそうだ。 2019.02.13 12:05 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース